FC2ブログ

烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

東京#77 ココイ*のHalal Curry@秋葉原

20190915 (789)
こんにちは。今週末は東京で過ごしていますが、西日本にいらっしゃる皆様はまた台風が心配ですね。

先日(9月9日)東京で仕事をしていて、お昼の時間にちょうど秋葉原におりましたので緑の「CoCo壱*屋」に行ってきました。このお店は一昨年2017年9月に開店したカレーハウス*oCo壱番屋「ハラール秋葉原店」。秋葉原駅より徒歩3分のところにあります。国際都市・東京の中でも秋葉原は有数の人気エリアでしょうから、こういうHalalハラール対応されたrestaurantというのはニーズがあるんでしょうけど、まだまだ少ないのではないでしょうかね。IndonesiaなどIslam圏からのお客様などをお迎えするときは、やはり気をつかいます。

HalalというのはMuslim(イスラム教徒)にとって重要な考え方で、Halalが「許されている」、Haramが「禁じられている」という意味。HalalやHaramはものや行動が「神に許されている」のか「禁じられている」のかどうかを示す考え方なので、Halalであるかどうかというのはとても重要。Halal認証をとっているということを明記してくれていると安心してお連れすることができます。

Islam教徒でもない私にはHalalかどうかはあまり意味がないのですが、Muslimの出張者を連れて行くかもしれませんからね、ここはちゃんと押さえておきましょう。

20190916 cc1
店に入るなり「Halalの店ですよ、いいですか?」という質問から。まぁちょっと高いし、カツカレーがチキンだけだし、ということでしょうかね。問題ない旨をお伝えしてチキンカレーをオーダー。待っている間にもHijabを着けた女性客がやってきたりとちゃんと定着しているみたい。そういえば最近のHijabはほんとオシャレですよねー。

お味の方はと言いますと、、、フツーのチキンカツカレー。美味しいです。そう普通に美味しいということは素晴らしいことです。

そういえばIslamという単語とMuslimという単語。どういう違いがあるのだろう、と気になったことありませんか?Islamが神の教えに従う信仰を意味するのに対し、Muslimは信仰に参加する人を意味するので、正確にいうならば、Islam、Islamicという言葉はイスラム教やその宗教上の考え方を示していて、Muslimはイスラム教徒を指しています。

このお店でした↓


前回の東京ネタ↓
東京#76 肉包といえば鹿港@世田谷
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1681.html

スポンサーサイト



Category : 関東
Posted by TORU on  | 3 comments  0 trackback

徳島#9 金曜日の金時カレー

20190804 (51)
おはようございます。徳島ネタをもう一つやっておきますね。今日は金曜日ではないですけどね。

今回の徳島ネタはですね、最近徳島のお土産で売っているレトルトカレーです。まぁ徳島産の鳴門金時の入ったカレーです。平成27年に徳島基地内で開催された第1回教育航空集団調理競技(カレー)で優勝したレシピをもとに、松茂町と商工会で設立した事務局に海自が協力して商品化されています。海自徳島教育航空群監修ってパッケージに書いてあります。

海自徳島教育航空群(Air Training Group Tokushima)は、板野郡松茂町に所在する教育航空群の一つです。操縦技術の修得が目的の教育訓練を行っているそうでうよ。パッケージの航空機はTC90。もとになっているのはBeechcraft King Airが開発したTurboprop Engine機です。TC-90は1974年が運用開始年ですから同型機としては45年ですか。

お味の方はですね、フツーのレトルトカレーなのですが、鳴門金時の甘さが加わって、子どもが好きそうな味に仕上がっていますね。

「金曜日の」っていうのは、海自の多くの部隊で毎週金曜日の昼食にカレーを食べることからなのでしょうね。皆様のお宅ではカレーを食べるのは何曜日が多いでしょうかね?

Category : 四国
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

徳島#8 一番札所 霊山寺

20190915 (691)
こんにちは。徳島ネタを書きましたので、ちょっと徳島をやっておきましょう。徳島といえば、四国八十八ヶ所巡りの発願の寺、霊山寺があります。昔同級生に四国遍路をやっていたのが居たなぁと思い出しました。先日仕事の合間の時間ができたので霊山寺に立ち寄りました。

四国遍路・四国八十八ヶ所巡礼は、総行程約1,460Kmもあるんですよね。なかなかのものです。将来歩いてみたいなと思っているEl Camino de Santiago/Routes of Santiago de Compostela:サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路が800㎞なので、その倍はないもののすごい距離です。同行二人の旅とは言え、、、厳しいですね。

約1200年前、弘法大師が人々に災難を除くために開いた霊場が四国霊場だということで、後に高弟が遍歴したのが霊場巡りの始まりだそうです。霊場を八十八ヶ所巡ることによって煩悩が消えるそうですが、たしかに本気で歩いたら煩悩も少しは落とせそうですね。その一番最初の寺がこの霊山寺。聖武天皇の勅願により行基によって開かれた寺だったとのことで歴史あるお寺なんですよね。


20190915 (690)
ですが、寺の境内に入ると、まず目についたのはパンダ。パンダ?なぜだ!なぜなんだ?もうそんなことを考えたら雑念で一杯になります。発心の道場の一番最初にこれはいかに。ネットでしらべるとお遍路向けのタクシーサービス、マイクロバスサービスがあったりと、なんだか心が落ち着くのかざわつくのかわかりませんが、少しだけ歩くってのもいいんじゃないですかね。

そういえば「水曜どうでしょう」でもまわっていましたね。

Category : 四国
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

鳥取#32 土曜夜市 

20190804 (455)
おはようございます。朝のupなのにかかわらず「夜」にまつわる写真ですね。鳥取ネタに戻ってきました。

今日の写真は7月27日の夜です。鳥取市の駅前、目抜き通りである若桜街道が18時から21時まで歩行者天国になります。写真の通りたくさんの人で賑わっていました。いやぁ、こんなに鳥取に人がいるなんて!というのが素直な感想ですね。人が多いると栄えてきますからね、いいことだとは思いますが。

夜市の人の流れから少し外れて、商店街にある「鳥取市ふるさと物産館」でお土産を探していたら(在学していたころからあるので、お土産を買うときはここにきてしまいます)、職員のかたでしょうかね、「bingoをやるのでご参加いかがですかー」とお声がけ頂いたので、参加しました。で、結果、見事bingoさせていただきまして、いろいろなお土産お菓子の袋詰めを頂いちゃいました。いやぁー、また小刻みに運を使ってしまった(笑)。

本当なら旅行者なんかにあたって鳥取の良いものを感じとってもらう機会だと思うんだけどね、、、元・鳥取住民だった人にあたっても、どうなんだろうか。


20190804 (465)
その中のお菓子の一つ。もさえびせんべい。


20190804 (466)
普通のえびせんべいなのです。

もさえび(クロザコエビ)をせんべいにしちゃうの?ということの方が驚きでしたが、、、もさえびは、学生の頃は高級エビで時々しか手が出なかったなぁ。ぷりっもちっとした触感で甘味があって甘えびより甘-いです。あんまり県外で見かけませんが、それはまぁ鮮度が落ちやすいからということですね。シーズンは9月~5月に沖合底びき網漁で漁獲されるので、これからがシーズンイン。

見た目はエビの赤橙色に緑色の卵がバーンとくるのでなかなかのインパクトです。卵部分もおいしいですよ。。。って痛風持ちは(あまり)食べられへんかぁー。


20190804 (449)
賀露港の方にも少し足を延ばしました。懐かしいなぁ。海にうつる漁火がきれいですね。

Category : 中国
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

沖縄#27 黒糖工場に行ったんだよね2018年・夏

20180727 okinawa (358)
こんにちは。鳥取のふろしきまんじゅうから徳島に飛んだのでもう一つ原料の沖縄の黒糖に飛んでみましょう。今年2019年の沖縄ネタを書ききっていないので、どこかのタイミングでは追加で書きたいなぁとは思っていますが、今回の沖縄ネタは1年前の2018年7月の沖縄旅からです。

2018年7月26日に黒糖の工場見学に行ってきました。まぁ予約していくというものでもなくぶらっと立ち寄りでお邪魔したといった感じです。

20180727 okinawa (354)
サトウキビを圧搾しているところを見せていただきました。


20180727 okinawa (355)
子供たちも興味深くみたんじゃないかな。

琉球に製糖法がもたらされたのは1453年。琉球は尚巴志王の子、尚金福王(在位1450年-53年)の時代で、長嶺按司・陵正によって明(中国)の南京からもたらされたそうで、糖汁を煮つめて濃縮した液状糖だったそうです。日本では足利義政が将軍の時代で、世界史上の出来事としては1453年はオスマン帝国のメフメト2世によって東ローマ帝国の首都コンスタンティノープルが陥落した年です。

固形糖である黒糖の製造法は時代が下って1623年、儀間真常によって明(中国)の福州からもたらされたそうです。琉球は尚豊王(在位1621年-40年)の頃ですが、琉球は1609年以降、薩摩藩の影響下にあり1636年には琉球国王の王号を薩摩藩から奪われ琉球国司を名乗ったといいます。その子・尚賢王の頃には黒糖も専売制をとるようになっています。1623年はBlaise Pascalが生まれた年です。

今年の7月末頃のnewsだったと思いますが、沖縄県内8離島にある黒糖(含蜜糖)製糖工場で在庫が積みあがっているといったことが書かれていました。沖縄県産の黒糖の生産は3年連続で9,000トン台(産糖量)なのに対して、需要は年7,000~7,500トンだとか。過剰生産である上に、安価な輸入黒糖や粗糖と糖蜜を混合した加工黒糖によってシェアが落ちているそうな。沖縄県産黒糖の250~260円/kgなのに対し、タイ、中国、ボリビアなどからの輸入黒糖200円/kgを切っている。

沖縄県では県全地域でサトウキビが栽培されているけれども純黒糖を生産し県外に出荷しているのは、伊平屋島、伊江島、粟国島、多良間島、小浜島、西表島、波照間島、与那国島の8島のみだそうな。えーっと、ということは我が家が見た黒糖工場は加工黒糖を作っているところだったのだろうね。


前回の沖縄ネタ↓
沖縄#26 台風の影響で雨と風。そういう時は箱物。
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1695.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

徳島#7 おこぜ刺身定食 at あらし

20190915 (684)
おはようございます。連休最終日、敬老の日ですね。今日はいろいろとやることがあるので忙しいんですが。皆さんはどんな一日でしょうかね。よい一日にしましょう。

さて、今日のネタは、、、、鳥取、じゃなくて徳島。そう鳥取のentryをもう一つ書くようなことを書いていましたが、ふろしきまんじゅうの甘みが阿波徳島産の白下糖の原糖を使っているということだったので、ちょっと徳島ネタに立ち寄ってみることにしました。

やまもとおたふく堂
「ふろしきまんじゅう」の原料について↓
https://otafukudo.com/user_data/about_product.php

先日、仕事で部下M君と一緒に出張に来ていてお昼ご飯に「あらし」に立ち寄ることしました。ここは地元でも有名な魚が美味しいお店。

鳴門・あらし↓
http://www.arashi-naruto.co.jp/

まぁ鳴門なので鯛を推している感じはあるのですが、もう私は迷うことなく「お・こ・ぜ」。M君は何でですか?みたいな顔をしていましたがね。おこぜはなかなか普通のメジャーな魚か扱っていないお店じゃいただけないでしょ?そもそも流通量も少ないし。

20190915 (685)
10分ほどで出てきました。刺身を口に入れたとたん美味しさが口に広がります。これはたまらん!お店が付けてきたポン酢醤油で頂くのもおいしいけど、塩を一ふりそこにスダチをかけて食べるのが私は好物です。そういえば先日とある会社の役員さんからaging fishの話をお聞きしましたが、おこぜもagingしたらもっちり感がでていいかもねえ。


20190915 (686)
で、アラはといいますと、、、味噌汁がアラ汁になっています。うひょーこれは美味い。鳴門のわかめと一緒に。いやぁ、こりゃ徳島尽くしですね。うまいわぁ。

徳島のお隣さん・愛媛の食いしん坊、正岡子規はどうやって食べてたのかしら、と調べるとある日のメニューでオコゼ豆腐の湯あげ、オコゼなますと記してらっしゃる。おこぜ豆腐か、そりゃ美味かろう。


前回の徳島ネタ↓
徳島#6 久しぶりの「なると金時」饅頭
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1584.html

Category : 四国
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

鳥取#31 鳥取土産といえば、、、ふろしきまんじゅう

20190804 (461)
こんばんは。今日も「まだ暑い!」ですよ大阪は。夜になると暑さが引くのですがね、、、いやぁ暑かった。

さて鳥取ネタ、あと2つ書こうと思っています。今回は、鳥取土産といえば、、、私の一押しは「ふろしきまんじゅう」。本当に好きすぎて、アメリカ駐在の頃は、日本から持ってきてもらったことがあるぐらいです。

その時の事↓
鳥取 ふろしきまんじゅう@自宅,OR
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-94.html

学生の頃、早朝に琴浦町の本店に行って出来たてを頂く、というのが好きてした。幸せな時期だったな。

この饅頭は、明治元年創業の山本おたふく堂がつくっているもので黒糖の香りがよく、ほどよい甘さがとても素朴な味わいです。和三盆の原料になる徳島産白下糖と沖縄の黒糖を使っています。いやぁ本当に美味しいのよ。防腐剤や添加物が入っていないので、6月~9月は通販もされませんし賞味期限は3日間。すぐに食べなきゃなりませんが、、、美味しすぎてすぐなくなるので心配ご無用。

Category : 中国
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

鳥取#30 白兎海岸の夕日 

20190804 (438)
おはようございます。先週、先々週はずっと会食があったりでblogにたどり着くことができませんでした。3連休中日ですね。今日はどんな一日になるでしょうかねー。9月も半ば、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今日の写真は、鳥取の続き、白兎海岸の夕日です。このあたりは山陰海岸ジオパークにあり、鳥取砂丘の西の端に位置する海岸です。ご存じ因幡の白うさぎの神話の場所です。岬と砂丘がつくる景観が美しいサイトです。

Geoparkジオパークというのは貴重なもしくは美しい地質遺産を含む自然公園なのですが、指定されるには地質学的価値だけではなく、生態学的、考古学的、歴史・文化的な価値があることなどが要件にあるようですよ。 この山陰海岸ジオパークは、京都府(京丹後市)、兵庫県(豊岡市・香美町・新温泉町)、鳥取県(岩美町・鳥取市)にまたがった広いエリアで、東西約120kmに及びます。

道の駅があり、その少し東側には白兎礫層露頭があり昔の土石流の痕跡をみることができますし、白兎神社の南側の白兎砂丘では、2層の黒い砂の層があります。この黒砂の層は砂丘に植物があったことを示しており、このころは砂丘形成からみると休止期にあたります。
上位クロスナ層の上の層では石塔、宝篋印塔などが見つかっており、下位クロスナ層の弥生土器が見つかっていることから、砂丘の形成期・休止期に合わせて生活の場を移してきたことがわかります。面白いですよね。

20190804 (446)
生態学的には、このあたりはハマナス自生南限地帯にあたり、鳥取ですと白兎海岸と大山町の海岸で見られ、国の天然記念物に指定されているそうですよ。写真はハマナスの実。rose hipです。お茶にいれたり、rose hip jamにしたり、、、食べられます。味は甘酸っぱいんですよ。まぁ、天然記念物のものをとったり食べたりできませんけどね。

Category : 中国
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

鳥取#29 倉吉でお好み焼き

20190804 (410)

こんばんは。まだ鳥取ネタをやります。だって鳥取好きなんですもん。鳥取を第二の故郷としてこよなく愛している私ですが、そのメインエリアはどちらかというと県の中部から東部エリア。学生時代は中部エリアには三朝温泉がらみでうろうろしていることが多かったのですが、その中でも倉吉はよく行った場所の一つです。駅前が当時と比べずいぶんときれいに整備されていますが、それでも昭和の風情を残す過ごしやすい町なんじゃないかなぁと思います。

倉吉に行ったら必ずと言っていいほど立ち寄っているのが駅前のお好み焼き屋、歌舞点心。学生の頃からよく通ったものです。今回は2,3年ぶりだと思うのですが、、、。今回も夕方にかけてお邪魔しました。

お店を覗くとお目当てのおかあさんがいらっしゃらない。娘さんらしき人が焼いていらっしゃる。あら、代替わりしたかな?と思いましたが、店に入ると奥でおかあさんがまかないを作っていらっしゃいました。よかったー。

話しかけると出てきてくださって、思い出話をして。。。Y君は今北海道でしょ?とかこの前子供連れてきたよー、とか。連絡を取り合っていない後輩もよく来るらしくていろんな旧友の動向をお好み焼き屋のおばさんから聞くって不思議だけどなんか人の繋がりってこんな感じなんだろうなぁと思います。

おかあさんは変わらずお元気でした。話をきいていると私たちがお邪魔していたころは、まだお好み焼き屋を始めたころだとか。そうか、そうするとずっと若かったんだ、あの頃ね(だってもう25年近くになるもの)。

写真のお好み焼きは「ライス入り」。私がお邪魔してたころはライス入りって言ってたんだよ。でも今は、白壁焼きって言うらしい。地元の高校生が地元の名物の名前をとって白壁ってしたら、ってすすめてくれて、今は白壁焼きっていうようになったそうな。そうか、そうか。いいお話を聞かせてもらいました。

いつも美味しいお好み焼きを有難うございます。またお邪魔します。

Category : 中国
Posted by TORU on  | 10 comments  0 trackback

Days 9月になりましたね。

20190708 (76)
写真は、7月に東京日本橋にて。風鈴の小道ができていました。

こんにちは。我が家は恒例の夏休みの宿題がなんとほぼ1日はやく前倒しで完成という快挙(笑)で幕を閉じました。よく頑張りました。この夏休みは、子どもたちも旅行にいったり合宿にいったり。毎年お邪魔している大学のサイエンス教室に行ったり、図書館に行ったり、ラグビーワールドカップがらみのイベントに行ってみたり。単身赴任で東京に居ない私がかかわったり、かかわらなかったりで、今年も妻の大活躍でこの夏休みを無事過ごすことができました。

私だけで見ても、夏休みを含んだ7月8月が矢のように過ぎていきました。この2か月の仕事&プライベートの移動距離は環境に絶対悪い移動距離でしたね。blogネタで書いたり、書いてなかったりしていますが、

7月が、広島、島根、広島、東京、沖縄、東京、大阪、徳島、滋賀、大阪、鳥取、大阪、新潟、山形。
8月が、東京、広島、東京、大阪、奈良、大阪、東京、神奈川(横浜)、東京、大阪、兵庫(神戸)、京都、大阪、京都、大阪、徳島、東京。

こりゃ凄い移動距離だわ。。。昨年までの海外弾丸出張も大変でしたけど、今年の国内弾丸出張・旅行もなかなかですねえ。

さて、9月はどんな月になりますやら。

Category : Days
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

鳥取#28 コナン推しがすごい!

20190804 (386)
おはようございます。お地蔵様のお話、コメントしにくいだろうentryにコメントまで頂きありがとうございました。今日は趣向の違うentryを書きますね。

大山から鳥取市内に向かう際に、北栄町(平成の大合併で、旧北条町と旧大栄町とが合併:2005年)を通りました。この北栄町、漫画・アニメ「名探偵コナン」で有名な青山剛昌さんの出身地ということで町中がコナン推しなんです。由良駅もコナン駅になっていますし、、、。駅を出てすぐ正面にコナン像があります。駅舎の中もコナンだらけ、、、。駅前の図書館もコナンづくし。駅にはコナンのファンと思われる方々がたくさんいらっしゃって集客力がすごいんだなぁ。

20190804 (388)
駅の看板もコナンの方がでかい!すごいぞ、、、これ。えーっと、、、著作権あるし、、、blogに載せるのはね、、、コナンのいるところは「もやもや」しておきます。駅横のトイレの男女のサインもコナンと蘭ねえちゃんのシルエットになってるし、、、。町中のサインディスプレイに「コナン推し」のこだわりがあります。

旧大栄町って、スイカで有名なんですよ、ほんとは。100年以上の栽培歴史あるブランドスイカなんですよ。私が学生の時も大栄のスイカをよくいただきました。今は北栄町になっていますが「大栄スイカ」のブランドのままで海外にまで輸出されているんですから。こっちの推しが弱いような気がするんですが、、、。目立たないだけですよね、絶対推していますよね!!いえ、私も推薦します!大栄スイカ!美味しいですよ!!


20190804 (399)
で、駅前の街路樹の名前表記看板。誤って作っちゃったんかなぁ、、、「ヤマモモ」。「モ」が手書きって、、、。駅前でちょっと目立つんだけど、、、。

Category : 中国
Posted by TORU on  | 12 comments  0 trackback

鳥取#27 大山の餓讖地蔵

20190804 (353)
おはようございます。今週は少しだけ朝夕に秋の気配を感じるようになってきましたが、昼はまだまだ暑いですね。今日は一日大阪市内なので、汗をかきますね。

さて、今日ももう少し大山ネタです。大山寺の参道を下ったあたりは、江戸時代・徳川吉宗の頃から牛馬市が開かれたそうで博労座として大いに栄えました。この栄えた門前町にはたくさんのお地蔵様がいらっしゃいます。

その一つに、餓讖地蔵(がしんじぞう)がひっそりといらっしゃいます。この地蔵様は天保12年(1842年)に建立されました。この少し前、天保の大飢饉(天保4年から天保10年)がありました。この大飢饉で多くの人たちが餓死しました。この供養のため二度とこのような飢饉が起こりませぬように、との願いがこのお地蔵様には込められています。大塩平八郎の乱の発端もこの飢饉によるものでした。

鳥取の昔話にこの飢饉の様子を語るものがあります。5月になっても田の水に氷がはり、土用になっても綿入れがいり、秋には一粒の米も取れず、飢えて多くの人が死んだ、と。

食品ロスだなんだといったことが話題になる昨今、昔の人たちの切なる思いを伝えるこのお地蔵様を見てなんと思うのでしょうか。

Category : 中国
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

鳥取#26 香取村の話

20190804 (336)
おはようございます。大山に登った後、県立大山自然歴史館に立ち寄りました。大山寺の下、登山口にある資料館なのですが、太っ腹の無料施設です。私、無料施設を愛してやまないおっさんです。

この資料館で写真の本に出合いました。この本が出されたは平成4年の11月。実はこの数か月前、夏のある日に、大学のO先生に香取開拓農業協同組合を紹介して頂いて、この開拓団の歴史などについてT組合長にインタビューしました。ああ、あの香取村の開拓団の歴史について本を出していたんだね。T組合長にお聞きした内容が、まるで先ほどのことだったがごとく蘇ってきました。

香取村は昭和21年、戦後まもなく中国大陸からの引揚げてきた香川県出身の方々が大山の麓を拓くことから始まった村です。「乳と蜜の流れる里」を目標に多くの人々の苦労がここに繋がっていることをお聞きしたことをよく覚えています。私が訪れたのは入植46回目の夏だったんですね。

私は大学1年生で農学を学び始めて農業のことを本当に一生懸命勉強していました。そこで大学夏休みを利用して同級のS君と鳥取市内から自転車で走って大山までやってきたのでした。


20190804 (92)
そして今回この大山の登山口からも近い香取村で、T組合長からさらにご紹介いただいた酪農家お宅にもインタビューをさせて頂いたのですが、その農園の看板は変わらずあり、前には新しいsilage baleが置かれていました。代替わりして次の世代に引き継がれたんだろうなぁ。あれから27年かぁ。あの頃、懸命に学んだ道には事情があって進まなかったけれど、どこかで繋がっていたいと最近よく思うようになってきました。


一緒に行ったS君と縁があって、卒業以来にこの10月に久しぶりに会うことになったのですが、これもまた奇縁なんだけれど、その話はまた別の機会に。

Category : 中国
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

鳥取#25 大山には、植物を見に行ったのです。

20190804 (251)
こんばんは。今日も朝から大阪の都心にいましたが、夕方は京都のお客様いお邪魔したので、今日は直帰しました。周りに見えるのはビルばかり。ビルだっていろいろと面白いのですが、、、私は慢性的に緑に飢えている気がします。

大山でみた植物たちの写真をもう少しup致します。

20190804 (168)
シモツケ。シモツケとシモツケソウって違うんですけど、葉っぱがギザギザになっているこれはシモツケ。シモモツケソウは、5~7の掌状に深裂していてギザギザの縁をもつのがシモツケソウ。手のひらのような形をしています。

20190804 (223)
こっちがシモツケソウ。

20190804 (260)
キュウシュウコゴメグサ。葉っぱが幅が広く鋸歯の先が鋭くとがります。

20190804 (155)
ダイセンオトギリ。大山の名の付く植物のひとつですね。

20190804 (167)
ホタルブクロ。皆さんよく知っていらしゃると思います。かわいらしいよなぁ。

Category : 中国
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

鳥取#24 大山に登ってきた

20190804 (277)
こんばんは。今日も遅くまで会食で飲んでしまいました。明日こそ休肝日にします。

さて今日のentryは久しぶりの鳥取県。私のとって鳥取は第二の故郷です。正直、東京や大阪より住みたい場所なのですが、なかなか事情がそれを許さなくて、、、。

20190804 (243)
去る7月26日の夜に大阪から車で下道で鳥取に向かいました。久しぶりの9号走行でした。なんだか道が斬れになったりしていて、時の流れを感じました。夜中のうちに三朝温泉について、2時ごろでしょうか、夜中の河原の露天風呂を頂きました。多分、大学生でしょうかね、男女のグループが足をつけていました。まぁ、河原の露天風呂には入らないんでしょうね。

20190804 (249)
少し走って赤碕で朝を迎えて、朝一から大山登山に臨みました。久しぶりの大山です。学生の頃に登ったのが最後ですからもう20年以上前の話ですよ。

20190804 (232)
当時より体力が落ちていることがよくわかる、、、途中で息が上がること上がること、、、。でもまわりの登山客と一緒に登ることができましたのでへこたれることなくお花畑まで登ることができました。

20190804 (196)
頂上は木道など工事中で立ち入りができなかったので、お花畑で満足して帰ってきました。


20190804 (144)
久しぶりにいい汗をかいたかな。


前回の鳥取ネタ↓
鳥取#23 二十世紀梨風味
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1305.html


Category : 中国
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

京都#13 麒麟園の冷やし担々麺@向日市

20190804 (20)
おはようございます。昨日は神戸方面に行っていましたが、今日は京都方面に向かいます。二日連続共に植物園関連なのですが、、、。こんな暑い日の食事はさっぱり系か、冷たいのか、それとも濃いめ、辛いめか、悩むところです。昨日は体が参っていたので、冷たいものだったのですが、いつものweekdayの元気な時は濃いめ、辛いめを選んでしまうかなぁ。

さて今日の写真はちょうど一月前にお邪魔した向日市にある麒麟園という中華料理屋さんの激辛冷やし担々麺です。この日のチョイスは「冷たい系*辛い系」でした。向日市は竹・筍で有名なところですが、もう一つ「辛いもの」を推して町おこしをしています。「日本一リアクションが取れる街・激辛の首都・京都向日市激辛商店街、激辛マニアの挑戦者求む!」ですって。リアクション芸人の名人芸でなくても普通にリアクションが取れるということでしょうね。

他のお客様が皆さん激辛担々麺とか冷やし担々麺を食べていらっしゃいましたので、私も冷やし担々麺で。オーダーの時に「はじめてですか?はじめての方は辛さのレベルは2までで。」とお店の方がおっしゃるので、素直にLv.2でお願いしました。

ほどなくして出てきまして、さっそく汁がはねないように気を遣いながら(気を遣っていてもなぜかよく飛ぶんですよね、、、)頂きました。うん、旨い!冷たい汁で最初の刺激は低めなのですが、だんだんと辛さがやってきます。Lv.2ですよね、これ。そこそこ辛さがやってきますよ。目の前で同僚のM君が汗を吹き出しながら「結構辛いよ!」と言っていました。たしかに、、、。Lv.5ってどんな感じなのかなぁ。

私は辛いのはそんなに苦手ではなく、まあ辛さは私には十分だなぁと思いましたが、ネットで調べると「冷しは辛さが半減」とか「スープ全部飲み」とか書いている方もいらっしゃいましたので世の中には辛いもんが得意な方がいらっしゃるんでしょうねえ。

辛いもの、皆様はお得意ですか?


前回の京都ネタ↓
京都#12 レティシア書房にお邪魔しました
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1692.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

奈良#18 なら燈花会2019

20190812nara (409)
なら燈花会の浮見堂

こんばんは。今日は会社から二駅ほど離れたところまで歩いて帰りました。どれくらいかなぁ、今日5km程歩きましたかねえ。健康のためにはやはり少し歩くのがいいと思っています。

さて今日も奈良ネタです(奈良ネタが続きましたね)。今日は8月11日の奈良旅の締めくくり「なら燈花会」です。ブログリンクをさせていただいているたびぱぱさんも訪れていたようですね。一日奈良をぐるり回って東大寺周辺で日暮れを迎えました。浮雲園地あたりで暗くなるのを待ち、浮見堂の方へと楽しませていただきました。

なら燈花会は、1999年から20年続いている夏の10日間だけのイベントで、今年も8月の頭に多くのボランティアスタッフ支えられながら、8月14日まで灯されました。

20190812nara (377)
奈良の夜に数多のろうそくの灯りがともります。住む人々、訪れる人々がそれぞれの思いで眺めた事でしょうね。美しい眺めだったな。周りの人達が奇麗だねえって笑顔でいっているのを見ると一層そう思います。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

奈良#17 大和郡山といえば金魚ですよね~郡山金魚資料館

20190812nara (203)
こんにちは。金魚は飼ったことがありますか?

一つ前のentryに「あんみつ」*「金魚」で書きましたが、大和郡山に来たらやはり「金魚」に触れずに帰ることなどできますまい。大和郡山の金魚は柳沢吉里(吉保の子)が甲斐国からの国替りの際に持ってきたと伝えられています。武士が飼育していた金魚を、江戸末期から明治初期にかけて近隣の農家に広がった、というのが大和郡山の金魚の由来です。


20190812nara (227)
郡山金魚資料館~やまと錦魚園にお邪魔しました。入るなりそれぞれの養殖槽で物凄い数の金魚たちがわちゃわちゃしてとっても見ごたえがあります。それぞれの槽で育てられている金魚の種類も異なり、動きが鈍そうな形の金魚が人影が近づくとさっと動いて隠れようとする姿をみると、そんなに早く泳げるんだ!という新鮮な驚きがあります。


20190812nara (174)
金魚の町、大和郡山は、マンホールのふたも金魚推しです。


20190812nara (229)
そして近くのそこそこのサイズの池にも、こんな看板が。そうだよねえ。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

奈良#16 大和郡山の金魚推し!

20190812nara (163)
おはようございます(まだ真夜中を過ぎたところですが)。皆様お盆休みから復帰できましたでしょうか?私は今週は基本事務所にいる予定です。

さて8月11日には例の奈良をうろうろしていたのですが、その続きです。自転車で近鉄奈良駅から大和郡山方面にまで足を延ばしました。結構な距離を走りましたよ。

近鉄郡山駅近くまで自転車で走ってきたころにはもう汗だくでした。なので郡山柳町商店街までやってきて、金魚が泳ぐカフェ「きんぎょcafe柳楽屋 陽だまり」さんで休憩することにしました。このcafeの店内には多くの水槽があっていろんな金魚が泳いでいます。私が座った席もテーブルが水槽になっていて金魚を見ながら食事が楽しめる趣向になっておりました。

このお店ではやっぱり一押しの「金魚すくいあんみつ」は外せないかなー。寒天、フルーツ、白玉にあん。いやぁフルーツをよく見ると金魚に切ってあってね。勿論僕はこのあんみつを頂きました。まぁ器に刺さっている「ポイ」はデコレーションなので、これで果物の金魚をすくう、ということではないんですけどね。

ゆっくりと汗が引くのをまって、大和郡山の金魚養殖をされている業者さんに向かいました。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 7 comments  0 trackback

Saijiki 淀川の花火大会2019

20190811 Osaka (297)
こんばんは。今日は暑気払いで部署の飲み会なので予約投稿にしておきますね。帰ってきてもたぶんグダグダですので、、、(笑)。

8月10日の大阪散策の最後は淀川の花火大会。この花火大会って平成元年が第1回だったんですね。私が高校生の頃に見に行ったのですが、まだ大会が始まって間もなくの頃だったということになります。淀川の河川敷で同級生らと見にいった記憶があり、それから30年ほどたったということですねえ。久しぶりの関西生活なので楽しませていただきました。

20190811 Osaka (232)
令和元年の花火大会は、現在単身赴任して住んでいる場所から歩いて5分ほど、これまた淀川河川敷で見ることができました。
関西にお住まいの方では見に行かれた方もいらっしゃったんじゃないでしょうかね。なかなかのいい花火大会なんですよ。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

大阪#52 長居公園で暑い夏を楽しむ

20190811 Osaka (61)
こんにちは。昨日は数日振りに大阪の部屋に戻りました。流石に物凄く暑くなっているかなぁと思ってドアを開けたのですが、意外やそこまで暑くありませんでした。私のワンルームには遮光遮熱カーテンをしてあるのですが、これで随分と違いました。数年前に日本に帰ってきたときに妻が買ったカーテンでしたがこの夏は大活躍です。

8月10日はお墓参り、Korean Townを楽しんだ後、天王寺経由で長居公園へ向かいました。長居公園に行ったのは高校生の頃以来ですのでずいぶんと印象が変わりましたね。やっぱり広いです。本当ならバラの時期に来るべきなのかもしれませんが、まぁそれは秋にして、今回は夏の植物を楽しみに来ました。花の種類は少ないですがね、いいんです。このタイミングでは「ひまわり」押しでした。ひまわりはどこでも植えられているので改めて見る必要もないのかもしれませんがある程度まとまって植えてあると見ごたえも異なってきますね。写真を撮りに来ている方も多くいらっしゃいました。

秦基博さんの「ひまわりの約束」が頭の中で妄想ヘビーローテーションしておりました。もう5年前の歌なんですね。

20190811 Osaka (31)
長居公園にある自然史博物館では「昆虫」展がやっていました。昆活ですねー。

今日は健康診断再検査、、、昨日の夜から飲まず食わずなので、、、つらい。。。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

大阪#51  猪飼野で「難波津の歌」

20190811 Osaka (16)
お盆休みはいかが過ごされましたか?私は後半を東京で過ごし今朝(もう昨日になっちゃったか)、朝一の新幹線で東京から大阪に移動しました。ちょっと長い休みがあるとやはり一日仕事がしんどいですね。

盆休み前半は関西圏にいた私ですがまずは真田山でお墓参りをしました。玉造の駅から歩いたのですが玉造駅に降りたのは学生の時以来なのでずいぶんと風景が変わっていましたが商店街はあまり変わりませんでした。お墓参りを終えた後、久しぶりに鶴橋~桃谷あたり、Koreanの香りがする周辺を散策することにしました。

やはりこのあたりはdeepなKoreanの香りがしますね。街中を歩いていてもKoreanのおばちゃんがKoreanでがんがん会話しています。当方は簡単な単語しか分かりませんのでね、何を話ているのやら、、、(でも値段の話をしているよねーぐらいは分かるんですが、、、。)鶴橋駅前の込み入ったアーケード街(もうなんだろうか、なかなかアジア諸国にいってもdeepなところに行かないと出会えない空気感の場所)を通り抜けて、桃谷方面へ向け歩き、大阪生野コリアンタウンまでやってくるとずいぶんときれいな街並みになってきます。このきれいなKorean Townの端に御幸森天神宮があり、この境内に写真の難波津の歌碑があります。

難波津に 咲くやこの花 冬ごもり 今は春べと 咲くやこの花

この歌は伝承上の人物、王仁の作とされています。「古今和歌集」の仮名序で「安積山の歌」とともに「歌の父母のやうにてぞ手習ふ人のはじめにもしける」と記されている有名な歌の手本ですね。映画や漫画の「ちはやふる」で知った方も多いんじゃないでしょうかねー。「競技かるた」の序歌に指定されていて大会の時に一首目に読まれています。ちなみに映画「ちはやふる」だと、松岡茉優さんにハマっています。(え?聞いていない?(笑))

この和歌の手本とされる歌の一つである難波津の歌を詠んだとされる王仁は、応神天皇の頃に朝鮮半島から渡ってきた人物とされています。それで朝鮮半島と日本をつなぐ架け橋となった人物の歌として、このKorean Townの神社に歌碑が2009年に建立されたのですね。

朝鮮半島との関係は冷え込んでいますが、こういう時分だからこそ、文化的な関係性に心を向けたいと思います。

20190811 Osaka (23)
この日は暑かったので、도토리냉면「どんぐり麺の冷麺」を頂きました。


前回の大阪ネタはこれでした↓
大阪#50 ポテト蕎麦を十三で
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1661.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

奈良#15 史蹟あるある~大安寺塔址

20190812nara (140)
こんにちは。史蹟に興味のない方にはどうでもいい話でしょうけど、、、史蹟を訪れていますと何もない、ただ碑が建立されている、という場所にしょっちゅう出くわします。へえ、ここがそうだったんだね、という感想しか出てこないのですが、それでも史蹟を歩くのは好きですね。

今回の奈良旅では、斑鳩→近鉄奈良→自電車を借りる→ならまちあたりを散策→そこから自転車でどんどん進む、という流れでした。で、出会ったのが大安寺塔址です。

基石部分が残っているだけ、ではあるのですが、これはこれで素晴らしい史蹟で説明板もしっかりとしていました。

しかーし。周辺の様子を引きの写真で見てみましょう。

20190812nara (137)

そうなんです。この史蹟、だだっ広ーい空き地にぽつーんとあるという何とも寂しい感じの史蹟なのです。史蹟巡りをしたりしていると、こういうことも「史蹟あるある」なんですよね。

大安寺の創建は、聖徳太子の頃まで遡り、由来は現在の大和郡山市額田部に熊凝精舎を建てることを望まれたことに発します。その後の平城京への遷都などがあり霊亀2年(716年)に現在の地に移り大安寺となったそうです。奈良時代に大いに繁栄し南都七大寺の一つに数えられていました。南都六宗の一つである三論宗の本拠でした。

そんなお寺も時代が下るに従い力を失っていき荒廃したといいます。そんなことに思いをはせながら見ると、この広い空間も違って見えてきませんか。(ん?見えない?そうですか(笑))

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

奈良#14 斑鳩いったら藤ノ木古墳

20190812nara (58)
おはようございます。皆様、台風の影響はいかがですか?ともかく安全が第一ですね。私は今日も出勤ですが、さっさと切り上げて帰ろうと思っています。そう今日は大阪から東京に新幹線移動もありますし。。。お盆休み後半は東京で家族と過ごします。

さて奈良旅、斑鳩・法隆寺まで行ったら、やっぱり藤ノ木古墳は行かなきゃね。藤ノ木古墳は見た目通り円墳です。歴史の教科書とかで読んだことあるでしょ?玄室に副葬された土師器や須恵器の年代から6世紀後半の円墳であると推定されています。この円墳は中がのぞける用意ガラス戸がついているのですが、暗いので目が慣れるまで時間がちょっとかかるんですが、中が見られるってのもいいですね。

20190812nara (61)
そしてそこから1,2分ほどの場所にある斑鳩文化財センターもお勧めなのでございます。なにせ無料!展示している複製品もね、かなり良くできているのですよ。細部までじっくり時間をかけて見られるというところがス・テ・キ。お邪魔した時も私以外の見学客はゼロ。そして管理をされている方ともお話させて頂けて幸運でした。

20190812nara (85)
精巧ですよねー。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

奈良#13 やっぱり斑鳩が好き!

20190812nara (5)
こんばんは。今日はお盆休み期間中ですが私は出勤日にしていました。今日明日は出勤です。お盆休みをとれる方、とれない方、仕事でいろいろありますが、お盆休みのような休みが集中する時に休むっていうのは結構費用も嵩むし、、、ね。

私のお盆休み前半3連休は、1日目は「お墓参りと大阪市内散策」、2日目は「朝から奈良・斑鳩」、3日目は「大阪・梅田周辺散策」と比較的近場の「低価格」遊びでした。1日目、2日目は両日とも3万歩超えで、歩きすぎたので3日目は13,000歩程度に抑制的に。まだ夕方ではありますが早めに帰宅。買った本を読もうかと思ったのですが、本だと寝てしまうなということと音が欲しかったので、Amazo*プライムで「ふしぎな岬の物語」を見ました。

吉永小百合さん、やっぱりきれいですね。いろんな方が出演されていましたが、米倉斉加年(よねくらまさかね:1934-2014)さんが存在感ありました。この映画が米倉さんにとって遺作となりました。いい演技もそうだし、絵もうまいし。天は二物も三物も与えるんですね。こういう方はgiftedだと思います。

さて、土曜日の奈良旅は、、、1dayパスを使って地下鉄→近鉄→バスで法起寺へ!というのが最初でした。


20190812nara (11)
法起寺。2017年のお正月にもお邪魔しました。が、今回は朝が早すぎて中に入ることできず。まぁ田畑からの塔を拝んで。

奈良#9 法起寺~103タンブラーの旅2017その1
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1182.html


20190812nara (16)
斑鳩のこのあたりは、無花果がたくさん栽培されているんです。この時期に歩くと、無花果の甘い香りで空気が満たされています。稲の香りもいいですしね。


20190812nara (19)
徒歩で法輪寺へ。三井寺とも呼ばれるお寺で、今は聖徳宗のお寺です。聖徳太子に繋がるお寺です。この三重塔は1975年(昭和50年)の再建のため世界遺産には含まれていないそうです。なぜ再建かというと、1944年(昭和19年)雷で焼失してしまったから。その後、戦後の混乱もあったりで、なかなか再建がかなわなかったそうですが、幸田文さんらの尽力もあり西岡常一棟梁の下、再建されています。


20190812nara (47)
更に歩いて法隆寺。法隆寺は広いですからねえ。そしてなかなか拝観料も結構しますので今回は夢殿だけ。なんか他の拝観を進める係の方が多くて、商売っ気が強いのが、、、なんだかなあ。

とりあえず斑鳩三塔巡りは朝9時過ぎにはcompleted。それだけ朝早くから行動してたってわけです。

前回の奈良ネタ↓
奈良#12 1月1日は、興福寺に行ってきた
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1609.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Saijiki 精霊馬と精霊牛

20190812nara (123)
20日ほどご無沙汰してしまいました。7月後半は出張やらプライベートやらで忙しくしておりました。このお盆休みの前半は、私は家族と離れ単身赴任でいる関西周辺に居ります。家族も東京でいろいろとイベント事があり忙しいですしね。

昨日は奈良方面へ朝から出かけておりました。奈良・斑鳩1dayチケットを買って朝一の電車で奈良に向かい電車・バス・自転車でいろいろとめぐってきました。

元興寺の旧境内を中心とする「ならまち」周辺を散策をしていて(正月にも行ってましたが)、公開されている町家を覗かせてもらいました。日が高くなってきていたのでとても暑かったのですが、日陰に入り、町家にも上がらせてもらえただけでありがたい。町家の中庭に向け、お盆のお供えがされていました。精霊馬と精霊牛を見るとお盆だなぁと思いますね。お盆のお供えは、皆様近所のスーパーで買ってきたりしてるんでしょうかね。この町屋の近くのB*G NARAにもお盆のお供えが売っていました。

精霊馬と精霊牛を飾るということは私の実家ではどうだろう、あまり記憶がないのですが、、。皆様のお宅ではいかがでしょうかね。(信仰が違えば勿論そんな風習もないでしょうけどね。)

20190812nara (125)
町家の中庭。こんな中庭があるといいですねえ。まぁ東京の我が家にはそんなものはないのでひと様のお宅で楽しみましょう(笑)。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

沖縄#26 台風の影響で雨と風。そういう時は箱物。

20190720 OKI (78)
こんばんは。沖縄から日曜日に東京に戻り、翌朝の朝一の新幹線で単身赴任生活に戻りました。今日は大阪におります。

さて、先週沖縄は台風5号の影響で雨と風がとても強くて、なかなか外遊びができない中で、今回は「箱物」を楽しもうということに方針を転換しました。

暴風雨だと箱物も閉まってしまうのですが今回は無事箱物に入ることができました。

一つ目の施設はJAXAの通信施設にお邪魔しました。打ち上げた人工衛星からの電波受信をするために、アンテナをはっている施設です。結構近くまで寄ることことができますので、沖縄にご旅行の計画をされていらっしゃる方で、当日雨で行くところがない!という方には、おすすめです。もちろん無料施設ですよ。

室内にはH2ロケットの素材展示や、人工衛星のモデルの展示などがあり、ロケット打ち上げのシミュレーションなどもあったりと無料施設としてはかなり充実していると思います。
天文好きの私としては、昔の試験衛星のモデルなどが展示されているところなどがツボでした。


20190720 OKI (70)
写真の通り子どもも結構楽しんでいる様子でしたよ。

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

沖縄#25 今年も北谷に泊まったので~やっぱりGORDIE'S 2019

20190720 OKI (35)
おはようございます。今日は参議院選挙ですね。まだ那覇市内に居りますが、昨晩は晩御飯を食べている間、ずっと外から「最後のお願い」で候補者の演説が聞こえておりました。今は静かな朝です。

今年も北谷に泊まったので、というのも3年連続です。米軍基地がすぐそばにあるので朝は轟音がするのですがこれも沖縄ですからね。今年も北谷の宿から近いところにあるGORDIE'Sで初日の晩御飯を頂きました。やはりここにきてこれを食べないわけにはいかない。いくつか頼んでハーフカットにしてもらっていただきました。肉もパンもおいしい。沖縄に来ているというワクワク感で美味しさが嵩上げされているでしょうけど、周りで食べているYナンバーの車で来ているお客さん達を見ていると本場の人間からしても「美味しい」という評価なんでしょうね。

20190720 OKI (30)
この店、前にも書いたんですけど、元米軍用の住居(コンクリートの平屋)をリノベーションしたものでその雰囲気が残っていて私は好きなんですよね。

20190720 OKI2 (72)
この日は那覇到着してそのままチェックインもなにもせず恩納村の海に直行し、帰りに残波岬で夕暮れを見てから、GORDIE'Sに向かったのでした。

沖縄#18 今年も北谷に泊まったので~最初の晩御飯は、やっぱりGORDIE'S
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1534.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

沖縄#24 今年も沖縄での夏休み

20190720 OKI2 (53)
何とか海に入れました in 恩納村。

おはようございます。先週末のentryからupできていませんでしたが、仕事でバタバタしていたのもあるのですが、今年も沖縄にやってきており遊びにも忙しい、というのが実情です(笑)。
ここ数年、毎夏沖縄に遊びに来ていますが、今年は少し短め5日間の沖縄旅です。

今回は台風5号の影響で、初日以外は海には入れない(涙)だろうということで、初日の飛行機を前倒しして昼過ぎに到着する便に変えたのですが、沖縄上空で11機の飛行機が着陸待機していて、、、結局ものすごく遅れました、、、。到着、レンタカー、そして急いで恩納村へ!

20190720 OKI2 (42)
伊計島の方に行く案もあたのですが、風が南西から北東にふいていたので恩納村へ。見立て通り恩納村の海はまだひどくなっていませんでした。よかったぁ。


20190720 OKI2 (13)
砂遊びもできました。


20190720 OKI2 (30)
妻と子供たちはバナナボートは「落っこちるかも」との懸念から座って引っ張ってもらうタイプのアクティビティに。(コストは、、、うーん高いけど、、、仕方ないね。)私はこういうのが苦手ですし、3人乗りだったので妻にお願いしました。


↓昨年の沖縄ネタから沖縄ネタを書いていないんですね。一杯あるはずなのに。
沖縄#23 RYCOMで映画
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1570.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

京都#12 レティシア書房にお邪魔しました

20190711r (25)
7月9日、平日でその日もお昼から西の方に商談に出かけた後、事務所に一度戻ってから、終鈴とともに京都に急いだ私。JR京都駅から地下鉄に乗り烏丸御池で降りて少し京都御所の方に歩いたところにその日の目的地はありました。

その日ですね、小さな書肆ではありますが私の好きな品ぞろえをされている「レティシア書房」にお邪魔しました。この日は東京・荻窪にある本屋の店主が選んだ本に、画家が絵を描いたエッセイ集「ことばの生まれる景色」(ナナロク社)の原画展が開催されていて、それを見に京都を訪れました。この原画展は1年をかけて全国の本屋さんを巡回します。荻窪の本屋さんでしょ?わざわざ京都で見なくたって、、、という気持ちもあったのですが、ちょうどこの時期に開催されているのが京都の「レティシア書房」さんだったもので、、、。


20190711r (9)
曇り模様のでしたので烏丸御池から歩いても、まだ暑すぎるということはなくて助かりました。
街並みに溶け込んだ店に入り、店主ご夫婦の好みで選ばれたであろう棚づくりを楽しませていただきました。星野道夫さんの本が多く置かれていたし、レジのデスクマット下に星野道夫展の半券がしまわれていましたので、ご夫婦に「私もこの展覧会、行きましたよ。」なんて話を向けましたら、今回の原画展での絵も初めに星野道夫さんの「旅する木」についての絵に惹かれたとおっしゃっていました。そういうことってありますよね。

この原画展では。私は星野道夫さんの本もさることながら、須賀敦子さんの「ミラノ 霧の風景」についての絵も惹かれました。

今日は広島方面に出張ですのでそのお供にこの本を連れていきたいと思います。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback