烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

東京#53 きれいな大学構内の食堂@東大駒場

170630 (67)
先日お邪魔した東大・駒場にはイタリアン・トマト CafeJr.(いわゆるファミレスですが)が入っています。他にもいくつかの施設がありますが綺麗な食堂ですね。大学の食堂もきれいな食堂が増えてきているし、メニューも豊富だしすごいですね。私が行っていた大学とは大違いです。まぁ、平成も初めの頃、まだまだ昭和な気分が残っていた時代ですからね。田舎の大学だったので、新鮮な魚が出るのはうれしかったですけどね。(まぁ近所のスーパーに行けば簡単に新鮮な食材が買えたので食材は新鮮でしたね)。

さて、今日からまたBangkok,Thai出張です。行ってきます。

スポンサーサイト
Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

東京#52 東京大学駒場博物館

170630 (55)
6月25日の最終日にぎりぎりで行くことができた展示会。東京大学・駒場にある博物館でもちろん無料。大学の博物館系は結構好みの場所です。今回の展示会は、20世紀の初頭から第二次世界大戦初期までに至る時期に新聞に連載された小説群を、当時の新聞現物で展示した「新聞の中の文学:黄金時代1900-1939」。

印刷技術が向上し挿絵の発展しました。それが読者獲得の競争に寄与し、そんな中で新聞小説が発展してきたんですね。Alexandre Dumasデュマ、Charles Dickensディケンズ、Sir Arthur Ignatius Conan DoyleドイルにJoseph Rudyard Kiplingキプリング。錚々たる巨人たちはこうやって新聞小説で巨人となっていったのですね。その一方で忘却された作家なども掘り起こしていく、というのが今回の企画展の面白いところでした。

170715 (70)

Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

東京#51 コノシロ@葛西臨海水族園

170620 (168)
穴子は江戸前に限る!なんていう江戸っ子じゃあありませんが、江戸前といわれるとなんだか粋に聞こえちゃうから刷り込まれた情報ってすごいですね。江戸前つまり東京湾で獲れる魚ってことなので羽田空港あたりでとれる魚ってことですわな。江戸前といえば穴子、だけじゃないですね。

さて問題です。いずれも江戸前の魚ですが、読めます?
1)蝦蛄
2)鯊
3)鰈
4)鱸

さて穴子と並んで江戸前の一つが写真のコノシロです。所謂出世魚ですね。寿司ネタとして有名なシンコ・コハダと成長して成魚はコノシロと呼ばれます。出世魚なので、成長に従って旬がやってくるんですね。シンコは7~8月、コハダは8~9月、コノシロは11~2月です。コノシロは汽水域から海水域に掛けて広く生息できるため漁獲量も多く「ご飯(コ)の代わり(シロ)になる魚」から名前がこの名がついたとの説があります。

先日、Portlandからお友達家族がやってきたので、葛西臨海水族園に一緒に行ってきました。入園料が他の水族館より安くて、展示の仕方も面白いので結構な回数行っています。この水族園には、東京の海、つまり江戸前の水槽もあって、寿司ネタが一杯。おいしそうなんですよね。

おいしそうだねー。いやいや、見方が間違っています。

さて、読み方わかりました?
1)しゃこ 2)はぜ 3)かれい 4)すずき

でした。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

東京#50 煮穴子も載っています@いつものお寿司屋

170625 (38)
海外駐在員の出張者が多いときというのは、どうしても寿司屋やらすき焼きやら日本食系が多くなります。先月6月は多かった気がしますね。おかげでお寿司屋ら天ぷらやら鰻やらをいただく機会が多かった、、、。痛風持ちには「ドキドキ」です。写真は6月下旬に台湾からの出張者が来た際のランチは寿司屋だったのですが、わたくしは握りではなくちらし丼で。あ、穴子つながりでこのネタを書きました。煮穴子でふわふわでおいしいですね。お昼にお酒をいただきたくなってしまいます。

煮穴子、まぁ自ら作ったことはないですね。結構手間がかかりますからね。目打ち背開きにおろし、ぬめりを取って、継ぎ足した煮汁に酒、砂糖、醤油、みりんを加えて煮ます。ふっくらさせるのに何時間も煮るそうですね。それだけ手間がかかったネタなんですね。

この時もおいしく頂きましたよ。ごちそう様でした。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

東京#49 鰻、うまいね。@日本橋小舟町・高嶋家

170620 (199)
6月はラッキー?が続いてか鰻を頂くことが何度かありました。日本橋・神田・三越前周辺が会社からアクセスのいい場所なのでおおむねこのエリアで頂くことが多いですがこのエリアだけでも鰻屋さん結構ありますね。人によってよくいく鰻屋さんが違いますね。このときは一緒に行ったKさん達の好きな高嶋家さんでした。美味しいよねえ、ここも。

さて、穴子ときて次が鰻。両方ともウナギ目ですが、穴子はアナゴ科で一生海で過ごします。色は薄茶色で側面の斑点がありますね。上顎が出ていて、口を閉じた時に下顎が上顎に隠れるのが特徴だそうです。気にしたことなかったなぁ。一方鰻は、ウナギ科。海で産卵して、河川に戻ってきて淡水で成長します。見た目も黒に近い暗灰色で、下顎が出ているんですって。へええ!脂ののり方は鰻の方が多いのだそうです。

鰻、夏でも冬でもおいしいけどねー。ごちそう様でした。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

東京#48 穴子二種@玉ゐ

20170610 (64)
出張者が来たので玉ゐさんで頂きました。海外からの出張者だと、ついつい普段よりおいしいものを頂いてもらいたいなぁと、思いますね。ちょうど一か月前にお邪魔しました。西日本出身の私は瀬戸内の穴子が一番好きですけど、東京の人はやっぱり江戸前の穴子ですかね。

穴子の旬っていつなんでしょうね?一般的に魚は脂が乗っている時期を旬とすることが多い気がしますが。アナゴは淡白な味わいが好まれる魚なので、さっぱりとした味が楽しめる6月から8月ごろ、夏場だという人と、冬の11~12月のアナゴの方がおいしいと言う人もいますね。好みが分かれる魚なので、好きな次期をその人にとっての旬といえるのでしょうね。

この時は、穴子の白焼きと一夜干しとをいただきました。おいしかったぁ!夏物も旨い!ごちそう様でした。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

神奈川#19 人の祈り~箱根神社

170620 (43)
タイ人Pさんと一緒に箱根神社にお参りに行って驚いたことは、お参りの仕方を知っていたこと。そうか、前週に会社の後輩に別の神社に連れて行ってもらった時に教わったんだな。お参りの仕方がすでにインプットされているならば、私としては神社と寺院の違いを説明と、、、難しいですがな。

箱根神社が芦ノ湖畔に祀られるようになったのは奈良時代、天平宝字元年(757年)というから1260年前のことですね。この杉並木のそれぞれの樹齢も数百年はあるんでしょうね。箱根神社のwebsiteを見ていますと、「御成敗式目の起請文に箱根権現にその名が出ている」と書かれていましたので読んでみました。なかなか御成敗式目を読む機会なんてないですね。御成敗式目の第一条は「右、神は人の敬ひによつて威を増し、人は神の徳によつて運を添ふ」と始まり「神社を修理し祭祀を専らにすべきこと」と定められているんですね。貞永元年(1232年)ですから、785年前の式目です。

箱根神社
http://hakonejinja.or.jp/

Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

神奈川#18 6月の大涌谷

170620 (34)
梅雨真っ只、西日本では大雨が降って大変な地域があり、昨晩も地震が福島の方であったり。blogでお邪魔している皆さん、お友達にも発生した地域にお住いの方もいらっしゃいます。無事でありますように。日本も結構災害の多い地域ですが、その災害の度に跳ね返して新しい生活築き上げるその力強さを見るたびに、すごいな、自分も強くならなきゃなぁと思います。

6月の前半にタイ人のPさんをつれて箱根・小田原に行ったのですが、Pさんにとっては初めての火山活動地域だったので新鮮だったでしょうね。1年ちょっと前まで立ち入り制限をしていたんですものね。火山が地すべりを起こした崩壊地形であること、崩壊地から噴出する豊かな火山性ガスを有効的利用して蒸気井で沸かして温泉にしていることは、意外と知られていないんですよね。そういえばブラタモリでもやっていましたね。Pさんに説明したら感心していました。

火山は大きな災害ももたらしますが、こうやって蒸気井を使って有効利用してるなんて、たくましいものです。

蒸気井温泉
http://www.hakoneonsen.com/jyoukisei.html

Category : 関東
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

東京#47 神谷町愛宕神社で茅の輪、くぐらず。

170625 (71)
ものすごい人でくぐれなかった茅の輪です。私一人でも並ばなかっただろうなぁ。神谷町の愛宕神社の茅の輪くぐりに来たのは初めてだったので、これほどの人出になるとは思っておりませんでした。東京メトロにも「催し物」のポスターに載っていたからかなぁ、、、。千日詣でほおずき市がたつのでほおづきの鉢を買って帰る人を何人も見ました。この時期のほおずきはまだまだ緑ですね。

茅の輪の始まりは、「備後國風土記」にある、速須佐之男命と蘇民将来の話で、よくしてくれた蘇民将来とその妻に対し、「後に疫病が流行っても、蘇民将来の子孫であると名乗り茅の輪を腰につけなさい。そうすれば疫病を免れる」と言って、その地を立ち去ったということが由来です。「腰につける」がえらく大きくなったものですね。

170625 (70)
石段で有名ですね、愛宕神社は。娘が伸びをしているだけにわかりにくい写真かなぁ。


170625 (75)
愛宕神社のアジサイ。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

神奈川#17 小田原城の紫陽花2017 その2

170620 (65)
仕事をして帰宅するときに少し自分で自分を元気づけたくなるときってありませんか?
blogは予約投稿にしてあるのですが、紫陽花のきれいな色を夕方に見たくて、夕方に時間設定をしました。

小田原のアジサイの写真をもう少し。鮮やかな色ですね。紫陽花の色はanthocyaninアントシアニンの一種のDelphinidinで、pHによって青から赤の幅で色が変わります。アルミニウムイオンを土壌中から吸収するかしないかと、助色素によるものだそうです。

420px-Delphinidin_svg.png
Delphinidinはこんな構造。ん?興味ないですか。

著作権:Wiki Commons のpablic domainです。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

神奈川#16 小田原城の紫陽花2017

170620 (64)
神奈川ネタは2年ぶり。神奈川にはもっともっと行っているのですが、47都道府県あるのでなかなか前回から書けないことが多いですね。まぁそれよりblog時間がなかなか取れていないというのもあるのかもしれません。

6月11日に箱根帰りによった小田原城では、ちょうど「小田原城あじさい花菖蒲まつり」が開催されており、多くの人が楽しんでいました。携帯電話で写真を撮る人もいれば、一眼レフでしっかり撮っている人もいたり。楽しみ方はいろいろですね。まるで紫陽花のようですね。

170620 (56)
もういっちょ(またか)。

前回ネタはコレ↓
神奈川#15 萬来亭のワンタン
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-990.html

Category : 関東
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

東京#46 神田まつやで一杯

20170610 (62)
先日、米国から昔の同僚Sさんがやってきたのでお蕎麦屋さんに。言わずと知れた、明治17年(1884年)創業の古いお蕎麦屋さんですね。このお蕎麦屋さんに足を運ぶといつもお店はお客様で一杯。このときも早めの時間に出かけたのですが、やはりほぼ満席。先に板わさでビールを呑んでいる先客の男女に「ちょっとお邪魔しますね。」と相席をさせて頂いて、我々も甘いそば味噌をなめながらお酒を頂いて、と。我々も海苔と板わさでお酒を3合4合と頂いたので、長居はせずにお蕎麦を頂いてそうそうに。周りのお客様もいろんな方がいらっしゃいますが、この店にいらっしゃるお客様はわざわざこのお店にやってきている人もいるのでしょうね。わたくしたちもそうですが。

1884年は、オックスフォード英語辞典第1巻が発刊された年だそうですよ。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

千葉#6 ぴーなっつ最中

20170528 (458)
成田には出張で空港に行くので千葉にはご縁があるんですけど、前のentryは1年以上前ですね。先日家に帰ったらあったぴーなっつ最中。巣鴨のおばさんから頂いたそうですけど。巣鴨とこの最中がどうつながっているかはよくわからなーい(笑)。
そういえば、会議中に急に甘いものがほしくなることああります。

20170528 (461)
中はこんな感じで柔らかな餡です。おいしいですよ、コレ。確かJRの駅とかでも見かけたような、、、今度出張の時に買いますかね。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

東京#45 SHIBUYA CASTのcafe Åre

20170528 (427)
息子の用事で最近よく渋谷に出かけています。先月、5月第一週にも家族で渋谷へ。つい先日4月28日にオープンしたSHIBYUYA CASTに立ち寄りました。写真はここにあるÅre(オーレ)というCafe。SwedenのSki resortの名前だそうです、SwedenのSki resort行ってみたいなぁ。

Åre,
https://www.skistar.com/en/Are/

このお店で私と子供がオーダーしたのは、パンケーキ。うん、バターの美味しい香りが温かい生地からします。これはおいしい!家で作りたい!!と思える一品です。


20170528 (424)
妻は蓮根とじゃこのパスタ。うん、いい感じ。


20170528 (429)
少し急いで帰らなければいけないので、持ち帰りをお願いしたら快く受けていただきました。ありがとう。


20170528 (414)
明治通り側になんじゃもんじゃの木が花をつけていました。5月初旬。


Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

東京#44 モモガルテンでハムサンド

20170506GW (458)
今話題の(?)の古カフェ・モモガルテンで頂いたのは、昔懐かしのハムサンド。hot sandwichですね。私的にはこのhot sandwichでつかうハムは安っぽいものが合うんだなぁ。高級食材で作ったhot sandwichも勿論おいしいんですけどね。

20170506GW (455)
食事を待つ時間の間、棚に置いてあったこの冊子を読んでいました。そうそう!これよ、これ。石仏と石塔。奥付を見たら1991年かぁ。待つ時間、楽しませていただきました。

20170506GW (466)
モモガルテンさんの外観。長屋が、、、緑が茂りすぎていて埋没しそう。こういうお宅ありますよね。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

東京#43 cafe MOMO Gärten の蚊遣豚 @中野

20170506GW (459)
ずっと長野ネタが続いている(まだまだ続けたい)ので、少し違うものを入れてみます。NHK教育の番組「ふるカフェ系 ハルさんの休日」で2017年4月26日に放送された「東京・中野 大都会の人情・二軒長屋」で出てきた、モモガルテンさんに5月5日に行ってきました。メディアに出たところにこんなに早く反応していくことはほとんどない、極めて珍しいんですけどね。

家からも歩いていけなくはない距離。まぁ、こんなお店ありましたっけ?ということで、ふらふらと家族で行ってきました。今日の主役は、、、裏口に置いてあった蚊遣豚。1か月ほど前の写真ですけどね、ああ、こういう場所に置くよね、だって蚊遣豚なんですもの。

先日、夜歩いているとふと蚊取り線香の香りがして、この蚊遣豚を思い出しました。大阪の実家でも昔は蚊遣豚がいたなぁ。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

群馬#12 SAの舞茸天そば

20170128 (16)
正月のあいさつ回りの後、3連休で同僚と雪山合宿をするのですが恒例になっています。東京組はいつも深夜に東京を発つので、群馬県に入って上信越のSAで休憩するころは夜というか早朝3時過ぎ。こんな時間に舞茸天そば、決して健康にいいわけではないでしょうけど。でも、この駅そばのようなそばがやめられないんですよね。毎年のことになっています。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

群馬#11 りんご狩り@沼田市

20161204 resi (848)
吹割の滝に行った後、りんご狩りに行きました(2016年11月6日)。りんごといえば、、、青森にいきたいなぁとも思うんですけど、今年は群馬でした。いつか子供たちを青森のりんご研究所にも連れて行こうと思っています。

20161204 resi (894)
実の一つ一つが大きいので、捥ぐときの感触が手にずしっと残るものですね。このときは世界一と陽光の2つの品種をいただきました。日本にもたくさんの品種のりんごがありますが、なかなか街中で並ぶ品種は多くないですね。米国では秋になるとずいぶんと品種が増えて楽しんでいましたね。ああ、いろんなりんごが食べたいなぁ。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

群馬♯10 紅葉の吹割の滝

20161204 resi (625)
11月に群馬に出かけたのは、実は紅葉狩りにどこに行くかねぇ、ということで今年行ったのが吹割の滝だったんですよ。以前はよく奥日光、日光に出かけていましたが、今年はこちらにお邪魔してきました。今年は夏に尾瀬に行ったので沼田は二度目でした。沼田は今年の大河ドラマ「真田丸」の真田ゆかりの地なので街中に幟が立っていたりしましたね。天邪鬼なので、ブームが去ってからゆっくりと真田ゆかりの地は見て回ってみたいと思います。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

東京#42 日枝神社 @清瀬市

20161127 (182) 20161127 (183)
富士塚にあった庚申塔ですが、同じ清瀬にある日枝神社には、三猿の石灯籠があります。当地の日枝神社は天正七年(1579年)に中嶋筑後守信尚によって社殿を造営されました。日枝神社の参道には、二基の石灯籠が市指定の有形文化財として保存されています。この石灯籠は一基は寛文四年(1664年)もう一基は宝永七年(1710年)の建立銘があり、竿の基部に庚申塔のように「見ざる」「聞かざる」「言わざる」の三猿が彫られています。この猿は山王様の使いですね。

20161127 (184)
この日枝神社にも富士塚があるんですよ。猿は富士講でも重要な神の使いになっています。先に盛んになっていたとされる山王信仰や庚申講とのつながりから「猿」を追いかけるのも楽しいなぁ、なんて思ったりしています。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

東京#41 中里の富士塚2-庚申塔 @清瀬市

20161127 (164)
富士塚の麓に庚申塔が建てられていました。庚申塔の建立が広まったのは、江戸時代初期、寛永以降と言われています。以この庚申塔も享保十乙巳天十一月吉日、とあり享保10年(1725年)のものですね。

20161127 (165)
青面金剛(しょうめんこんごう)が掘られていますが損傷がありわかりにくいですね。基部には三猿が下に彫られていています。富士塚よりも新しいのかどうかは不明ですが、先人たちは信仰が篤かったのでしょうね。

関東にお住まいの方であれば、庚申塔や庚申塚がお近くにある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

1725年、調べるとこの年はGiacomo Casanovaが生まれた年、そして近松門左衛門が亡くなった年なんですね。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

東京#40 中里の富士塚 @清瀬市

20161127 (159)
息子のサッカーの間、ずっと見ているのも寒いし、妻はママ友の輪に入っており、娘はお友達がおり子供たちだけの時間を楽しんでいるので、清瀬周辺の散策する時間ができました。そこで中里の富士塚に参ってきました。清瀬駅の北に位置する富士塚で造られた時期は明らかではないようですが文政年間に再築されたようです。

富士山への信仰から生まれ、江戸中期にから盛んになった富士講によって各地に富士山を模した富士塚が造られたそうです。この中里富士塚は高さが約10mあって結構大きくて、またつづら折りの「登山道」が設けられています。

20161127 (161)
ここの富士塚は上まで登ることができました。石祠と胎蔵界大日如来にお参りしてきました。9月1日に行われる「火の花まつり」も見てみたいなぁ。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

埼玉#8 秩父錦飲みながら本を読む

20161002 (31)
夜が長く感じられるこの時期なんでね、いつものようにお酒を頂きながら本を少しばかり。この日(9/20)は秩父の酒を少し頂いて、福武文庫版の吉本ばななさんの「キッチン」を引っ張り出してきて読んでおりました。読書の秋が少しずつ深まりますが、学問の本は読んでいないし、子供にもまだそんな風には言っていませんねぇ。まぁ、そのうちに。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

東京#39 熟成肉を頂きました@神田

160923 jyukusei (2)
熟成肉がおいしいなぁ。そんな私、子供の頃はあまり肉が好きではありませんでしたね。そして大学時代は魚がおいしい鳥取にいましたからね。なかなかおいしいお肉が食べたい!という欲求は育たなかったのか、少ない方です。それでも、誘われて「肉」っていうことになると俄然肉!肉!肉!って気分にはなりますがね、、、。

最近はおいしいお肉屋さんが沢山ありますねえ。私は熟成肉っていうのは、適度に止めておかないと苦手なんですけど、今回いただいた熟成肉はおいしく頂けましたよ。3人で行っていろんな部位をシェアして頂きましたから、沢山食べられました。(写真を見ていたらちょっとだけ食べたくなりました。肉への欲求が育ったのかな?笑)

160923 jyukusei (1)
肉もおいしかったのですが、やっぱり私がいいね!って思ったのはこの玉ねぎの塩釜焼き。甘さがぎゅっと閉じ込められていておいしかったなぁ。ああ、baked walla walla onionが食べたい!


Category : 関東
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

群馬#9 藤掛屋の栗まんじゅう@桐生市

20160922 kurimanjyu (1)
ここ数年、桐生に時々お邪魔していますが、噂の栗まんじゅうを今年は頂きました。
藤掛屋さんは街の饅頭屋さんで、当日(6月26日)も地元の方がたくさんいらっしゃっていました。
周りの地元のお客が注文される数が結構すごくて10個単位で驚きます。普段から地元の方に愛されているお饅頭なんでしょうね。今回は10分待ちぐらいでしたからラッキー。焼きたてを頂けるのでそれもうれしいですね。

流石に20個も買って帰るお客様、そんなに食べるの?とネットを調べると「冷凍してもおいしい」とありました。
次回行くときは、もう少し買ってオーブンで焼いて食べてみようかなぁ。

20160922 kurimanjyu (2)
ちなみに栗まんじゅうなのですが、栗は入っていません。

20160922 kurimanjyu (3)
栗の形をした饅頭ってことで、たい焼きと一緒なんだね。(このたい焼きは大阪・池田で頂いたたい焼きです)

Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

群馬#8 天幕城跡の蓮の花@伊勢崎市

201607hasu (2)
6月末のことなんだけど、好きな蓮の花の写真をupしておきます。今年はこれを見に行くために、カリビアンビーチに行きました。(カリビアンビーチは内陸県ならではのプール施設です。)

天幕城は永禄年間に赤堀城の支城として赤堀氏によって築かれた後、那波氏となり戦国の動乱を経て、天正18年に後北条氏滅亡と共に廃城となったそうな。その城の堀跡に蓮が数多く植えられていて、7月になると見ごろになります。

201607hasu (1)
写真を撮りに来ている初老の方々に紛れて、私も仲間入りで写真。しかし、定年後の団塊世代の方々って本当元気ですね。


https://www.youtube.com/watch?v=XCKuItK2eZE

Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

群馬#7 ひもかわうどん@桐生市

160919himokawa.jpg
去年も桐生で頂いたひもかわうどん、今年は桐生の駅前で頂きました。今年はきのこひもかわ。
ところで、この幅広のうどん、おっきりこみとどう違うんだろうか、、、。
どうも地域で呼び方が違うような説明なんだろうけど、なんかほかにも違いがあるような、、、。

↓違いは、、、、。
http://jyosyu-udon.jp/okirikomi/index.htm

Category : 関東
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

群馬#6 羽蝶蘭展2016 at 桐生市有鄰館

20160920 (3)
2か月以上前になりますが、今年も群馬桐生市の羽蝶蘭展に行きました。昨年と同じ同好会のメンバーの方々が育てた蘭の数々。それぞれの花の色合いや艶、咲き方、同じものは一つとしてない美しさ。

20160920 (2)
今年も会えてよかった。

20160920 (1)
沢山!見ごたえありますねえ。


Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

千葉#5 秋の味覚3 落花生 at 成田

20150915 (1)
「さて、落花生はどこにできてるかなぁ?」

千葉の味覚の代表の一つである「落花生」は9月頭から10月中旬頃が収穫時期。茹で落花生が無性に食べたくなって、そして今年は子供たちに落花生がどこにできるのかを見せたくて、落花生pickをしよう、というのが今回の成田行のきっかけです。

落花生は花が終わるとどんどん土中に向かって伸びて地下で豆をつくるという面白い成長をします。

20150915 (2)
一株抜いてできた落花生を摘んで、これを家で塩ゆでにしました。塩は海水ほどの濃さで、40~45分ほど茹でます。圧力鍋にすると尚良いそうです。塩味が濃いほうがお好きならば、茹でてから少し茹で汁の中で冷ますと、塩をよく吸うと農園のおかみさんが仰っていましたよ。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

千葉#4 秋の味覚2 芋 at 成田

20150914 (2)
芋掘りをやりました。「どれにしようかな」

先日の東京の地震はとても強い揺れでした。その前日には北関東で川が氾濫して被害がでました。心よりお見舞い申し上げます。一日も早く笑顔が戻りますようにお祈り申し上げます。

20150914 (3)
千葉も甘藷の生産の多い地ですが、今回の農園は芋掘りも一緒に楽しめるということで今回は芋ほりもやりましたよ。昔、小学校の遠足か体験で芋掘りってやりませんでしたか。私は農学部で随分とやりましたね。参加していたサークルでも砂地でサツマイモを育成して、秋の大学祭ではスイートポテトを作った思い出があります(正しくは、作っている後輩たちを横目に酒を飲んでいただけ?)。

20150914 (1)
サツマイモが取れると秋ですね。家族みんなが楽しみました。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。