烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by TORU on  | 

福岡#4 「月刊はかた」の特集、福岡大空襲

20150624.jpg
先日九州出張に出かけましたが、その際にホテルで読んだコミュニティ誌「月刊はかた」の特集は、福岡大空襲でした。

むかしむかしの話ではありません。戦争末期の昭和20年6月19日から20日にかけての話です。先日の6月19日で70年となりました。川端商店街や天神あたりは空襲に見舞われました。この空襲で1,000人以上が死亡・行方不明という被害がありました。この日のことを知る方々や記憶を受け継がれた方のお話が掲載されていていました。

1944年6月15日から敗戦までの間、B-29をはじめとする空襲は日本本土の都市の多くを焼き尽くしました。1944年7月サイパン島の陥落以降、米軍は対日本土空襲を専門とした第21爆撃機集団を設置しています。その任務要約にもこの福岡への攻撃が記録されています。第21爆撃機集団任務第211号の記録によれば、「市の密集地の多数の火災をともない<略>1.3平方マイルの密集地(20%)が破壊された。」とあります。

攻撃の当事者からすれば、多く破壊できることを目標とし、その一方でその空の下で亡くなられた方々や残された方々のことを考えると辛い内容です。今も世界中で起こされている「戦争という方法」について、問題解決法としてどれほど残酷な方法なのかよく考え続けることは、必要があるんではないでしょうか。

スポンサーサイト
Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

福岡#3 やっぱり「うどん」でしょ@久留米

20150612.jpg
福岡久留米といえばラーメン、のイメージが今でこそ強いのですが、ここはうどん県ならぬ、うどん国(旧分国)なのです。承天寺を開いた聖一国師が大陸より製粉の技術を持ち帰ったとされ、寺の隅のほうには「饂飩蕎麦発祥之地」という碑が建っています。聖一国師が日本に戻ったのが、仁治二年(1241年)ですからちょうど鎌倉の大仏(寛元元年1243年)ができるちょっと前の出来事です。これが発祥といわれる由縁です。

そう、筑後うどんと呼ばれる群もこの流れを組むものですね。福岡のうどんは、香川のうどんとは違い歯ごたえが柔らか。唇で切れる程度の柔らかさでふわふわな感触。さぬきうどんに慣れた人には物足りない感じがするかもしれませんが。

ということで、久留米に来たので「うどん」を頂きましたよ。柳川まで足を延ばして「うなぎ」という高級路線も一つあったのですが、そんなことをせずに、うどん。かしわのおにぎりとセットでも良かったのですが、わたくしは、九州なので鶏からあげとのセットで頂きました。おなか一杯です。次回は、ゴボ天うどんにしよっと。

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

福岡#2 福岡といえば屋台なんだけど

2015-06-11.jpg
福岡といば屋台文化の地域なので、お腹に余裕があるときに焼きラーメンと焼酎でも頂きに行きたかったところで、今回も夜の散歩をしてお腹をこなしてから入ろうと思ったのですが、その前に2軒はしごをした後だったので、もうお腹の余裕が全くできず、今回はラーメンも焼きラーメンもお預けとなりました。

ああ、月曜の夜だったのですが、みなさんよく飲んでいらっしゃいましたねえ。次回の福岡の際は、屋台で頂きたいものです。

数日、Blogを見れておりませんでしたが、今日は朝からちょっと覗くことができました。出張先のほうが、少し時間があったりして。(今日は大阪におります。)では、よい一日を!

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

福岡#1 ヤリイカ刺し@たら福

20150608 (2)
福岡の地に出張で行くのは何年ぶりでしょうか。営業担当していたお客様へ通っていた時は、地下鉄の磁気カード「えふカード」を持っていましたから随分と通っていました。

昔大学の先輩と待ち合わせしてそれ以降、福岡に行けば必ず立ち寄っていた天神の喫茶店は、御店主が高齢で惜しまれつつも閉店されたことがわかりました。時間は流れていくものです。「惜しまれていた」ことがわかっただけでも、同じ店で珈琲の香りを楽しんだ人がそのような気持ちを書き残されていたことが幸いです。

さて福岡に行ったんだもの、おいしいイカが食べたいな、ということで事務所からほど近い大名小学校裏手にある居酒屋さん「たら福」にお邪魔しました。今回はヤリイカですね。とってもリーズナブルなお店です。あら炊きもおいしかったですし、締めの麺も柚子胡椒でさっぱりおいしく頂きました。御馳走様でした。

福岡にいったらやっぱり季節の魚を頂きたいですね。
http://www.fogyoren.jf-net.ne.jp/fish/

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

長崎#2  「ふぐ」を頂きました

20150103 (18)
昨日(もう昨日)は、大阪から東京の移動でした。土曜日のほうがUターンのピークだったようですが、それでも一宮あたりと、厚木あたりは混んでいました。明日から通常モードに戻ります。お正月は皆様すこしゆっくりできましたでしょうかね。私はバタバタと帰省しておいしいご飯を頂いて帰ってきた、というのが正直なところでしょうか。

お正月はいとこ夫婦と会うことができました。今年はいとこの旦那様が長崎産の「ふぐ」を卸売市場から買ってきてくださったので、鍋にいたしました。いとこの旦那様はふぐの調理免許を持ってので、我が家の家庭の普通の包丁で申し訳なかったのですが、さばいて頂きました。そりゃ、普通スーパーにはそのままでは売っていませんから、卸売市場で買ったのだということを聞いて納得。

20150103 (22)
湯引きもおいしく頂きました。
「ふぐ」というと福岡とか下関とかを思い出すか、とても高い東京のふぐを思い出しますが、思わず長崎のふぐを頂くことができてラッキー!御馳走様でした。

そういえば長崎ネタのエントリーは2回目です。
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-140.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

大分#1 カボスbeer

20141014.jpg
皆様、台風は大丈夫ですか。

先日、後輩T君と一緒に、東京ドームの近くにある恵比寿Barにて軽く飲んでおりました。仕事終わりの一杯、目一杯飲むんじゃなくて、本当に一杯、二杯のお酒がいいですね。琥珀ヱビスも頂いたのですが、季節限定で、カボスの入ったbeerカクテルがありましたので頂きました。カボスといえば大分。日本のカボスの90%以上は大分で生産されています。

カボスはスダチと同じようにゆずの近縁種なのですが、スダチとカボスは大きさが全然違いますね。スダチが徳島、カボスが大分。香りが豊かで、beerとの相性もなかなかいいですね。シャンディガフのような味わいです。おいしかったですよ、御馳走様でした。 大分ネタ、本ブログでは初めてでした。

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

熊本♯3 くまモ*押し。

20140809 (26)
ゆるキャラの中でもかなり有名なキャラクターで、稼いでるなぁ!って思えるキャラクターの一つですね。写真は友人Yさんに頂いた熊本土産です。Yさん家族は米国から一時帰国していて、熊本からアメリカに帰る前に東京で妻と子供たちがお会いできたようです。(いつもありがとねー、Yさん!)

熊本土産では結構このキャラクターが入っていますよね。日本中でこのキャラクターを見るようになりました。熊本県の宣伝としては、大成功でしょうね!黒糖ドーナツ、おいしく頂きました。御馳走様でした。

ゆるキャラを説明する状況にはあまり出会いたくはないけど、現代日本文化を説明するには必要なことかもしれませんねえ。ゆるキャラはYuru-charaとしてそのまま固有名詞にして、It stands for Yurui character meaning loose character. And it is a mascot character which act as a symbol of a city or region.とでも、、、。

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

宮崎#2 やっぱり冷や汁でしょう。

DSC_1325.jpg

8月24日、土曜日、暑いのですがご飯は食べなきゃ。出張があったり友人宅にいったりで、日本飯率が低くなっていたので、ちょっと和風で重くないもの、、、ということで冷や汁です。まさに2年前の同じ時期のentryでも冷や汁を食べていましたね。ああ、さらさらっといけて、なおかつ栄養もありますしね。重くなくていいでしょ?ご馳走様でした。茗荷と胡瓜の味もおいしい!

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

熊本:晩白柚飴

2012-03-22 banpeiyu
このBlogに熊本が登場するのは2回目ですかね。昨日の朝、起きたら喉が少し痛い。これはもしかしたら、もしかするね。風邪引いた?昨日の晩、夫婦でwineを飲んで妻がWiskeyに移行してオヤスミー。

私はその後、ぼんやりしながら来たMailで作業をしていたら、日本から電話。夜中2時過ぎてますがな、、、mailはしたけど、、、、でも結局喋っておいてよかったな的な内容だったのでよしとしましょう。
それで結局夜中3時過ぎ、その他いろいろして結局4時半まで起きていたのですが、そのあたりから喉が調子が良くなさそうな感じを受けていていましたが、朝起きてみたらやっぱり喉が少し痛いので、飴を持ち出しました。

日本出張時に購入しました。氷川町産晩白柚使用を使用しているそうです。晩白柚、暫く食べていませんね。
この飴は、その晩白柚をフリーズドライにして練りこんだとか書いてありましたね。まちづくりの一貫のようですね。柑橘類ってなんだか喉によさそうなイメージが私にはあります。勝手なイメージですけど。

追記;
昨日の晩は、Avril Lavigneの曲を聞きながら作業をしていました。Lavigneは、仏語でぶどう園、の意味だそうです、なんだか親近感。

東京で熊本を感じたければ、、、。
銀座熊本館
http://www.kumamotokan.or.jp/

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

沖縄;タコライスほか@上野

2012-02-28 takoraisu 2012-02-28 okinawa

成田についたら、いろいろと電話してから一部荷物を大阪に宅急便で。明日の午前配達ですーって言われたのが午後6時前。すごいなぁ、日本の宅急便。いつも感心します。

京成で上野に行き、大学仲間のK君とこんど結婚することになったO君と彼女さんと食事、駅前の沖縄料理屋さんへ。O君、もう4年ぶりぐらいかな、久しぶりでした。O君おめでとう

生オリオンを飲んで、泡盛いっぱい飲んで、いっぱい食べて、おいしゅうございました。

ちゅら島酒蔵 (ちゅらしましゅぞう)
http://r.gnavi.co.jp/g075322/



2012-02-28 sime
ふらふらんになりながらこれから3泊する池袋に到着。ホテルに荷物を置いて、またふらっと締めのとんこつラーメンを食べにでましたとさ。こんなことしてたら太るな、、、。

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 16 comments  0 trackback

宮崎;そば焼酎・十割@PDX,OR

2012-01-18 mugi towari

昨日のエントリーがたこ焼き「蕎麦」だったので蕎麦つながりで一つエントリーを。年末CAに住む友人Jさんがやってきたのですが、先客があったりでなかなか時間がとれず、ゆっくり飲めたのはほんのちょっとの時間でした。

それでも、こうやって時間をつくってくれるのですからありがたいものです。で、その時に飲んだのがむぎ焼酎・十割。かの宝酒造が作っているそば焼酎ですね。PDX(Portland)ORでそば焼酎を飲もうと思うと、雲海かこの十割か?といったところです。

たまにはこうやって、そば焼酎を飲みたくなります。美味しい蕎麦が手に入りにくいからかなぁ。

みなさんそば焼酎のおすすめ、ございますか?


今回蕎麦焼酎を飲んだお店
biwa
http://www.biwarestaurant.com/

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

沖縄;Sata andagi@HI

2011-11-16 sata andagi
きなりM&Oさんのところ(北海道北見)の所の雪が降ったーってエントリーを見て、寒いよねえ、と思いながらHawaiiのHotelの部屋で頂きました、沖縄サーターアンダギー。わたくし、このモソモソしたお味のお菓子を見つけたら、必ずといっていいほど買ってしまう「やめられない」食べ物の一つでございます。

Hawaiiでサーターアンダーギー。沖縄物産展がたまたま?やっていてか、、、。まあ、Hawaiiにいる日系では沖縄からの居住者も多いと聞きますし、また油で揚げている、砂糖を使っていて甘い、日持ちする、のでこちらでもSada AndagiとかAndagiとして食されるんだと、、、。なるほどねえ。

油でしっかりと揚げている、その上日にちが少し経っているので、いくら好きだからといって、2個まででやめとかないと、3個行くと気持ち悪くなります(わたくし個人調べ。昔、うまいうまいと思って沖縄から帰ってくる飛行機の中で3つ半食べて気持ち悪くなったことがあります。。。)

子供たちも美味しく食べておりました。ごちそうさまでした。

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

鹿児島;種子島酒造、安納とロケット

2011-10-10 (1) 2011-10-10 (15)

朝崎さんの奄美唄のはなしを書いたので、このあたりのエントリーということで、安納芋の芋焼酎の話。先月、日本からの出張者Nさんに頂きました。Nさんが田舎に里帰りしたときに買われたそうです。
種子島といえば、宇宙センター、というぐらいロケット打ち上げで有名なところですが、ではなぜ「種子島が選ばれたのか?」というクイズをNさんから受け、私、天文屋失格でございました、、、うう、悲しい。もっとも重要な部分を私答えられませんでした、、、。私、高校生の頃、地学研究部というマイナー部に所属しておりました。


Q;なぜ、ロケット打ち上げは種子島からなの?

A;まあ、JAXAのHPにでもリンクをはっておきます。
1)赤道に近いから(はああ、、、これを答えられませんでした、、、)
赤道に近いほうが、打ち上げるのにエネルギー的にもっとも有利になるんです。多くの衛星が利用する軌道である赤道上への静止軌道に向けてロケットを打ち上げるときに、軌道面制御のエネルギーが少なくてすむということと、赤道面なら地球の自転エネルギー(運動エネルギー)を最も加算することができる、最大限利用できるという点です。うーん、頭が硬くなってるなあ、、、これを一番に挙げられなかったのは、、、。

2)東側に海が開けていること
自転エネルギーを利用するのは一番に書いた通りで、そうすると東側に打ち上げるわけで、切り離した部分(ブースター)が下に落っこちますが、ここの安全確保の為にも、海であることが必要なんです。うん、これはこたえられました。

3)陸揚げができる大きな港があること
まあ、これは後付け的な気がしなくもないですけど、、、。他にも沖縄は利用できなかった、というのもおおきな理由なんでしょうね。

勿論、これを考えると赤道上で打ち上げればいいじゃないか的発想もできなくないんでしょうけど、国内に技術を留めておくという理由もあるわけですね。

そんな種子島からやってきた安納芋の芋焼酎、美味しく頂いております。はあ、美味しいですねえ。

種子島酒造
http://www.tanegasima.co.jp/

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 10 comments  0 trackback

鹿児島;サムライチャンプルー~奄美島唄、朝崎郁恵

先日のエントリー「サムライチャンプルー」からこの朝崎郁恵さんに話が飛ぶのは突拍子もないような感じですが、実は作品で使われていています。昭和10年(1935年)生まれの朝崎郁恵Asazaki, Ikueさんの声は、直接私の頭に音情報を書き込んでいる!と思うぐらい刺激的です。私の歴代?iPodには彼女の「おぼくり」が入っています。

「十九の春」のメロディの原型は日露戦争頃の「ラッパ節」だそうで、そう考えるともう100年になるメロディです。話は与論島に飛びます。与論島から明治の中頃(30年頃)に福岡の三池炭鉱の石炭積出港の長崎島原の口之津や、大牟田へ移住した与論の人が、ラッパ節の節回しに与論への想いを歌った与論ラッパ節を歌い、そして「与論小唄」が生まれたそうです。この歌が八重山や沖縄に伝わり、それぞれの想いをのせて唄が様々に変化して、歌い継がれてきた。そのひとつが朝崎さんの歌う「十九の春」です。


「十九の春」
私があなたにほれたのは ちょうど十九の春でした
いまさら離縁と言うならば もとの十九にしておくれ
 
もとの十九にするならば 庭の枯れ木を見てごらん
枯れ木に花が咲いたなら 十九にするのもやすけれど

朝崎郁恵さんの公式Web
http://www.asazakiikue.com/

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

宮崎 冷や汁@自宅

2011-08-25 Hiyajiru


先日、真夜中の冷やしうどんのエントリーで高知の茗荷が手に入った、という話を書きましたが、茗荷が来たんだから、やっぱりここは冷や汁で。おじゃましているBlogアヒル日和さんで紹介されていた冷や汁を見てから、冷や汁食べたいなあ、焼き味噌でー、茗荷でー、なんて感じで心はもう冷や汁だったので、暑い日になった先日、冷や汁を作りました。

冷や汁、まあ冷たい味噌汁をかけたご飯としてしまうと、なんだか有難味が少なくなるけど、すり鉢ですって焼き味噌作って、具材入れて、、、と凝った作り方までしなくても、気軽に作って美味しくいただこうよ、というのが我が家の方針なので簡単に(手抜き?)作って頂きました。日本から来ていた母も妻も美味しいねえ、と行っておりました。子供たちには他の料理を作っていたので冷や汁は大人だけーー。

美味しくいただきました。ごちそうさまでした。


アヒル日和さんところの冷や汁も美味しそう!!
http://ahirubiyorichihiru.blog71.fc2.com/blog-entry-122.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

鹿児島 霧島市 焼芋焼酎「農家の嫁」

IMG01309-20110530-2001.jpg
日本酒も好きですが、勿論焼酎も好きな私。今回の日本滞在中、焼酎も頂きました。焼酎も沢山種類があって、コレ!って言うのはまだまだわからないのですが、今回は焼芋焼酎「農家の嫁」を頂きました。明るい農村の姉妹品だそうで、県産の黄金千貫を種子島産・薩摩椎の炭火で焼いた焼芋を使用していて、黒麹、かめ壺にて仕込むそうです。そんな地元志向なお酒だそうです。いいですね。そんなことを思いながら飲むお酒というのは、ちょっと一ランク美味しく感じるから人って不思議です。

炭火焼き・焼芋焼酎「農家の嫁」
http://akarui-nouson.jp/wp-akjp/
醸造元:霧島町蒸留所
原材料:焼芋(鹿児島県 産黄金千貫)、米麹
アルコール度数:25度

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

長崎 福砂屋のカステラ@自宅

IMG01615-20110729-0041.jpg

長崎の原爆忌のことを書きましたが、長崎のエントリーをひとつ。

大阪の母がこちらに来るときにお願いした一品です。カステラが我が家では鰻、干し芋ともに日本から持って来て「お願い」品ランキングのトップ3です。今回も長崎の福砂屋のカステラを持って来てもらいました。実は、お願いしたのがぎりぎりだったので、入手できないかな、なんておもっていて、銀装か福砂屋、どちらでもいい、というお願いをしていました。これが東京の義母にお願いするのだったら、福砂屋か文明堂、ってことになるんでしょうけど。

福砂屋さんのカステラを意識して初めて食べたのは、高校の修学旅行で長崎周辺に行ったときですかね。一日自由時間(といっても半日ですけどね)を使って長崎市内を散策したのですが、その時に数件の「長崎ちゃんぽん屋」を「はしご」して、その間に福砂屋寄って、、、ってしたのを覚えています。今思えば、食い意地というかお昼を「はしご」している時点で、この食い意地は20年以上続くものだということを実感します。

長崎のカステラの由来は、ビスコチョとかパン・デ・ローとかの説があるようですけど、作り方の違いからみれば、長崎のカステラなんでしょうね。

福砂屋さん(音が出ます)のPage
http://www.castella.co.jp/

今回もごちそうさまでした。息子らがバクバク食べてました。
次頼むときは、松翁軒のにしようかな、ちょっと趣向を変えて。


Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

沖縄 おかのり入り沖縄そば

20110722 Okanori Okinawasoba
先日お知り合いに「おかのり」を頂いたので、味噌汁の具に入れたり、おひたしにしたりしまして楽しみました最後の残りを先日のお昼ごはん、沖縄そばにいれたものを頂きました。

一緒にはいっているのはターキーのハムなので、どこの料理わからない状態ですが、美味しく頂きました。ごちそうさまでした。

おかのりについては詳しくありませんが、種が飛んで野生化しやすいようですね。また、大きく育つらしくどんどん摘んでいかないと大きくなりすぎるそうです。アオイ科だけあってネバネバ系植物です。苦手な人もいるかもしれませんが、モロヘイヤが大丈夫ならまず大丈夫な感じですね。

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

九州  九州新幹線全線開通CM

JR九州、九州新幹線全線開通CM
http://www.shuku9.com/cm.html

九州新幹線鹿児島ルートが全線開通したNewsは、3.11の東北の大地震でかき消されてしまいました。その事自体は仕方なかったことでしょう。JR九州が用意した全線開通のTVCMは、ものすごくよく出来ていて、そのCMがカンヌで受賞したとのNewsは、印象的なNewsでした。このCMは、多くの沿線一般住民の高揚を記録した、いい記録映像になるでしょう。

この映像は未来に又見ることになるでしょう。

九州整備新幹線は、昭和45年の全国新幹線鉄道整備法に基づき、政府が昭和48年11月13日に整備計画を決定した5線の新幹線の一つでした。当時東海道新幹線が既に開通している中、輸送力・利便性向上を意図した全国への新輸送方法の提起は、高度成長期に企図された大事業の一つでした。そのまさに直後、第四次中東戦争が当年10月6日に勃発、昭和48年11月16日に石油緊急対策要綱を閣議決定「総需要抑制策」が採られ、日本国内の消費は低迷し、高度成長期の終わりを見ることになりました。

高度成長期に見た夢は、とてつもないお金を使う夢でもありました。九州新幹線鹿児島ルートの工事費は博多~新八代間の8134億円に加え、新八代~鹿児島中央間も含めると、総額1兆4424億円。整備新幹線の建設費については、1996年12月の政府・与党の合意に基づき、国と地方自治体が2対1の割合で負担することとなり、旧日本鉄道建設公団の後を継ぐ鉄道・運輸機構が建設し、完成後は、鉄道・運輸機構が所有する線路や運行施設をJR各社が使用料を支払って、新幹線を走らせる「上下分離方式」だそうです。つまり国と沿線の地元はそれぞれ大きな負担をしながら、その莫大な金で公共事業をやったことになります。この負担はこれからも続くわけです。

新幹線は高度成長期の最後に見た大きな夢の一つで、それを叶えるために約40年の歳月を要し、ようやく九州新幹線鹿児島ルートは完成を見たのです。完成までが物語ではありません。平行在来線廃止の問題もあり、ここから始まり、ここからの苦難の物語があるでしょう。

そんな大きな負担をして、それでもなお、地方にまでインフラが整備された国を誇れる国民がいて国であることが未来にできたら、この日の記録は、本当に歓喜の歴史として未来に語られることになります。そうなっていて欲しいと、心より願います。

この映像は未来に又見ることになるでしょう。

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

沖縄 ゴーヤーチャンプルー@自宅

IMG01395-20110613-1440.jpg

3週間の日本出張を終え、成田を発ったのは日曜日の3時過ぎ、飛行機の中でもお隣りのChineseのお姉さんと三分の一ぐらいは話をして、三分の一ぐらいは角田光代さんの「あしたはうんと遠くへいこう」(角川文庫)と、堀江敏幸さんの「未見坂」(新潮文庫)ゆっくりと読んで、後は疲れて寝てといった感じで12日、日曜日の朝一にPortlandに到着しました。

自宅に帰るなり、事前に同僚J君より知らされていた、事故処理。冷蔵庫周辺の電気が何か原因不明で電気が来なくなったことによって、冷蔵庫の中で物が腐りとんでもない臭いを放っているのをまずは全部掃除をして空にして洗濯してから、一時帰国前から予定していた薔薇園に、いつものごとく薔薇を見に行き、やっとシーズンインしたことに一安心。冷蔵庫の脱臭剤を買ったり、晩ご飯の食材を購入してから、夕方にだれもいない日曜のオフィスに出かけて、いつもの掃除のMexicanに挨拶して、家にたどり着いたのがもう、10時を過ぎていました。

そんな時は、Beerだ!というのが普通の流れなのですが、今日はもうBeerはやめておきました。多分、胃はこの3週間でとっても疲れています。3週間、ノンストップで「飲んで」ました。それもBeer,日本酒、焼酎、泡盛、酎ハイ、ウイスキー、ブランデーをタップリと。久しぶりに休肝日を設けよう、ということと、体力回復がまず第一だ!との思いから、お昼に食材を買い行ったときから、晩ご飯はゴーヤーチャンプルーを食べよう!と決めていました。ちゃっちゃとできるし。ここ数日お腹の調子も良くなく、何を食べても食べる喜びが得られなくなってきていたので、、、。

今日はお昼は軽くラーメンですましたし。でもいつもならご飯が進むんだけど、今日は無理せず、一膳だけで。暫くは、食事は粗食を基本に、と思っています。

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

鹿児島;日比谷で黒豚トンカツ  2011年3月5日

土曜日ということで、お義母さんと二人でお土産を買いに有楽町の交通会館へアンテナショップ巡りに。お義母さんと一緒に回ってひと通りしたところで、おなかが空いてきたのでいつのの「いちにいさん」に。ここは昔鹿児島の天文館でたまたま入ったお店で、気に入って東京に来てからも行くようになったお店です。いつものとおり、オーダーは黒豚のトンカツです。

CIMG2052.jpg
そして真昼間なんですが、お義母さんもいける口なので、まあ、指宿の焼酎を頂きました。富乃宝山、黒伊佐錦、田倉。


CIMG2054.jpg
そして、満を持しての黒豚トンカツ。うまーーい!
まぁ、黒豚、なにしてもうまいんですけどね。脂身の甘みがじわぁっとくるウマさって、なかなか家で出せないなぁ。素材と揚げ方なんだろうなあ。

いちにいさん
http://ichiniisan.jp/


ほろ酔い状態で、池袋へ。池袋で「うなぎ」と「かりんとう」をたんまり買って練馬へ。練馬に帰り着いたのが、お義姉さん家族との待ち合わせ時間。この日の夜は、お義母さんと義姉家族と「しゃぶしゃぶ」を食べに、、、また肉だーーー!!  

一年半ぶりの甥っ子3人組はめっちゃ元気、でかくなってるし。言うことも違ってくるしね。

長男「アメリカでも海老蔵ニュースになってた?」
私 「うーん、、、、なるわけないやん、、、。」
なんでそこ?

次男「おじさん、名前なんていうんだっけ?」
私 「ああ、上の名前ね、、、、。」
ボケっぷりが素敵。

私 「まだ肉食べるの?」
三男「うん。」
どれだけ食べるんだ、一体。。。

最近身体を絞っているという義兄さん、、、そのビール何杯目ですか、、、?でも細い!

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。