FC2ブログ

烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

福岡#7 じゃりパン@鹿児島旅

20210212jari (3)
おはようございます。昨日のお休みは兵庫・岡本の方へ出かけていました。半日歩いて半日は本を読んでいた、というような休日を過ごしました。皆様はいかがお過ごしになられましたでしょうか。

今日の写真は、鹿児島旅で頂いたじゃりパンです。じゃりパンというのは、九州エリアでメジャーなフランソ*のパンで昔からあるパンらしいです。商品名の「じゃり」と書いてある通り、クリームの中に砂糖がじゃりじゃり入っていて独特の食感をもったパンです。クリーム自体がB級感が出ていてそこに砂糖がたっぷり。この感じはコーヒーに砂糖をどばーと入れた「昭和」の頃の感じにも似たところがありまして。
関西育ちの私には馴染みのないパン屋さんではありましたが、同時代のパンだなぁと勝手に思わせてくれるパンでした。

20210212jari (1)
コッペパンにクリームwith たっぷり砂糖です。そういえば、コッペパン専門店ってありますよね。

おはようございます、と冒頭に書きましたが夜中の1時20分。そろそろ寝なきゃなぁ。朝ごはんは明太子とごはんでいきましょう。

ここは九州エリアではCMもメジャー↓
https://www.francois.co.jp/cm-youtube/

前回の福岡ネタ↓
福岡#6 久しぶりの博多~博多ラーメン
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1672.html

スポンサーサイト



Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

宮崎#6 イケダパンのミートスパゲッティRoll@鹿児島市内

20210204.jpg
おはようございます。私はこの頃、朝ごはんは白飯の日が比較的多いのですが皆様はいかがでしょうか。

今朝はちょっと変わってるなと思ったパンです。鹿児島旅の2日目の朝食で頂きました。地元スーパーのタイヨ*で購入。ミートスパをパンにはさむというのは、焼きそばパンと同じコンセプトなのですがミートソースが入っている分だけ「ソースが服についてしまう危険度」が高い、難易度「中」のパンだと思います。お味の方は、ミートスパを挟んだパンです。それ以上でも以下でもない。

このパンの製造元はイケダパン。鹿児島県姶良市に本店を置くパンメーカーですが、このパンは宮崎の工場で製造されたものでしたので宮崎ネタにしておきます。鹿児島・宮崎・大分の南九州エリアに納めれていまして、3000店以上で販売されているそうです。

202192942.jpg
ソースが飛んじゃうと、、、ワイシャツの時にはちょっとドキドキしちゃいそうです。
美味しく頂きましたよ。ご馳走様でした。

さて今日は朝からお客様に直行です。


↓前回の宮崎ネタはコレ↓
宮崎#5 冷や汁美味いんだよね。
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1991.html
 

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

沖縄#42 まずサーターアンダギーを食べるよね

20201107okinawa (385)
こんばんは。先日は鹿児島の琉球館跡のentryを書きましたけど、11月の沖縄旅でまだ書いていないことを書きます。沖縄に行ったらまぁまず食べる、食べたくなるものの一つにこのサーターアンダギーがあります。私がこれに出会ったのは高校生の時、いとこに沖縄に連れてきてもらった時に始めた食べました。美味しかったなぁ。今思えばまだ沖縄が返還されて15年しか経っていなかった時期です。確かに米軍基地の近くは物々しい感じがしていましたものねえ。(私の年齢が凡そわかりましたね。)

サーターアンダーギーは、砂糖の天ぷら。サーター=砂糖、アンダ=油、ギー=揚げる、ですものね。この時に頂いたのはちょうど紅芋の季節到来!といった時期でしたので紅芋が入ったものでした。サーターアンダギーは中国から琉球に伝わったといわれています。開口笑が元になっているそうですね。まぁそっくりですものね。

サーターアンダギーで味のベースになる砂糖ですが、琉球で砂糖を製造し始めたのは江戸時代初期です。1623年に琉球第二尚氏王統の頃の士族、儀間真常(1557-1644)が中国に人を派遣し、砂糖の製法を学ばせています。この儀間真常は、木綿やサツマイモの普及を図るなどして琉球の産業振興を進めた偉人です。

そして、これが先日の記事の「琉球館」を通して薩摩藩に膨大な利益をもたらしていました。(搾取=物凄い犠牲を払ってですけど)搾取されていますから砂糖が市井の民の口に入ることはなかったでしょう。それらの砂糖は大阪の薬種問屋(後に砂糖問屋)を通して、そこから江戸や各地に出ていきました。今は甘い御菓子であるサーターアンダギーですが、当時はごく限られた人の口にしか入らない、甘くないお菓子でした。


前回の沖縄記事↓
沖縄#41 知念岬の朝
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-2012.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

鹿児島#13 琉球館跡@鹿児島市内

202101301.jpg
こんにちは。鹿児島一人旅の続きです。今朝、沖縄のポークおにぎりネタを想い出したように書き始めたのは、この鹿児島旅で訪れた琉球館跡のentryと繋がっているからなんです。

島津氏は15世紀から16世紀にかけて南九州エリアの支配権を争っていました。島津氏が肝付氏らを破り同エリアの支配権を確立したのは1575年以降であり、そこから江戸幕府成立までの間に港を直轄化し、それまで各氏が独自に琉球と交易をおこなっていたものを独占化していきました。独占化したい富がそこにあったからです。慶長14年1609年にそれまでの薩琉関係の均衡を崩し薩摩は琉球に侵攻、薩摩藩が琉球国を支配しました。薩摩の支配下にはいった琉球は、毎春使節の派遣しその使節は一年間滞在しました。その琉球国王や役人が滞在する館としてこの地に琉球館が建てられました。当初は琉球仮屋と呼ばれていたそうです。琉球館は琉球貿易の取引場所でもあり、薩摩の外交貿易の拠点でした。

琉球を介した貿易は明や清国から生糸・薬種を輸入、逆に中国へは銀、干鮑や昆布などの俵物を輸出していました。これらの独占化した貿易からの水揚げで薩摩の財政は「助かっていた」と言えます。が、薩摩藩の財政はずぶずぶの借金漬けでこの借金と金利を返すのに必死のパッチでした。この財政状態に大変革をもたらしたのが江戸時代後期の調所広郷(1776-1849)です。かのeccentricな経済官僚が薩摩に生まれなければ、明治維新をなすほどの財力はなかったでしょう。その裏には支配される側の筆舌に尽くしがたい苦しみがあります。

調所広郷は琉球館聞役に任ぜられていたこともあり、この場所がいかに重要な場所だったかがわかります。因みに大久保利通の父、利世もこの琉球館に勤めたことがあるそうです。

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

鹿児島#12 朝散歩、大久保、西郷生誕地に出会う@鹿児島市内

IMG_8133.jpg
まずは大久保利通生誕地。

こんにちは。朝散歩で****生誕地に出会う、シリーズ?そろそろご覧いただいている方にも申し訳ないなー、と思いまして、3回目はサラッと流そうかなと思います。まぁ鹿児島市内で散歩していて、西郷やら大久保にぶち当たらないなんてことはないわけで、、、。

トップに西郷を持ってくるか、大久保を持ってくるか?で好みが出そうな気がしますが、今回私は大久保利通をトップ写真にしておきます。


IMG_8110.jpg
そして西郷隆盛、西郷従道の生誕地。何となく、あくまで何となくですが西郷推しの方が多いんじゃないかな、と思うんですよね。NHKの大河ドラマも「西郷どん」であり、「一蔵どん」にはならないような気がするんですよね。

とかく明治維新好きの方は多いような気がしますが、だれが好き?

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

鹿児島#11 朝散歩、田代安定生誕地に出会う@鹿児島市内

IMG_8087.jpg
こんばんは。昨日の夜も同じようなentryを書いていましたけど、今晩もやります。今日は昨日よりもあまり知られていない学者・田代安定(1857-1928)の生誕地です。

明治維新前の1857年に薩摩鹿児島城下に生まれ、1874年に上京しその後内務省の博物局に勤めています。一時帰郷し、県庁に入るなどしたのち、農商務省に移り、南西諸島の調査に力を入れ、沖縄や種子島、八重山諸島などに出向いて調査をしています。八重山開発の建白書を政府に提出するも入れられず1886年に辞職しています。同年、東京帝国大学によって八重山の調査を嘱託されて、再び南西諸島の調査を行っています。

1895年に台湾総督府民政局に移り一時日本に戻っている時期もありますが、1924年まで総督府に勤めています。

そのため国立台湾大学図書館には田代文庫があります↓
http://cdm.lib.ntu.edu.tw/cdm/landingpage/collection/Tashiro

1928年没。没後の1945年に「沖縄結縄考」が刊行されています。この沖縄結縄考、読んでみたいと思っています。

昨晩のネタ↓
鹿児島#10 朝散歩、橋口五葉生誕地に出会う@鹿児島市内
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-2035.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

鹿児島#10 朝散歩、橋口五葉生誕地に出会う@鹿児島市内

IMG_8079.jpg
こんばんは。今日は大阪は暖かくて過ごしやすかったのですが、夜には雨が降っていて会社に置き傘をしておいてよかったです。先日、今年の梅コレで鹿児島紅のことをupしていましたが、そういえば昨年11月末に行った鹿児島旅をupしていませんでした。

航空券の期限が切れそうになっていたので金曜日の最終便で鹿児島に向かい夜遅くに到着。一人旅なので繁華街・天文館に繰り出すこともせず、エリアのはずれに投宿。鹿児島では市内で回りたいところもあるし、翌朝からレンタカーを借りることを考えると天文館のはずれあたりが都合がよかったのです。

今夜のネタは、鹿児島旅の翌朝の散歩からです。どんな旅でもだいたい日の出とともに宿の近くを散歩するのですが、今回も宿の近くにて橋口五葉(1881-1921)生誕地に出会います。橋口五葉は10歳の頃から狩野派の画家に学び、中学卒業後に上京して橋本雅邦に師事。そののち黒田清輝のすすめで洋画を学び東京美術学校西洋画科に進んでいます。東京美術学校卒業の年に、夏目漱石「我輩は猫である」の装幀を手がけたというのだからすごいですよね。明治末期から大正期にかけて装幀作家として活躍、晩年には版画家としても名をあげたところで急逝。木版画「髪梳ける女」や「浴後の女」は1920年の作品です。

今年は橋口五葉生誕から130年。美人画を楽しみましょうかね。

出会ったって書いてますけど、まぁ翌朝の散歩のことも考えて宿を選んでるんですけどね。鹿児島でもいっぱい写真撮りましたねー。

前回の鹿児島ネタ↓
鹿児島#9 かぼちゃの煮物
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1990.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

長崎#9 長崎いちごのいちご大福@元興寺の近く

20201226naraosaka (87)
おはようございます。10日ぶりにblogをupします。コメント頂いていたのですが、blogにたどり着くことなくバタンキューで寝てしまっていました。またまた外に出歩きにくくなっていますけど、近場と人の少ないところを狙って散歩はしています。昨日は、終日雨でしたので市立図書館で半日読書をしていました。

さて今朝の写真は昨年末12月26日に奈良近辺を散策した時に頂いた「いちご大福」です。その日はまた御朱印Loverのお二人の道案内で奈良を散策しておりました。元興寺の近く「奈良町 末廣堂」は創業は1902年(明治35年)の老舗だそうです。老舗でいちご大福なんていうモダン(いやー昭和ですね)な御菓子もいいですね。白あんと葛を使ったもちもちな食感にしゃくっとしたいちごの触感と酸味の組み合わせは、これつくった人に感謝!と思わずにはいられません。


20201226naraosaka (76)
その日は本当はもっとthe wagashi的なものを頂こうかな、と思っていたのですがお店の外にですね、「いちご」の箱がずらり。その日のいちご大福のいちごが長崎産なのかどうかは味ではわからんですが、ここまで箱で「長崎」と強調されますと、もうそれは長崎のいちご大福。長崎の中央卸売市場で調べると長崎の市場に入るのは主に豊の香、幸の香、紅ホッペ、ほのか、の4品種。12月頃から5月頃だそうな。12月のはしりの頃から2月3月の旬の時期が一番おいしいんだろうな。

これから時期になるから、また関西のどこかでいちご大福を買うことでしょうね。


前回の長崎ネタ↓
長崎#8 小さいジャガと手羽元のこってり煮
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1879.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

沖縄#41 知念岬の朝

20201108okinawa2 (128)
おはようございます。よい朝をお迎えでしょうか。朝目覚めたときにいっぱいの水分を取ることをここ数年の習慣にしています。水でもいいし、最近はほうじ茶かルイボスティーにしています。

沖縄entryの続きで朝にふさわしい写真かな、と思い沖縄旅2日目の早朝、まだ真っ暗な中、那覇市内の宿から車で知念岬に向かいました。朝日がきれいな場所として有名ですね。南城市にありすぐ近くに斎場御嶽があります。

2020年11月8日も朝日を撮ろうと来られていた地元の方でしょうか、3名ほどいらっしゃって、それ以外に朝日を楽しみに来られていたご夫婦や一人ツーリングを楽しんでいる同年代の方が2名ほど。思ったより人のいない知念岬で日の出を楽しませていただきました。


20201108okinawa2 (157)
子どもの頃は、日の出にそれほど思い入れはなかったのですが、最近つとに日の出を見たいな、と思うのですよ。この日は岬に住み着いているだろう猫さんと一緒に朝日を楽しみました。夜に冷えた体に太陽の光を浴びようとしているのでしょうか。猫さん。

今日もいい一日になればいいな。では。

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

沖縄#40 夜の首里城 

20201107okinawa (362)
こんばんは。先日大阪市内を歩いていたらあるオーダースーツ屋さんのwindowに「鬼滅柄、入荷しました。」と書いてありました。「冷やし中華、あります」のようなノリですが、ふと考えると鬼滅柄をどこに使うのでしょうか?本来であれば店に入って聞きたいところでしたが、聞かずじまいです。疑問、、、。

さて今日のentryは11月の沖縄一人旅の続き。1日目の夜、一人で夜の首里城に向かいました。この日(2020/11/7)はランタン市のようなことをやっていたので夜にもかかわらず守礼門のあたりはパラパラと人出がありました。そしてこのあたりは通常は夜のライトが少ないのでしょうか、星空観察会のようなことをしていらっしゃるグループもいらっしゃいました。確かに守礼門から少し離れれば暗くなります。

歓会門のあたりを過ぎるとほぼ人には出会わない程度、居ても2,3組でしょうか。私は首里城はこの石垣が見事だと思うんですよね。昨年焼失してしまった正殿等も沖縄復興の象徴としてという気持ちも分からなくはないのですが、石垣だけでも十分、歴史の重みを感じさせてくれます。


20201107okinawa (412)
夜の首里城を後にし、自室でオリオ*ビールを頂きました。沖縄の気候にはこのさっぱりとした味があっているのだと思うんですよねー。夏場なんて最高です。このビールも首里城再建支援缶でした。いろんな人の力で首里城正殿等が再建されていくのかぁ。2026年の再建を目指しているそうですね。どんな首里城になるのかなぁ。

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

沖縄#39 豆腐チャンプルー@垣花食堂

20201107okinawa (321)
おはようございます。3連休明けの初日。海外とのnet mtg.があったり面談があったりで終日忙しくなりそうです。

沖縄entryの続き。日頃から自宅でも沖縄メニューは定番ですが、やはり本場に来たのだからチャンプルーを食べたくなります。この時(11/7)も地元密着な「食堂」に向かいました。小禄の道路沿いなのですが道が入りにくい場所。でも日が落ちた後でしたので、まぁ問題なく停めることがができました。

夕刻遅くにやってくる客は少ないのでしょうかね、客は無く、お母さんが普通にTVを見てくつろいでらっしゃるのですが「営業中」の看板も出てるし若干の躊躇をしつつ入店。お母さんは座る場所を少し移しているうちに娘さんがやってきてオーダーをとって下さいました。

そして少し私もぼんやりTVに目をやっているうちに豆腐チャンプルーが出てきました。いやぁsimple!そして美味しい!家でもいろんなチャンプルーを作って食べていますので、それぞれの家にその家、その家の味があるんだと思います。私もどこかで食べた味を真似して家で作って、そんなこんなしているうちに自分なりの美味しい味付けをして頂いていますからね。

ここの豆腐チャンプルーは野菜に豆腐、そして三枚肉。美味しいねー。今日の晩御飯は豆腐チャンプルーにするかな。

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

沖縄#38 瀬長島でSunset

20201107okinawa (254)
こんばんは。今日は午後から都内を電車で移動。花小金井の方まで足を延ばしておりました。3連休を家族でたっぷりと時間が過ごせたのでよかったです。

今夜のentryは沖縄ネタの続き。波上宮、沖宮などにお参りしてから、夕日が見たくて瀬長島へ行きました。いつもなら恩納村あたりで見ることが多いのですけど、今回は一人旅で宿も那覇市内の安宿に投宿しましたので、市内から遠くない瀬永島へ向かいました。那覇空港から1.5㎞ほどのところにあるため、夕日と飛行機を見るのにはうってつけの場所です。戦後米軍に接収され返還されたのが1977年。那覇空港が近いため騒音があったりで長く観光開発では目立った動きはなかったようなのですが、2010年を越えたあたりから開発が進んだ島です。

島の開発とともにできた周回道路に沿って行くと、那覇空港の誘導灯の方にSunsetが楽しめます。今回、私もレンタカーを横付けしてゆっくりとしました。周りにも夕日を楽しみに来ている家族連れや恋人同士で訪れているような方も多くいらっしゃいましたね。


20201107okinawa (244)
丁度、飛行機が降りてくるとこんな感じにみることができます。


20201107okinawa (318)
そして、周回道路沿いに2015年夏に開発されopenしたウミカジテラスがあり、ここでゆっくり食事をとりながら夕日を見るってのもいいですね。次回は家族で夕方にやってきたいものです。

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

沖縄#37 那覇海上保安部の船

20201107okinawa (139)
こんにちは。3連休はいかがお過ごしですか?今日は勤労感謝の日ですね。天気がいいので今日も昼から少しお出かけしてきます。

さて、沖縄entryの続きです。おきみゅーを楽しんだ後は那覇市内の散歩。やはり海側にやってきました。写真は沖縄セルラーパーク那覇の向い、那覇港の第十一管区・那覇海上保安部の巡視船艇。国境の海を守ってくれている船たちです。管轄区域には47の有人離島や尖閣諸島を含む160の島々があり、海の国境警備を担ってくれていて、その港の一つがこの那覇港です。向かいの公園の駐車場にレンタカーを止めてやってきました。自衛隊艦船や海保の船を見ると見に行ってしまいますね。

TOPの写真はPL03くだか。総トン数;1,200トン、長さ91.4m、速力20ノット以上で、大型巡視船なのでPL(Patrol vessel Large)で附番されています。ヘリ搭載機ではありませんがヘリ甲板があり離発着できるようになっています。竣工は1994年10月25日。えりも型の2番艦。


20201107okinawa (138)
2つ目は、PLH09りゅうきゅう。総トン数;3,100トン、長さ105.0m、速力22ノット以上。ヘリコプター搭載型大型巡視船でPLH(Patrol vessel Large with Helicopter)で附番されています。沖縄サミットを機に建造、2000年3月31日に竣工。船名はもちろん琉球国に由来しています。


20201107okinawa (141)
3つ目の写真は、PS16 のばる(右)とPL03 くだか(左)。のばるは、小型巡視船(Patrol vessel Small)2011年4月26日竣工。2016年に一度船首部を大破して2017年3月再配備されています。


隣国との関係は常に難しい問題をはらんでいますが、現在の状況を考えるともっと国境警備に理解があるべきなんじゃないか、と思います。

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

沖縄#36 大東寿司と大東そば@元祖大東そば

20201107okinawa (5)
おはようございます。今朝も大阪は晴れています。昨日は昔一緒の部署にいたT君が昇格してその研修で来ていて久しぶりにお酒を一緒に頂きました。今は違う部に所属していますがまたどこかで一緒に仕事したいねー、なんて言っておりました。

今朝の写真は、那覇に着くなりレンタカーをかりてまず最初に腹ごしらえをした際に頂いた大東寿司と大東そば。大東寿司は沖縄の大東諸島(南大東島や北大東島)の握り寿司です。普通のお寿司との違いはネタがタレに付け込まれた、漬けであること。このタレがみりん醤油ベースなので甘めな感じ。またシャリの部分も甘めなので、独特の甘さが美味しいんですよね。

この大東寿司のルーツは伊豆諸島、八丈島の島寿司だと言われています。大東諸島には八丈島からの移住者が伝えたものとされています。確かに八丈島の島寿司(べっこう寿司)に似ていますね。これもうまいんだよなー。書いてて思い出してしまいました。

国際通りの一本中に入った場所にある「元祖大東そば」さんで頂きました。ここは「たまごそば」も有名なのですが今回はオーソドックスな大東そばとのセットで。前回も前々回もお邪魔した時に偶々お店が閉まっていて、食せなかったもので、、、。

さぁ、朝からショートメールがバンバン飛んできていますが、今日も一日頑張ろっと。

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

沖縄#35 おきみゅーに行ったんだよね

20201107okinawa (32)
こんにちは。今日のお昼は何を食べました?私はねー(と書いているのですが予約投稿になっていますから何を食べるかは決めていないのですがお邪魔しているblogさんで皿うどんを見かけたので皿うどんにしたいのですが、お店があるかな、、、)。

さて11月7日に沖縄に行ってきますなどと書いていましたが、そう、沖縄に行ってきたのです。週末1泊2日の弾丸一人旅です。一人旅ですからね、家族と一緒の時とは違った動きで詰めこんできました。その1つ目はやはり今回は「おきみゅー」です。2017年に99歳でお亡くなりになられました山田實(1918-2017)さんの写真が見られるということで沖縄県立博物館・美術館、通称おきみゅーに行ってきました。デイゴの花をCOVID-19のせいで春に見そびれてのチケットが残っていた旅でしたが、かの写真たちを見られたのであればそれは神様の差配だったのかねえ、とも思います。

山田實さんの写真は、撮影者の優しい眼差しが見ている者の心も優しくさせてくれるような写真だと私は思います。1955年から65年頃に撮影された子供たちの写真は戦後復興の大変な時期のなにもかもが満足にはいかなかったであろう時代に「生きる」子どもたちの姿を捉えています。写っている子供たちは今の沖縄をつくってきたお爺さんお婆さん達なのだと思うと有難いですし「生きるってこういうことだよね」思います。

20201107okinawa (34)
土曜の午後の訪問でしたが、おきみゅーは本当に見学者が本当に少なくてなんだか気の毒でもあり、凄く得したような気もして。落ち着いて見学ができました。


前回の沖縄は、、、↓恋しくて恋しくてのentryでしたね。
沖縄#34 サンタンカの仲間@沖縄
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1977.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Days この週末は沖縄。

20201025 (1061)
おはようございます。飛び石連休後の週末ですね。今日は大阪エリアは雨模様です。が、今朝は朝一から伊丹空港に来ております。というのも3月にデイゴの花を見たくて行きそびれていた沖縄ですが、この後冬場に入るともっとコロナ第3波、第4波とやってくるだろうなと思い、冬になる前に行ってしまおう、チケット捨てるのももったいないし。ということで朝一から沖縄に飛びます。

もともとこの週末は東京には戻らない予定(来週戻るから)でしたので、まぁ「あり」でしょう。ということで日の出前から起き出したのですが雨模様。気分的には今日は「晴れ」で行きたかったので、先日の早朝散歩のときに大阪・梅田を通り抜けたときの朝焼けの写真でもupします。

沖縄では、、、、やること盛沢山です。では行ってきます。

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 12 comments  0 trackback

宮崎#5 冷や汁美味いんだよね。

20200712 (37)
こんばんは。昨日は子どもと公園で遊んでいた時に茂みに入ったところで蜂に刺されてしまいました。それもですね、薄くなってきている頭皮をですよ!めっちゃ痛いし、腫れるしでえらい目にあってしまいました。妻に毒抜きをしてもらって薬も塗って我慢して何とかやり過ごしました。はぁ。今度見かけたら殺虫剤スプレーしてやる!って思ってしまうほど痛かったです。子供の頃にも刺されたことがあるのですが、まあAnaphylaxisアナフィラキシーショックが出なくてよかったです。それだけ。

さて、もう夏バテの季節なんてとっくの昔のことになってしまいましたが、今日のネタは冷や汁。冷や汁といえば宮崎県が有名ですけどそれ以外の地域でも見られる食べ方ですね。大阪駅に冷や汁を出すお店があるのでそこで頂きました。宮崎県内でも地域や家庭によって冷や汁の作り方は様々ですが、基本形はいりこや魚のすり身、炙った味噌、すりごまを合わせたものをダシ汁でのばし、仕上げに豆腐、胡瓜、青じそを加えてそれをぶっかけるスタイル。冷えた麦飯にかけるというのが代表的ですね。

冷や汁を作るには意外とですね、手間がかかっておりまして「普通の猫まんま」でしょ?と思ったら大間違いです。ちょっと前のポテサラ論争ぐらいですが、結構手が込んでいるのですよ。気になった方は、作り方を調べて作ってみてください。

作り方の例↓
https://www.nichireifoods.co.jp/media/9566/

前回の宮崎ネタも冷や汁だった、、、。
宮崎#4 やっぱり冷や汁か?↓
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1455.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

鹿児島#9 かぼちゃの煮物

20201024 (141)
こんにちは。写真はぼけていますが、今日も東京は晴れています。今日は息子は英検を受けるので朝からなんだか準備しています。私は英検とやらはしらないのですが、まぁ頑張ってるなぁと思います。

さて、昨日はHalloweenでカボチャの写真をupしたので、今日のお昼は日本のカボチャの煮物のネタをupします。国内で販売している国産のカボチャではその約半分が北海道で生産されていて圧倒的な首位に立っていますが、第2位は鹿児島なんですよ。そのあと茨城、長野と続きます。先日、鹿児島産が安かったので単身宅で独りかぼちゃの煮物を作りました。半分ありましたので結構な量の煮物ができましたので、翌日の朝食でもかぼちゃの煮物を食べることになったのですが、好きなので問題なし。

家で妻が作る時はそぼろを入れることも多く、私が作る時は写真のようなシンプルな煮物です。皆様のお宅ではどんなかぼちゃの煮物ですか。


前回の鹿児島ネタ。残念ながらこの紅茶を買ったお店は閉店してしまいました。
あぁ、鹿児島のものが恋しくなってきました。

鹿児島#8 甘夏紅茶  
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1932.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

沖縄#34 サンタンカの仲間@沖縄

170803 okinawa (77)
おはようございます。昨夜、大阪の家に戻って窓を開けて空気を入れ替えるともうずいぶんと寒くなっており開けっ放しでは眠れなくなってきました。

さて、オウコチョウ(オオゴチョウ)をやりましたので、琉球三名花の一つ、サンタンカもやっておきましょう。

サンタンカ(山丹花)はアカネ科の低木で赤い花を咲かせます。東南アジアの各地に出張に行った時にもこの目の覚めるような赤の花をよく見かけます。今ちょっと混乱の度合いを増しているThaiなどでもよく見かける花です。Lumphini公園でもよく見かけます。↓
Thai#39 Lumphini Parkの花
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-896.html

沖縄には古くに入ったようで、いろんなところで見かけます。沖縄での花期は5月から11月ごろまでですね。サンタンカは花弁の先が丸いそうで、これはベニテマリということのようですが、どちらもサンタンカ属であり、沖縄ではサンダンクヮでどちらも同じ呼び方をしています。

英名のIxoraイクソラはShivaシヴァ神を意味するサンスクリットのIswaraを意味するポルトガル語から派生したといわれていますが、はっきりとは分かってはいないようですね。(私の調べ方が悪いのかもしれません。)

前回の沖縄ネタ、、、といっても最近のネタですね↓
沖縄#33 あぐーの蒲焼丼@大阪・本町
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1974.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

沖縄#33 あぐーの蒲焼丼@大阪・本町

20201005 (13)[1]
おはようございます。この週末は東京で過ごします。今日は東京は雨です。昨日の夜はそうでもなかったのですがやはり朝は寒くなってきました。生田のちゃーしゅー麺に続き、豚肉ネタです。そういえば一つ前の韓国も豚肉美味しいですよねー。サムギョプサル食べたい、、、。実は先週の休みは貯まったマイルをチケットにしてしまっていたので沖縄にいって「おきみゅー」を思う存分楽しもうかと思っていたのですが、台風が来たりで避けたため結果関西圏にいたので、気分は沖縄だったんですよね。

なので今朝のentryは沖縄にまつわるものを、、、。沖縄のあぐーです。大阪・本町、坐摩(いかすり)神社近くにあるお店「沖縄紅豚あぐー専門店 もも」で頂きました。「あぐーの蒲焼丼」。美味しくいただきました。

「あぐー」というのは沖縄で長く飼い続けられていた島豚「アグー」のお肉です。その由来は600年ほど前の明(中国)からの移入種とも言われますが、それよりも前から豚食文化があったともいわれ由来についてはよくわかりません。それでも琉球・沖縄では豚食文化の中でアグーが育てられて来ました。しかし沖縄の戦火でアグーは激減してしまいます。戦争で豚が激減し約7千頭まで減ったとの記事も見かけました。
豚が減り食糧難となっていた中、Hawaiiに住む沖縄からの移住者達が故郷を想い寄付を集め、1948年米国本土で豚を買い、Oregon州から運んだそうです。(Hawaiiの言葉には琉球の方言が残った言葉がある、という話はまた別の機会に。)この時に運ばれた豚は550頭だったそうです。それ以後の大型の西洋品種の豚の移入もあり小型のアグーの頭数は減り、西洋品種との交配も進んで雑種化していくなかで滅んだと思われていました。

「海から豚がやってきた」記念碑↓
https://www.pref.okinawa.jp/site/bunka-sports/koryu/umibuta.html


時が下って1981年の調査で約30頭が確認され、そこから1984年から10年をかけて戻し交配で、戦前までいたアグーが復元(1993年ですよ、最近です。)されました。
現在、流通しているアグーブランドの豚肉はアグーの雄と西洋豚の雌を交配したものやアグー同士を交配したものがあります。いろんな歴史を乗り越えてきた豚。ありがたく、美味しく頂きたいと思います。

そういえばお店について少し調べていたら(画像検索)、お邪魔しているblogさんの2013年の記事に!すごい偶然!
 ↓
http://osatohnotanabota.blog.fc2.com/blog-entry-709.html


前回の沖縄ネタはコレ↓
沖縄#32 タンカンドリンク@大阪
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1931.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

鹿児島#8 甘夏紅茶  

20200723 (92)[1]
おはようございます。柑橘系飲料からの繋がりで甘夏紅茶というのを先日飲みましたのでそれについてメモしておきます。鹿児島のアンテナショップで購入したお茶です。紅茶に適した「べにふうき」(鹿児島産)に九州産甘夏の果汁を加えたものです。レモンティとはまた違う甘夏らしい風味でした。

「べにふうき」は枕崎の旧・農林水産省野菜・茶業試験場で1965年にアッサム雑種の紅茶「べにほまれ」を母(種子親)、ダージリン系「枕Cd86」を父(花粉親)として交配。1966~1992年に交配実生中から枕崎3号を選抜。1993年「べにふうき」を紅茶用・半発酵茶用品種(茶農林44号)として登録されました。品種の開発というのは結構長くかかるものなのです(まぁ、育つのにも時間がかかりますからね)。そして2003年に普及会が発足してから少しずつ増えてきました。

今でこそ「べにふうき」として検索すれば通販でも買えますけど、私が学生だった頃にはありませんでした。実は卒論にも修論にも、ちょっとお茶は関わり合いがありまして。お茶にはちょっと親しみを感じるんですよね。

鹿児島生まれの紅茶に九州の甘夏果汁を加えるという、九州推しの一品でした。ご馳走様でした。


↓前回の鹿児島entryはこれでした
鹿児島#7 鶏飯風ー。
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1836.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

沖縄#32 タンカンドリンク@大阪

20200705 (230)
こんばんは。沖縄気分で週明けを迎えましたので私的には大変気分よくスタートが切れました、いや切れたはずです。もう少し沖縄チャージしておきます。写真は通勤途中にあるコンビニで最近売っているジュースです。なぜにそのコンビニで沖縄フェアをやっているのかよくわかりませんし、ちょっと高めな価格設定ではあるのですけど、ついつい沖縄な感じを持ち込みたくて買ってしまいます。

タンカンと打つと、私のPCは短観が予測変換されてきます。なんだか仕事モードですね。それはさておき、この柑橘類のタンカンは桶柑ですね。ポンカン(ミカン)とネーブル(オレンジ)の交雑種の一つです。

日本における生産量は7割が鹿児島県、残り3割近くが沖縄県で占められていて、他の県は少ないようです。私があまり柑橘類を積極的に買わないからでしょうか、近所(東京でも大阪でも)のスーパーで見かけません。売ってるんでしょうけど、気にしたことがなくて。沖縄での主な生産エリアは、名護市、国頭村、本部町のあたりで、出荷時期は12月~2月頃だそう。冬場に探してみようかな。

しかしコンビニでドリンクで売っていると、気になってしまいまして。このコンビニの沖縄フェアが終わったら、沖縄のアンテナショップか関連のお店に行っちゃうのかな、タンカンドリンクを探して。

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

沖縄#31 アカバナーでも見て気分転換

20190717 (19)
おはようございます。昨日は大田区のあたりに居りました。本日の朝からまた大阪です。ゴーヤーのことを書いたら、そういえば今年は沖縄に行っていないということを想い出してしまいました。毎年7月に沖縄に出かけているんですけど今年はCOVID-19の影響であったり、いろいろあって出かけられませんねえ。

そんな事を考えると週の始まりから気分が重くなるので、せめてhibiscusの花でもみて気分転換したいなぁと思いましてね。hibiscus、アカバナーと沖縄では呼ばれるそれは、いつ頃沖縄に移入してきたかは分かりませんが、中国文化とともにやってきたんだろうなぁと思います。品種が多く7000以上とも8000以上ともいわれますが、実際に数えたこともないのでよくわかりません。町の植木屋でもよく見かけたりしますし色も花弁の形もいろいろあるので、実際品種は多い花であることは事実の様ですけどね。

今週もまだ天気は荒れ模様ですけど、一週間頑張って7月を乗り切りたいです。写真は昨年7月17日に撮ったもの。去年の沖縄は台風が来ていて初日以外は結構雨に振られたんだったなぁ。

沖縄#30  慰霊の日でした
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1910.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

沖縄#30  慰霊の日でした

20180727 okinawa (196)
中城城跡からの海。

blogに行く時間がなくて日付が変わってしまいました。昨日、6月23日は沖縄での組織的戦闘が終結した日で「慰霊の日」となっています。昨年もそんなentryをupしましたね。

Days 6月23日~慰霊の日
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1678.html

去年は令和初の慰霊の日でしたが、今年はCOVID-19の影響で随分と雰囲気が異なったことでしょうね。毎年この日が来ると、なんと多くの犠牲を払ったことかと思うとともに、二度と戦争という手法に手を染めないようにさせることを世代を超えて伝えていく事が重要なのだと思います。昨日は妻に「慰霊の日」だね、とだけ伝えただけでしたが、朝になったら子供たちにその話をしようと思います。

写真の中城城跡にも、旧日本軍が掘った塹壕の後が残っていたりします。
   ↓
沖縄#20 中城城跡へ
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1542.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

沖縄#29 沖縄そばが恋しい

20200514 (557)
こんにちは。この予約投稿をかいていると無性に今日のお昼は沖縄そばが食べたい、と思いましたが、今日はお昼から会議なので沖縄飯を食べに行くことはできないな。晩御飯で考えます。

本当は3月末にですね、週末にパッと「デイゴ」の花を見に行きたいなぁと思っていて航空券も取っていたのですが、COVID-19の影響でとてもじゃないけど沖縄に行くなんてできないし。そんなこんなしているうちに色んなお店が臨時休業したりして「沖縄料理を食べる」のも簡単じゃなくなってしまいました。なので航空券は延長しています。そんな中、休日に体調維持のためにかなりの「散歩」をしていたころに、ふと街角で見つけた沖縄料理店がやっていましたので、入るしかないですね。店の中は雑然としているのですが、まぁそんなもんさと気にしなきゃいい。そして出てきた沖縄そばも、特に美味しいとかではないけど、普通に美味しい。普通の家庭で食べる沖縄そば。あぁ三枚肉がうまい。

画面を見ているだけで、沖縄行きたい、沖縄飯が食べたい気分が盛り上がってきました。


前回の沖縄ネタ↓
沖縄#28 沖縄本島に行ったら、、、イ*ンモールだなぁ。
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1722.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

大分#4 中津といえば、、、

20200517 (34)
こんばんは。ちょっと憂鬱?な日曜の夕方です。皆様週末はいかが過ごされましたでしょうか。

さて5月の最終entryは、5月中に2つほど書いた大分ネタです。大分・中津といえば、、、黒田官兵衛でしょ?と挙げる人はいるかもしれません。福沢諭吉でしょ?と思った方、KO大学出身ですか?それとも明治維新頃の歴史好きでらっしゃるでしょう?もちろん「解体新書」の前野良沢でしょ?という人は少ないでしょう。そんな結構な有名人がいるにも関わらず、現代日本人で大分・中津といえば?と問われれば「唐揚げ」と答える人は、官兵衛よりも諭吉よりも多いはず。(前野良沢と答える人などまず少ないでしょう。)他にも鱧なんかも有名ですけど、、、。

今日の写真はそんな中津名物の唐揚げです。大分・中津には現在多くの唐揚げ専門店があり「唐揚げの聖地」とか言われていますが、その歴史は半世紀です。お隣の宇佐市にあるお店が先行していて、中津では1970年に「森*からあげ店」が専門店として創業。そこからどんどん増えていったそうです。このエリアには養鶏場があり入手が容易だった、という背景があるようですね。

写真の唐揚げはですね、大阪の中津にある大分唐揚げ店「とりあん」のもの。美味い!中津っていう地名が繋がりを感じる、そんな唐揚げです。ここのお弁当を買って帰ることもあれば、唐揚げだけ買って帰るということもあります。ということで、5月は大分ネタ3つ、でございました。

大分#2 ニラの旬ですよ!
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1863.html

大分#3 大分のかぼずドリンク
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1871.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

長崎#8 小さいジャガと手羽元のこってり煮

20200517 (52)
おはようございます。昨日は月例の会議でたっぷり時間を使い、今日もまた別の会議で、、、。月末月初というのは会議が多いのです。このあたりは「働き方改革」というのが進むともう少し変わっていくかもしれません。

最近「あっさり煮」がはやっているから「こってり煮」を作ろう、という方がいらっしゃったので、私も断然賛成!疲れているけど、俄然がんばろっと!と思うとき時こそ、こってりでいきたいものです。なんだかワクワクしてつくりました。なんといっても小さなジャガ芋と手羽元が安かったのがうれしくて。

こういう煮物の時は、なんだか煮卵がついている写真をよく見かけますが、私もなんで煮卵なんだろうと思いながらも作っておりました。あれってやっぱり「見た目」が華やかになるからなんでしょうね。そして頂くときに味に変化を持たせるという名脇役なんだと思います。安くてうまくて元気がでる一皿でした。

20200517 (49)
小さなジャガ芋は、長崎産でしたので、entryとしては長崎としました。

前回の長崎ネタ↓
長崎#7 お土産・おたくさ
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1675.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

大分#3 大分のかぼずドリンク

20200519 (175)

おはようございます。先日、大分ネタとしてニラをupしました。西日本ではずいぶんと流通しているようですが、全国区というわけではないようですので、今朝は全国区でこれは有名でしょう、というかぼすのドリンクです。大分は、かぼすの全国生産量の9割以上を占めており、圧倒的な強さです。大分県内では臼杵市と竹田市が代表的な産地と言われています。臼杵には学生の頃に大学の後輩たちと臼杵磨崖仏を見に行きました(摩崖仏を見よう、という大学生ってちょっと変っているような気もする)。竹田市はたぶん温泉に立ち寄ったのですが、今度旅するときは、久住高原と瀧廉太郎記念館なんかにも足を運んでみたいなと思っています。

かぼすは酸っぱいんでね、酸っぱいものがあまり得意ではない私としてはこういう甘い系ドリンクに仕立てたものの方が好みですね。美味しくいただきました。

今日は歯医者に行かなきゃね、、、。

前回の大分ネタ↓
大分#2 ニラの旬ですよ!
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1863.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

大分#2 ニラの旬ですよ!

20200514 (764)
おはようございます。昨夜はYoutub*を見ながらネットの海でずっと泳いでいました(笑)。FaceB**kをうろうろしていているうちに昨日は過ぎました。

さて一昨昨日のことですけど、食料品店でニラが安かったのでニラ玉にしよ!と思って作りました。男の一人暮らしではですね、ニラを一把買ってきても全部は一度に食べきれないんです。そうすると半分か1/3ぐらいは残るじゃないですか。それを冷蔵庫に入れて一日でも保存しますともう冷蔵庫の中が「にらーーーーー!」って匂いになります。

Diallylsulfide.png
この匂いは、玉ねぎやらニンニクでも御馴染みのdiallyl sulfide硫化アリルです。この匂いが一人暮らし用の小さな冷蔵庫の中で強くなってしまいますと暫くの間、冷蔵庫がニラ祭りになってしまいます。なので、ニラを買ったら一人暮らしでは「ニラ祭り」です。

その香りのためでしょうか、ニラの英語はgarlic chives, Oriental garlic, Asian chives, Chinese chives, Chinese leekといった言い方があります。そう、匂いのある野菜の仲間、という認識なんですね。

20200514 (748)
今回頂いたニラは大分県産でした。大分のニラは全国生産量ランキング6位から10位ぐらいをうろうろしていています。因みに2018年の1位は高知、2位栃木、3位茨城がトップ3です。大分にも暫くお邪魔していませんが温泉行きたいなぁ。


前回の大分ネタ↓
大分#1 カボスbeer
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-948.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 12 comments  0 trackback

鹿児島#7 鶏飯風ー。

IMG_5154.jpg
こんばんは。今日は在宅勤務だったのですが、歯医者には出かけましたので、少しだけ買い物にも出かけることができました。いつもは東京で歯医者に行っているのですが、移動制限がかかっているので東京には帰ることができません。歯医者も大阪で新たに見つけて通うことになりました。治療中だったので大変です。

買い物に行くと材料を買ってきて家で作ることもあるのですが、やはりお弁当を食べることもしばしば。自分で作って食べた方が安上がりだし、美味しいしいいんですけどちょっと面倒だなぁというときはお弁当です。写真は先日頂いたお弁当。見えませんがお出汁が入っていて鹿児島の鶏飯(けいはん)風です。風というのは、鹿児島・奄美の鶏飯、多くはほぐした鶏肉で似てるけどねー、といった感じです。奄美の鶏飯、元々は山の野鳥を用いた料理で、幕藩体制の江戸時代に島津藩の役人をもてなすために鶏肉を用いるようになったことが始まりだとも言われていますが、近代に入ってからとの説もあるようです。まぁどうなんでしょうね。

もっとお出汁でたっぷりとした鶏飯が食べたいですね。さてさてこの週末はどんなご飯を頂きましょうかねえー。

↓前回の鹿児島ネタ
鹿児島#6 いこもち
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1646.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。