烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by TORU on  | 

Saijiki 梅コレ2017 #3「飛梅」

20170220 (101)

東風吹かば匂いおこせよ梅の花 主無しとて春を忘るな

ウメコレ#3は「飛梅」です。太宰府天満宮の梅から分けられた梅だそうです。「東風」吹かば、、、ってどうやったら「こち」って読めるんだよ?って思いませんでした?子供のころ、気になったなぁ。でも気になったまま、ほったらかしにしていて、今もそのまま。いろんな説があるようですけどねえ。

この菅原道真の歌、主無しとて「春を忘るな」か「春な忘れそ」の二つあり、「拾遺和歌集」「大鏡」「源平盛衰記」では「春を忘るな」、「宝物集」「十訓集」「古今著聞集」「延慶本平家物語」「太平記」では「春な忘れそ」になっているそうな。図書館のリファレンスって素晴らしい。ふーん、、、僕は「春を忘るな」で覚えていたなぁ。

スポンサーサイト
Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Saijiki 梅コレ2017 #2「養老」

20170220 (96)
羽根木公園はこのエントリーを書いている2月21日にはちょうど梅まつりが開催されています。先週末は大阪から来た母と一緒に梅まつりを見に行ってきました。休みの日の羽根木公園は観梅の人でにぎわっていていました。平日はどうでしょうかね。晴れた平日に訪れてみたいものです。みんな春の訪れ、梅の花を待っていたんですものね。

写真の梅、「養老」の開花期は2月上中旬から下旬です。これは実の梅で、収穫期は6月下旬、実が大きくなる品種だそうです。実の時期に羽根木公園に遊びに来たことはなかったなぁ。花は暖かい色のピンクで、こぶりの花がかわいらしいです。羽根木公園の駐車場の近くに咲いていますよ。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Saijiki 梅コレ2017 #1「錦光」

20170220 (75)
2月もあっという間に時間が過ぎて行ってしまっています。最近blogに向かえる時間が少なくて困っています。と言いながらも、遊んだりはしているんですけどね。facebookにはそれなりにつぶやいたりしています。

2月5日に渋谷区羽根木公園に行ってきました。ここの梅園はこじんまりとしているもののなかなか見ごたえがあります。facebookでも「梅コレ2017」としてかわいい梅の花を紹介しています。

今年1つ目の梅は錦光です。紅梅系・紅梅性の紅色をした八重咲きの中輪です。花糸も赤味を帯びていて、きれいな紅梅ですね。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 1 comments  0 trackback

長野#16 雪山合宿2017-2 野沢菜でご飯

20170128 (49)
信州に冬シーズンにお邪魔して宿での晩御飯に必ず香の物としてでてくる「野沢菜漬け」。塩加減でご飯が何倍もおいしくなって、それこそ何杯でも食べたくなってしまいます。宿ではいろんなおかずが出されますが、野沢菜にはなかなか勝てませんね。

20170128 (50)
今年の盛りも昔話盛りにして頂きました。昭和の団塊Jr.世代には懐かしい、日本むかし話に出てきそうなご飯の盛り。昔は両親に行儀が悪いからそんな盛り方は許してもらえませんでしたが、いい大人になったので、子供じみた盛りで頂きます。(ダメですやん)

信州になくてはならない味、野沢菜。その名のとおり野沢温泉が本場らしいです。歴史は平安のころ、、、なんてことはなく意外に新しく、いや新しくっていっても250年ぐらい前、宝暦(1751~1763)のころに、野沢温泉の健命寺の和尚さんが京に行った際に、天王寺蕪の種を持ち帰り栽培をしたことがはじまりだとのこと。この先ずっと続いてほしいですね。

今日は2月3日、節分。みなさんのお宅にも福が来ますように。

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 7 comments  0 trackback

長野#15 雪山合宿2017-1 白馬八方

20170128 (37)
1月の3連休に、恒例行事の雪山合宿に行ってきました。会社の同僚たちが東西から集まってきます。
今年は八方尾根でした。長野オリンピックではアルペンスキー男女滑降・スーパー大回転が行われた場所。宿にも長野オリンピックのポスターが額に入っておりました。白馬でも長野オリンピックは地元の誇りになんでしょうね。

20170128 (19)
1月の寒波の前だったために、雪が少なく駐車場もアスファルトが見えており、歩きやすいのが寂しくて。この一週間後に大雪となるとは思っていませんでした。気象とはよめないものです。いや想定はできるんでしょうけど。

20170128 (23)
八方尾根の上で頂きましたお酒「大雪渓」。雪山で呑むお酒も旨い。やはり風景が美味しくしてくれるんでしょうね。山の上で岩が見えており、この時点ではまだ雪が少なかったんですね。


今年も後輩Yも雪山合宿に参加したね。
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1087.html

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

群馬#12 SAの舞茸天そば

20170128 (16)
正月のあいさつ回りの後、3連休で同僚と雪山合宿をするのですが恒例になっています。東京組はいつも深夜に東京を発つので、群馬県に入って上信越のSAで休憩するころは夜というか早朝3時過ぎ。こんな時間に舞茸天そば、決して健康にいいわけではないでしょうけど。でも、この駅そばのようなそばがやめられないんですよね。毎年のことになっています。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Saijiki 梅の花、君だけだよ!

20170128 (471)
君ならで 誰にか見せむ 梅の花 色をも香かをも 知る人ぞ知る 紀友則・古今集

歌意は、「あなた以外の誰にこの梅の花を見せましょうか。この素晴らしい色も香りも知る人のみ知る。」、とねえ。君だけだ、なんてド直球な歌。恋歌として解するのが僕は好きだなぁ。ああ、それこそ、君の名は。

中華圏が旧正月を迎えたこの週末、妻が出かけていましたので、私と子どもたちは近所の公園に行ったり功運寺にお邪魔したり。林芙美子さんのお墓の周りも梅の花が満開でした。そうだよ、旧暦の正月明けのころが梅の季節ですよね。

Category : 未分類
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Days 正月、梅の花

201701051 (154)
初詣で大阪でいつもの不動尊、奈良法起寺、法隆寺を参って、東京に戻ってきたら新井薬師を回って次に訪れたのは中野の北野神社。1月5日でしたが、一輪の梅の花が咲いていました。正月のはじめは暖かい日があったからでしょうね。

正月(むつき)立ち春の来らば かくしこそ梅を招きつつ 楽しみ終へめ  大弐紀卿

歌意:正月になって春がやってきたら、こうやって梅を見ながら楽しみましょうよ。

この万葉集の歌は天平二年(730年)正月十三日に大伴旅人邸での宴でのことを詠んでいます。といっても当時ですから、旧暦の正月。やはり梅が咲くには早すぎるかな。

Category : Days
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Days 新年快楽!

20170128 (353)
中華圏は春節(旧正月)を迎えましたね。あけましておめでとうございます。
今年は1月後半に2週連続(第3週目上海、第4週目香港台北)で中華圏3都市を回りました。写真は香港のPeninsula Hotelの正月飾りで、桃の花とともに金柑もありました。


20170128 (349)
きんかん(=金桔)の鉢植えは、「桔」がガッと吉(ガッ)と同じ発音なのでめでたい、ということから、たくさん大きな実がなっているのが縁起が良いとされるようです。大吉!大吉!

Category : Days
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

富山#3 お菓子「雪渓」@親戚宅

201701051 (182)
あっという間に1月が終わろうとしています。いやぁ、年末年始で大阪に帰ったのにもう1か月ですね。
お正月ネタが全然終わっていないうちに2月になってしまいます。

お正月に池袋の親戚宅にお邪魔した時に頂いたお菓子。妻のいとこは住まいが岐阜なんですけど、お菓子として頂いたのが富山のお菓子「雪渓」でした。子どものころに食べたお菓子を探しているそうですが、、、今回のこれもどうも違うといっていましたね。

一包に2枚っていて、和三盆糖、寒天、卵で作られたメレンゲ落雁的な触感のお菓子です。和と洋が混じった感じです。本物の「雪渓」といえば、新雪がしまり雪になり、時にざらめ雪となって、硬く押しつぶされ氷河氷となっていく。密度が高く、お菓子の「雪渓」とは異なる姿をしていますね。

来年あたり立山連峰に行ってみたいなぁ。

Category : 中部
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

奈良#10 法隆寺にも行きました

201701051 (105)
法起寺にいったので、法隆寺にも行ってきました。イメージする斑鳩の風景からは遠い姿なのですが、それは時代とともに変わるものですから仕方ないのでしょうね。亀井勝一郎の大和古寺風物詩の斑鳩を見てみたいと思っても、ずいぶんと前の話ですからね。

法隆寺は推古15年(607年)の造られたお寺ですので今年で1410年です。その当時の建物が見られるというのは素晴らしいですね。子どもがおなかがすいた!とか言い出してもいたので西院伽藍・大宝蔵院のところまでは入らなかったですがね。拝観料1500円ってはほかの周辺のお寺に比べて飛びぬけていますがね。

寺前の松並木から進むと南大門(上の写真)をくぐって法隆寺に。この南大門、飛鳥時代の建物ではなく室町時代の永享10年(1438年)の建造です。永享7年(1435年)に焼け落ちたために再建されたものです。後花園天皇、将軍足利義教の頃です。室町期に中国様式を取り入れたこの軒反りはのびのびとした曲線で空に向かっています。

201701051 (126)
南大門から見て左手奥、北西にある三経院の左手脇の坂を上っていくと、西円堂があります。この八角円堂も鎌倉時代に再建されたものですが国宝です。法隆寺では他のbig nameに人が流れるためか訪れる人も少なく法隆寺の中でも静かな場所で落ち着けます。堂内の薬師如来は創建時のものです。ひっそり拝ませていただきました。この西円堂は木々に囲まれており、ここから眺める五重塔(写真)はすべてが見えないが故に落ち着いて見えます。

皆さま、今日(1・15)は寒波がひどくて寒いですね。風邪など召されませぬよう。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

奈良#9 法起寺~103タンブラーの旅2017その1

201701051 (85)
元日に息子と私は初詣を済ませておりましたが、家族はまだでしたので母も一緒に奈良の法起寺に行ってまいりました。京都や神戸に向かうということもできるのですが、奈良が落ち着いていていいかなぁと。

2016年に高校の同窓会で頂いたタンブラーをつれていろいろと出かけようシリーズを続けております。facebookを見られている方はタンブラーが、いろいろと出かけており海外ではタイ、アメリカ、インド、インドネシアを旅してきたのを御覧になられた方もいらっしゃるかと存じます。103タンブラーと名付けたこのタンブラー、さて2017年はどれだけの旅に出るのでしょうか。

103タンブラーの旅、2017年一つ目は、奈良斑鳩の法起寺でしたが、近くの法隆寺、法輪寺に比べ超マイナーという事なのでしょうね、参拝者が少なく、私どもがお邪魔した時には、たった3組でした。

201701051 (83)
法起寺は、推古14年(606年)に聖徳太子が法華経を講説された岡本宮を寺に改めたものだそうです。もちろん法隆寺も含めた世界遺産ですし、この三重塔は日本で最も古く飛鳥時代の建立で国宝なのにも関わらずの人の少なさ!穴場ですね。

寺名は、以前(20世紀末頃)までは「ほっきじ」と読んでいたが、現在は「ほうきじ」を正式の読みとしているそうな。へええ。これは世界遺産に登録されるにあたり「法」の読み方を法隆寺と同じ「ほう」を正式とする?なんてことが書かれていましたが、へえ、そうなんですか。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Saijiki お雑煮2017 正月2日

201701051 (79)
我が家のお雑煮、一日目と二日目が違います。二日目はすまし汁にお餅と水菜というシンプルなものです。一日目と二日目を違うお雑煮をいただくお家はどんなお雑煮をされているのでしょうかね?

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Food and Drink お雑煮2017

201701051 (44)
今年のお雑煮は大阪の実家で頂きました。我が家のお雑煮は白みそに丸餅、肉類は入っていません。お雑煮はそれぞれの家に伝わる少なくなってきた料理の一つなので、大切にしたいものです。皆さまのお家のお雑煮はいかがですか?

Category : Food and Drink
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

大阪#26 ニュータウンのランドマーク:セルシーも45歳

201701051 (16)
千里ニュータウン:ニュータウンという呼び方自体が昭和を感じますが、私の育った町です。1958年(昭和33年)に大阪府により開発決定が為された開発で、それから半世紀以上が経ちニュータウンという呼び名とともに歳を重ねてきました。1970年(昭和45年)9月に大阪万博終了によって北大阪急行電鉄の千里中央-万国博中央口駅間が廃止されて、千里中央駅を終点として営業開始しました。

その駅の上にあるランドマークで1972年にできたモールがセルシーです。よくここで遊びました。この年末にかけて店舗の契約更新をしないところが増え、空き店舗が目立ってきていて寂しくなってきました。今後どうなっていくのでしょうかね。そんなニュースを見たので娘とドーナツを買いに出かけてきました。町も歳を重ねていくものですからね。北大阪急行には延伸計画がありますので近い将来千里中央も終点ではなくなります。

201701051 (22)
子どものころ、ここのゲームセンターや遊戯施設に連れてきてもらいましたね。あの頃の父母の背中を、私は子らに見せてあげられているかなぁ。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Saijiki 豊中不動尊~初詣2017

20170105 (2)
今年は大阪の実家に帰省をしておりました。千里ニュータウンの新興住宅地、といえばわかりやすいかもしれません。大阪万博のころに拓かれた大阪のベッドタウンです。我が家も昔は竹藪、雑木林のあった場所のようですね。

そんな昭和の新興住宅地に育った私が子供のころからよく出かけたお寺は豊中不動尊です。島熊山にあるお寺で開山は昭和38年12月8日だそうです。新しいですねえ。まあ、新しいからどうだ、古いからどうだ、というものでもありませんのでね。詣でる人の気持ちの問題です。

1月1日は夕方に息子と私が散歩がてらに詣でましたので二人だけでお邪魔しました。そのあと私の通った小学校、中学校から近所にここ10年ほど前にできたモールを回って帰ってきました。しかし1月1日まで営業して、、、大変ですね。

20170105 (1)
不動尊の手水舎には大和銀行(現在のりそな銀行)の奉納とあります。懐かしいなぁ。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Days あけましておめでとうございます。2017年

IMG_8807.jpg
2017年、あけましておめでとうございます。
今年は大阪の実家で新年を迎えました。29日の仕事納めのあと、夜中に車で大阪に。風邪をどこかでもらってきたようで、移動中はかなりしんどかったなぁ。妻が半分ほど運転してくれましたので助かりました。

今年初のたべものは、2016年の越しそばの残り。子どもたちは晩御飯の焼肉でおなか一杯になったのと、作ったのが遅かったために残った、年越し蕎麦。残ったので蕎麦が年越してしまいました。

もったいないので、ね。

今年はどんな年になるかな、いい年でありますように。

IMG_8805.jpg
ちなみに子どもたちとは違い大人はにしんそばでした。




Category : Days
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

徳島#5 徳島で麺といえば、、、

20161204 resi (1108)
シイタケ、蓮根、ときたので次はやっぱりスダチかな、と思ったら違いまーす。今日の一押しは「半田そうめん」です。まあ、そうめんの上にスダチがのっけられていますね。

西部、つるぎ町半田で作られる半田そうめん。四国山脈から吹き降ろす冷たい風や吉野川の良質な伏流水がそうめん作りに適していて、約40業者がそうめんづくりをされています。一般的なそうめんに比べて、麺が太くとコシが強いので、食感が忘れられません。もちもちの半田そうめん、おいっしいぃ!!

20161204 resi (1138)
東京に住む私、呑んだ後に少し甘めの徳島ラーメンを食べたりしたりするので、出張で徳島に行ったのだから、と徳島ラーメン屋にも行きましたよ、、、。

20161204 resi (1165)
そして、うどん!まあ隣にうどん県があるんでね「うどん」はもちろんおいしいんですよ。うどんなら「かまたま」が好きなんですけど、今回は天邪鬼にカレーラーメンにしました。一緒に出張したインド人もびっくり?(べたですね)

Category : 中国
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

徳島#4 徳島自慢、れんこん。

20161204 resi (1102)
蓮根料理、うまいよねえ。そういえば蓮根って「根」って書くけど、地下茎ですよね。

蓮根っていうとね、やっぱり茨城を思い出しちゃうんですけどね、、、第2位が徳島(約10%)なんですよ。いや、圧倒的なシェア(50%越え)の茨城相手に結構善戦してますよね!すごい! ちなみに第3位は佐賀県です。大阪中央卸売市場では90%のシェアというのだから関西では圧倒的に徳島!なんですね。

吉野川下流域、鳴門市、徳島市、松茂町で備中系、だるま系と呼ばれる品種のれんこんが栽培されています。徳島では、大正8年に松茂町の農家が岡山県から種れんこんを導入したのが始まりだそうで、その後、昭和21年の南海地震による地盤沈下で水稲が塩害を受けたことと、食糧増産の作付統制が緩和されたことにより栽培が本格化したそうですよ。

Category : 四国
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

徳島#3 しいたけ侍?

20161204 resi (1105)
シイタケネタ徳島のお客様にお邪魔した際に、特産物の話になり「おいしいよ」と挙げられたのが「しいたけ」。私、農学部出身で隣の研究室が菌蕈の研究室だったのに、、、知らなかったなぁ。

生産方法としては原木栽培と菌床栽培がありますが、現在約90%が菌床栽培です。トップ3はそれぞれ、原木栽培で静岡県、鹿児島県、熊本県、菌床栽培で徳島県、北海道、岩手県なんですよ。

徳島県はクヌギなどの原木を使わない菌床栽培を取り入れが早く周年での収穫できるのが強み。おかげで生産量は全国No1。知らなかったー。約8割が京阪神市場へ出荷されているらしいので、それで東京では見かけないのかなぁ。

美味しいしいたけは、傘の裏が淡泊色、足が短め、傘があまり開いてない肉付きの良いものだそうで、そりゃそうだ。

写真は少しぼけているんですけど、味はぼけていませんよ(苦笑)。しいたけ侍という商標登録されているしいたけだそうで、、、うん、おいしかったですよ。

Category : 四国
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Thai#53 シイタケ味だ!ポテチなのに。

20161204 resi (562)
Thaiはコンビニにネタがいっぱい転がっています。いつもなにか日本ではみつけられないものを探すのが大好きなわたくし。今回のお土産は、シイタケ味のポテチ。シイタケフレーバーがしっかりときいていました。いやぁ、ない味だけど、なかなかいけるなぁ。癖になる味です。

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Thai#52 RC Colaで4つそろった!

20161204 resi (558)
先日のThai出張の自宅へのお土産は飲み物でした。Thai語で書かれていますがRC colaです。米国にいるときにも何度も飲んでいるこのRC colaだったので、見つけたときはうれしかったなぁ。昨年Thaiに上陸、7/11で販売されています。そうかぁ、7/11に行ってなかったので1年も見落としていたんだな、、、。これでThaiには4社のコーラが販売されています。コカ・コーラ、ペプシ、そしてThai originのEST。ソーダが好きな私には、天国かなぁ(笑)。

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Thai#51 睡蓮

20161204 resi (431)
タイに行くとよく見かける花の一つに睡蓮があります。熱帯ですからね。写真は前回(11/3)のThaiの時に見かけた睡蓮です。水面一面に睡蓮が咲く写真を見たことがありますが北部にあるNong Han Lakeに行ってみたいと思っています。12月から2月ごろがこの湖の睡蓮の季節だそうです。

日本で睡蓮をみると花茎が水面から出ていませんが、熱帯性のものは茎が立ち上がっていますね。睡蓮は開いて閉じてを繰り返すことからねむる蓮なんでしょうね。

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Thai#50 11月の頭にも行ったんだけど、弾丸タイ

20161204 resi (460)
12月18日からThai出張です。11月の頭にも弾丸でタイ出張に行ってきましたが、今回も弾丸になります。前回も11月2日早朝というか真夜中すぎに台北から入って、11月3日の深夜、日付が変わる前にBangkokを出立した、という弾丸出張でした。

国王崩御の後で喪章をつけてお客様訪問をしていましたが、王室への信頼篤いお国柄ですから、工場長にお悔やみを申し上げたときに、逆に三笠宮崇仁親王薨去に際してのお悔やみを頂いたことがとても印象的でした。

20161204 resi (483)
弾丸出張は体に堪えるんですよね。

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

青森#3 黒石つゆやきそば@神田・東京

20161210 (21)
Q:黒石といえば?
A:「りんご研究所」でしょ?ってならない。ならないかぁ、、、そうですよね。やっぱり黒石焼きそば、つゆ焼きそばの方が有名ですよね。ご当地グルメですよね。昭和30年代後半からあるそうなので私より先輩です。半世紀以上前からあるんですね。作り方はソース焼きそば作って、ラーメンのようにつゆに入れて出せばいいわけで、いろんな変化ものも作れますね。ソース焼きそばがベースなので酸味が残るスープというのが特徴になるんでしょうね。

久しぶりに黒石に行きたいなぁ。黒石よされの頃に行ってみたいけど、お盆なのでねえ。心は黒石に飛ぶ。黒石出身の作家は、、、と。秋田雨雀。青空文庫で一作品だけあった。

Category : 東北
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

青森#2 生姜味噌おでん@神田・東京

20161210 (20)
りんごネタから青森へ。最近妙に青森を含め東北に惹かれます。青森は名前がいいですよね。先日青森の郷土料理屋で頂いた一品です。出汁のきいたおでんにつけるみそだれに生姜が入っています。お酒を煮切ってそこにお砂糖と生姜をすったものをたっぷりと入れて作った生姜味噌が美味しいんだな。どこのご自宅でも作れますよ。体が温まるなぁ。ネマガリダケが入っているのもいいねえ。

青函連絡船の乗客の体が温まるようにと、屋台のおでんで供されるようになったのが始まりだそうです。u>温まるよ、ほんと。

Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

山形#3 りんご、実は第三位だった(平成27年)

20161210 (11)
大胆な名前のジュースです。代表してしまいました。りんごだけじゃない「青森」が圧倒的なシェア(約60%) 誇っていますが、続く長野(20%弱)についで第三位に位置づけている山形のりんご(7%強)。山形のりんごを代表して、、、いやそういう意味じゃないですね。美味しくいただきましたよ。

山形とりんご、といえば朝日町。無袋ふじ発祥の地として知られています。そしてりんご温泉。温泉にりんごを浮かべているそうな。行ってみたいねえ。

Category : 未分類
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

青森#1 りんごといえば青森だろう、いやニンニクもだ!

20161210 (19)
群馬でりんご狩りいたしましたが、りんごといえば圧倒的な存在感で青森なんですね。市町村別で書き出すとトップ10はすべて青森県というぐらい日本りんご界では圧倒的な存在感。しかし、ニンニクもなんですよね。ニンニクも圧倒的に青森県の生産量が多い。国内産にんにく生産量の約七割。田子町産は全国区でブランドになっていますが、三八・上北地域の三戸町、十和田市、天間林村でも生産量が多いのです。

先日(12/8)会社帰りに寄った郷土料理屋で頂いた焼きニンニク。ほっこりとしていてニンニクの香りが口の中いっぱいに広がって美味しくてねえ。豊かな辛味と甘み。家でも簡単にできるね。ごちそうさまでした。

Category : 東北
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

鳥取#19 干し柿 from 鳥取

20161210 (14)
干し柿のネタから。干し柿を作るときは「手もみ」するんですよね。この干し柿は「平干し」なので吊るし柿ではありません。東伯郡北栄町からやってきた柿です。そういえば北栄町といえばスイカのイメージが強いなぁ。鳥取県の産品をみると、どうしても手が伸びてしまいます。先日もスーパーでイナダを買いそうになってしまいました。(その日は別の料理をつくる予定だったのであきらめましたが、、、)

Category : 中国
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

群馬#11 りんご狩り@沼田市

20161204 resi (848)
吹割の滝に行った後、りんご狩りに行きました(2016年11月6日)。りんごといえば、、、青森にいきたいなぁとも思うんですけど、今年は群馬でした。いつか子供たちを青森のりんご研究所にも連れて行こうと思っています。

20161204 resi (894)
実の一つ一つが大きいので、捥ぐときの感触が手にずしっと残るものですね。このときは世界一と陽光の2つの品種をいただきました。日本にもたくさんの品種のりんごがありますが、なかなか街中で並ぶ品種は多くないですね。米国では秋になるとずいぶんと品種が増えて楽しんでいましたね。ああ、いろんなりんごが食べたいなぁ。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。