FC2ブログ

烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

Saijiki 梅コレ2020 その1 2月1日の梅ヶ丘で、紅冬至。未開紅。田子の浦。 

20200201 (24)
紅冬至。開花時期がはやく12月から2月。野梅系・野梅性の淡い桃色をした一重咲きの中輪で春の梅コレで写真を撮りに梅ヶ丘によく行きますが、この花が早いんですよね。

おはようございます。このお休みはいかがお過ごしでしょうか。私はこの週末は東におります。さて今年もですね、そこそこの数の梅の写真を撮っていますがblogに登場しているのはそんなにないかもしれません。今年は何枚ぐらいupするのでしょうか。ということで朝から大好きな梅の写真でstartしたく思います。

20200201 (26)
未開紅。つぼみのうちから濃い色で美しい梅。開けば八重。豊後系八重中輪の抱え咲き。早春、早い時期に楽しめます。

20200201 (30)
田子の浦。野梅系でこれも早い時期に楽しめます。雪の白さを映したようなところからこの名がついたのかな。

今日も一日いい一日でありますように!

スポンサーサイト



Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 1 comments  0 trackback

Saijiki 2020年の花はじめはランです@熱帯環境植物館

20200104-1 (135)
おはようございます。このentryがupされる頃には私は羽田空港にいます。今日から仕事です。私的に仕事始めなので気持ちをあげて行かなきゃならないので、今朝のentryは私の2020年「花はじめ」に致します。昨日の夜のentryで書いた熱帯環境植物園ですが、こちらで小さな企画展があり、ランを見せて頂きました。

トップの写真は、Cattleya walkeriana fma. coeruleaです。ああぁ!奇麗ですよねー。Cattleyaは中南米原産と言われる洋ランのグループでメジャー中のメジャーですね。


20200104-2 (137)
Cattleya walkeriana fma. tipo。奇麗な紫だこと、、、たまりませんねー。


20200104-3 (141)
Dendrobium Formidible。こちらも美しいですねー。セッコク属のランってとっても種類が多いですよね。1000種類を超えるらしいですね。東南アジアを中心にインド、オーストラリアから日本と広く分布しているグループです。Singaporeの植物園でもたくさんたくさん見かけますよ。


20200104-4 (133)
Paphiopedilum spiceriamum。袋状の唇弁が特徴的なランのグループですね。

奇麗な花をみて、今日も一日頑張ります。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Saijiki 今年もはなびら餅を頂きました

20200104k (122)
おはようございます。今日は1月4日、息子は今日から冬期講習があるし、私は明日の朝移動で西に戻りますのでそろそろお正月も終盤です。皆様はいかがお過ごしでしょうか。

今年も正月二日に巣鴨に行ってとげぬき地蔵さんにもお参りしてきました。まぁ親戚への挨拶周りでめぐりますので。その参道でいつも買うのが塩大福と花びら餅。今年もみずのさんのです。塩大福はね昔から有名だそうですけど、まぁ花びら餅はここじゃなくてもいいんですけど、ついでです。

だいたいごぼうが入っているというのが不思議な和菓子ですね。甘く煮たごぼうと味噌餡の組み合わせが面白い味ですが、そのごぼうは正月に食べたという塩漬けの鮎「押鮎」に見立てたものだとされています。でもね、押鮎がどんなものなのか知らない、、、。なれ寿司にしてそのあと重しで水気は少なくなったようなものなんでしょうかね(?)。食べたことないなぁ。土佐日記なんかにも出てきますけど。「ただ押鮎の口をのみぞ吸う。この吸ふ人々の口を、押鮎もし思ふやうあらむや。」うーん、この表現、現代じゃ引かれちゃうかな。

ちなみのごぼうの日本の生産量は13.5万トン。うち約5万トンが青森県で次いで茨城県1.4万トン強、北海道1.4万トン弱といったランキングです。

前回はなびら餅について書いたのは2018年のお正月でした

はなびら餅
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1314.html


20200104k (120)
とげぬき地蔵さんのお飾りは毎年豪華ですなあ。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Saijiki Merry Christmas!

20190101 (89)
こんにちは。今日はChristmas eveですね。ChiristmasはChristキリストのMass礼拝、が合わさった言葉であることはなんとなくわかるのですが、ではeveは、、、というと聞いたことある、前日って意味じゃないんでしょ?ぐらいのことぐらいですよね。

毎年のように思い出してはそんな話あったよね、というぐらいの認識で生きていますが、Chirstmasは12月24日の日没から25日の日没までで、eveは12月24日の日没から夜明けまでの事でつまりChristmasの一部です。Wiki(英語版)のトップを見てみると "Christmas Eve is the evening or entire day before Christmas Day, the festival commemorating the birth of Jesus."となっています。そうeveはevening。教会暦の一日の終わりは日没でChristmasは夜=eveningから始まりました。その後、夜中に日付を変えるようになったので、24日にeveがはみでちゃったということなんですね。そう、2018年末のNHKのちこちゃんでやっていましたね。

今年のChristmasは私は大阪にいるので家族で一緒に過ごすことができません。ここ数年Christmasには表参道のTokyo Union Churchのmassに行っていたのですが、今年初めての家族と離れてのChristmasですね。


20190101 (91)
表参道にはですね、土曜日に行ってきたんですけどやはり観光客も多くてごった返していました。まさに年の瀬という感じです。

Tokyo Union Church
https://www.tokyounion.org/

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Saijiki 紅葉の箕面大滝

20191201 (50)
こんにちは。11月の晦日と12月初日であった週末は、私は紅葉三昧でございました。皆様は今年は紅葉をどこかで見られましたか?

今朝の写真は日曜日に訪れた箕面大滝です。そう一つ前のentryは鳥取の雨滝でしたが、今日は箕面大滝。そう、こちらも日本の滝100選に選ばれています。そう今朝は滝つながりです。

箕面大滝には阪急電車の箕面駅から歩いて山道を登っていくのですが舗装されているので登りやすく、紅葉のハイシーズンということもあって家族づれやお年をめされたご夫婦や、はたまた海外の方がいらしたりと多くの人がいらっしゃいました。

私も子供の頃何度となく訪れた場所です。大阪の人にとっては、中々今日の府下では難しくなった自然を感じさせてくれる場所の一つでしょうね。


20191201 (52)
岩肌と紅葉。こんな風景を見て元気になって。ああ、今週もがんばろ。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

Saijiki らっきょうの花 11月上旬 @鳥取県・福部町

20191117 (89)
こんにちは。金曜日ですね、うれしいなあ。皆様は今週末はどんな予定を入れていらっしゃいますか。

鳥取ネタが始まりました(またぁ?笑)。今日はなぜ11月の頭に鳥取に行ったのか?の答えです。それは福部町にらっきょうの花を見に行った!のです。らっきょうって、あの食べるらっきょう、そうカレーの付け合わせです。らっきょうの花は10月下旬から11月上旬頃に咲きます。紫色のかわいい花がたくさん咲きます。時々白花があったりします。昔、大学のF先輩がらっきょう農家にアルバイト行ってたなぁ。僕が学生をやっていたころはまだ福部村でしたよ。

2016年のらっきょうの収穫量は10,600トンで、鳥取県が38%、鹿児島県23%、宮崎県19%、沖縄県5%、徳島県4%と続きます。島らっきょうが有名な沖縄もランクインしているのですね。その前の調査(2014年)では鹿児島の方が多かったんですよね。らっきょうの旬は5月6月頃でらっきょう酢に漬けていらしゃる方もいるのではないでしょうか?


20191117 (93)
早朝の福部町にお邪魔して一面の紫を楽しもうと思っていたのですが、今年は夏の台風の影響で塩害がでたため鮮やかさに欠けてました。ちょっと残念でしたけど、まぁ見ることができなかったわけじゃないのでよしとしましょう。


20191117 (83)
福部には写真の歌碑があります。平成6年5月に当時の天皇皇后両陛下が行幸啓された際に美智子様が詠まれた歌です。らっきょうの花を想われて詠われたんですね。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

Saijiki 紅葉ライトアップを見てきました。国営武蔵丘陵森林公園

20191125 (251)
おはようございます。今日は朝一便で東京から京都に向かって滋賀に行った後、四国に向かうのですが、昨日は紅葉を楽しむために埼玉に向かいました。都内でも六義園とか後楽園とか紅葉のきれいな場所もあるのですが、色づき始めでもう少し、、、。

午前中は雨が降っていたので午後出発で埼玉方面へ。息子は珍しく今日は寺社仏閣に行きたいとの希望でしたが、今日は、、、国営武蔵丘陵森林公園に向かいました。そう、都心ではちょっと早い、日光じゃぁ遅すぎるこのタイミングなら森林公園です。

夕方はまだ雲が残っており光がやや足りませんでしたが、紅葉の美しむ趣向でこの時期はライトアップされていますので十二分に楽しむことができました。フォレストナイトコンサートで聞いた歌声も澄んでいましたし、一日家族で過行く秋の時間を楽しむことができました。

20191125 (240)
ライトアップのイメージはもみつ木々と川の流れかな。龍田川かなぁ。でもからくれなゐにはなっていないか。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Saijiki 菱の実を頂きました

20191012 (26)
おはようございます、今日は日曜日ですね。さて昨日は水に浮くホテイアオイの話を書きましたので、今朝は同じく水に浮く植物である菱について書きましょう。

君がため浮沼(うきぬ)の池の菱摘むと
我が染めし袖濡れにけるかも

歌意:あなたのために浮沼の池の菱の実を摘んでいると
   私が染めた袖は水に濡れてしまいました

「万葉集」巻7-1249 雑歌

万葉集にも歌われ、また平城京・長屋王邸跡から見つかった木簡に記されていることから、菱の実の利用は少なくとも奈良時代にまで遡ることができます。

ヒシは池や沼に自生する一年生の水草で夏から秋にかけて白い花を咲かせます。ヒシの実は秋に熟しますので、菱の実の旬は、秋9月中旬から11月中旬頃まで。全国の湖沼で見られますが、栽培されているのは福岡や佐賀が有名です。


写真は先日(10月8日)に頂いた菱の実の揚げたものです。ほくほくして栗のようです。東京で会社の方と入った店で頂きました。秋だわぁ。横にうつっている魚は、ニロギ。これもおいしいんですよね。高知産かな?


去年も秋口にニロギを頂いていました↓
高知#7 ニロギの季節~焼きニロギ
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1553.html


そういえばお雛祭りの菱餅も昔は菱の実を入れたそうな。菱餅が菱形になったのは、江戸時代のはじめのだそうな。菱餅といえば菱の実の粉で作るものだったそうで、菱の実には子孫繁栄や長寿の祈りが込められているそうな。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

Saijiki 淀川の花火大会2019

20190811 Osaka (297)
こんばんは。今日は暑気払いで部署の飲み会なので予約投稿にしておきますね。帰ってきてもたぶんグダグダですので、、、(笑)。

8月10日の大阪散策の最後は淀川の花火大会。この花火大会って平成元年が第1回だったんですね。私が高校生の頃に見に行ったのですが、まだ大会が始まって間もなくの頃だったということになります。淀川の河川敷で同級生らと見にいった記憶があり、それから30年ほどたったということですねえ。久しぶりの関西生活なので楽しませていただきました。

20190811 Osaka (232)
令和元年の花火大会は、現在単身赴任して住んでいる場所から歩いて5分ほど、これまた淀川河川敷で見ることができました。
関西にお住まいの方では見に行かれた方もいらっしゃったんじゃないでしょうかね。なかなかのいい花火大会なんですよ。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

Saijiki 精霊馬と精霊牛

20190812nara (123)
20日ほどご無沙汰してしまいました。7月後半は出張やらプライベートやらで忙しくしておりました。このお盆休みの前半は、私は家族と離れ単身赴任でいる関西周辺に居ります。家族も東京でいろいろとイベント事があり忙しいですしね。

昨日は奈良方面へ朝から出かけておりました。奈良・斑鳩1dayチケットを買って朝一の電車で奈良に向かい電車・バス・自転車でいろいろとめぐってきました。

元興寺の旧境内を中心とする「ならまち」周辺を散策をしていて(正月にも行ってましたが)、公開されている町家を覗かせてもらいました。日が高くなってきていたのでとても暑かったのですが、日陰に入り、町家にも上がらせてもらえただけでありがたい。町家の中庭に向け、お盆のお供えがされていました。精霊馬と精霊牛を見るとお盆だなぁと思いますね。お盆のお供えは、皆様近所のスーパーで買ってきたりしてるんでしょうかね。この町屋の近くのB*G NARAにもお盆のお供えが売っていました。

精霊馬と精霊牛を飾るということは私の実家ではどうだろう、あまり記憶がないのですが、、。皆様のお宅ではいかがでしょうかね。(信仰が違えば勿論そんな風習もないでしょうけどね。)

20190812nara (125)
町家の中庭。こんな中庭があるといいですねえ。まぁ東京の我が家にはそんなものはないのでひと様のお宅で楽しみましょう(笑)。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

Saijiki 七夕に何を願う。

20190630 (230)
こんにちは。今日は7月7日はカルピスの日です。ちょうど100年前の1919年7月7日にカルピスは誕生しました。で、冒頭からそんなぼけたことを書いても大丈夫ですかね。

もちろん7月7日は七夕です。日本での七夕祭の由来は、棚機(たなばた)の神事と中国の星祭・乞巧奠(きこうでん)が混ざったもので、日本で初めて乞巧奠が行われたのは、天平勝宝7歳(755年)のことです。尚、歳と書いたのは書き間違いではなく、天平勝宝7年1月4日に勅命により年が歳に改められ、天平宝字へ改元した際に歳を年へ復すまで歳を使っています。

ところで七夕にお願い事を短冊に書くというのはどこから始まったものなのでしょう。宮中行事として流入文化も取り入れた七夕祭では、果物や作物を供物にし星空を眺め、裁縫や詩歌、染織といった技芸が巧みになるようにとの願いを、里芋にたまった夜露を「天の川のしずく」に見立て、その夜露で墨をすり梶の葉に願い書きとどめたことに由来しています。

平家物語・祇王でも、
二人の娘もろともに、一向いつかう千手に念仏して、後世を願ふぞ哀あはれなる。かくて春過ぎ夏長たけぬ。
秋の初風吹きぬれば、星合ひの空を眺めつつ、天の戸渡る梶の葉に、思ふことかく頃なれや。

とあります。

時代が下って、江戸時代になって七夕の風習は庶民にも広まります。それは幕府によって七夕が五節句の一つとなったことによります。この頃にになると五行説と混ざって五色の短冊に願いを書くことになりました。


写真は6月30日に京都に行った際に北野天満宮で見かけた笹と短冊です。北野天満宮の笹飾りはかなりの本数になっていましたが、さすが道真公のところだけに願い事の中身は「合格」やら「100点」やら、学業のことだらけ。(おっさん心の声:うーむ、まず勉強しなはれ。)そして秀逸だったのは「天才になれますように!by 天才○○」。(おっさん心の声:その望みはかなっているよ?)
「お金持ちになりたい」というのも。(おっさん心の声:それは、ここで願うことかな?)皆様、自分の事を書くことが多いようですね。

この北野天満宮の短冊は、樹脂製シートに油性ペンで書くようにしてありました。プラスチックがいろいろと言われている昨今なかなか珍しいような気もしますね。
(おっさん心の声:なんでよー、紙でいいじゃないの?)

さて、心の中で何を祈りましょうか。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

Saijiki ジャカランダの花の咲く頃~一心寺

20190617 (734)
こんばんは。先日6月16日、京都行で3万歩ほど歩いた翌日でしたが、がっつり朝から出かけました。この日は早朝からジャカランダの花に会いに大阪の一心寺に行ってきました。ジャカランダはここ一心寺では6月頃に紫の花を満開に見せてくれます。境内には3本のジャカランダの樹が植えられていますが、やはり私と同じようにジャカランダの花に会いにきている女性のグループがいらっしゃいました。そうですよね、この花に会いにきたんですよね、なんて思いながら写真を撮らせて頂きました。

一心寺には母方の家のお墓がありますし父の骨も納めさせて頂いており、先だって骨仏になりましたのでそのお参りもしてきました。父の日に父にも会いに行くことができたのは、花が取り持ってくれた仕合せなのでしょうね。

ジャカランダの和名はキリモドキといいます。この名前はブラジルに移民した日系人が着けたそうです。ブラジルに繋がりましたね。

Brazil#6 ブラジル移民~蒼氓
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1667.html

Saijiki ジャカランダの花 (2018年)
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1454.html



20190617 (726)
空に映える紫の花。


20190617 (724)
墓石に散った花。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 18 comments  0 trackback

Saijiki ガクアジサイの仲間@京都府立植物園

3gaku20190617 (366)
ガクアジサイ(伊豆半島産)

おはようございます。昨日のネタ、おたくさ=あじさい繋がりで、紫陽花ネタです。先日6月15日(土)は朝から京都散策を致しました(当日は結構な嵐でしたが)。京都に行くとroutineに入ってくる京都府立植物園です。バラ園のバラにわずかに花が残っていたのを少し楽しんで、アジサイ園の方に向かいました。紫陽花は写真映えするからでしょうね、ご年配の方を中心とする一眼レフ教室の皆様が思い思いにカメラを構えていらっしゃいました。あぁ、皆さんいいカメラ持っていらっしゃいますねえ。この日も私はiPhoneです。blogをやっていらっしゃる皆様はカメラに凝っていらっしゃる方もたくさんいらっしゃいますね。素敵な趣味だと思います。

さて今日の写真のシリーズはガクアジサイの仲間です。ガクアジサイはユキノシタ科・アジサイ属の低木。ガクアジサイの特徴はなんといっても花の形です。中心に集まっている小さなつぶつぶの蕾のようなものが小さな花びらを持つ両性花で、その外側にはガク(葉っぱが変化した花を守る部分)が大きな花びらのようについていますがこれが装飾花です。この様子が額縁に似ていることから「ガクアジサイ」と名付けられています。分類も難しくて普通花、不稔花と分類することもあるようですね。

では、いくつかの花をご紹介。

1yaegakuajisai.jpg
八重ガクアジサイ。八重の園芸品種多くなっていますよねえ。


2hachijo20190617 (361)
八丈ガクアジサイ。


5 mikanba 20190617 (377)
ミカンバガクアジサイ(伊豆大島)。葉っぱが特徴的ですよねー。なるほど。

nadeshiko20190617 (400)
撫子ガクアジサイ。確かに撫子だわ。

京都府立植物園は、おすすめの植物園の一つですね。入園料も安いしねえ。お寺の拝観料とはえらいちがいです。
http://www.pref.kyoto.jp/plant/index.html

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Saijiki コガクウツギ@神戸市立森林植物園

20190611 (99)
こんにちは。今日はどんな一日をお過ごしでしょうか。
金曜の午後なのでウキウキしている人も多いのではないでしょうかね。私は今週会食が4日目(多すぎ)でヘロヘロです。この金曜日を乗り切れば週末です。といっても週末も遊びで忙しいのですが。

今日のお花も先日の神戸市立森林植物園からです。今日のお花はコガクウツギ。本州関東以西、四国、九州の林地、斜面に見られる落葉低木(1~1.5mくらい)です。最近は関東も気温が変わってきているので、もう少し北側に伸びているかもしれませんが。葉は対生。紫陽花の仲間であり両生花と装飾花が着きます。この花は紫陽花の仲間って感じですよね。しかしガクウツギを見たら間違いそう。大きさと葉の形で見分けるのですが、、、遠目にはわからんでしょうな、、、。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Saijiki 神戸~コアジサイ@神戸市立森林植物園

20190611 (73)
こんにちは。大阪は今日は快晴!雲一つない朝を迎えていましたが、梅雨はどこに行ったのでしょう。空梅雨にならなきゃいいですが。

さて6月2日に神戸に訪れた理由の一つが、紫陽花を見に神戸市立森林植物園に行こうということでした。紫陽花は神戸市の市民の花で神戸市政30周年と万国博覧会の開催を記念して1970年(昭和45年)に選定されました。(まだ生まれてないわぁ。)それゆえこの森林植物園にも紫陽花のエリアがあります。関西周辺だとここが一番いいような気がするのですが、、、。

写真の花は、コアジサイで紫陽花の中でも早い時期に咲く種類です。本州の関東以西、四国及び九州の低山や明るい林内などで普通にみられる花で、園芸品種のような装飾花がありません。葉は長さ5cm程度で紫陽花より小さく対生です。かわいらしい花が咲いていました。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Saijiki バラ・バラ・バラ

20190519 (352)
中ノ島公園の薔薇たち~。

こんばんは。今日の晩御飯は何でしたか?私は自宅でパスタでした。急いで職場から帰ってきたのはゴルフバッグを受け取るためでした。先週末ゴルフだったのに、また今週末も、、、。なのでどうしても受取が必要でして、、、。19時から21時の間でやってくる配送業者さんを待ちつつ、単身赴任宅でできる簡単メシ、、、そうパスタでございます。

それなら十分暇なのでしょう?とお思いかもしれませんが、意外とやることが多くて、なかなかblogをupする間もなく日々が過ぎていくのであります。これでいかん、と思いつつ、、、。週末土曜日は、終日ゴルフ+αでかなり歩いて、そして日曜日は日の出とともにお出かけしたため足はパンパンですが。

さて、日曜日は朝から何をしたかといいますと、、、そう薔薇のシーズンなのでバラたちに会いに行って来たのです。

それも、、、なんと、、、大阪で無料で楽しめる公園の薔薇たちにあってきたのです。早朝から、靭(うつぼ)公園、中ノ島公園、そして鶴見緑地。大阪のバラの有名どころでございます。

20190519 (238)
まず朝一に向かったのは靭公園。ここは、、、まぁ仕事でもよくお邪魔する本町からもアクセスのいいところにあり仕事の途中で立ち寄ることもできるのですが、日曜日の朝、居てもたってもいられなくて出かけました。


20190519 (540)
そして靭公園から歩いて淀屋橋方面へ。中ノ島公園に向かいました。こちらも整備されて新しく朝から観光客も含めてたくさんの人が訪れていらっしゃいました。見ごたえありですよ。あまりバラ園をハシゴするって話は聞きませんが、、、、。


20190520r.jpg
そして、京阪電車と地下鉄で鶴見緑地へ。1990年の花博跡地でバラ園が整備されているのですよ。高校生の時にいったなぁ、花博。と思いつつ、、、。いやぁ、花博の会場であっただけに、バラ園にたどり着くにも少し登らなきゃならないし、、、。でもバラに会いたかったんだもんねー。

ということで3つの園をまわってもまだ午前中。すごい勢いで3園にお邪魔したんですよ。まぁ、興味のない方には、、、はぁ?って感じでしょうけどね。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

Saijiki モッコウバラが咲いています

20190422 (14)
おはようございます。大阪は桜の季節が過ぎて、他の花がきれいに咲き始めています。まわりではどんな花が咲いていらっしゃいますか?

写真は先週末、東京の自宅の近くでみたモッコウバラ。クリーム色から黄色の小花を房咲きにする「キモッコウバラ」(黄木香薔薇)です。他のバラたちが花の準備をしているこの4月終わり(東京では)頃に、先駆けて咲くバラの仲間です。原種でいろんな病気、環境変化には強いようで、江戸時代に移入した種と言われていますが、詳細は分からないようですね。

さて今日は一日外出。兵庫、滋賀、大阪と関西圏をまわります。疲れるかなー。では今日も一日元気で行きましょう。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

Saijiki Earth Day 2019 @代々木公園

20190422 (67)
おはようございます。週末はとんぼ返りで東京に居ました。4月から単身赴任を開始しましたが、まだ小学生の子供たちがいますからね。今が(今も)家族でいる時間がとても大切なので、ちょっと無理してでも帰ります。ということで週末は東京。

土曜日(4月20日)は、子どもを語学補習校にdropして待機時間の間、新緑が気持ちのいい(だろうと)、代々木公園に向かいました。やはり冬と違って多くの人が新緑を楽しみに訪れていました。こんな日は、木漏れ日の下で本を読んだりするといいよねえ、と思ったらやっぱりいるじゃないですか、本を読んでいる人。読んでいらっしゃる本もYuval Noah Harariの”21 Lessons for the 21st Century”。ああその本、読んでみようかと思っている本です。面白いですか?と声をかけたくなってしまいました。


20190422 (73)
代々木公園も道路を挟んでのところが騒がしいので行ってみたら、Earth Day Tokyoのeventがやっていました。どんなboothがあるかなぁと覗いてみたら、学生・社会人の初め頃まで関わっていたNPOも出していました。世代交代して今は若い世代がやっているんだろうなぁ、と懐かしい気持ちになりました。「今のその情熱はどこかで生きるよ、頑張ってね。」
歳を重ねて私は違うアプローチで生きているけれども、彼らの善意が、少しでも次の世代に繋がっていく事を祈っています。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Saijiki 新宿御苑の桜

20190401 (99)
おはようございます。今日はどんな一日になるでしょうね。私はと言いますと実は大阪への引っ越しの直前に痛風の発作がでまして現在絶賛激痛中なのであります。
新職で着任したのに、、、困ったもので。ということで毎朝、痛みにのたうち回りながら通勤しているのであります。

さて、そんな暗い話は置いておいて、明るくいきたいのでね。今日の写真は先日行った新宿御苑での桜の花の写真で始めましょう。きれいなんですよね。日本列島は広いので桜の時期はそれぞれですよね。皆様の今年の桜はどんな桜でしょうね。

20190401 (104)
新宿の桜の向こうには、新宿のビルが見えるのでした。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

Saijiki ヒスイカズラの花

20190401 (137)
こんばんは。先日の神奈川ネタでヒスイカズラ列車のentryを書きましたが実物の写真はありませんでした。が!先日3/28にお休みを頂いて新宿御苑に出かけた時に新宿御苑の温室の中でヒスイカズラがきれいに咲いておりました。

どうでしょうか、花房は60㎝ぐらいあり随分と大振りでした。1つの花も長さも結構大きいですね。子どもたちにヒスイカズラってこんなだよー、って一通り教えて、、、。まぁ覚えてるかどうかは彼ら次第ですな。だって桜を見に行ったんだもの。

20190401 (140)
さてヒスイカズラの色である翡翠色は、MalvinマルビンとSaponarinサポナリンによる共色素効果が原因で鮮やかな緑色をしております。Malvinはアントシアニンの仲間で、その中に二つの糖のついたフラボノイドの仲間であるSaponarinが共存すると電子の状態が変わって吸収波長が長波長にシフトして赤色が抑えられてより青味をましているそうな。なるほどねー。一応、私学生の頃はこういう構造を見るとワクワクしちゃうような研究室いいたんだよね。

375px-Malvin_svg.png
Malvinはこんな構造。

375px-Saponarin.png
Saponarinはこんな感じ。拒否感を感じるかたもいらっしゃるかもしれませんが、この世界は化学構造であふれているのですよねー。


神奈川#25 ヒスイカズラトレイン
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1637.html

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Saijiki コブシの花@小伝馬町

20190321 (23)
こんにちは。今日は春分の日ですね。皆様はいかがお過ごしですか。都内もどんどん暖かくなっており、今日あたりソメイヨシノの開花宣言が出されるでしょうね。近くのソメイヨシノはもう咲き始めています。

地下鉄・小伝馬町付近の江戸通り沿いはコブシの樹が植えられていて、地下鉄の改札から地上階に上がると、暖かくなった風にコブシの甘い香りが乗ってやってきます。私はこの通りの一番気持ちのいい季節なんじゃないかなぁと思います。昨日も小伝馬町あたりを通りましたがいい香りであふれていました。最近、この小伝馬町付近も海外からの旅行客が増えており、この都心のたまさかの春を楽しんでもらえればなぁと思います。

20190321 (22)
北国の春、じゃなくて都心の春ですねー。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Saijiki St. Patrick's day

20190319 (91)
おはようございます。今日も一日、神奈川方面でお仕事で書く時間がないので明け方(いや、夜中)に書いていますので、コメントになかなか返信ができなくてごめんなさい。

さて一昨日、3月17日はSt. Patrick's dayでしたね。その前日、息子の用事で横浜・山手に出かけた後、お昼ご飯を中華街で食べようと石川町で降りて中華街へ、そのあと元町に向かって歩いている時にSt.Patrick's dayのparadeに出会いました。paradeって参加したことあったかなぁ。どんな気持ちなんだろう。サンバカーニバルだったら出てもいいような気もしますが。


20190319 (117)
周りを見るとgreen beerを持っている人を見かけました。どこで買ったのか尋ねて買いに行こうかと思ったのですが、息子の次の用事の時間が迫ってきたので結局買えず。なので、自宅で作ることにしました。緑にすりゃいいんですよ、要するに。

ということでbeerにblue curaçaoブルーキュラソーを加えれば出来上がり。ちょっと甘めに寄ってしまいますが、Happy St. Patrick's day! ということで(笑)。

そういえば子どもの頃、英語の教科書にSt.Patrick's dayの話がありましたね。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Saijiki 梅コレ2019 その2  大盃おおさかずき

20190222 (207)
こんばんは。 こんにちは、でしたね。予約投稿の時間を間違えました(笑)。梅コレ2019、その2。夜に梅の花を。

写真はちょうど1か月前の1月末の大盃の花。同じ公園で先週末もまだ咲いておりました。野梅系から変化した緋梅系の梅です。緋梅系は、枝や幹の内部が紅いそうです(手折ったことはないので見たことはないですが)。花が紅色・緋色のものが多いですが、白花でも枝の髄が紅いものはこの緋梅系だそうな。

この大盃は、花が大き目だからか「盆栽」に使われるようですね。大盃・梅で検索すると盆栽が結構出てきますよ。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Saijiki 渋谷川沿いに河津桜が咲いていました

20190223 (126)
今日の花粉はどれくらいの飛散量でしょうかね。この時期、本当につらいです。目の周りが真っ赤になってしまいます。
さて、梅コレ2019を始めたばかりというのに早速桜のネタですか?そうなんですよ。河津桜は咲くのが早いですからね。河津桜は、ご存じの通り伊豆・河津に由来する桜でいつもこの早春の季節に河津桜のnewsが流れてくると見に行きたくなるのですが、年度末に近いこの時期は気忙しいのと雪山シーズンなので中々いつも逸してしまうんですよね。この桜が見つかったのは昭和30年のことだそうで新しい桜なんですよね。

20190223 (141)
昨日はViolinの発表会で渋谷の並木橋あたりをうろうろしましたが、コンクリートで固められた渋谷川の川沿いに新たに植えられた河津桜がきれいに咲いていました。渋谷川って写真でも見かけますが、どんなにきれいに撮ったとしてもコンクリートでがちがちに固めた川っていうのは息苦しさを感じてしまいます。その川沿いに植えられた河津桜。息苦しくないか?と思わず声をかけたくなりますが、そんなことをものともせずに生きていくんだろうな。きれいな花を見せておくれ。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 7 comments  0 trackback

Saijiki 梅コレ2019 その1 道知辺

20190222 (393)
今年も関東は梅の季節になっています。皆様のお住まいの所でも梅が咲いていらっしゃいますか?今日のTV(「アド街」)で、水戸をやっていました。偕楽園の梅まつりは123回目らしいですよ。明治の頃から梅まつりやっていたんですね。

今年も梅コレの季節になりました。今日の梅は「道知辺(みちしるべ)」です。野梅性で早咲きの品種。初めは淡紅色でそののち紫紅色に変わります。この写真は2月10日に撮ったもので前の日に雪が降ったんですよ都心でも。

明日もいい一日になりますように。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Saijiki 年越しそばもちゃんと頂きました。

20190101 (188)
2018年を締めくくった食事は、もちろん年越しそばでした。皆様のお宅の年越しそばはどんなおそばでしたか?私は今年はお揚げさんのはいったおそばにしました。蕎麦アレルギーを持つ同級生と一緒に過ごした年越しは、年越し中華そばでしたね。いろんな年越しの食べ物があるものです。

20190101 (186)
母と妻はにしんそば。松葉の鰊を頂いておりましたよ。

年明けなんですけどね、昨日の晩ごはーん!(そこのところはまぁいいじゃない)

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Saijiki ざくろの実

20181216 (1)
おはようございます。今日は木曜日、、、今日、明日は朝から会議ががつーんとあります。三連休前にきつい、、、。話すことは嫌いじゃないですけどね、、、会議は、、、。

そんな波に乗れていない朝には、きれいな写真でもみて気分を変えていこうっと!そういえばザクロは実が詰まっている姿から富や豊かさの象徴と言われています。そう、そう思えば朝からザクロの実の写真をみて出かけるのも悪くないな。よし、今日一日(適度に)頑張ろう。

(このentryを書いているのは、、、まだ夜中、、、。)

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 9 comments  0 trackback

Saijiki 黄葉を見に高尾山に行ってきました

20181125 (19)
おはようございます。3連休3日目。今日は皆さんいかがお過ごしになられますか?我が家は習い事関係で昼から都内をうろうろすることにしています。昨日は高尾山までドライブしてきました。高尾の駅は駅前に駐車場が少ないので、駐車場待ちするのもたぶん得策ではないなと、裏高尾の方まで細い道をうろうろとしてきました。東京にもこんな風景があるんですよね。ここがこれからもずっと居心地のよい山であればいいな。

20181125 (28)
常緑樹と落葉樹が混ざった山ですので、黄葉していたりしてなかったり。

20181125 (17)
本格的な山歩きではなく、入って軽く散策して帰る、という感じなのでこの格好です。

20181125 (43)
生い茂っていた葉が落ち、実がきれいに照っていました。

20181125 (46)
不思議な恰好だなぁ、風に乗って飛ぶんだろうか。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

Saijiki べったら市@東京・小伝馬町

20181023 (179)
こんばんは。忙しさMaxな感じで、なかなかBlogを書くこともできず、皆様のblogにもお邪魔できず、、、。今晩も深夜便でBangkokに飛ぶため、羽田空港でこれを書いております。皆様いかがお過ごしでしょうか?少し涼しくなりましたねー。

秋らしい気温となった先週、今年も10月19日、20日に小伝馬町でべったら市が開かれました。秋の風物詩ですね。多くの人が訪れていました。べったら市を見たのは、数年ぶり?かな?本当は土曜日に家族で来たかったのですが、土曜日は土曜日で予定が詰まっていたため、一人でさっと歩くことにしました。

べったら市がいつ始まったのか?調べると江戸中期の中頃とか書いてますけど、一次資料にあたっていないのでよくわからない、、、。まぁ恵比寿講なので、商品経済が発達した元禄の頃と考えておけば、遠からず、といったところでしょうね。宝田恵比寿神社の門前で10月20日の恵比寿講にお供えするため、前日の19日に市が立ちった、ということからだそうな。ざっくり330年ぐらい前の頃の話ってことですね。商いがうまくいきますように、という人の率直な祈りが続いていると考えると、来年もそういう素直な気持ちで迎えられればな、とも思います。

そろそそBangkok便出発です。では、お休みなさい。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 10 comments  0 trackback

Saijiki 柿の実が色づく

20180917 (94)
お休みの日にご近所を歩いていていると庭木に柿の木を見かけることがあります。週末は娘と散歩をしていて娘も柿の木はわかります。この夏休みも東京農工大学の夏イベントで学生さんに植物の名前を教わるイベントに参加させてもらい、その時に教えてもらった樹のうちの一つが柿でした。

さて柿の実をみると、うっすら黄色く色づき始めていました。そうですね。桜の木も黄色く色づいた葉を見かけるようになってきましたから。秋がやってきました。

皆様のお宅の近くでも柿の実は色づき始めましたか?

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。