FC2ブログ

烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

滋賀#6 滋賀名物?バス天丼

2019092930 kobe shiga (281)
こんにちは。今日は連休3日目、どんな一日にしようかな。一つ前に菌神社(栗東市)のネタに行きましたので、滋賀ネタを少しやっておこうかと思います。

今日のネタは滋賀県名物?バス天丼です。バス、そうblack bassブラックバスです。Black bassといえばcatch and releaseでしょ?と思われるかもしれませんが、私はcatch and eatですね。特定外来生物ですし、食べてしまえばいいと思っています。学生の頃は幾度となくblack bassやbluegillブルーギルを頂きました。いずれも唐揚げにするか天ぷらにするかが多かったですね。

どんなお味か気になってきましたか?

写真は昨年、滋賀県立琵琶湖博物館にお邪魔した際にレストランで頂いたものです。ちゃんと下処理をしている為、美味しくいただけましたよ。black bassは内臓と皮、血合の部分に独特の臭みのもととなるgeosminが濃縮されますので、ここをちゃんと処理しておけばOKです。

800px-Geosmin_Structural_Formulae_svg.png
geosmin、そういえばNHKのチコちゃんで雨のにおいの回で紹介されていましたね。

菌からbassに来ましたが、そういえば滋賀県は鮒ずしが有名ですよね。bassのなれずしを食べてみたいなぁ。あるそうなんですよね。

スポンサーサイト



Category : 近畿
Posted by TORU on  | 3 comments  0 trackback

滋賀#5 くさびら神社 

2019092930 kobe shiga (129)
おはようございます。昨日(日曜日)はいかがお過ごしになられましたか?都内は気温も高くなく過ごしやすかったですよ。昼寝を貪ってから子どもたちと近所の公園に行ったぐらいでしょうか。夜は半沢直樹みちゃいました?

さて「きのこ」ネタがつづいたので、もう一つ「きのこ」を挙げておきます。それは滋賀県にある「きのこ」の名を冠した神社です。菌神社と書いて「くさびら神社」と読みます。くさびら、つまり「きのこ」です。狂言の演目にもありますね。

菌神社は栗東市にある小さなお社で、明治時代までは草平社と書かれていたそうな。主祭神は大斗能地神(おおとのじのかみ)と大斗乃辨神(おおとのべのかみ)です。昨年の9月末にお邪魔してきました。

景行天皇の御代に竹田折命がこの地の賜田に田植えをしたところ一夜で菌(きのこ)が一面に生えたという話があり、このことで帝より菌田連(クサビラタノムラジ)の姓を賜ったという古い言い伝えがあります(新撰姓氏録)。

「きのこ」の名前を持つ神社は他にはないらしいので、きのこ好きになら一生に一度は訪れたい神社かもしれません。が、ここ本当に小さなお社で回りに車を止めるところもなく少々不便です。近所にコンビニがあるぐらい、、、。

滋賀#4 長浜IPA
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1881.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 1 comments  0 trackback

Book#22 Long Litt Woon「きのこのなぐさめ」

20200908 (511)
こんばんは。2週連続で東京出張もありましたので、この秋の4連休は東京の自宅で過ごしております。

さて「きくらげ」の話を書いたのできのこ繋がりということで、この本。Malaysia出身の社会人類学者Long Litt Woonロン・リット・ウーンによるきのこ本です。まぁ、きのこ本と言っても、その本のタイトルから予測される「喪失と再生」と「きのこ」の物語です。国際結婚した夫との突然の死別と「きのこ」とそれを取り巻く人々との出会いの物語です。

食べられるのか、毒があるのか。香りはどうなのか。分類と採取、料理。120種にもわたるきのこの話が語られています。きのこ好きならどこかで聞いた話、どこかで読んだ話との交錯がある種の眩暈さえ覚えさせてくれます。これこそ、きのこの魅力なんだろうな。

Category : book 本
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Days きくらげのパスタ

20200705 (224)
きくらげ料理ってお好きですか?
おはようございます。昨日は結局、都内で子供を連れてプールに行ってきました。普通の区がやっているプールです。娘は平泳ぎがうまくなりたいとのことでしたので、娘にほぼ付きっ切り。息子は一人で平泳ぎで自分で目標を決めて泳いでおりました。妻は体調が芳しくなかったので家でお休み。娘はかなり頑張って泳いでいましたけど、今年はCOVID-19の影響で学校の水泳では「級」の認定試験はやらないそうなので、残念がっていました。来年までにもっとうまくなっておこうね。

さて、最近、生きくらげをよく見かけるようになってきました。乾燥きくらげだって十分に美味しいですけど、生のきくらげはもっとぷりんとした食感が楽しめますよね。先日、結婚式場がやっているランチを食べに行ったのですがきくらげのパスタが選べたので頂きました。きくらげの香りと食感がパスタと玉子の濃厚な味に負けておらず、この組み合わせ美味しいなぁ!と思った次第です。

さて、今日は朝から名古屋に移動です。では、今週も一週間頑張ろっと!


前回のきくらげネタ↓
神奈川#24 鶏ときくらげと金針菜
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1634.html

Category : Days
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

岩手#7 かぼちゃせんべい

20200712 (52)
こんにちは。今日は首都圏内でうろうろしている予定です。今日はどんな一日になるでしょうね。これを書いているのは朝なのですが、息子は計算ドリルをやっています(あまり見かけない光景な気がする)。

さて、写真は大阪で食べた「かぼちゃせんべい」。岩手県と青森県の共同アンテナショップ「青森・岩手えぇもんショップ」が堂島にあるのですが取引先からの帰りに時々立ち寄ることがあります。その際に買ってくるお菓子です。

南部せんべいというとせんべい汁にいれる系と、おやつに頂く系と大きく2つあると思うのですが、これはかぼちゃの種が入ったおやつ系。それ以外の系統もあるのでしょうか。南部エリアであればもっと違うものもあるのかもしれません。この写真のかぼちゃせんべいは、甘味があってかぼちゃの種が香ばしくて美味しいです。かぼちゃの種が食べられることを知ったのは高校生ぐらいになってからのことでしょうかね。かぼちゃといえば、もうHalloween商品が並び始めましたね。

前回の岩手ネタ↓
岩手#6 うたうおばけ・くどうれいん・書肆侃侃房
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1945.html


Category : 東北
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Days エゴノキの実がきれいに鈴なり

20200908 (455)
こんにちは。白い花を咲かせ楽しませてくれるエゴノキ。街中でもよく見かける木です。今頃は実がきれいに鈴なりになっています。口にしたくなるようなサイズなのですが口に入れることはお勧めできません。saponinサポニンが含まれますので食べられません。エゴノキの名前の由来も口にすると「えぐい」ことから。

そういえば「えぐい」という言葉に新しい意味(「すごい」といった意味あい)が加わってもう40年ぐらい経つんですね。

Category : Days
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Days 9.11

おはようございます。昨日は米国では19年目の慰霊の日でした。
あの日、私は練馬の家でCNNを見ていたことを覚えています。
あれから19年が経ちました。

08:46am:American Airlines Flight 11、世界貿易センター北棟に激突
09:03am:United Airlines Flight 175、世界貿易センター南棟に激突
09:37am:American Airlines Flight 77、the Pentagonに墜落
09:59am:世界貿易センター南棟倒壊
10:03am:United Airlines Flight 93、WashingtonD.C.からそれ、Stonycreek Township, Pennsylvaniaに墜落
10:28am:世界貿易センター北棟倒壊

死者数:2,977人、負傷者数25000人以上。
•世界貿易センター2,753人(救出に向かった消防士343人含む)
•Pentagon 184人
•PA州飛行機墜落40人

Category : Days
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Days 大盛りをたのんだら、、、

20200705 (226)
おはようございます。昨日はしたたかに飲んでしまいましたので少し頭が重い感じですが、今日は大阪で仕事をしてから東京に移動ですのでそこでゆっくり寝るとします。

さて、夏の記録をしなきゃなぁと思いながら写真を見ていて出てきたのが上の写真。ご飯の大盛り感がすごいですよね。姫路駅にある食堂で頂いたときのことです。私、日頃から大盛りでオーダーすることもしばしばあるのですが、大盛りといってもそこそこの量のご飯が出てくるだけで丁度よいのですが、この時のご飯の量は山もりどんぶり飯でした。流石に食べるのに苦労しましたね。取引先様とお話をする後だったのでよかったです。先だったらお腹がいっぱいすぎてお話に影響が出てしまいそうな量でした。

大盛り、のオーダーには気をつけましょう。さて今日も一日頑張るか。

Category : Days
Posted by TORU on  | 10 comments  0 trackback

Saijiki 重陽の節句ですね

20200908 (381)
菊の絵でしたね。この時期ですから。

おはようございます。今日は9月9日、重陽の節句です。菊の節句とも呼ばれるのは、この時期が旧暦では菊の花が咲く季節であることからです。菊の花は長寿を願い邪気を払う花とされていますから重陽の節句には菊酒を頂いたりしますね。皆様のお宅ではいかがでしょうか。


20200908 (378)
先週土曜日、またまたおっさん3人組(うち2名は御朱印集め、私はしていない)で京都を歩いていたのですが、その途中で京菓子の俵屋吉富さんがやっている京菓子資料館(同志社の前ね)に立ち寄り、見学させてもらってからお茶とお菓子を頂きました。お菓子は桔梗。

で、お軸には「掬水月在手」(水を掬(きく)すれば月は手にあり)とな。于良史「春山夜月」からですが、弄花香満(衣で花を弄ろうすれば香衣に満つ)と続きます。お軸だと前者は秋、後者は春ですが、この一対で禅語としても聞きます。

さてさて重陽ですから掬と菊やね。水を掬うことは出来なくても、心池に月を得ましょうか。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Saijiki ヒガンバナが咲き始めました

2019092930 kobe shiga (141)
おはようございます。昨日は疲れていたのでしょうね。ソファーで寝落ちしておりました。週末に大阪市内を歩いていますと家の近所でヒガンバナが咲き始めていました。勿論写真を撮ったのですが、思いっきりぼけた写真でした。仕方がないので昨年・滋賀で撮ったヒガンバナの写真でもupしておきます。ははは。

ヒガンバナの季節になると埼玉・巾着田に行きたくなります。一面のヒガンバナが鮮やか。

埼玉#7 巾着田の曼珠沙華
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-943.html

去年はヒガンバナをupしていなかったようです。一昨年には書いているのですけどね。

Saijiki ヒガンバナが咲きました
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1548.html

さて、今日も一日頑張りますかねー。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

そら#16 9月、月と火星

20200906topics01-m.jpg
台風10号、通り抜けるエリアの方に被害が出ませんように。昨日は京都、今日は大阪を歩いていました。こちらは暑かったので、首筋が焼けて少し痛いぐらいです。

明け方の空、月のある方に赤く輝く火星があります。火星は10月6日に最接近しますので、9月は明るさを増していきます。明るく輝いてくれると大阪の空でも見ることができますね。本当はもっともっときれいな空の方が好きなんだけどね。人の作った光に満たされる空では見ることができなくなっているだけで、星の光は確かにそこにあるんだと思うと、少しだけ「よかった」と思えます。

上記画像の著作権に関して:
Credit: National Astronomical Observatory of Japan
*国立天文台の著作物利用ガイドラインによる表示。

Category : Nature自然
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

岩手#6 うたうおばけ・くどうれいん・書肆侃侃房

20200831 (25)
こんばんは。息子の夏休みの宿題、プリントものは丸つけまでが終わり、あとはネット上に共有するプレゼン資料を完成させるというものが残っていました。今時の宿題というのはIT literacyの向上も含んだりしているんですね。これはこれで面白い取り組みだと思います。プレゼンというのは読書感想で本のプレゼンのようなもの。息子が今年取り上げるのは宮沢賢治。図書館から15冊ほど児童向けの本を借りてきてプレゼン作成していました。お父さんも宮沢賢治は好きだよ。がんばれ。

ベアレンビールのentryを書いたので、盛岡・宮沢賢治で繋ごうかな、とも思いましたけど、盛岡の新しい星、くどうれいんさんの作品で繋ごうと思います。くどうれいんさんは、1994年生まれのお若い歌人。岩手県盛岡市出身・在住です。くどうれいさんの作品との出会いは、京都・恵文社一乗寺店で、歌集を買ったことから。薄い本なのですが「わたしを空腹にしないほうがいい」という本には、一杯書き込みをしました。なんだか対話をしているような気分になる本です。私はその言葉の選び方に惚れてしまいました。

そしてそのくどうれいんさんのエッセイ集「うたうおばけ」が今年の4月にでましたのですぐに購入。我が家にあるのはサイン本。この本を買ったのは、先ほどの京都の店とは違って、くどうれいんさんの本が別の本屋で並んでいるなんて、と思うとうれしくなります。

盛岡の光原社でのお話が出てきたり、同じ材木町の「よ市」でほろ酔いになっている大人の話が出てきたりします。今年、息子が宮沢賢治が好きになったら、息子は宮沢賢治を、僕はくどうれいんさんの本を持って「よ市」に行くかぁ。ベアレンビールのタップも飲みたいしな。

20200530 (50)
先日飲んだベアレンビールの別タイプ。

Category : 東北
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

岩手#5 ベアレンビール、美味いんだよな。

20200827 (5)
こんにちは。一つ前のentryでセミの話に触れましたけど、もう一つセミの話。先日、東京の自宅近くの商店街を歩いている時のことです。通り過ぎた曲がり角の向こうから、消え入るような声が聞こえます。「…~…~せ、せ、せ、…~…~」。角に立っている老婦人が震えながら何かを言っています。

前を通りかかった若者は、その声に気が付かなかったのか、聞く気がなかったのか、、、。私は距離があったのでよく聞こえなかったのですが、向かうと「…~…~せ、せ、せ、…~…~せ、せみ、セミとって…~…~。」とな。

よく見ると、老婦人の服になんとアブラゼミがとまっているいるではありませんか。そうか。急にセミが飛んできて、セミがとまってしまったのね。セミ、騒ぐだろうなぁと思いつつ、セミをつかんで逃がしてやることに。いつぶりだろう、セミを素手で捕まえたのは。老婦人は、それはもうおっかなかったのでしょうね。心臓とかに負担になってなきゃいいけど。怖かっただろうなぁ。しかし、僕より近くにいた若者よ、セミぐらいとってやれよ、、、。とも思わんでもない、そんなことがありました。

さて、一つ前のentryからの繋がりだったら、揚げ物かbeerに話題をつなぎたいところ。私、このベアレンビールが好物なんですよ。次に盛岡に出かけることがあれば、間違いなくベアレン醸造所は立ち寄りポイントとなります。最近はなんちゃってなcraft beerもあるような感じがしますが、ここのbeerは味がしっかりとしています。妻にお土産で買って帰る(盛岡からじゃないけど)こともありますね。写真は8月頭に東京の家で飲んだもの。本当は現地現地で飲むのが一番おいしいとは思うんだけど、盛岡に仕事で行くっていう機会は今はないしなぁ。

前回の岩手entry↓
岩手#4 盛岡冷麺 @渋谷・並木橋
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1624.html

Category : 東北
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Days 揚げ物とビールと私

20200827 (180)
揚げ物最高!

おはようございます。今日も暑いですね。今日は「子供たちの宿題完成を見る」というのMISSIONがあります。息子は先ほどmission complete。現在は隣で娘がPCで環境問題解決に向けた行動について調べています。私の時代なら本で調べる、ということでしたが今はnetで調べるというのが当たり前な時代ですね。

この宿題が終われば、午後には図書館かどこかに出かけることはできそうですね。なんだったらN駅前の時々家族で行くお店にbeerを飲みに行くこともできそうです。beerと相性がとてもいいのが揚げ物。食べすぎは体によくないので食べすぎ、飲みすぎに注意です。

20200827 (170)
hopが強めのcraft beerが揚げ物には最高の組み合わせだと思うんですよね。


ところで、よく覗きに行かせていただいている「虫」blog昼杉起太さんの「虫撮り米食い昼寝する・ちょっとだけ虫に興味がある人が見るブログ」でも書かれていたのですが、アブラゼミの名前の由来が、油で揚げるときの音からきているという説は面白いですね。日本ではあまり「セミ食」は見られませんが(沖縄とか長野とかの一部であるとか)、アジア圏では結構見かけます。中国やMyanmar,Thaiなんかで見られます。だいたい「揚げ物」になっていますが。私、揚げ物に虫系は選ばないですねえ。

ということで、揚げ物にまつわる話でした。

Category : Days
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Belgium#3  東京駅でPIERRE MARCOLINI

20200723 (75)
これを食べているジャケット姿のおっさんサラリーマンを想像してください。

こんにちはお邪魔させて頂いているblog、あーちゃんさんの「♪今日も元気で♪」で書かれていた記事を見てて、ふと思ったこと。ソフトクリームというかアイスクリームで下の部分は、3*アイスなどで買う時にコーンかカップか?と尋ねられるので、コーンって呼ぶんだということは知っていても、時々、スーパーやらで売っているアイスで、コーンの上にかぶさっている同じような最中生地のような傘の部分ってなんていうのだろうか。日頃ソフトクリームをあまり食べないので、知る機会がまずもって少ないのですが、よくソフトクリームを食べていた亡父なら知っていただろうか。物知りだったから多分知ってただろうな。

ということで気になったので調べたら「ソフトキャップ」ですって。でもソフトクリームって呼び方は和製英語だから、海外ではそうは呼ばないんだろうと思いますが、そういえば海外でソフトキャップの付いたアイスを見たことがありませんね。ちなみにソフトクリームは英語では、soft serveかsoft iceです。まぁまぁ近い。

さて7月後半の東京出張の際、部下Nさんと東京駅で待ち合わせ。その日は暑かったので銀の鈴のところでPIERRE MARCOLINIに立ち寄ってから行きました。乳製品はお腹が痛くなるので、日々の生活ではほぼ口にすることがないのですが、たまーに食べたくなるんですよね。この日はそんな日でした。

前回のBelgiumネタはコレ↓
Belgium#2 Beer Duchesse de Bourgougne 
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1008.html

Category : Europe欧州
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

東京#84 としまえんといえば「紫陽花」

20200705 (56)
子どもたちも、花の写真をどうやったらきれいに撮れるかな?といった感じで楽しんでいます。

こんにちは。一つ前のentryで書いた通り、としまえんに6月末に訪れたのですが、この時期を狙っていったのは、としまえん内の「あじさい園」に行きたかったからなんですね。遊園地の印象がある「としまえん」の一角にいろんな紫陽花の種類が楽しめる園があり、今後の再開発計画ではどうなっていくのかなぁと思っている場所なんです。今年は、バタバタしているうちに紫陽花の写真もupしそびれてしまいました。


20200705 (91)
説明板などはもう少し充実させていってくれると、と思いつつ、何よりも残ってくれるといいのにな。


20200705 (105)
園内はこんな感じで散歩コースになっていましたよ。


Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

東京#83 閉園前に、としまえん

20200705 (137)
こんにちは。今週末も出張に絡めて東京におります。昨日は都内で号外が配られていました。丁度お客様にお邪魔していましたが、珍しく政治のお話になりました。まぁあまり政治の話題は、仕事の場ではしないですね。なんにしてもバトンだな、と思った昨日今日。

さて今日のentryは、あと3日、この8月末で「としまえん」が閉園となりますが、その前に、ぎりぎりになる前に、家族で行っておこうということで6月末に行ってきました。COVID-19の影響で休園していたのもあって、なかなかのタイミングでいけたかな、と思っています。としまえんは練馬区にありますので練馬区育ちの妻には馴染みの深い遊園地なのだとか。まぁ私も、独身時代の墨田区に次いで結婚してからは練馬区在住でしたから、まぁまぁ馴染みある場所です。


20200705 (132)
としまえんと言えば、この回転木馬、カルーセルエルドラドが有名。元々は1907年に製造されたもので欧州、米国の遊園地を経て、1969年に米から日本へ、1971年からとしまえんで運転を開始しています。


20200705 (149)
歴史あること、そのこともすごいことだなと思いますが、こういった機械はそれを使える状態に維持して、動かしてきたという人の意志と努力があってこそだと思うと、またどこかでそのバトンが繋がっていけばいいなぁと思ったりします。

「乗りたいな」、という人々の気持ちも、またどこかで繋がればいいなぁ。そんな気持ちをもって閉園前のとしまえんでカルーセルエルドラドに乗った方も多いんじゃないかな。


一つ前の東京ネタはコレ↓
東京#82 玉川屋の豆大福を頂きました
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1938.html

Category : 関東
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Days 皿うどんに失礼じゃないか

20200826y.jpg
おはようございます。
8月に入ってから少し読む本の数を増やしたためblogに行きつく体力なく夜に寝落ちという日々が続いていました。昨晩は会社で経費処理をしたりしてから帰宅となり、家の近くで一人で定食屋さんに入りました。この店はチャーハン推しの店で、お腹もすいていましたのでチャーハン大盛をオーダーしようとしたのですが、なんと前のお客でご飯切れ。自動的に麺類選択になりました。まじかぁ。

ちょい悩みした後、皿うどん大盛という選択をしました。皿うどんは私の好きなメニューの一つなのです。しかしチャーハンが食べられないという悲しさよ。

と、そんなことを一瞬でも考えた私のバカ!せっかくの皿うどんに失礼じゃないか。そう一人で脳内で独り言ちて(口からほとばしり出てても知りませんが)、美味しく皿うどんを平らげて帰りました。そのあとはちょっと書類を読んだり本を開いたりしているうちにまた、寝落ちしてしまいました。

Category : Days
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

東京#82 玉川屋の豆大福を頂きました

20200729 (69)
こんにちは。六郷土手にお邪魔したって一つ前に書きましたが、その用事というのはお友達がsports wearのbrandを作って売り出す、そのPop-up Storeをやるっていうんでお邪魔しに来たわけです。妻繋がりのお友達でbrandを立ち上げる人っていうのは何人目かなのですけど、まぁそこにお邪魔しにいったのです。

手ぶらじゃなくて何か持っていこうね、ということでしたけど車で都内を走っている間にあっという間に羽田についてしまい羽田周辺で美味しそうなお菓子でも探すかとなりまして、今回の玉川屋さんにであうことになりました。玉川屋さんのお店は絶対地元の人しか使わんだろうなと思う道一本入ったところにあり、間口も大きくはないお店です。妻は(自称)和菓子があまり得意ではないので、私が選びました。いくつか選んでいるうちに、個数が多いことにおかみさんが「人が集まるの?」と尋ねられて、「友人がbrandを立ち上げまして」なんて世間話をしました。その際におかみさんがとても親切にして下さいました。(無粋なので何がとは書きませんが)初めてで通りがかりの私たちだったのにねえ。こういうのはご縁なんでしょう。

お土産に持って行った、豆大福やみたらし団子など美味しくいただきました。羽田エリアは空港には良く行っても、そこからはすぐに都内に帰っちゃうのでなかなかゆっくりお邪魔したことがなかったので、早いうちに玉川屋さんには再訪したいものです。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 7 comments  0 trackback

東京#81 多摩川の土手

20200729 (50)
週末はいかがお過ごしですか。私は東京に戻っていまして、土曜日は夕方までは巣ごもりしていて、夕刻に近所の図書館にいったぐらいですかね。

さて先日7月26日、ちょっと用事で多摩川沿いの六郷土手に行ってきました。六郷土手は多摩川を渡ればもうすぐそこは川崎という場所ですけど、雨が降る中でも土手を走る人がいて、ほんと土手というのは人が走りたくなる場所なんだなぁと強く思った次第。私はあまり「走る」というのはしないもので。

この日は一日雨だったのですが、夕方にザっと強く雨が降ったあと雨が上がりました。雨上がりの空気は少しだけさわやかさを届けてくれました。

ここ数日は東京は随分と暑い日が続きそうです。東北の方は大雨かもしれないとのことですね。心配です。

20200729 (65)
夏の空になりました。

前回の東京ネタはコレ↓
東京#80 高輪ゲートウェイ駅が開業
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1783.html

Category : 関東
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Days きのこ 京都・祇王寺 

20200712 (384)

おはようございます。昨日は家にたどり着いたら日付が変わっていました。唐揚げをたくさんいただきましたね。読書もできずに寝てしまいました。

今朝は、昨日に続いて「きのこ」の写真です。先月7月12日に訪れた京都・祇王寺は苔むした境内が美しい場所で、いろんなところにきのこが見られました。その中でもかなりこれは「いい感じ」ななりです。

きのこはこの形になってすぐに胞子を放ち、溶けてなくなってしまいますよね。虫たちの餌にもなりますし。なのでこのような感じのきのこである時間というのは実は短い。ということで「お!きれいだぁ。」なんて言って写真を撮っていました。きのこは、秋と思われているかもしれませんが別に秋に限っているわけではありません。条件がそろえばいつでもにょき!って感じ。その偶然の出会いがきのこの魅力なのかな。

Category : Days
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Days きのこ 服部緑地公園 都市緑化植物園にて

IMG_1343.jpg
おはようございます。週末もずっと暑かったですが、いかが過ごされましたか。私はといいますと、週末に自転車(クロス)をレンタルして走ろうかと考えていたのですが、私が狙いをつけていたレンタル屋さんの予約画面の最後になんと「体重制限」が書いてるではないですか!そうその体重制限を若干オーバーしていることは分かっていますので、あえなく断念。週末の予定が狂った!ということで、土曜日は大阪府内でうろうろしておりました。

緑地公園にある都市緑化植物園を散策して回っておりました。大阪も緑が少なくなってきましたが、この緑地公園ではまだカブトムシが捕まえられるようで親子連れの方がカブトムシを見つけて(昼なのに)いらっしゃいました。

緑地をあるいている時の最近の楽しみはいろんな「きのこ」を見かけることですね。種類の特定には全然いたらないですし詳しくなって食べてやろう!なんていう野望も抱いておりません。昔学生の頃に詳しいの方に教えてもらって、齧っただけでえらい目にあったことがあるのでキノコは怖いです。(結局「詳しい」は自称であったといことで、きのこの本に「専門家の方に聞きましょう」的なことが書いていますが、自称専門家もいらっしゃるのでよほどでない限り口にするのはやめておいた方がいいと、私は思っています。)

まぁ私は食用で売っているものは食べますが、きのこは見るだけよー、にしています。

Category : Days
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

そら#15 2020年のペルセウス座流星群は

sora_20200812_topics02-s.jpg
こんにちは。今日も暑いですねえ(今日は大阪基準で書いています)。7月に入って出張が解禁になったりしていましたが、感染者数も増えてきていますのでちょっと抑えていくかな、といったところです。そんな中あっという間にもう8月ですね。

8月に入ると、やはりペルセウス座流星群を見なきゃ、です。今年のペルセウス座流星群は、8月12日22時頃に極大を迎えると予想です。月明りがあるのでちょっとコンディション的には良くないのですけどね。(8月12日が下弦の月で、流星群を観察しやすい時間帯に月明かりがあります)。極大の時間帯にターゲットしてみれなくても、11日の夜から13日の夜までの3夜ぐらいは(12日がいいけど)、いつもより流星が見えやすくなります。

流星は上図の放射点を中心に放射状に出現します。ですが星空全体を見渡して、目を慣れさせてあげることが見るコツです。Enjoy!

上記画像の著作権に関して:
Credit: National Astronomical Observatory of Japan
*国立天文台の著作物利用ガイドラインによる表示。

Category : Nature自然
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Saijiki 秋がすこしずつ@京都・嵯峨

20200712 (452)
こんにちは。blogリンクをさせてもらっていますta-raさんの「丹波~もうひとつの時間」で小さな秋を見つけられていました。私も先日7月12日に京都・清凉寺の前で見かけました。これから盛夏に向けて京都も暑くなっていくことでしょう。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

鹿児島#8 甘夏紅茶  

20200723 (92)[1]
おはようございます。柑橘系飲料からの繋がりで甘夏紅茶というのを先日飲みましたのでそれについてメモしておきます。鹿児島のアンテナショップで購入したお茶です。紅茶に適した「べにふうき」(鹿児島産)に九州産甘夏の果汁を加えたものです。レモンティとはまた違う甘夏らしい風味でした。

「べにふうき」は枕崎の旧・農林水産省野菜・茶業試験場で1965年にアッサム雑種の紅茶「べにほまれ」を母(種子親)、ダージリン系「枕Cd86」を父(花粉親)として交配。1966~1992年に交配実生中から枕崎3号を選抜。1993年「べにふうき」を紅茶用・半発酵茶用品種(茶農林44号)として登録されました。品種の開発というのは結構長くかかるものなのです(まぁ、育つのにも時間がかかりますからね)。そして2003年に普及会が発足してから少しずつ増えてきました。

今でこそ「べにふうき」として検索すれば通販でも買えますけど、私が学生だった頃にはありませんでした。実は卒論にも修論にも、ちょっとお茶は関わり合いがありまして。お茶にはちょっと親しみを感じるんですよね。

鹿児島生まれの紅茶に九州の甘夏果汁を加えるという、九州推しの一品でした。ご馳走様でした。


↓前回の鹿児島entryはこれでした
鹿児島#7 鶏飯風ー。
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1836.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

沖縄#32 タンカンドリンク@大阪

20200705 (230)
こんばんは。沖縄気分で週明けを迎えましたので私的には大変気分よくスタートが切れました、いや切れたはずです。もう少し沖縄チャージしておきます。写真は通勤途中にあるコンビニで最近売っているジュースです。なぜにそのコンビニで沖縄フェアをやっているのかよくわかりませんし、ちょっと高めな価格設定ではあるのですけど、ついつい沖縄な感じを持ち込みたくて買ってしまいます。

タンカンと打つと、私のPCは短観が予測変換されてきます。なんだか仕事モードですね。それはさておき、この柑橘類のタンカンは桶柑ですね。ポンカン(ミカン)とネーブル(オレンジ)の交雑種の一つです。

日本における生産量は7割が鹿児島県、残り3割近くが沖縄県で占められていて、他の県は少ないようです。私があまり柑橘類を積極的に買わないからでしょうか、近所(東京でも大阪でも)のスーパーで見かけません。売ってるんでしょうけど、気にしたことがなくて。沖縄での主な生産エリアは、名護市、国頭村、本部町のあたりで、出荷時期は12月~2月頃だそう。冬場に探してみようかな。

しかしコンビニでドリンクで売っていると、気になってしまいまして。このコンビニの沖縄フェアが終わったら、沖縄のアンテナショップか関連のお店に行っちゃうのかな、タンカンドリンクを探して。

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

沖縄#31 アカバナーでも見て気分転換

20190717 (19)
おはようございます。昨日は大田区のあたりに居りました。本日の朝からまた大阪です。ゴーヤーのことを書いたら、そういえば今年は沖縄に行っていないということを想い出してしまいました。毎年7月に沖縄に出かけているんですけど今年はCOVID-19の影響であったり、いろいろあって出かけられませんねえ。

そんな事を考えると週の始まりから気分が重くなるので、せめてhibiscusの花でもみて気分転換したいなぁと思いましてね。hibiscus、アカバナーと沖縄では呼ばれるそれは、いつ頃沖縄に移入してきたかは分かりませんが、中国文化とともにやってきたんだろうなぁと思います。品種が多く7000以上とも8000以上ともいわれますが、実際に数えたこともないのでよくわかりません。町の植木屋でもよく見かけたりしますし色も花弁の形もいろいろあるので、実際品種は多い花であることは事実の様ですけどね。

今週もまだ天気は荒れ模様ですけど、一週間頑張って7月を乗り切りたいです。写真は昨年7月17日に撮ったもの。去年の沖縄は台風が来ていて初日以外は結構雨に振られたんだったなぁ。

沖縄#30  慰霊の日でした
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1910.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Saijiki ゴーヤーの季節ですね

20200726 (14)
おはようございます。4連休最終日、今日もほぼ都内にいる予定です。この連休は東京都内は雨と曇であまり天気はよくありませんでした。写真は連休2日目に少し雨が上がっている間に自宅の近所を散歩していて見かけました。ゴーヤーは日よけとしても良く育てられていますが収穫せずに黄色く熟していたりすると、もったいないなぁ。食べりゃいいのにと思っちゃいます。僕が頂きたいぐらいです。小さくても食べられますからね。


20200726 (16)
ゴーヤーの標準和名はツルレイシです。まあ見た目がごつごつしていてレイシ(ライチ)に似ているからこの名前になったそうですけど、どちらかというとニガウリという名前の方がよく聞きますよね。そんなゴーヤーですけど、日本に伝わってきたのは1600年頃。今見掛けるのはとげとげした感じの品種でインド系の品種です。


ゴーヤーが沖縄県以外のエリアで「食材」として広く認知されるようになったのはそんなに古い時期のことではありません。江戸時代にはすでに移入されてきていましたが薬用としてであり広く利用されていたようではありません。先の大戦の食糧難の頃に空き地利用の家庭菜園での栽培を推奨するものの一つにあったようですが、あまり普及しなかったようです。苦いからねえ。

さて1972年、沖縄の本土復帰以降、沖縄県で広く食べられていた野菜として全国に広まったのか、というとそうではありません。沖縄県産の野菜としてはかなりのメジャー野菜であり当然「沖縄のゴーヤーを内地へ」となるはずでしたが、農業害虫ウリミバエを内地に拡大させないため、沖縄県からのゴーヤーの出荷は植物防疫法によって禁止されていました。ウリミバエを根絶しない限りウリミバエが卵を産み付ける作物は内地に持っていけないという状態でした。

そこで採られたウリミバエを防除する方法が、羽化2日前にガンマ線を照射して不妊化した飼育個体を大量に野外放虫し、野生個体の繁殖を阻止する方法でした。多くの苦難を乗り越え取り組みを始めて21年後の1993年にウリミバエ根絶が叶い、そこからゴーヤーが本土に広く食べられるようになりました。

私はこの年(1993年)は農学部の2年生でしたので、農業系の雑誌や新聞などでこのnewsは大きく報じられていたのをよく覚えています。尚、ウリミバエは日本の侵略的外来種ワースト100に入っている生物で、は唯一根絶に成功しています。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

おにぎり・おむすび#20 深川めしのおにぎり

20200723 (94)
単身赴任者の移動パターンの一つ、月曜の朝一の新幹線で東京から大阪に移動。私も月曜の朝一の新幹線に乗れば9時の始業には間に合いますのでよく早朝の新幹線に乗ることが多いです。早朝の新幹線では品川駅で乗り換えることが多いのですがその際に駅のコンビニでよくおにぎりやパンを買って乗ることが多いです。写真は先日7月21日に移動したときに頂いたおにぎりです。深川めし。そう東京の郷土飯と言っていいでしょう。駅弁でも深川めしを買うこともよくあります。

深川めしは江戸時代の漁師飯がルーツと言われています。江戸・深川浦を漁場とした漁師たちが仕事の合間に食べる簡単fast foodです。海水を真水で割って沸かし、そこにアサリ・葱・豆腐の具を入れたすまし汁を飯にぶっかけて食べたのが始まりだそうで、要するにアサリの潮汁のぶっかけ飯。二日酔いの翌朝のご飯にしたらちょうど良さそう。これなら簡単に食べられそうです。

深川といえば他にも蛤や牡蠣、貝柱(青柳)など貝の名産地であったので、このぶっかけ飯は必然だったんでしょうね。その後、味噌やしょうゆ仕立ての現在のぶっかけタイプに近いものに発展していきました。一方よく取れて食卓にものぼるアサリは炊き込みご飯の具としても重宝され、所謂アサリの炊き込みご飯のタイプも深川めしと呼ばれるようになっていったようですね。

しかし二日酔いを前提に飲んで翌朝用にアサリを買っている、などという芸当はできそうにないですね。


東京#17 駅弁・深川飯
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-769.html

Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

おにぎり・おむすび#19 泉州産たまねぎ使用炒飯おにぎり

20200723 (5)[1]
こんにちは。鶏ザンギおにぎりのentryを書きましたので、最近(7/12)頂いたおにぎりです。炒飯のおにぎりは数多ありますが、たまねぎ推しで来たおにぎりは珍しいのではないでしょうか?たまねぎの一大産地北海道だったらあるかなぁ。泉州たまねぎの旬は5月から6月頃。ちょっと旬は過ぎていますが、全然OK。水分が多く甘みもあるので、ちょっと水にさらしたオニオンスライスなんかで生で頂くのもいいですね。おっさんには「血液サラサラ」という言葉には惹かれるものがあります。

20200723 (6)
そんな泉州たまねぎを主役にした炒飯おにぎりですので、味は極めてシンプルでした。家で作って温かい状態で食べたくなりましたね。

さて私が小さい頃、もう40年近く前に教えられた地理では大阪・泉州では玉ねぎが覚えなければならないアイテムだったように記憶しています。現在では大阪のたまねぎ生産量は全国区も1%を割り込んでいます。残念ですけど。ピークは昭和35年頃だったようです。

泉州たまねぎの歴史ですが、明治17年(1884年)ごろから泉州で作られるようになった比較的新しい野菜です。明治の世となり西洋料理が広がりを見せて徐々に消費されるようになってきたこともありますが、その飛躍はなんとコレラ・赤痢の流行に対して薬用として需要が伸びたことがきっかけだそうな。へええ。加えて外国産におされて綿栽培が減少したことで次なる換金作物として注目されたことが背景となり、泉州で玉ねぎ生産が盛んになりました。


泉州たまねぎ栽培の功績をたたえる碑があるそうなので泉州方面に出かけたときに見に行きたいなと思っています。

<泉州玉葱栽培の祖碑(泉南郡田尻町)>
今井佐治平、大門久三郎、道浦吉平、3氏のたまねぎ栽培の功績をたたえるため建立。

<坂口平三郎の頌徳碑(岸和田市土生町)>
府道岸和田塔原線沿いの、土生新田入口。

前回のおにぎり・おむすびentry↓
沖縄に行きたくなってしまった。
おにぎり・おむすび#18 ポーク玉子おにぎり
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1540.html

Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback