烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

Days 夏の大学イベント~工学院大学

170904 (803)
今年の夏は大学主催の科学イベントにたくさん行きましたが、その一つが、八王子の工学院大学です。工科系の大学だけあって、いろんな実験などを見せていただきました。子供たちが一番最初に楽しんだのが、速乾性のセメントの体験です。子供たちにとってコンクリートを固めたのは初めての体験ですね。骨材とセメント、水、混和剤をいれて混ぜて、、、。

170904 (805)
コンクリートが固まるというのは、主成分のセメントに水が加えられ水和反応が起こり、水と結びつき硬い状態になることをいうのですが、最終強度に達するのは、随分とかかるようですね。約一か月程度で、8割方に達するそうですが、水和反応が終わるまでには、10年とも言われていたり、、、ほんとかな。まぁ、コンクリートが固まる、というのは不思議なものですね。

スポンサーサイト
Category : Days
Posted by TORU on  | 1 comments  0 trackback

Days 秋味*2017

170904 (964)
今日も夜、帰宅するときに雨が降っていましたね。東京は随分と夜が涼しくなってきました。コンビニのお酒の棚も秋になってきましたね。秋味、今年も頂きます。

Category : Days
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

鳥取#21? 鳥取に乾杯

170904 (998)
この麒麟さんのシリーズ、もう全国区でやっててですね、メーカーの思惑に思いっきりはまっちゃっている今日この頃です。ハマっている方、結構いるんじゃないですかね?

170904 (997)
まぁ、鳥取好きの私としては「鳥取に乾杯」は外せませんね。鳥取の麦もつかってるんだね。まぁ、神戸で作ったビールですけどね。ごちそうさま。今年のしゃんしゃん祭りはどんなだったかな。みんな、元気かい?

Category : 中国
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

鳥取#20 梨の季節

170904 (992)
学生のころの刷り込みからでしょうか。夏の終わり秋の気配がやってくるころ二十世紀梨が食べたくなります。東京に来てからというもの、この時期に探してしまいます。今年は頂き物で我が家にやってきました。私の大好きな鳥取県の特産品のひとつです。夏の思い出と一緒に頂きましょう。

Category : 中国
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Days 夏の大学イベント~東京農工大

170904 (767)
今年の夏は、家族でいくつもの大学の科学イベントに行きました。その一つが東京農工大学の植物教室でした。農学部の学生さんが学内の植物の特徴を説明して名前を教えてくれるというイベントです。子どもたちには折に触れ植物の名前を教えているのですが、なかなか纏まって植物の名前を覚える機会はないので、子供たちも楽しんでいました。

170904 (783)
イベントの最後は、教室で植物の葉を見て名前を書いてテスト!いやぁ、子供たちにはちょっと難しかったかな。農学部の農林系の学科を出た父としては、ここは全問正解でクリアです。

大学一年生、演習林で植物の名前を覚えた夏のことを思い出しました。あの山は、今年も同じように学生さんが植物の名前を覚えながらいろんな思いを持っているのを黙ってみていてくれているのかな。

170904 (763)
府中の学び舎は、緑が多くて素敵ですね。学生のころ、東京農工大の学生とも交流があったなぁ。

Category : Days
Posted by TORU on  | 1 comments  0 trackback

Days 夏休みが、終わって。

170904 (970)

先月も忙しくしていました。沖縄ネタをやっている途中でしたが失速しちゃいましたね。夏休みの最終週は「宿題」weekでしたね。会社の方もいろいろと忙しくしておりまして、海外にも出張もせず缶詰していました。

夏休み明けの最初の週末は学校公開日で、それぞれの家庭で工夫を凝らした自由研究を見ることができました。日本の夏休みの「自由研究」ってアメリカの学校とかできくproject的なものなのだと思いますが、その意味合いがずいぶんと理解されていないような気がするんですよね。我が家は今年は娘と息子の自由研究は連続ものにしました。家族で楽しんだ夏休みの自由研究っていうのもいいと思いませんか。

写真は、自由研究とは関係のない絵です。学校公開で壁に貼られたいました。「お城」をテーマとした息子の作品らしいのですが、彼のお城は日本のお城じゃないんだなぁ、って思った次第。

追伸:コメントが遅くなってしまいごめんなさい。ずっとblogを見る時間がなくて、、、。

Category : Days
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

沖縄#10 北谷の海、朝のジョギング

170803 okinawa (46)
お盆を皆さまいかがお過ごしでしょうか。大阪も暑いですよぉ。夜中になると昼の猛烈な暑さが落ち着きますので、夜散歩を少し。いや、ペルセウス座流星群を少し見ようかと、、、。月明かりがありましたので、ほんの少ししか見ることができませんでしたが今年も見ることができてよかった。

この夏はビールも楽しみたいけど体も絞るという二律背反的な課題がありましたので、沖縄滞在中は毎日北谷の宿から5分ほど歩いたところの海岸をジョギングしておりました。沖縄も朝一は暑さが落ち着いて心地よく走ることができました。米軍基地が近い為、朝一の訓練機が轟音とともに西の空に飛び立つのを見ながら走っておりました。F15凄い音ですよね。

写真は7月31日の朝。

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

沖縄#9 さんぴん茶、なんでも合うねえ。

170803 okinawa (41)
お盆休み、いかがお過ごしでしょうか。我が家は大阪の実家に弾丸里帰りです。帰省したらしたで、いろんなイベント盛りだくさんだし、なかなか書いたり覗いたりする時間がありませんね。

さて沖縄ネタの続きです。沖縄で麦茶のようにごくごく飲むといえばこの「さんぴん茶」ですね。いつもそこにあるお茶ですね。はあ、サーターアンダギーにも合うし、てんぷらにも合うし。所謂「ジャスミン茶」の仲間にあたるお茶ですが、さんぴん茶は緑茶ではなく半発酵の茶葉に茉莉花(ジャスミンの種類)の香りを付けたお茶ですね。さんぴんという名前は、中国の香片(シャンピエン)からの転訛だそうな。発酵の度合いが進んだ清明茶(しーみーちゃ)というのもあるそうですが、まだ頂いたことはないですね。どうも扱っているお店が少ないようで、次に沖縄に行ったときには探してみたいですね。

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 1 comments  0 trackback

沖縄#8 沖縄のぜんざいは夏の味

170731R (63)
沖縄旅2017その3です。沖縄にいったらこれが食べたいシリーズの私的上位ランクインしているのが、ぜんざいです。暑いところですから、もちろん「ぜんざい」と名がついていても冷たいのです。そして、金時豆の味と黒糖のこくと強すぎない甘さがこの白玉ぜんざいの醍醐味ですね。

170731R (62)
夜のデザートとしてお酒時間ともかぶるなぁと思いこの日はカロリーゼロを選びましたが、、、、美味くないなぁ、私的には。

ところで本土的なぜんざいを、当地ではなんと呼ぶか? それはもちろん「ホットぜんざい」です。冬のみのメニューだったりします。冷たいの、おいしいですよ。ごちそう様でした。

Category : 未分類
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

沖縄#7 北谷に泊まって~最初の晩御飯はGORDIE’Sのハンバーガー

170731R (45)
今回の沖縄の旅では北谷町に投宿しています。ご存知の通り北谷町は米軍基地がすぐそこにあり今回の宿は元米軍用の住居(コンクリートの平屋)をリノベーションしたシェアハウスです。8時半ごろ宿に到着して、すぐに晩御飯を食べに北谷町の本格的なバーガー屋さんであるGORDIE'Sに行きました。駐車場にもYナンバーの車が何台か停まっていましたので何組かの米兵もいたんだろうな。基地の町ですからね。

北谷町は、戦前は農村だったそうですが、大戦末期の昭和20年4月米軍が北谷海岸から上陸しました。そして戦後は村全体が米軍の占領地となり村民は帰る場を失いました。徐々に居住可能地域が拡大していき村民が帰ってきたそうですが、まだ広い土地が米軍基地によって占められており嘉手納飛行場など米軍基地が存在します。この100年の間は北谷にとっては激動の時期だったのでしょうね。

170731R (61)
炭火で焼いたパテの味は、米国駐在のころに何度も頂いた味で私は、パテこそは炭火焼きだと思います。いやぁ、おいしい。炭火と書いてあったので気分が高ぶってか、最近減量をしているのに、このときばかりはdoubleで頂きました。バンスもこの店のoriginalなんでしょうか、少ししっかりとした口あたりでした。閉店間際に行ったのにきちっと対応をしてくださいました。ごちそう様でした。

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

沖縄#6 夏休み2017

170731R (41)
二年ぶりに沖縄に来ています。日ごろ有休休暇をとっていないので、今年は夏休みを沖縄旅行に充てて、家族でやってきています。子供たちにとっていろんなことを経験してもらいたい年齢に入ってきていますがこの夏休みはどんな夏休みにできるかな。那覇空港に居たのは、ジンベイザメの絵の飛行機(上)と、スパイダーマン(下)でした。最近いろいろと工夫しますよね。

170731R (38)
1機あたりどれくらいの費用が掛かるんでしょうね。

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Days 地域の盆踊り

170725 (263)
「東京音頭」がヘビーローテーションでしたけど、踊りを知らないってことかしら?

日曜日の早朝にThai出張から戻ってきました。やはりBlogは少しお休みしちゃいましたね。出張先でのスケジュールが一杯でなかなかお邪魔することもままならず、、、とほほ。皆さまいかがお過ごしですか。

早朝に羽田空港から自宅に戻り、家でバタバタ用事を済ませ、多摩の方にお出かけをして(その件はまた別の機会に)、帰ってきてから妻はPTAの見廻当番で地域の盆踊りに行くことになっておりましたので家族も一緒にお出かけしました。さすがに深夜便で帰ってきましたので、眠かったですね。でも子供たちは出張に行っている間に夏休みが始まりましたので、元気元気!盆踊りでは、お寺の境内に店が並ぶので、子供たちにそれぞれ1,000円ずつ持たせて自分で買いたいものを考えなさい、ということにしました。

170725 (265)
息子は「たこ焼き」と「チョコバナナ」(くじびきやら、射的やら、かき氷で随分と悩んで)、娘は「焼きそば」と「わたがし」(それほど悩まず)を選んでおりました。ご飯ものと何か、というところで子供たちは悩んでいましたけど、そうやって損得勘定を彼らなりにすることがいいのだと思います。まぁ、自身の子供の頃から考えると、持たせてくれるお金が随分と変わったなぁとも思いますね。

この夏休みも子供たちにとっていい夏休みになったらいいな!

Category : Days
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

愛媛#4 時々たるとが食べたくなります。

170630 (74)

暑い毎日いかがお過ごしでしょうか。朝からこんな甘いエントリーは要らないかもしれませんが、無性に和の甘さが欲しくなるときがあります。妻は苦手なんですが、わたくしは結構好物です。愛媛には2年ぐらい行っていませんが、愛媛に行くと二回に一回はたるとを買って帰ります。先日近所のスーパーでたるとを見かけたので即買いでした。久しぶりに熱い道後温泉に入りたいなぁ。道後に行って、「坂の上の雲」でも読み返しますかね。

今日も暑くなるかな。今日も一日頑張りましょう。

Category : 四国
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Saijiki パパイヤの旬は?

170715 (4)
只今出張中。気分は南国なんですが、Bangkokは東京より涼しいんです、この時期は。さて、先日日本でとてもおいしいパパイヤにあたりました。なかなか、こんなにおいしいものは当たらないなぁ。

ところで、パパイヤの旬っていつなんでしょう。海外ものはいつでもシーズンでしょうから、日本のパパイヤ事情で話をいたしますと、5月から9月がシーズンで、7月がベストシーズンにあたります。パパイヤを食べるなら、今ですよ!おいしいパパイヤを食べてくださいね。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Saijiki 我が家も「冷やし中華始めました」

170715 (92)
猛暑日が続いていますね。梅雨はどこへやら、、、。現在Thai出張中ですが、Bangkokの方が東京より暑さがマシです。いやぁ、日本、暑いですね。お邪魔するBlogやら街のお店やらで「冷やし中華」「冷麺」の文字を見るようになりましたね。我が家も今年は7月9日、「冷やし中華」始めました。

もう、麺をゆでて適当に好きな具材を載せて食べればいいのですから、夏のお昼にはぴったしです。もちろん、うどんやひやむぎ、素麺なども夏の定番ですね。前の3つはあまりハムとかトマトとか載せてでてくることはありませんが、その点、冷やし中華は結構なんでもありで応用範囲が広そうです。(あ、冷しゃぶうどんとか、サラダうどんなど、最近は違ったメニューもありますね。)

暑い毎日、ちゃんと食べて、ちゃんと水分補給して乗り越えましょう。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

福島#2 豊久仁の夏バージョン

170630 (71)
日本橋で買い物をしていて、涼し気だったのでお買い物。このお酒を買った6月末はまだはそこまで暑くなかったですけど、これを書いている今日はとんでもなく暑いですね。東京も猛暑日、35度を過ぎていました。私でも暑いのに地面からの照り返しを近くで受ける小さな子供たちのしんどさといったらいかばかりか。

このお酒の涼し気なラベル、やっぱり冷蔵庫で冷やして、、、香りも楽しみたいのでwine glassで頂きました。豊久仁はまずしっかりとした甘さがやってきますよね。少し追って旨味がやってくるので、安心して飲めますね。他の豊国のシリーズは燗酒で、という話も聞きますね。秋口、冷えるころになったらねー。酒蔵の豊国酒造は福島県の会津坂下町にあります。只見線ですね。今夏はもう予定がいっぱいなので、出かけられないけど、また行きたいなぁ。

豊国酒造
http://aizu-toyokuni.com/
福島県河沼郡会津坂下町字市中一番甲3554

前回もお酒でしたね。
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1148.html

予約投稿にしていますが、このエントリーがupされる頃にはBangkokに居ります。

Category : 東北
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

東京#53 きれいな大学構内の食堂@東大駒場

170630 (67)
先日お邪魔した東大・駒場にはイタリアン・トマト CafeJr.(いわゆるファミレスですが)が入っています。他にもいくつかの施設がありますが綺麗な食堂ですね。大学の食堂もきれいな食堂が増えてきているし、メニューも豊富だしすごいですね。私が行っていた大学とは大違いです。まぁ、平成も初めの頃、まだまだ昭和な気分が残っていた時代ですからね。田舎の大学だったので、新鮮な魚が出るのはうれしかったですけどね。(まぁ近所のスーパーに行けば簡単に新鮮な食材が買えたので食材は新鮮でしたね)。

さて、今日からまたBangkok,Thai出張です。行ってきます。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

東京#52 東京大学駒場博物館

170630 (55)
6月25日の最終日にぎりぎりで行くことができた展示会。東京大学・駒場にある博物館でもちろん無料。大学の博物館系は結構好みの場所です。今回の展示会は、20世紀の初頭から第二次世界大戦初期までに至る時期に新聞に連載された小説群を、当時の新聞現物で展示した「新聞の中の文学:黄金時代1900-1939」。

印刷技術が向上し挿絵の発展しました。それが読者獲得の競争に寄与し、そんな中で新聞小説が発展してきたんですね。Alexandre Dumasデュマ、Charles Dickensディケンズ、Sir Arthur Ignatius Conan DoyleドイルにJoseph Rudyard Kiplingキプリング。錚々たる巨人たちはこうやって新聞小説で巨人となっていったのですね。その一方で忘却された作家なども掘り起こしていく、というのが今回の企画展の面白いところでした。

170715 (70)

Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Saijiki 梔子の花

170630 (111)

山吹の 花色衣 主や誰 問へど答へず くちなしにして 古今1012・素性法師

雨に濡れた梔子の花。崑崙花と同じアカネ科の木ですね。初夏の朝、甘い香りがしてきたら梔子の花かなぁ。
一重咲の品種では橙色の実がなりますが熟しても口が開かないためクチナシと言われたとか。

生垣なんかでも使われたりします。写真は先日芝公園の近くで見かけ、その時も甘い香りに誘われたような。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 1 comments  0 trackback

Sri Lanka #4 Vegetable Roti

170630 (44)
前entryのKottu Rotiもおいしかったですが、今回のVegetable Rotiもおいしく頂きました。マッシュポテト、玉ねぎなどを刻んで炒めたものをRotiで包んだものですね。Kottu=切った、されていません。中はねー、Samosaみたいな感じです。娘が食べると言ったのですが、娘にはspicy過ぎたみたいですね。ごちそう様でした。

Sri Lankaの本ってどんなかね、とおもって探していて、読んでみようかなぁ、なんてAmazon他で探しても、結構SinhalaやTamilが多いねえ。そりゃそうか。

Fairway National Literary Award
http://www.fnla.lk/

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Sri Lanka #3 Kottu Roti、おいしいよ。

170630 (42)
先日(6/25)、代々木公園で開かれていたSri Lanka Festivalに行ってきました。雨が降っていたので人出が少なかったので開催者や出店者にとっては少し残念だったとは思いますが、人込みが好きではない我が家にとっては、まぁ心地よく過ごせました。

勿論、こういった催し物では「食べ物」に興味は集中するわけです。先日のインドネタでchapaatiチヤパティについて書きましたが、チヤパティよりすこし厚く作ったものがRotiです。今回はSri Lanka料理としてですが、まぁ隣国ですからね。まずSri Lankaの一般的なGodamba Rotiゴダンバ・ロティをいったん焼いて、それをきしめんのように細切りににして肉と野菜などと一緒に炒めた料理で、屋台飯です。うーむ、うまい!ごちそう様でした。家で作ろう、作れるよ。

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Sri Lanka #2 やっぱり紅茶?

170625 (8)
朝の一杯は、紅茶ですか?それともコーヒーですか?

私はその日の気分ではありますが、紅茶の率が高いかなぁ。朝一に一杯、紅茶があるとhappyですね(安いのでいいですけどね)。会社に行って面談や会議などで一日にコーヒーを結構頂く機会が多いからでしょうかねえ。今回のentryはSri Lankaの紅茶。前回のSri Lankaのentryも紅茶でしたが、やっぱり今回も紅茶。ブランドも一緒。

先日会社の同僚がSri Lanka出張に行ってきたのでお土産に頂きました。前回はお客様から頂き、今回は同僚から。お土産で使われるDilmahディルマ社の紅茶、結構おいしいなぁ。純国産だそうですね。100か国以上に輸出されているそうで、やっぱりお国自慢なのかな。

私より少し先輩の方々には、Sri LankaというよりDominion of Ceylonセイロンという名の方が馴染みがありますかね。1972年にスリランカ共和国に改称し、その後1978年からスリランカ民主社会主義共和国に。ずっと内戦やっていて、情勢が落ち着いてきたのはちょっと前ですもんね。

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Saijiki 崑崙花

170703 (30)
やっと週末です。今週は大阪出張があり、また毎日会食があったりでさすがに疲れました。blogも少しお休みしました。さて三連休。三連休も盛りだくさんコースです。土曜日の今日は、友人家族と遊びに行くことになっているので、一日外出。暑いだろうなぁ。

写真は息子にバイオリン教室のご近所に植えてあった崑崙花。白い葉っぱのようなものはガクで5弁の小さな黄色い花を咲かせます。この白いところを崑崙山になぞらえたからとか、実の色を崑崙島の住人に見立てたとか、、、。よくはわかりませんが、私は白い山の方がしっくりくるかなぁ。日本では6月ごろから咲く花ですね。

さて、今日も一日暑いでしょうけど、楽しみましょう。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Days 暑いですね。

170703 (29)
3週連続の大阪に一泊二日の弾丸出張で行ってきました。今日明日は東京です。大阪ではクマゼミがここ数日でクマゼミが鳴きはじめています。もう夏がやってきました。梅雨明けですか?

今年も暑くなりそうですね。今日も一日頑張りましょう。柿の実もどんどん大きくなってきています。

Category : Days
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

India#15 Chapaati,Curry and Biryani @ Reka、西葛西

170620 (185)
葛西まで来たら、ここに行きたいよねー、ということでIndian restaurantのRekaに葛西臨海公園の後、夕食を頂きにいきました。このBlogでのIndiaネタの前回もRekaのBiryaniでしたけど、新店舗になってからの再訪しました。ここのIndian foodは本格的でとても香りと味のバランスが素敵なのです。

ここのオーナーさんはとても日本語が堪能ですが、この日(6/18)は、cricketのPakistan vs Indiaがあったため、葛西のIndian が別の場所で集まってみるとかで、出かけてしまって、料理はいつも厨房に立たれているお母さんが作ってくださいました。スタッフも日本語はダメだし、英語でのcommunicationとなりましたけど我々の後のお客様たちはどうしたのでしょうかね(笑)。だって、cricketの試合ってめっちゃ長いですからその日一日はオーナーさんは居なかったでしょうからね。

さてこのレストランでは、naanナン(もしくはナーン)はありません。こちらで頂けるよく似た感じのものといえば、chapaatiチヤパティです。naanは精製小麦粉でできた生地を発酵させてから、タンドール窯で焼いたものです。一方chapaatiチヤパティは全粒粉でできた無発酵の生地を専用の鉄板やフライパンで焼いたものでクレープのようなもの。一般的な家庭ではnaanは食べられないし、インド出張で出てきたことはないですね。

インドの主食の地域性でいえば、東・南は米で、西は麦、米、豆。そして北は麦と米です。亜大陸と言われるほど広いしいろいろな人が住んでいますからね。

170620 (183)
ここに来たらbiryaniを食べなきゃねー、おいしいんですよ本当。今回我が家が注文したものはChapaati,Curry and Biryani、略してC-C-B。いやいや、そんな略し方はないですね。本家C-C-Bは、Coconut Boysという正式名称だったそうですよ。覚えてないけど、歌は覚えていますね。

おいしかったです。ごちそう様でした。

170620 (187)
ところで、気になったのは、restaurantに置かれた神棚。神棚にですね、ガネーシャさんがいらっしゃいました。確かに神の座ですから間違ってはいませんが、居心地はいかがです?

追記>
今日からまた関西出張。少しupのスピード落ちるかなぁ。。。

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

東京#51 コノシロ@葛西臨海水族園

170620 (168)
穴子は江戸前に限る!なんていう江戸っ子じゃあありませんが、江戸前といわれるとなんだか粋に聞こえちゃうから刷り込まれた情報ってすごいですね。江戸前つまり東京湾で獲れる魚ってことなので羽田空港あたりでとれる魚ってことですわな。江戸前といえば穴子、だけじゃないですね。

さて問題です。いずれも江戸前の魚ですが、読めます?
1)蝦蛄
2)鯊
3)鰈
4)鱸

さて穴子と並んで江戸前の一つが写真のコノシロです。所謂出世魚ですね。寿司ネタとして有名なシンコ・コハダと成長して成魚はコノシロと呼ばれます。出世魚なので、成長に従って旬がやってくるんですね。シンコは7~8月、コハダは8~9月、コノシロは11~2月です。コノシロは汽水域から海水域に掛けて広く生息できるため漁獲量も多く「ご飯(コ)の代わり(シロ)になる魚」から名前がこの名がついたとの説があります。

先日、Portlandからお友達家族がやってきたので、葛西臨海水族園に一緒に行ってきました。入園料が他の水族館より安くて、展示の仕方も面白いので結構な回数行っています。この水族園には、東京の海、つまり江戸前の水槽もあって、寿司ネタが一杯。おいしそうなんですよね。

おいしそうだねー。いやいや、見方が間違っています。

さて、読み方わかりました?
1)しゃこ 2)はぜ 3)かれい 4)すずき

でした。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

東京#50 煮穴子も載っています@いつものお寿司屋

170625 (38)
海外駐在員の出張者が多いときというのは、どうしても寿司屋やらすき焼きやら日本食系が多くなります。先月6月は多かった気がしますね。おかげでお寿司屋ら天ぷらやら鰻やらをいただく機会が多かった、、、。痛風持ちには「ドキドキ」です。写真は6月下旬に台湾からの出張者が来た際のランチは寿司屋だったのですが、わたくしは握りではなくちらし丼で。あ、穴子つながりでこのネタを書きました。煮穴子でふわふわでおいしいですね。お昼にお酒をいただきたくなってしまいます。

煮穴子、まぁ自ら作ったことはないですね。結構手間がかかりますからね。目打ち背開きにおろし、ぬめりを取って、継ぎ足した煮汁に酒、砂糖、醤油、みりんを加えて煮ます。ふっくらさせるのに何時間も煮るそうですね。それだけ手間がかかったネタなんですね。

この時もおいしく頂きましたよ。ごちそう様でした。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

東京#49 鰻、うまいね。@日本橋小舟町・高嶋家

170620 (199)
6月はラッキー?が続いてか鰻を頂くことが何度かありました。日本橋・神田・三越前周辺が会社からアクセスのいい場所なのでおおむねこのエリアで頂くことが多いですがこのエリアだけでも鰻屋さん結構ありますね。人によってよくいく鰻屋さんが違いますね。このときは一緒に行ったKさん達の好きな高嶋家さんでした。美味しいよねえ、ここも。

さて、穴子ときて次が鰻。両方ともウナギ目ですが、穴子はアナゴ科で一生海で過ごします。色は薄茶色で側面の斑点がありますね。上顎が出ていて、口を閉じた時に下顎が上顎に隠れるのが特徴だそうです。気にしたことなかったなぁ。一方鰻は、ウナギ科。海で産卵して、河川に戻ってきて淡水で成長します。見た目も黒に近い暗灰色で、下顎が出ているんですって。へええ!脂ののり方は鰻の方が多いのだそうです。

鰻、夏でも冬でもおいしいけどねー。ごちそう様でした。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

東京#48 穴子二種@玉ゐ

20170610 (64)
出張者が来たので玉ゐさんで頂きました。海外からの出張者だと、ついつい普段よりおいしいものを頂いてもらいたいなぁと、思いますね。ちょうど一か月前にお邪魔しました。西日本出身の私は瀬戸内の穴子が一番好きですけど、東京の人はやっぱり江戸前の穴子ですかね。

穴子の旬っていつなんでしょうね?一般的に魚は脂が乗っている時期を旬とすることが多い気がしますが。アナゴは淡白な味わいが好まれる魚なので、さっぱりとした味が楽しめる6月から8月ごろ、夏場だという人と、冬の11~12月のアナゴの方がおいしいと言う人もいますね。好みが分かれる魚なので、好きな次期をその人にとっての旬といえるのでしょうね。

この時は、穴子の白焼きと一夜干しとをいただきました。おいしかったぁ!夏物も旨い!ごちそう様でした。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

神奈川#19 人の祈り~箱根神社

170620 (43)
タイ人Pさんと一緒に箱根神社にお参りに行って驚いたことは、お参りの仕方を知っていたこと。そうか、前週に会社の後輩に別の神社に連れて行ってもらった時に教わったんだな。お参りの仕方がすでにインプットされているならば、私としては神社と寺院の違いを説明と、、、難しいですがな。

箱根神社が芦ノ湖畔に祀られるようになったのは奈良時代、天平宝字元年(757年)というから1260年前のことですね。この杉並木のそれぞれの樹齢も数百年はあるんでしょうね。箱根神社のwebsiteを見ていますと、「御成敗式目の起請文に箱根権現にその名が出ている」と書かれていましたので読んでみました。なかなか御成敗式目を読む機会なんてないですね。御成敗式目の第一条は「右、神は人の敬ひによつて威を増し、人は神の徳によつて運を添ふ」と始まり「神社を修理し祭祀を専らにすべきこと」と定められているんですね。貞永元年(1232年)ですから、785年前の式目です。

箱根神社
http://hakonejinja.or.jp/

Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback