烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

長野#19 りんごの花 駒ヶ根・伊那南部広域農道

20170506GW (188)
先週末も用事があり長野・松本に出かけていました。山道を走ったのですがりんごの木はもう緑が濃くなってきていました。

GWの信州旅行の一つの楽しみは一挙に咲く花々ですが、その一つがりんごの花です。このりんごの花を見に来たようなものです。昼神温泉、園原から伊那のほうに戻る際に通った道が、南信州フルーツライン(伊那南部広域農道)。東側の道は農道らしい風景が広がっていています。GWは、長野のりんご農家では受粉の作業の真っ盛り。農道を走っていて見る風景もやはり園でて作業をする農家の皆さんの姿。りんごも自家不和合性なので受粉作業ですね。

20170506GW (190)
満開のりんごの木。農家の土地に入り込まないように、農道脇で写真をとらせていただきました。人の土地に勝手に入っちゃいけませんからね。こんな満開のりんごの花を楽しみに、GWの信州に来たのでした。

りんご農家の作業を紹介しているサイトがありましたのでリンクを。
http://www.iijan.or.jp/oishii/sp/products/fruit/post-2321.php

スポンサーサイト
Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 1 comments  0 trackback

長野#18 昼神温泉は桃花の盛りでした

20170506GW (76)
GWにお邪魔した昼神温泉ですが、ちょうど桃の花が満開の時期でした。花桃は色がたくさんあって華やかですよね。今日5/21も実は長野におります。今日は法事です。さて、朝ごはんに出かけますか、、、。

20170506GW (82)
こんな花たちがいっぱい!

20170506GW (108)
つくしもちょうどこのころでした。長野はやっぱり春がゆっくりでした。

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

長野#17 昼神温泉・駒つなぎの桜

20170506GW (106)
ちょっと前GWの後半に長野にお出かけ。高遠の桜を子供たちに見せたくて、長野気分になっていたのですが今年は高遠の桜は早く散ってしまったようでGW後半では間に合わなかったので、別のところに見に行くか!ということで長野県内を検索して昼神温泉にい行くことにしました。ピークは過ぎていましたが、駒つなぎの桜はまだ咲いておりました。源義経が馬をつないだという伝説を持つ一本桜です。山道を随分と上がらなければならないので、上った先に一本の桜が枝を広げている姿を見たときは、ため息がでます。まぁ、ピークではないので見に来ている人も少なくてよかったですね。

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Thai#56 Thai food @North East Thai Esan Restaurant

20170414 (192)
3月1回目の出張の時は、いつも行っているoffice近くのRestaurantではなく、Si Lom駅からラマ4世通りを進みLumpini公園を横目に歩いたところにあるタイ飯屋に行きました。人気店だと聞きますが予約して早めにいったので大丈夫でした。駅から少し歩くんですけど、車で行くととても混んでいることがあるので歩きました。

外を歩いていくと汗が出てちょうどいいですね。Beerが旨いんです。

一番上の写真はかぼちゃの芽・茎、、、かな?料理の名前を憶えていません、、、ヨート・ファクトーン(蔓芽・かぼちゃ)・パッ(いため)・ムー(豚)で通じるかな、、、次回行ったときに試してみよう。かぼちゃの蔓って、農学部にいたころは食べたことなかったなぁ。サツマイモのつるはよく頂きましたけどね。スジさえとってしまえば湯がけばいただけますもんね。

20170414 (191)
定番。鶏ココナッツスープ、Tom kha kai(トム・カー・ガイ)。

20170414 (190)
そしてSom tamソムタム=Green papaya saladです。これも辛くておいしい。イーサーン、タイ東北部由来の料理、おいしいよねえ。日本で食べると結構なお値段しますよね、食材が日本じゃあまり市場に出回っているわけではないでしょうから高くなるわけです。今回もごちそうさま。

North East
http://www.bangkoknavi.com/food/387/

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Thai#55 エビ、、、大げさ?

20170414 (188)
またThaiネタです。このえびせんは3月にバンコクに出張に行ったときにHotelの部屋で頂きました。仕事を終えて一息、部屋でbeerをいただきながら頂く「スナック菓子」は出張の楽しみの一つです。このえびせんはえびの絵がずいぶんと大げさな感じです。味のほうは、すこし「えび」を強く感じましたので「あり」です。ところでこういう企画モノ的な製品はすぐに店からなくなったりして、次の出張に行ったらもうない、というものがよくあります。例えばシイタケフレーバーのポテトチップスは、いま探しても見つかりません。廃番になったのかなぁ。そんな中で先日の17茶は驚異的に残っている製品ですね

出張で月曜の夜中便で飛んで金曜日までThai出張です。さて今回はどんなモノに出会えるでしょうかね。

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

富山#4 ホタルイカの旬は3月~5月

20170506GW (21)
4月末に大阪に帰った時、友人Sと地元駅の地下街にある居酒屋に入って日本酒を少し頂きました。肴はあら煮とホタルイカ、他にいくつか。ホタルイカの季節には誰彼かオーダーするので、旬の間に何度か口にします。今年も数度頂きました。富山・滑川のものが有名ですね。季節になるとNewsなんかで見たりしますね。ちょっと調べると水揚げは底引き網漁で獲る兵庫県が多いようですけど、ね。

店の有線で美空ひばりさんの歌が流れていました。いい歌、いい酒、いい肴。最高。

Category : 中部
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

大阪#27 淀川の流れは

20170506GW (16)
4月の末に大阪にとんぼ返りで帰っていました。旧友が昨年亡くなり、その納骨があり大阪に帰ってきたのです。その日は空から大阪に入りました。伊丹着陸する前に飛行機は淀川の上を飛びます。その友とは高校の頃、よく淀川の河川敷に行ったものです。その河川敷を遠くから眺めようと、空から入りました。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Thai#54 Senlek Nam Muu センレックナームムー

20170501 (2)
4月後半のこと。オフィスから近いThai料理屋に一緒に食べに行ったタイ料理。Senlek Nam Muu、つまりビーフン細麺、汁あり、豚。一緒に行ったのは、これからVietnamに飛ぶという部員さんと、、、私、ひどい人ですかね?

メジャーなnoodleの種類だけでも結構ありますからねぇ、少しずつ覚えるしかないですなぁ。
Wide rice noodles “sen Yai” ( เส้นใหญ่ / sên yài)
Small rice noodles “sen lek” ( เสนเล็ก /sên lék)
Vermicelli “sen mee” ( เส้นหมี่ /sên mìi)
Yellow egg noodles “sen ba-mee” ( เส้นบะหมี่ / sên bà-mìi)
Glass noodles “wun sen” ( วุ้นเส้น/wún sên): made from mung beans

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Days うんこ漢字ドリル

20170506GW (25)
同級生はfacebookに載せるし、ネットでも話題になってたりするし、実家に帰ったら妹が買ってたり、、、と最近よく目にするうんこ漢字ドリル。

パラパラとめくると、そのめくるめく世界が、、、例文がヒドイのなんのって(笑)。
小学生の男子なら、、、好きだろうね、このネタ。お父さんは自分の子供の頃を思い出し、ついつい手を出してしまいそうなドリルです。なんだか売り切れが出てたりするって、、、すごいなぁ。

Category : Days
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

South Korea#10 マスコットキャラ

20170501 (52)
開催まで1年を切っているPyeong Chang Olympicは2018年2月9日から開催予定で、Seoulの金浦空港にもマスコットキャラクターが飾られていました。が、周りで写真を撮っている人がたまたまなのかいなかったので、写真を一枚。無事開催されることを祈っています。

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

South Korea#9  韓国でも、Mcで朝食

20170501 (51)
Hotelでの朝食っておいしくないことも多いので、時々朝食無しプランで予約することもあります。今回は朝一に会議がありましたので朝Mcにしました。この朝食なら凄くおいしい、ということもありませんが、大外れ、というのもないので、朝からいろいろ試したくない時にはちょうど良い朝食なのです。

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

South Korea#8 焼肉、牛だ。

20170501 (37)
Seoulに出かけたら必ずいずれかの夕食で焼肉が入ることが多いですけど、今回も入ってきました。たった3日しかない出張だったにも拘わらずですがね。私は豚も好きなんですけどね、今回は牛肉でした。やっぱり牛は高級ですねえ。かなり量が多かったです、、、こんな量のお肉は欲しなくなって随分とたちますが、美味しいお肉だと結構いけるものです。(まだ胃は元気ということですね。)味が量に勝るときというのは幸せですね。

20170501 (38)
この肉も!

20170501 (39)
そのうえ、〆のそばまで、、、〆のそばは、、、いまいち。やっぱり麺の食感が私にはね、、、。肉が美味しかったからいいんです。そういうことです。

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

South Korea#7 17茶でしょ?

20170501 (31)
韓国出張に行ってもコンビニ探訪。もう10年以上前に初めて見たときには驚きました。日本でよく見かける、X六茶じゃないんです。一つ多い17茶。またまたぁ、ってその昔思いましたけど、立派にロングセラー商品になっているのですね。へええ。

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

South Korea#6 暑い日は冷麺

20170501 (33)
26日はとても暑い日で少し歩くだけで汗ばむほど。街中を歩くとツツジとヤマブキがきれいに咲いています。東京と同じでした。そんな暑い日の昼食といえば、やっぱり軽く冷麺にしたい。軽く、軽く。夏になると「冷やし中華始めました」の貼り紙に魅かれるのと同じ。

(よし、冷麺だ。)と心の中で一人つぶやき、安いお店で注文。量も多くなくていい。やっぱり、こうじゃなくちゃ。

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

South Korea#5 Craft Beer in Seoul

20170501 (24)
昨年揺れに揺れた隣国大韓民国(Korea)は、明日9日、大統領選挙が投開票日となります。さすがに関心が高いでしょうね。日本では北についてのトピックの方が聞くことが多いような気もしますが。そんな中4月末25日~27日でとんぼ返りで韓国に出張してきました。何せ近い隣国なため、夕方まで仕事をしてから飛んでも夜到着できますのでSeoul市内麻浦区のホテルに荷物を置いてすぐに裏路地に向かいました。

20170501 (25)
会社帰りに一杯というのは東京もSeoulも同じです。会社勤めらしき皆さんがいい感じに出来上がっている中、独り呑みできるお店に入りました。これも日本と同じようにこちらもCraft Beerが結構流行っているみたい。このお店では食べ物を一品注文することを求められました。時間は11時を過ぎており、おなかは空いていなかったので、極力軽めのチップスを頼んだら山盛りでてきたのは閉口しましたが、今回頂いたKabrewというところのBrown Aleはしっかりとroastedの香りがありなかなかいいじゃないですか。杯を重ねたかったのですが軽めに飲んでその日はおしまいにしておきました。

KA BREW
http://kabrew.co.kr/

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Days 2月末からGWまでの間に、、、

20170506GW (118)
今週Golden Weekで行った長野・昼神温泉の山奥のすみれ。

一度Blogを休んでしまうとずっと書かない日々が続いてしまいます。Blog友の皆さんのところもお邪魔する時間もなく、、、。メモ書きはノートに書き連ねるようにしていても、仕事でPCを多用する中では、自分の時間にまでPCを触ることに抵抗が出てきてしまいます。4月から仕事では組織改編がありそれに伴う準備やその後のセッティングなどまだバタバタしているのですが、その間に3月はThaiに2回、Indonesiaに1回、韓国1回。その間に大阪に何度も行ったり来たりしていて、、、週末もぎっちり何らかの予定が詰まっていたり。GWも前半は大阪にとんぼ返りして後半は信州に遊びに行きました。日ごろ手薄になっている?家族との時間に集中したいなぁと思ったり。そう思いながらも少しずつ書き足していこうかな。

Category : Days
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Saijiki 梅コレ2017 #3「飛梅」

20170220 (101)

東風吹かば匂いおこせよ梅の花 主無しとて春を忘るな

ウメコレ#3は「飛梅」です。太宰府天満宮の梅から分けられた梅だそうです。「東風」吹かば、、、ってどうやったら「こち」って読めるんだよ?って思いませんでした?子供のころ、気になったなぁ。でも気になったまま、ほったらかしにしていて、今もそのまま。いろんな説があるようですけどねえ。

この菅原道真の歌、主無しとて「春を忘るな」か「春な忘れそ」の二つあり、「拾遺和歌集」「大鏡」「源平盛衰記」では「春を忘るな」、「宝物集」「十訓集」「古今著聞集」「延慶本平家物語」「太平記」では「春な忘れそ」になっているそうな。図書館のリファレンスって素晴らしい。ふーん、、、僕は「春を忘るな」で覚えていたなぁ。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Saijiki 梅コレ2017 #2「養老」

20170220 (96)
羽根木公園はこのエントリーを書いている2月21日にはちょうど梅まつりが開催されています。先週末は大阪から来た母と一緒に梅まつりを見に行ってきました。休みの日の羽根木公園は観梅の人でにぎわっていていました。平日はどうでしょうかね。晴れた平日に訪れてみたいものです。みんな春の訪れ、梅の花を待っていたんですものね。

写真の梅、「養老」の開花期は2月上中旬から下旬です。これは実の梅で、収穫期は6月下旬、実が大きくなる品種だそうです。実の時期に羽根木公園に遊びに来たことはなかったなぁ。花は暖かい色のピンクで、こぶりの花がかわいらしいです。羽根木公園の駐車場の近くに咲いていますよ。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Saijiki 梅コレ2017 #1「錦光」

20170220 (75)
2月もあっという間に時間が過ぎて行ってしまっています。最近blogに向かえる時間が少なくて困っています。と言いながらも、遊んだりはしているんですけどね。facebookにはそれなりにつぶやいたりしています。

2月5日に渋谷区羽根木公園に行ってきました。ここの梅園はこじんまりとしているもののなかなか見ごたえがあります。facebookでも「梅コレ2017」としてかわいい梅の花を紹介しています。

今年1つ目の梅は錦光です。紅梅系・紅梅性の紅色をした八重咲きの中輪です。花糸も赤味を帯びていて、きれいな紅梅ですね。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

長野#16 雪山合宿2017-2 野沢菜でご飯

20170128 (49)
信州に冬シーズンにお邪魔して宿での晩御飯に必ず香の物としてでてくる「野沢菜漬け」。塩加減でご飯が何倍もおいしくなって、それこそ何杯でも食べたくなってしまいます。宿ではいろんなおかずが出されますが、野沢菜にはなかなか勝てませんね。

20170128 (50)
今年の盛りも昔話盛りにして頂きました。昭和の団塊Jr.世代には懐かしい、日本むかし話に出てきそうなご飯の盛り。昔は両親に行儀が悪いからそんな盛り方は許してもらえませんでしたが、いい大人になったので、子供じみた盛りで頂きます。(ダメですやん)

信州になくてはならない味、野沢菜。その名のとおり野沢温泉が本場らしいです。歴史は平安のころ、、、なんてことはなく意外に新しく、いや新しくっていっても250年ぐらい前、宝暦(1751~1763)のころに、野沢温泉の健命寺の和尚さんが京に行った際に、天王寺蕪の種を持ち帰り栽培をしたことがはじまりだとのこと。この先ずっと続いてほしいですね。

今日は2月3日、節分。みなさんのお宅にも福が来ますように。

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 7 comments  0 trackback

長野#15 雪山合宿2017-1 白馬八方

20170128 (37)
1月の3連休に、恒例行事の雪山合宿に行ってきました。会社の同僚たちが東西から集まってきます。
今年は八方尾根でした。長野オリンピックではアルペンスキー男女滑降・スーパー大回転が行われた場所。宿にも長野オリンピックのポスターが額に入っておりました。白馬でも長野オリンピックは地元の誇りになんでしょうね。

20170128 (19)
1月の寒波の前だったために、雪が少なく駐車場もアスファルトが見えており、歩きやすいのが寂しくて。この一週間後に大雪となるとは思っていませんでした。気象とはよめないものです。いや想定はできるんでしょうけど。

20170128 (23)
八方尾根の上で頂きましたお酒「大雪渓」。雪山で呑むお酒も旨い。やはり風景が美味しくしてくれるんでしょうね。山の上で岩が見えており、この時点ではまだ雪が少なかったんですね。


今年も後輩Yも雪山合宿に参加したね。
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1087.html

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

群馬#12 SAの舞茸天そば

20170128 (16)
正月のあいさつ回りの後、3連休で同僚と雪山合宿をするのですが恒例になっています。東京組はいつも深夜に東京を発つので、群馬県に入って上信越のSAで休憩するころは夜というか早朝3時過ぎ。こんな時間に舞茸天そば、決して健康にいいわけではないでしょうけど。でも、この駅そばのようなそばがやめられないんですよね。毎年のことになっています。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Saijiki 梅の花、君だけだよ!

20170128 (471)
君ならで 誰にか見せむ 梅の花 色をも香かをも 知る人ぞ知る 紀友則・古今集

歌意は、「あなた以外の誰にこの梅の花を見せましょうか。この素晴らしい色も香りも知る人のみ知る。」、とねえ。君だけだ、なんてド直球な歌。恋歌として解するのが僕は好きだなぁ。ああ、それこそ、君の名は。

中華圏が旧正月を迎えたこの週末、妻が出かけていましたので、私と子どもたちは近所の公園に行ったり功運寺にお邪魔したり。林芙美子さんのお墓の周りも梅の花が満開でした。そうだよ、旧暦の正月明けのころが梅の季節ですよね。

Category : 未分類
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Days 正月、梅の花

201701051 (154)
初詣で大阪でいつもの不動尊、奈良法起寺、法隆寺を参って、東京に戻ってきたら新井薬師を回って次に訪れたのは中野の北野神社。1月5日でしたが、一輪の梅の花が咲いていました。正月のはじめは暖かい日があったからでしょうね。

正月(むつき)立ち春の来らば かくしこそ梅を招きつつ 楽しみ終へめ  大弐紀卿

歌意:正月になって春がやってきたら、こうやって梅を見ながら楽しみましょうよ。

この万葉集の歌は天平二年(730年)正月十三日に大伴旅人邸での宴でのことを詠んでいます。といっても当時ですから、旧暦の正月。やはり梅が咲くには早すぎるかな。

Category : Days
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Days 新年快楽!

20170128 (353)
中華圏は春節(旧正月)を迎えましたね。あけましておめでとうございます。
今年は1月後半に2週連続(第3週目上海、第4週目香港台北)で中華圏3都市を回りました。写真は香港のPeninsula Hotelの正月飾りで、桃の花とともに金柑もありました。


20170128 (349)
きんかん(=金桔)の鉢植えは、「桔」がガッと吉(ガッ)と同じ発音なのでめでたい、ということから、たくさん大きな実がなっているのが縁起が良いとされるようです。大吉!大吉!

Category : Days
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

富山#3 お菓子「雪渓」@親戚宅

201701051 (182)
あっという間に1月が終わろうとしています。いやぁ、年末年始で大阪に帰ったのにもう1か月ですね。
お正月ネタが全然終わっていないうちに2月になってしまいます。

お正月に池袋の親戚宅にお邪魔した時に頂いたお菓子。妻のいとこは住まいが岐阜なんですけど、お菓子として頂いたのが富山のお菓子「雪渓」でした。子どものころに食べたお菓子を探しているそうですが、、、今回のこれもどうも違うといっていましたね。

一包に2枚っていて、和三盆糖、寒天、卵で作られたメレンゲ落雁的な触感のお菓子です。和と洋が混じった感じです。本物の「雪渓」といえば、新雪がしまり雪になり、時にざらめ雪となって、硬く押しつぶされ氷河氷となっていく。密度が高く、お菓子の「雪渓」とは異なる姿をしていますね。

来年あたり立山連峰に行ってみたいなぁ。

Category : 中部
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

奈良#10 法隆寺にも行きました

201701051 (105)
法起寺にいったので、法隆寺にも行ってきました。イメージする斑鳩の風景からは遠い姿なのですが、それは時代とともに変わるものですから仕方ないのでしょうね。亀井勝一郎の大和古寺風物詩の斑鳩を見てみたいと思っても、ずいぶんと前の話ですからね。

法隆寺は推古15年(607年)の造られたお寺ですので今年で1410年です。その当時の建物が見られるというのは素晴らしいですね。子どもがおなかがすいた!とか言い出してもいたので西院伽藍・大宝蔵院のところまでは入らなかったですがね。拝観料1500円ってはほかの周辺のお寺に比べて飛びぬけていますがね。

寺前の松並木から進むと南大門(上の写真)をくぐって法隆寺に。この南大門、飛鳥時代の建物ではなく室町時代の永享10年(1438年)の建造です。永享7年(1435年)に焼け落ちたために再建されたものです。後花園天皇、将軍足利義教の頃です。室町期に中国様式を取り入れたこの軒反りはのびのびとした曲線で空に向かっています。

201701051 (126)
南大門から見て左手奥、北西にある三経院の左手脇の坂を上っていくと、西円堂があります。この八角円堂も鎌倉時代に再建されたものですが国宝です。法隆寺では他のbig nameに人が流れるためか訪れる人も少なく法隆寺の中でも静かな場所で落ち着けます。堂内の薬師如来は創建時のものです。ひっそり拝ませていただきました。この西円堂は木々に囲まれており、ここから眺める五重塔(写真)はすべてが見えないが故に落ち着いて見えます。

皆さま、今日(1・15)は寒波がひどくて寒いですね。風邪など召されませぬよう。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

奈良#9 法起寺~103タンブラーの旅2017その1

201701051 (85)
元日に息子と私は初詣を済ませておりましたが、家族はまだでしたので母も一緒に奈良の法起寺に行ってまいりました。京都や神戸に向かうということもできるのですが、奈良が落ち着いていていいかなぁと。

2016年に高校の同窓会で頂いたタンブラーをつれていろいろと出かけようシリーズを続けております。facebookを見られている方はタンブラーが、いろいろと出かけており海外ではタイ、アメリカ、インド、インドネシアを旅してきたのを御覧になられた方もいらっしゃるかと存じます。103タンブラーと名付けたこのタンブラー、さて2017年はどれだけの旅に出るのでしょうか。

103タンブラーの旅、2017年一つ目は、奈良斑鳩の法起寺でしたが、近くの法隆寺、法輪寺に比べ超マイナーという事なのでしょうね、参拝者が少なく、私どもがお邪魔した時には、たった3組でした。

201701051 (83)
法起寺は、推古14年(606年)に聖徳太子が法華経を講説された岡本宮を寺に改めたものだそうです。もちろん法隆寺も含めた世界遺産ですし、この三重塔は日本で最も古く飛鳥時代の建立で国宝なのにも関わらずの人の少なさ!穴場ですね。

寺名は、以前(20世紀末頃)までは「ほっきじ」と読んでいたが、現在は「ほうきじ」を正式の読みとしているそうな。へええ。これは世界遺産に登録されるにあたり「法」の読み方を法隆寺と同じ「ほう」を正式とする?なんてことが書かれていましたが、へえ、そうなんですか。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Saijiki お雑煮2017 正月2日

201701051 (79)
我が家のお雑煮、一日目と二日目が違います。二日目はすまし汁にお餅と水菜というシンプルなものです。一日目と二日目を違うお雑煮をいただくお家はどんなお雑煮をされているのでしょうかね?

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Food and Drink お雑煮2017

201701051 (44)
今年のお雑煮は大阪の実家で頂きました。我が家のお雑煮は白みそに丸餅、肉類は入っていません。お雑煮はそれぞれの家に伝わる少なくなってきた料理の一つなので、大切にしたいものです。皆さまのお家のお雑煮はいかがですか?

Category : Food and Drink
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback