fc2ブログ

烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

京都37 てんぐ食堂で牛すじカレーうどん@京都・元田中

20220626m1.jpeg
おはようございます。昨日は大阪・長居のうどんのentryを書きましたから、今日は、カレーうどんのentryを書いておきましょう。

2月におじゃまして約4か月振りのてんぐ食堂↓
京都#33 てんぐ食堂であげ入り肉カレーうどん@京都・元田中
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-2362.html

去る6月12日に瑠璃光院に青もみじを楽しみに行った帰りに、元田中で下車しててんぐ食堂で昼食を頂きました。今回は牛すじカレーうどん。この日もお客さんでに賑わっておりました。

ところでカレーうどんの発祥といわれるお店は、早稲田大学近くの「三朝庵」や中目黒の「朝松庵」が出てきますが、いずれも洋食屋が盛んになったこと危機感を感じて新しいメニューと作ったことが理由だとか。前者は1904年頃、後者は1909年頃。カレーが日本に入ってきたのが明治維新後まもなくのことですから、約30年ほどで食文化が大きく様変わりしたのでしょうね。

30年前に食べていなくて日本人が今食べていて、大きく様変わりしたメニューって何だろう。

スポンサーサイト



Category : 未分類
Posted by TORU on  | 1 comments  0 trackback

大阪#95 盛りだくさんなうどん @創作うどん「ほしの」さん

20220625n3 (2)
こんばんは。今日は長居公園に行きましたが、今日は暑かったので「味の濃うないもんを、、、」と頭の中で反芻しながら昼食をどこでとるか考えていたのですが、そういえば前から気にはなるものの行ってなかったうどん屋があったので、今日は「創作うどん ほしの」でお昼を頂きました。

前から気にはなっていたのに入らなかったのは、「創作」と書かれているから。なんだか奇をてらったうどん屋さんだったら、、、と思うとちょっと後回しになっておりました。webでいくらでも検索できるのに調べなかったのは、やはり「創作」という言葉に思考が縛られてしまっていたのでしょうね。言葉とは怖い。

外で並んでいると、ついつい文字中毒の私は文字を読んでしまいました。張り紙を見るとどうもカレーうどんが押しの一つのようです。やしきたかじんさんのお気に入りだったとか。そう書かれると、カレーうどんも好きなうどんの一つなので、気になったのですが、いやそんなことではブレないぞ、今日は冷たいうどんが食べたいのだ!と一人頭の中で呟いて、、、。

頂いたのは写真の盛りだくさんのうどん。うどんはしっかりした善通寺のうどん。表に限定メニューで「多度津の冷」みたいなのもあったし、讃岐うどんがお好きな方は、好きでしょうねえ。ごちそう様でした。大盛にしたら本当に大盛だったので、次回は普通でいいな。

左奥の竹輪の天ぷらの中には、隠元豆が入っていました。おいし!


前回の大阪ネタはコレ↓
大阪#94 大洋軒で酢豚もね @大阪・福島
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-2346.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 1 comments  0 trackback

沖縄#52 おきみゅー見学 2022年5月

20220625n2.jpeg
こんばんは。沖縄旅のentryです。5月の家族で沖縄旅の一つ目の目的、おきみゅーで本土復帰50年の企画展を見るというのをクリアするため、土曜日の早朝便で沖縄入りした私を空港にピックしてもらい、家族でおきみゅーに向かいました。私はもう何度もおきみゅーに来ていますので、常設展の部分は知っている展示ばかりなのですが、子供たちは見たことがなかったのでしっかりと見学させてもらいました。

途中中だるみもあったようですが、東京に帰ってきてから色々と聞くと結構記憶に残っているようで、ちゃんと見てるんだなぁと感心しました。

戦(いくさ)世から米軍統治のアメリカ世となった沖縄の歴史を少しだけ覗いた見学でした。子供達は二人とも米国生まれであるため、日本もアメリカも両方が母国です。二つの母国が少し前に命を取り合っての戦争をしたということを、どのように受け止めるか。難しいけれどもしっかりと受け止めて、国と人の関係をよく考えて欲しいのです。

そんなことで、おきみゅーに行ってきました。

おきみゅー↓
https://okimu.jp/

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Saijiki アメリカデイゴの花 @大阪・長居公園

20220625n1 (1)
こんばんは。今日は朝から図書館に予約を入れていた本を受け取りに行き、その足で長居公園の植物園に向かい、アメリカデイゴの花を見に行ってきました。デイゴは耐寒性がないので日本では沖縄が北限ですけど、アメリカデイゴの方は比較的耐寒性があるので、本州でも見ることができます。勿論その名の通り、移入種ですけどね。日本では6~10月頃、赤い花を咲かせます。

学名のErythrina crista-galliのErythrina=デイゴ属はerythros(赤)が語源で、crista-galliはラテン語のcock's comb=鶏冠の意味です。鶏冠かぁ、そう見えなくもないか。

アメリカデイゴはここにも咲いていました↓
Brazil#5 海外移住と文化の交流センターに植えてありました
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1666.html

20220625n1 (2)
そしてヒシバデイゴ(=サンゴシトウ珊瑚紫豆、珊瑚刺桐)もお隣に植栽されていましたよ。こちらはアメリカデイゴとMexico原産のErythrina herbaceaから作出されたそうな。筒状のまま花を咲かせるので、赤い爪のような雰囲気です。

しかし今日は本当に暑くて、熱中症にならないように見たい植物をそそくさとみて帰ってきました。途中で雨に降られてしまいましたけど。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

沖縄#51 でいごの花@北谷・沖縄

20220625m1.jpeg
おはようございます。出張続きでなかなかblogに行きつかない日々が続いています。来週も東京出張が入っていますね。

先月5月21日22日の週末に家族で沖縄に行ってきました。私は週末だけでしたが家族は先入りしていたのもう少し長く沖縄にいることができました。今回の沖縄旅では、「おきみゅー」に本土復帰関連の展示があるので子供達に見せたいなぁというのが目的でしたが、私はもう一つ、シーズンぎりぎりだけど、でいごの花が見たいなぁ、と思っておりました。でいごの花はデイゴヒメコバチによる被害で樹勢が弱くなり花を咲かせなくなったりしているので、見られればいいけど、と思っておりました。

前週で、新宿御苑の温室ででいごの花を見たばかりでしたけどね。

沖縄#50 でいごの花@新宿御苑の温室
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-2427.html

写真の通り、いつも定宿にしているエリア北谷ででいごの花を見ることができました。でいごは漢字で書くと「梯梧」。英語だとtiger's clawとかIndian coral tree。tiger's clawは花形から来てるんでしょうね。でいごの花は「島唄」の歌詞にも出てくるのでよく聞く花の名前でしたが沖縄で咲いている姿を見るのは初めてでした。(結構沖縄に行ってるのに、、、)

沖縄は一昨日の6月23日、77年前の沖縄戦の犠牲者らを悼む「慰霊の日」を迎えました。今年は戦後の米国統治からの本土復帰50周年。今年も子供たちに先の大戦のことや平和の在り方について話をしました。

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

山梨#18 南瓜餺飥、久しぶりー。

20220612m1 (2)
山梨・白州からの帰りに久しぶりに南瓜餺飥(かぼちゃほうとう)を頂きました。私はほうとうの中では、やはり一番は「かぼちゃ」がすきですね。ほうとうは小麦粉食の一種ですけど、粉もんの好きな関西ではあまり見かけないんですよね。やっぱりうどん屋が幅をきかせているということと、山梨は関西からは遠いので食文化としてなかなか入ってこないんでしょうかね。

一方、近県(長野、静岡、埼玉、群馬)なんかにも同じような広幅麺があるのが面白いですね。おっきりこみなんかも好物です。

ほうとうは水を加えて鉢で捏ねてできた生地を延ばして包丁で切りますが、生地を寝かさないし、塩も入れないので生麺が煮込んでいくので、早く調理できて、汁にとろみがつきます。このとろみが何とも美味しいんですよね。

20220612m1 (1)

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

山梨#17 白州の森Bikelore8

20220611n1.jpeg
先月17日から全くblogに行く余裕がない状態でした。バタバターっと休暇を獲ったり出張に出かけたりで福島行ったり沖縄行ったり、、、と出歩くことも多くてblogにたどり着けなかったです。今日は久しぶりに大阪での週末です。

写真は先日6/5に、山梨県の白州にまたまた行った時のものです。友人Kさん宅がお店を出していたのに乗っかって、山梨まで遊びに行ってきました。bike自転車のeventなんですよね。といっても我が家は遊びに行って散策する程度なんですけどね。

TOPの写真は、「無理かなー」と思いつつも朝の4時半前にごそごそ動き出して、独りで農道で日の出待ちをしていた時の一枚です。やっぱり駄目でしたけど、朝の涼しい空気の中を一人散歩するのは気持ちがいいものです。

20220611n2.jpeg

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Saijiki 新茶の季節になってきた

20220517m1.jpeg
おはようございます。昨日の早朝便で大阪に戻りました。今日の大阪は曇天です。

さて、大阪の空中庭園の下にある公園にはいくつか作物が植えられていまして、そこにお茶もあるんですよね。茶の木も入っていて鮮やかな緑色がさわやかな季節です。写真はそんなお茶の葉っぱです。

そろそろ新茶の季節ですね。新茶の時期は4月中旬から5月中旬ごろぐらいですね。地域差やその地域の中での環境でも違ってくるので、この時期のずれも日本の季節を感じることのできるいいところです。九州から始まりだんだん北上していきます。新茶の時期は、桜の開花時期が早ければ、おおむね新茶の時期も早いかな、なんてことが判ります。新茶前線ですね。

美味しい新茶の季節、どこの新茶を頂こかなぁ。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

沖縄#50 でいごの花@新宿御苑の温室

20220514m2.jpeg
おはようございます。明日5月15日は沖縄の本土復帰の日です。50年前の1972年5月15日がその日です。WW2の敗戦後、連合国軍により施政権を停止されていた沖縄県の施政権が、日本政府に返還され復帰してちょうど50年を迎えます。

因みに、他に連合国軍から施政権が停止された地域は、沖縄県だけでなく、
・伊豆諸島:1946年3月22日復帰。
・トカラ列島:1952年2月10日復帰。
・奄美群島の本土復帰:1953年12月25日復帰。
・小笠原諸島:1968年6月26日復帰。
があります。
*北方領土は、ソビエト連邦及びその後継国であるロシア連邦によって占拠されたままです。
**それに加えて、戦勝国のよる占拠というわけでもないのですが、竹島も韓国に占拠されたままです。
北方領土と竹島はいつになったら解決することやら、、、。

写真は(遠かったので)ぼやけていますけど、先日訪れた新宿御苑の温室で咲き始めた「でいご」の花です。沖縄の県花ですよね。うりずん(初夏)の頃に咲く咲く花ですけど、見事に咲けば咲くほど、台風がよく来る年になるとか言われますね。台風は嫌だなぁ、、、。来週沖縄を訪れたら、見られるかな。この時期の沖縄は初めてなので屋外で見るでいごが楽しみです。

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 10 comments  0 trackback

沖縄#49 さんぴん茶、会社の近所で売ってた

20220514m1.jpeg
おはようございます。ようやく週末です。今週もばたばたしておりました。火曜日の夜移動で東京出張に出て、水木金と3日間東京で仕事でしたので、そのまま週末は東京で過ごします。

さて、写真は大阪のオフィスの近くのコンビニが時々沖縄フェア?をやるもんで、その時期になるとついついかってしまう一品。さんぴん茶です。さんぴん茶は、半発酵のお茶にジャスミンの香りをつけた花茶です。ジャスミン茶の場合は緑茶にジャスミンの香りを付けたものですので、少し違いますね。

来週は沖縄に行きますけど、沖縄だったら安く売ってるんですよね、さんぴん茶。

沖縄#9 さんぴん茶、なんでも合うねえ。
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1294.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

沖縄#48 機内誌も沖縄 2022年5月号

20220510n1.jpeg
こんにちは。今日も夜便で東京出張に向かいますが空路です。私が日頃メインで使っているairlineはJA*です。その機内誌はfreeで頂けるのですが、私はよくこれを頂いてきます。別にそれは*ALに限らずほかのairlineでも同じですけど。海外でも頂くことが多いですね。ということで、よくもらってくると溜まるんです。10年に一度ぐらいは処分するのですが(ものすごい量になってくるので)、またまたここ4年ぐらいで溜まってきています。

2022年5月のJ*Lの機内誌は、やっぱりこちらも沖縄を特集していましたね。戦後日本においても大きな転換点の一つだと思います、沖縄の本土復帰は。5月に沖縄を訪れる人、多いのかな。やっぱり。

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

沖縄#47 サーターアンダギー @近所

20220502GWtokyo (4)
おはようございます。皆さんはN*Kの朝の連ドラは「ちむどんどん」見てます?沖縄が舞台です。1972年5月15日に沖縄返還がなったこと、つまりこの5月15日に丁度50周年であることから、沖縄を舞台としたドラマとしていますね。

我が家は5月の下旬に50周年関連で沖縄で開催される催しものに絡めて沖縄に行く予定です。ということで我が家も沖縄ネタが増えてきています。といっても、まぁ身近なところからですけどね。

GW中も近所でサーターアンダギーを買ってきたのですが、子供達が興味を示さないなぁと思っていて、私が食べちゃったら子供達に怒られて(興味がなかったんじゃなくて、そのタイミングではお腹が空いていなかっただけだったと判明)、また翌日も駅前までサーターアンダギーを2日連続で買いに行くはめになりましたとさ。

やっぱり食べ物は、ちゃんと確認してから食べた方がいいですね。

前回の沖縄ネタ↓
沖縄#46 沖濱そばで、三枚肉とソーキのハーフ&ハーフ@福島・大阪
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-2399.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

China#48 豆腐皮の和え物@新宿の蘭州牛肉麺屋

20220502GWtokyo (433)
おはようございます。GWが終わりました。今週はfullの一週間となりますから、仕事モード、学校モードに戻していかなければならないです。と言いつつも明日から東京出張です。

さて昨晩のentryで蘭州牛肉麺のことを書きましたけど、そのお店で出てきた小鉢の一つが、写真の豆腐皮の和え物です。豆腐皮を戻して辣油であえた感じでしたね。醤も使っているような感じでした。

豆腐皮は、布の上に豆乳を薄く延ばして固めて作られます。要するに薄い豆腐です。一方、豆腐布は、いわゆる湯葉ですね。この二つ、よく似ていますけどその厚みの違いから食感がまったく異なります。

業*スーパーとか、楽*とかで買えますので、お試しあれ。さて、今日もがんばろっと。

↓これにも入っていました、豆腐皮
China#44 麻辣粉丝を汗かきながら、、、@十三
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-2357.html

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

China#47 蘭州牛肉麺 @新宿

20220502GWtokyo (429)
こんばんは。今日の晩御飯は自宅でレトルトカレーでした。なんだか夕方遅くまで外出するのは疲れるかなぁと思いまして、めっちゃ手抜きです。そんな日があってもいいですよね。

さて写真はGW中に新宿で頂いた蘭州牛肉麺(兰州牛肉面)です。妻は三角麺、私は寛麺(平らで幅は“ほうとう”ぐらい)で頂きました。面は柔らかくてつるつるいける感じ。味も見た目ほど辛くはなく美味しかったですよ。清真料理(清真菜)=Chinese Islamic cuisineの一つとされています。蘭州は漢族や回族が多いエリアですから、清真料理も多いのでしょうね。

丁度お邪魔した時はRamadanラマダン(2022年は4月3日から5月2日だった)明けだったので、すべての客が10%offってなっていました。Ramadan明けたから割引!っていうのはなかなか面白いです。

Location_of_Lanzhou_Prefecture_within_Gansu_China.png
蘭州は甘粛省の省都です。といわれても、甘粛省をきちっと指させる人は日本では少ないと思いますよ。
著作権表記:Pablic domain Wiki Commons

ごちそう様でした。

前回のChinaネタはコレ↓(最近ですね)
China#46 菠蘿鶏@中野
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-2410.html

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

Saijiki ヒトツバタゴの花2022@小石川植物園

20220502GWtokyo (179)
こんばんは。今日も夕方まで大阪市内散策をしていました。この2日間は晴天でしたので日焼けしてしまいました。ちょっと痛いですね。皆さんはどんな週末でらっしゃいましたか?

さてmimozaさんのお宅でもヒトツバタゴが咲いたって書いていらっしゃっいましたが、私もGW中、4月30日に東京大学・小石川植物園に妻と訪れた際に見かけました。一昨年は大阪で見ていましたけど、去年はblogにupはしていないですね、どこかで見たかなぁ。

Saijiki ヒトツバタゴの花(2020)
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1854.html

ヒトツバタゴ(学名:Chionanthus retusus)は英語でChinese fringetreeといいます。米国東海岸にはwhite fringetreeという同じヒトツバタゴ属の木本があります。こちらの方が花は細いようですね。(当地でも庭木に入れたりしているようなのですが、Oregonに住んでいた時は見かけたことなかったなぁ。)

ということで、ヒトツバタゴの花を今年も見ることができました。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Days 舞洲で夕陽

20220508m1.jpeg
おはようございます。GW週のこの土日は任地・大阪におりますので週末は一人でぶらぶらしております。昨日はメトロ・バスの1day passを使って図書館とか植物園とかうろうろしました。そして最後は舞洲(まいしま)です。

舞洲はこの時期、ネモフィラが盛りのはずですが先日の嵐の影響でネモフィラの生育にまだら模様ができたようで無料入園になっていました。例年ならネモフィラ祭りで1200円だったようです、そんなことを知らずに行ったのですが。

夕陽の時間帯に舞洲に来ているのは大半がpairか家族づれの方が多かったですね。独りおっさん、はまわりにはいませんでした=away感が半端ない。しかしそんなことを気にするタイプではないので、しっかり夕陽を楽しんできましたよ。

今日も一日晴れるようですから、今日も夕陽がきれいなんだろうな。

Category : Days
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Art シダネルとマルタン展、行ってきました @新宿

20220507e1 (2)
こんばんは。今回はartネタ。MINAさんがお友達と行ってきたと書いていらっしゃったシダネルとマルタン展に、先日家族で行ってきました。

20220507e1 (1)
Henri Le Sidanerアンリ・ル・シダネル(1862-1939)とアンリ・マルタンHenri Jean Guillaume Martin(1860-1943)は、19C末から20C初頭に活躍した画家です。最後の印象派とか書かれていましたけどこの二人に焦点をあてた展覧会としては国内初だそうです。意外だなぁ。印象派が好きな方、多いような気がするんですよね。我が家の二人の子供達もしっかりと鑑賞していましたね。

私はHenri Le Sidanerの絵に大きく影響したフランス北部の村Gerberoyジェルブロワのことの方が気になりましたね。

Gerberoyってこんなところ↓
https://www.france-voyage.com/tourism/gerberoy-571.htm

毎年6月第1週末にRose Festivalが催されるようですね。
https://gerberoy.net/rosedegerberoy.html

Henri_Le_Sidaner_-_Small_Table_in_Evening_Dusk_Google_Art_Project.jpg
Une petite table au crépuscule (1921), Kurashiki, musée d'art Ohara.
これなんかいいじゃなーい。なにせ私、薔薇好きなもので、、、、。
著作権上の表記:public domain

前回のArtネタはこれでしたね↓
Art 春日佳歩 展@ 上野の森美術館
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-2368.html

Category : Art & Style
Posted by TORU on  | 10 comments  0 trackback

Saijiki 今年のAnemone coronaria@ 京都府立植物園

20220506e1.jpeg
こんばんは。今日は1日出社して、今日締め切りの書類が複数処理しておりました。GWなんだから連休にしたかったんだけどねー。ということでさくっと帰ってきました。しかし、今日も暑かったですねえ。

写真は、まだ肌寒い頃に撮ったAnemone coronariaアネモネです。アネモネの名の由来はギリシャ語のanemos=風、からきています。そのためかwindflowerとも。かわいらしいんですけどキンポウゲ科の植物によくあるように、毒を持っています。茎に傷をつけたりしたら汁液に注意です。

ところでAnemoneといえばアニメ「交響詩篇エウレカセブン」を思い浮かべる方もいらっしゃるのでは?もともとのTVシリーズは2005年から2006年だったのでずいぶん前の作品ですけど、リブート作品である「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」は2017年、2018年、2021年公開の3部作。その2作目が「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」でした。私は3作目=完結編を見ようと思った時には劇場公開が終わってて見れずじまい。今年6月にDVDが発売されるのでそのうち見ようかな、と思っています。というのも、たまたまなのか何なのか、今年に入るまでTVシリーズも見たことなかったんですよね。今年に入ってAmaz*nプライムでTVシリーズをイッキ見したんですよね。50話あったのでかなり体力を消耗しました。

今年のAnemone、ゆく春を惜しんで。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

山形#7 じんだんの柏餅

20220505e1.jpeg
こんばんは。東京から大阪に移動してきました。飛行機はいっぱいでしたね。ちょっとしたトラブルで到着が若干遅れてしまっていましたが、9時までに着陸できたのでよかったです。大阪空港は遅くなるとdivertダイバートして関空送りになるんですよねえ。過去に何度か関空送りになっています、、、。

さて今日は端午の節句でしたね。今年は銀座にある山形のアンテナショップに立ち寄った時に買ったじんだん=ずんだの柏餅を頂きました。皆さまは柏餅食べました?
商品名にはじんだんと書いてありました。製造者が山形県南陽市のあるのですが南陽市などがある置賜地方では「じんだん」と呼ぶのがメジャーなようですね。

南陽市って見て「ん?」と反応したあなた、山口県の方ですね。周南市になりましたもんねえ。

前回の山形ネタ↓
山形#6 つや姫のおにぎり
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-2243.html

Category : 東北
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

Food 葉ワサビ漬け 2022  

20220505n3.jpeg
こんにちは。今日は夕方まで家族と過ごして東京から大阪に移動します。明日は色々提出するものがあるので出勤します。ほんとは休みにしたかったんだけどね。といっても翌週またすぐにいろいろとあって東京出張があるので1週間も待たずに東京なんですけどね。

さて、kazさんが「再び葉わさびの三杯酢(塩揉みバージョン)」の記事をupされていました。そういえば私が葉ワサビ漬けを作ったのは2月20日ですから、東北と関西では随分と葉ワサビを楽しむ時期が違うもんだなぁと思います。

僕が2月にワサビ漬けを頂いたときは、さっと湯通しして白だしで小一時間漬けて頂きました。kazさんがやっていらっしゃる塩もみの方が、辛さが引き立つので、来年はそのようにしたいなぁと思います。

20220505n2.jpeg
ワサビの花は小さくてかわいらしいもんですよ。

Category : Food and Drink
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Croatia#1 Brudetを作った@自宅

20220505m1.jpeg
おはようございます。子供にポ*モンセンターに行くことを求められ一昨日銀座に行きました。せっかく銀座に来たのでお昼ご飯で久しぶりにCroatian RestaurantのDobroに立ち寄りたいと思ったのですが、息子は違うものが食べたいといい始めたので残念ながら、、、はな*るうどんになりました。一方、妻は「食べたかった!」と思ってるし、、、ということで翌朝のご飯としてCroatian foodの一つBrodetを作りました。

Brodetは魚のsoupでAdriatic Seaアドリア海に面している同国のDalmatiaダルマチア地域の伝統料理です。Greek BourdetoもItalian Brodettoも近い料理ですがCroatian versionは別にマリネした魚をstewの中に入れていきます。

CroatiaではScorpionfishフサカサゴ、monkfishアンコウ、sea bassシーバス、eelウナギなどを使うのが多いようですが、白身魚であればお好みで何でもよいようですね。他にもエビやホタテ、ムール貝なんかも入れるversionもありますが、今回は我が家は息子が魚があまり得意ではないので、息子が好きなタラで作りました。

簡単な(比較的手抜きな)作り方としては、
・魚の方は切り身をパセリ(お好みで)、オリーブオイル、ニンニク(すりおろしでOK)、塩、胡椒、レモン汁でマリネしておきます。
・一方、玉ねぎ1つをお好きなサイズに切って、こちらもオリーブオイルで炒めて飴色になる程度まで炒めます。
・そこにこちらもお好みのサイズに刻んだニンニク1片を入れて香りをたたせます。そこに賽の目に切ったトマト1つ
(なければトマト缶)、chili pepper、あればdillも入れて炒めます(こげないようにね)
・そこにbay leaf(ローリエ)1枚、rosemaryを入れて2分ちょっと火を通します。
(この辺はmix spiceでも代用が聞きますね)
・水を(あればwine vinegarも少々)加えて20分~30分煮ます。
(この時にコンソメキューブを入れると味が濃くなります。)
・白wineをカップ1杯を加えて、最初にマリネしておいた魚を入れて、
煮崩れしないように20分~30分ほど煮て出来上がり。

おいしー!美味しく頂きましたよ。

EU-Croatia.png
Croatiaクロアチアって言われてもどこかわからない人多いですか?サッカー好きの方なら指させますかね。


Hr-map.png
Croatiaは英語読みですが、CroatianではRepublika Hrvatskaフルヴァツカという発音になりますけど、今後この読み方に近づけていくのかしら?

著作権表記:地図はWikicommonsのpublic domainです。

Category : Europe欧州
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Belarus#1 Svetlana Alexandrovna Alexievichの、、、

20220504m2.jpeg
こんにちは。オグリン♪さんが今朝のblogで新聞に載せられた磯貝裕美さんの詩「パン」について書いていました。それで思い出したのが、Svetlana Alexandrovna Alexievichの「戦争は女の顔をしていない」にも敗残した敵に食べ物を与えるという話があったなぁということでした。この作品はWW2のGerman-Soviet War(Eastern Front)に従軍した女性たちの聞き取りによるnonfictionです。私は随分前に岩波版で読みました。作者のSvetlanaさんはUSSR時代のUkrainian Soviet Socialist Republicに生まれていますが、父がBelarusianであり本人もBelarusianです。

写真は小梅けいとさんが同作を原作として書いている漫画版。子供たち用に買いました。下の子もそろそろいろんなことが理解できるようになってきており、受け止めることができるだろうと思いましてね。重い作品であり漫画にすること、漫画で読むことの賛否両論あろうことは想像に易いですが、私は何であろうと読んだ方がいい、と思うので、、、。

Belarusベラルーシとしてのentryは初めて。なかなか独裁国家で縁があまりない国ですからね。現在のRussiaによる戦争ではよく地図で見かけるようになりましたね、残念な理由ですが。

Belarus.png
Belarusの位置って、あまりここってさせる人、少なかったと思うんですよね。

著作権表記:地図はWikicommonsのpublic domainです。

Category : Europe欧州
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

Saijiki 山吹の花 2022@自宅近く

20220504m1.jpeg
散残る きしの山ぶき春ふかみ このひと枝を あはれといはなむ
源実朝 (1192~1219) 金槐和歌集
歌意;散り残った岸の山吹の花、春も深まった今、この一枝をいとしく思うと言ってほしいのです。

黄色い花つながりかな。そろそろ山吹の花も終盤ですね。写真はご近所でちょっと前に撮った1枚です。おはようございます。5月4日、私のGWは明日までです。昨日は銀座まで出かけていました。久しぶりの休日銀座でした。

上の山吹の歌は金槐和歌集から。大河ドラマ「鎌倉殿の、、、」もそろそろ壇ノ浦。平家も悲劇ですけど源氏も悲劇的ですね。源氏の打ち立てた政治機構はあまりにも無理があるなとは思い歴史として興味をあまり持てていないんですけど源氏3代の中で私が最も興味があるのは三代実朝による金槐和歌集です。

さて、そんな山吹の歌ですけど、下の詠み人しらずの歌を思うと、また一層上の歌の見せる情景が変わってきます。

花咲きて、実はならねども、長き日(け)に、思ほゆるかも、山吹の花
詠み人しらず 万葉集 巻十(1860)
歌意;花が咲いても、実はならないけれども、長い間待ち望んだ山吹の花です。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Rose#36 木香薔薇 2022春 @自宅近く

20220430m1.jpeg
おはようございます。今年もモッコウバラRosa banksiae f. lutea Rehderがきれいに咲きました。写真は4月23日のものです。西日本や東海、南関東エリアだと、もうピークを過ぎたでしょうかね。

↓去年のモッコウバラ
Rose#32 木香薔薇 2021春、靭公園@大阪
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-2132.html

モッコウバラって中国原産で中国で古くからあるようなのですけど、欧州で書誌に出てくるのは新しく1811年にLondonで出されたCatalogue of the Plants Cultivated in the Royal Botanic Gardenが初出です。原産の中国でも書誌としては陳夢雷(1650-1741)の欽定古今圖書集成(1726)となっています。 (調べ方が悪いのかもしれませんが)。そんなに古くないですね。あまり注目を浴びなかったのでしょうかね。まぁそんなことはどうでもよくて、今年もかわいらしい花が目を楽しませてくれました、ということです。

前回のRose↓
Rose#35 Cl. Minuette @大阪・中ノ島
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-2246.html

Category : Roseばら
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Taiwan#17 中野で排骨麺を頂いた @中野

20220429n1.jpeg
こんにちは。COVID-19で陽性のなった部員の熱は徐々に下がってきてはいますが、いまだ37.5度をうろうろしているような状況で、ただただ安静にするしかないです。他の課員のPCR検査で結果待ちが後2名。それ以外は私も含め陰性でしたから、まぁ会食で広がるってことはなさそうです。私自身はその前も出張と外出でほとんどオフィスにおらず、4月は7割方リモート状態でしたから、、、。

さて、写真は、こちらも先日中野で頂いた排骨麺。排骨の排は「並ぶ」という意味で、排骨はあばら骨と骨に付いている肉ですね。沖縄のソーキそばのソーキも同じですね。沖縄は中華文化の影響を色濃く受けていますものね。

日本でよく見かける排骨麺は写真のような感じのものが多いのでは?食べやすいです。私は上に載っている発酵させた雪菜(高菜)の漬物が好きですね。

前回の台湾ネタ↓
Taiwan#16 鹹蜆仔@西中島南方
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-2354.html

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

China#46 菠蘿鶏@中野

IMG_8130.jpeg
おはようございます。GWですが大阪に居てバタバタしている理由は、同じ部署でまたCOVID-19の感染者がでてて、、、。新入社員と着任者の歓迎会をやった翌日だったものでタイミングが悪くて、、、。勿論、大阪府市のガイドラインに沿って適切な対応での会食でしたし、会社のガイドラインにも沿っての会食だったんですけどね、、、それでもバタバタしちゃいました。陽性の方はまだ熱があり、もう少し様子を見ないと、といった状況です。

さて、野菜が高いから、というので意識したのではないですが先日(4/16)に都内で妻と一緒に行った店で菠蘿鶏を頂きました。菠蘿=パイナップルです。中国では菠蘿、台湾では鳳梨と書かれていることが多いですかね。どういう違いから来ているんだろう。ちょっと調べると、中国の普通話では菠萝、香港では菠蘿、福建省の一部と台湾では鳳梨(フォンリー)、台湾語では王梨(オンライ)と呼ぶそうな。そして中国側での菠萝・菠蘿(ポーロ)と鳳梨・王梨では品種が違うようなのです。ややこしいなぁ。台湾か中国に出張に行く機会が戻ってきたらまた聞いてみよう。

あまり酸っぱい味は得意ではないのですが、菠蘿鶏=pineapple chickenの酸っぱい味は好きなんです。料理に果実を入れるというのが苦手という方も多いですけどいろんな国を旅していると意外と果物を使った料理というのも多いものです。私は結構好んでオーダーしてしまいます。この中野駅北口に近い中華料理店の菠蘿鶏も奇をてらわない味つけで美味しいんですよね。

前回のChinaネタ↓
China#45 話題のアサリとセリ @自宅
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-2382.html

<20220430追記>
Chinaのカウント番号間違えていたので修正。#17→#46

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Days 焼きそばホットサンド@自宅

20220429m1.jpeg
おはようございます。Golden Weekが始まりましたね。本当であれば28日の終業とともに空港に移動して東京に移動という状況だったのですが、わけあってまだ大阪におります。

4月は東京出張が多かったので多くの週末を東京で過ごしました。写真は4月17日(日)に自宅で作ったもの。キャベツと焼きそばがあったので焼きそばパンならぬ、焼きそばホットサンドにして頂きました。野菜は高いんですけどこのタイミングではまだ冬キャベツはまだましだったので、、、。写真からはキャベツが入っている様子が見えませんがね(笑)。

子供達は意外にいける、と言っていました。そりゃ焼きそばパンで美味しいんだからホットサンドにしても美味しいさー。

Category : Days
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Saijiki 春キャベツの回鍋肉 @都内

20220427e1.jpeg
こんばんは。4月「も」バタバタしている間に過ぎてしまいblogに行きつかない日々を過ごしているうちに、もう月末です。皆様いかがお過ごしでしょうか。

4月に入って何度か東京出張がありましたので、都内で食事することも多かったですね。写真はそんな中で頂いた春キャベツの回鍋肉です。みずみずしく柔らかい歯ごたえがこの季節の楽しみの一つですよねえ。春キャベツの料理で何がお好きですか?

それにしても近頃の野菜のお値段、高いですねえ。でもこれでいいんだとは思います。勿論、収入も上がっていかなきゃ、とも思いますがね。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

Days なめこ蕎麦 with葉山葵漬け

20220409m1.jpeg
おはようございます。週末の土曜日、今日は天気が持ちそうです。これから京都に出かける予定です。でもまた週明けに東京出張なので、今日は京都散策の後、そのまま東京に移動します。

昨晩はよく行くチェーン店の蕎麦屋さんでなめこ蕎麦を〆に頂いて帰りました。別にオーダーしていた葉山葵漬けが残っていたのでそれをなめこ蕎麦の上にトッピング。これは「あたり」でした。

葉山葵漬けからのAllyl isothiocyanateを鼻に抜けるのを感じて、、、って書くと風情がないですねえ。ちなみになめこのぬめり成分はMucilageムチレージと呼ばれる高分子量糖タンパク質です。そんなことを考えながらご飯を頂くのは、化学屋の性でしょう、、、ね。(Mucinesムチンと記載されていることが多いですけど、これは英語的には誤用ですね。)


Saijiki ワサビの花@京都府立植物園
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1825.html

Category : Days
Posted by TORU on  | 7 comments  0 trackback

Days 本を持って神田川へ

20220408m1.jpeg
反語的な原点ともいえる神田川にて。

おはようございます。先月3月27日、私の大好きな作家である野田知佑(1938-2022)さんがお亡くなりになった。大学生の時に野田さんの本に出合ってから発表されているほとんどすべての作品を読んできた。一番最初に読んだ本は「日本の川を旅する」(1985、新潮文庫)だ。鮮烈に覚えている。三面コンクリート護岸をされ本来の姿を失った川を嘆き、川のあるべき姿をきっぱりとした文章で書き続けてきた。彼がカヌーや筏で下ってきたYukon Riverに、私もいつか行こうと思っている。

野田さんは早稲田大学第一文学部英文学科を出ていて神田川も下っている。彼が若かりし頃の神田川といえば今よりももっと汚れていただろうから、その瀕死の川での経験が、日本中の息の詰まるような川を下ったことが、彼をYukon Riverへと誘った。

先週、雑司ヶ谷の散歩の時に、野田さんの本をもって神田川の桜を眺めにいった。環境は以前よりはましになっているかもしれないが大都会を流れる川はやはり本来の姿ではない。

私がYukonを下るときはどんな本を連れて行くだろうか。

Category : Days
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback