FC2ブログ

烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

Saijiki バラ・バラ・バラ

20190519 (352)
中ノ島公園の薔薇たち~。

こんばんは。今日の晩御飯は何でしたか?私は自宅でパスタでした。急いで職場から帰ってきたのはゴルフバッグを受け取るためでした。先週末ゴルフだったのに、また今週末も、、、。なのでどうしても受取が必要でして、、、。19時から21時の間でやってくる配送業者さんを待ちつつ、単身赴任宅でできる簡単メシ、、、そうパスタでございます。

それなら十分暇なのでしょう?とお思いかもしれませんが、意外とやることが多くて、なかなかblogをupする間もなく日々が過ぎていくのであります。これでいかん、と思いつつ、、、。週末土曜日は、終日ゴルフ+αでかなり歩いて、そして日曜日は日の出とともにお出かけしたため足はパンパンですが。

さて、日曜日は朝から何をしたかといいますと、、、そう薔薇のシーズンなのでバラたちに会いに行って来たのです。

それも、、、なんと、、、大阪で無料で楽しめる公園の薔薇たちにあってきたのです。早朝から、靭(うつぼ)公園、中ノ島公園、そして鶴見緑地。大阪のバラの有名どころでございます。

20190519 (238)
まず朝一に向かったのは靭公園。ここは、、、まぁ仕事でもよくお邪魔する本町からもアクセスのいいところにあり仕事の途中で立ち寄ることもできるのですが、日曜日の朝、居てもたってもいられなくて出かけました。


20190519 (540)
そして靭公園から歩いて淀屋橋方面へ。中ノ島公園に向かいました。こちらも整備されて新しく朝から観光客も含めてたくさんの人が訪れていらっしゃいました。見ごたえありですよ。あまりバラ園をハシゴするって話は聞きませんが、、、、。


20190520r.jpg
そして、京阪電車と地下鉄で鶴見緑地へ。1990年の花博跡地でバラ園が整備されているのですよ。高校生の時にいったなぁ、花博。と思いつつ、、、。いやぁ、花博の会場であっただけに、バラ園にたどり着くにも少し登らなきゃならないし、、、。でもバラに会いたかったんだもんねー。

ということで3つの園をまわってもまだ午前中。すごい勢いで3園にお邪魔したんですよ。まぁ、興味のない方には、、、はぁ?って感じでしょうけどね。

スポンサーサイト
Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

Saijiki モッコウバラが咲いています

20190422 (14)
おはようございます。大阪は桜の季節が過ぎて、他の花がきれいに咲き始めています。まわりではどんな花が咲いていらっしゃいますか?

写真は先週末、東京の自宅の近くでみたモッコウバラ。クリーム色から黄色の小花を房咲きにする「キモッコウバラ」(黄木香薔薇)です。他のバラたちが花の準備をしているこの4月終わり(東京では)頃に、先駆けて咲くバラの仲間です。原種でいろんな病気、環境変化には強いようで、江戸時代に移入した種と言われていますが、詳細は分からないようですね。

さて今日は一日外出。兵庫、滋賀、大阪と関西圏をまわります。疲れるかなー。では今日も一日元気で行きましょう。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

Saijiki Earth Day 2019 @代々木公園

20190422 (67)
おはようございます。週末はとんぼ返りで東京に居ました。4月から単身赴任を開始しましたが、まだ小学生の子供たちがいますからね。今が(今も)家族でいる時間がとても大切なので、ちょっと無理してでも帰ります。ということで週末は東京。

土曜日(4月20日)は、子どもを語学補習校にdropして待機時間の間、新緑が気持ちのいい(だろうと)、代々木公園に向かいました。やはり冬と違って多くの人が新緑を楽しみに訪れていました。こんな日は、木漏れ日の下で本を読んだりするといいよねえ、と思ったらやっぱりいるじゃないですか、本を読んでいる人。読んでいらっしゃる本もYuval Noah Harariの”21 Lessons for the 21st Century”。ああその本、読んでみようかと思っている本です。面白いですか?と声をかけたくなってしまいました。


20190422 (73)
代々木公園も道路を挟んでのところが騒がしいので行ってみたら、Earth Day Tokyoのeventがやっていました。どんなboothがあるかなぁと覗いてみたら、学生・社会人の初め頃まで関わっていたNPOも出していました。世代交代して今は若い世代がやっているんだろうなぁ、と懐かしい気持ちになりました。「今のその情熱はどこかで生きるよ、頑張ってね。」
歳を重ねて私は違うアプローチで生きているけれども、彼らの善意が、少しでも次の世代に繋がっていく事を祈っています。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Saijiki 新宿御苑の桜

20190401 (99)
おはようございます。今日はどんな一日になるでしょうね。私はと言いますと実は大阪への引っ越しの直前に痛風の発作がでまして現在絶賛激痛中なのであります。
新職で着任したのに、、、困ったもので。ということで毎朝、痛みにのたうち回りながら通勤しているのであります。

さて、そんな暗い話は置いておいて、明るくいきたいのでね。今日の写真は先日行った新宿御苑での桜の花の写真で始めましょう。きれいなんですよね。日本列島は広いので桜の時期はそれぞれですよね。皆様の今年の桜はどんな桜でしょうね。

20190401 (104)
新宿の桜の向こうには、新宿のビルが見えるのでした。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

Saijiki ヒスイカズラの花

20190401 (137)
こんばんは。先日の神奈川ネタでヒスイカズラ列車のentryを書きましたが実物の写真はありませんでした。が!先日3/28にお休みを頂いて新宿御苑に出かけた時に新宿御苑の温室の中でヒスイカズラがきれいに咲いておりました。

どうでしょうか、花房は60㎝ぐらいあり随分と大振りでした。1つの花も長さも結構大きいですね。子どもたちにヒスイカズラってこんなだよー、って一通り教えて、、、。まぁ覚えてるかどうかは彼ら次第ですな。だって桜を見に行ったんだもの。

20190401 (140)
さてヒスイカズラの色である翡翠色は、MalvinマルビンとSaponarinサポナリンによる共色素効果が原因で鮮やかな緑色をしております。Malvinはアントシアニンの仲間で、その中に二つの糖のついたフラボノイドの仲間であるSaponarinが共存すると電子の状態が変わって吸収波長が長波長にシフトして赤色が抑えられてより青味をましているそうな。なるほどねー。一応、私学生の頃はこういう構造を見るとワクワクしちゃうような研究室いいたんだよね。

375px-Malvin_svg.png
Malvinはこんな構造。

375px-Saponarin.png
Saponarinはこんな感じ。拒否感を感じるかたもいらっしゃるかもしれませんが、この世界は化学構造であふれているのですよねー。


神奈川#25 ヒスイカズラトレイン
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1637.html

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Saijiki コブシの花@小伝馬町

20190321 (23)
こんにちは。今日は春分の日ですね。皆様はいかがお過ごしですか。都内もどんどん暖かくなっており、今日あたりソメイヨシノの開花宣言が出されるでしょうね。近くのソメイヨシノはもう咲き始めています。

地下鉄・小伝馬町付近の江戸通り沿いはコブシの樹が植えられていて、地下鉄の改札から地上階に上がると、暖かくなった風にコブシの甘い香りが乗ってやってきます。私はこの通りの一番気持ちのいい季節なんじゃないかなぁと思います。昨日も小伝馬町あたりを通りましたがいい香りであふれていました。最近、この小伝馬町付近も海外からの旅行客が増えており、この都心のたまさかの春を楽しんでもらえればなぁと思います。

20190321 (22)
北国の春、じゃなくて都心の春ですねー。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Saijiki St. Patrick's day

20190319 (91)
おはようございます。今日も一日、神奈川方面でお仕事で書く時間がないので明け方(いや、夜中)に書いていますので、コメントになかなか返信ができなくてごめんなさい。

さて一昨日、3月17日はSt. Patrick's dayでしたね。その前日、息子の用事で横浜・山手に出かけた後、お昼ご飯を中華街で食べようと石川町で降りて中華街へ、そのあと元町に向かって歩いている時にSt.Patrick's dayのparadeに出会いました。paradeって参加したことあったかなぁ。どんな気持ちなんだろう。サンバカーニバルだったら出てもいいような気もしますが。


20190319 (117)
周りを見るとgreen beerを持っている人を見かけました。どこで買ったのか尋ねて買いに行こうかと思ったのですが、息子の次の用事の時間が迫ってきたので結局買えず。なので、自宅で作ることにしました。緑にすりゃいいんですよ、要するに。

ということでbeerにblue curaçaoブルーキュラソーを加えれば出来上がり。ちょっと甘めに寄ってしまいますが、Happy St. Patrick's day! ということで(笑)。

そういえば子どもの頃、英語の教科書にSt.Patrick's dayの話がありましたね。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Saijiki 梅コレ2019 その2  大盃おおさかずき

20190222 (207)
こんばんは。 こんにちは、でしたね。予約投稿の時間を間違えました(笑)。梅コレ2019、その2。夜に梅の花を。

写真はちょうど1か月前の1月末の大盃の花。同じ公園で先週末もまだ咲いておりました。野梅系から変化した緋梅系の梅です。緋梅系は、枝や幹の内部が紅いそうです(手折ったことはないので見たことはないですが)。花が紅色・緋色のものが多いですが、白花でも枝の髄が紅いものはこの緋梅系だそうな。

この大盃は、花が大き目だからか「盆栽」に使われるようですね。大盃・梅で検索すると盆栽が結構出てきますよ。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Saijiki 渋谷川沿いに河津桜が咲いていました

20190223 (126)
今日の花粉はどれくらいの飛散量でしょうかね。この時期、本当につらいです。目の周りが真っ赤になってしまいます。
さて、梅コレ2019を始めたばかりというのに早速桜のネタですか?そうなんですよ。河津桜は咲くのが早いですからね。河津桜は、ご存じの通り伊豆・河津に由来する桜でいつもこの早春の季節に河津桜のnewsが流れてくると見に行きたくなるのですが、年度末に近いこの時期は気忙しいのと雪山シーズンなので中々いつも逸してしまうんですよね。この桜が見つかったのは昭和30年のことだそうで新しい桜なんですよね。

20190223 (141)
昨日はViolinの発表会で渋谷の並木橋あたりをうろうろしましたが、コンクリートで固められた渋谷川の川沿いに新たに植えられた河津桜がきれいに咲いていました。渋谷川って写真でも見かけますが、どんなにきれいに撮ったとしてもコンクリートでがちがちに固めた川っていうのは息苦しさを感じてしまいます。その川沿いに植えられた河津桜。息苦しくないか?と思わず声をかけたくなりますが、そんなことをものともせずに生きていくんだろうな。きれいな花を見せておくれ。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 7 comments  0 trackback

Saijiki 梅コレ2019 その1 道知辺

20190222 (393)
今年も関東は梅の季節になっています。皆様のお住まいの所でも梅が咲いていらっしゃいますか?今日のTV(「アド街」)で、水戸をやっていました。偕楽園の梅まつりは123回目らしいですよ。明治の頃から梅まつりやっていたんですね。

今年も梅コレの季節になりました。今日の梅は「道知辺(みちしるべ)」です。野梅性で早咲きの品種。初めは淡紅色でそののち紫紅色に変わります。この写真は2月10日に撮ったもので前の日に雪が降ったんですよ都心でも。

明日もいい一日になりますように。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Saijiki 年越しそばもちゃんと頂きました。

20190101 (188)
2018年を締めくくった食事は、もちろん年越しそばでした。皆様のお宅の年越しそばはどんなおそばでしたか?私は今年はお揚げさんのはいったおそばにしました。蕎麦アレルギーを持つ同級生と一緒に過ごした年越しは、年越し中華そばでしたね。いろんな年越しの食べ物があるものです。

20190101 (186)
母と妻はにしんそば。松葉の鰊を頂いておりましたよ。

年明けなんですけどね、昨日の晩ごはーん!(そこのところはまぁいいじゃない)

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Saijiki ざくろの実

20181216 (1)
おはようございます。今日は木曜日、、、今日、明日は朝から会議ががつーんとあります。三連休前にきつい、、、。話すことは嫌いじゃないですけどね、、、会議は、、、。

そんな波に乗れていない朝には、きれいな写真でもみて気分を変えていこうっと!そういえばザクロは実が詰まっている姿から富や豊かさの象徴と言われています。そう、そう思えば朝からザクロの実の写真をみて出かけるのも悪くないな。よし、今日一日(適度に)頑張ろう。

(このentryを書いているのは、、、まだ夜中、、、。)

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 9 comments  0 trackback

Saijiki 黄葉を見に高尾山に行ってきました

20181125 (19)
おはようございます。3連休3日目。今日は皆さんいかがお過ごしになられますか?我が家は習い事関係で昼から都内をうろうろすることにしています。昨日は高尾山までドライブしてきました。高尾の駅は駅前に駐車場が少ないので、駐車場待ちするのもたぶん得策ではないなと、裏高尾の方まで細い道をうろうろとしてきました。東京にもこんな風景があるんですよね。ここがこれからもずっと居心地のよい山であればいいな。

20181125 (28)
常緑樹と落葉樹が混ざった山ですので、黄葉していたりしてなかったり。

20181125 (17)
本格的な山歩きではなく、入って軽く散策して帰る、という感じなのでこの格好です。

20181125 (43)
生い茂っていた葉が落ち、実がきれいに照っていました。

20181125 (46)
不思議な恰好だなぁ、風に乗って飛ぶんだろうか。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

Saijiki べったら市@東京・小伝馬町

20181023 (179)
こんばんは。忙しさMaxな感じで、なかなかBlogを書くこともできず、皆様のblogにもお邪魔できず、、、。今晩も深夜便でBangkokに飛ぶため、羽田空港でこれを書いております。皆様いかがお過ごしでしょうか?少し涼しくなりましたねー。

秋らしい気温となった先週、今年も10月19日、20日に小伝馬町でべったら市が開かれました。秋の風物詩ですね。多くの人が訪れていました。べったら市を見たのは、数年ぶり?かな?本当は土曜日に家族で来たかったのですが、土曜日は土曜日で予定が詰まっていたため、一人でさっと歩くことにしました。

べったら市がいつ始まったのか?調べると江戸中期の中頃とか書いてますけど、一次資料にあたっていないのでよくわからない、、、。まぁ恵比寿講なので、商品経済が発達した元禄の頃と考えておけば、遠からず、といったところでしょうね。宝田恵比寿神社の門前で10月20日の恵比寿講にお供えするため、前日の19日に市が立ちった、ということからだそうな。ざっくり330年ぐらい前の頃の話ってことですね。商いがうまくいきますように、という人の率直な祈りが続いていると考えると、来年もそういう素直な気持ちで迎えられればな、とも思います。

そろそそBangkok便出発です。では、お休みなさい。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 10 comments  0 trackback

Saijiki 柿の実が色づく

20180917 (94)
お休みの日にご近所を歩いていていると庭木に柿の木を見かけることがあります。週末は娘と散歩をしていて娘も柿の木はわかります。この夏休みも東京農工大学の夏イベントで学生さんに植物の名前を教わるイベントに参加させてもらい、その時に教えてもらった樹のうちの一つが柿でした。

さて柿の実をみると、うっすら黄色く色づき始めていました。そうですね。桜の木も黄色く色づいた葉を見かけるようになってきましたから。秋がやってきました。

皆様のお宅の近くでも柿の実は色づき始めましたか?

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

Saijiki ヒガンバナが咲きました

20180917 (84)
9月15日、東大・駒場にて。

こんにちは。今日は月曜日ですが敬老の日の振り替えでお休みです。やはり3連休はありがたい。すこし時間の余裕をもっての動きができますからね。お仕事で3連休でなかった方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、、、。

さてこの時期になると日頃は見なかったヒガンバナがシュッと顔を出して、ドキッとさせられますね。きれいな花なのに毒があるからでしょうけど。古くは飢饉に際して食するときに、数日間流水にさらすことで食用にしていたと、本なんかには書いてありますね。確かにあの球根を見たら食べられるかな?と思ってしまうでしょうね。そして食べてみて死人が出たり、えらい目にあった人たちの姿をみて「毒」があると昔の人達は気が付いたのでしょうね。そんな中でも水にさらしてデンプンを取り出して食べた、というのは本当、知恵ってすごいなぁと思います。

330pxLycorinesvg.png
このヒガンバナの毒の主成分はlycorineリコリン、リコリスから来た名前でしょうが可愛らしい名前です。でも毒ですからねえ、、、。実際に水にさらして食べるとなると球根の皮を剥いで、すりつぶして(粘りがすごいらしいですよ)、そして水でよくさらす(これは「流水にさらす」ということを考えれば回数はかなり多くなってしまいますね。リコリンは熱に対しては安定しているので、加熱しても意味がありあませんね。ともかく水溶性であることを考えれば水にさらす、さらす、さらす!子供の頃、理科の実験でジャガイモデンプンをとるのと同じ要領でデンプンを沈殿させるんですね。


やらないよね、、、。生きるか死ぬかの時以外、、、。


そういえばヒガンバナのネタって書いていないのね。前回はコレ。
埼玉#7 巾着田の曼珠沙華(2014年)
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-943.html

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Saijiki 蕎麦の花

20180815 Aizu Fukushima (9)

蕎麦はまだ花でもてなす山路かな 松尾芭蕉

奥会津を旅していてちょうど見かけた蕎麦の花。少し早めに植えられた蕎麦がちょうど咲いていました。新蕎麦の時期はもう少し後かな。松尾芭蕉を伊賀上野に門人が訪れたときも蕎麦の季節には早すぎたようですね。会津も蕎麦が美味しいんですけどねー。私たちが行ったのも少し早すぎました。

蕎麦の花といえば、蓬坪生まれの李孝石(イ・ヒョソク)の短編「蕎麦の花咲く頃」(1936年)を思い出します。いつ読んだのかなぁ。この小説の舞台となるのは江原道平昌郡蓬坪(ポンピョン)。平昌は2018年冬季五輪の開催地で名前を覚えた方も多いんじゃないですかね。ここはKoreaの蕎麦どころだそうで、蕎麦の花は作中でとても重要な風景です。作中の一夜の回想とともに蕎麦の花が咲く情景が心に残る名作です。

いつか機会があれば行ってみたいですね。高速バスで行けるよなぁ。東ソウルのバスターミナルから平昌経由、江陵行きの高速バスで約1時間50分。仕事では、、、どうかな。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Saijiki 夏休み突入で図書館で本をたくさん借りる

20170716 (6)
おはようございます。週末から子供たちは夏休みが始まりました。皆さんはどんな夏休みをとられる予定ですか?
夏休みは読書の宿題もありますが、今年は何冊ぐらいまで行けるでしょうか。子供たちと7月8月の読書マラソンでもしましょうかね。私でも通勤時間に携帯電話をいじらなければ、本を読む時間は作ることができるはずです。

この一年ほどで、息子と娘の本を読むスピードがどんどん上がっており、図書館で借りる間に本を読み始めるので、図書館滞在時間が長くなってしまいます。まぁ、これだけ暑いのですから、外にいるより公共施設の中のクーラーの効いた場所にいた方が、安全ですね。昔は外で遊ぶことをすすめられましたね。

20170716 (7)
娘も本を借りた先から読むものだから、帰ることには数冊はもう読んだ絵本になってしまっていますね。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Saijiki 金曜だけど土用だった

20180721 (143)
こんにちは。昨日は金曜日だけど土用の丑の日でしたね。そんなくだらないことを言っているおっさん集団と一緒に会社の近所の鰻屋に行ってきました。実際頂いたのは水曜日で、日にちをずらして、、、。だって人が多いですからね、この時期は。このお店は150年近い歴史があるってことだそうで、ほかのお客さんもそのあたりをよく知っていらっしゃるようですね。

鰻は人によって好みがちがうので、今回は一緒したメンバーに合わせて、いつも行くお店とは違うお店に行きました。鰻の味はしっかりしててよかったですが、ただちょっと横で見てたら肝吸いのお出汁のとり方がちょっと粗いんですよね。私には初めてのお店でしたけど、ちょっと日にち変えていったら、同じようには出せないんじゃないかなぁ。まぁ常連さんがいらっしゃって150年続きはったお店ですからね、そんな心配はいらないんでしょう。

まぁ私は自分から好んではいかないかな。鰻に罪はありませんよ。ご馳走様でした。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Saijiki ひまわりの花

20170716 (196)
こんにちは。朝の写真をモノクロにしたんでね。お昼は明るい色の写真にしますね。先日都内の街角で見かけたひまわりの花です。工事現場の角に数本まとまった植えてあり周りの人工的な風景の中で、すっくりと背を伸ばすひまわりを見ると、元気が出てきますね。こんなにピーンと背が伸ばせるといいな。

最近ですね、腰が痛くなる回数が増えているような気がします。もともと腰痛持ちではあったのですが、座っての仕事が多いからですかね。ピーンと背中を伸ばして仕事をしていないからなかぁ。

このentryを書きながら「ひまわりの花」を聞いていました。冨永裕輔さんの歌です。2011年のNH*北九州放送局開局80周年記念「きたきゅうの歌」で大賞を受賞した曲ですね。この8月8日に全国メジャーデビュー決定したそうですね。活躍が楽しみですわ。

気になった方、Youtubeで検索してみてください。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Saijiki 夏だ、穴子だ!

20180707 (61)
西日本の大雨は大きな災害になってしまいました。早く回復することを祈るばかりです。こんばんは。
今週はいくつもの報告書がありまして寝不足が続いています。そして11日、12日は大阪出張です。とほほーん。
今日は東南アジアの駐在員と一緒に仕事をしていたのですが、やっぱり日本の方が暑さを感じるようですね、、、湿度ですね。

東京も暑い!大阪も暑いけど、、、。夏になりましたからね。今日のネタは、夏になったので「穴子」!東京にいる限り、玉ゐさんが美味しい穴子を出してくれる限りは、行っちゃうんだろうなぁ。写真は最後に頂いた箱飯ですけど、美味しいんですよねコレ。穴子は焼きが好きですか?蒸しが好きですか?私は両方とも好きですが。

わたくしの穴子好きは、学生のころに当時お付き合いしていた方の親父さんが、ご馳走してくれた瀬戸内・広島産の穴子の白焼きを頂いてからです。あの時に生まれて初めて穴子の本当のおいしさに出会ったといってもいいです。人づてに親父さんはもう亡くなられていらっしゃると聞きました。「ありがとうございました」と穴子を食べるたびに、親父さんのことを思い出します。

箱飯に至るまでにも肴もいくつか頂きましたけど、その中に刺身もありました。そういえば穴子も鰻とかと一緒で生は毒(イクシオトキシン)がありますよね。どうやってたら生食できるのかというと、水洗いして血をきれいに洗い流さなきゃならないそうですね。いやぁ手間がかかってるんですね。


昨年も7月頭に書いていましたね。
東京#48 穴子二種@玉ゐ
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1273.html

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Saijiki 入谷の朝顔市2018

20180707 (77)
朝の光を受けてきれいですねえ。おはようございます。土曜日の朝、東京は雨も上がって暑くなりそうです。西の方は大雨で避難勧告が出たりしていましたね。大阪は地震の後で心配ですね。お住まいの場所は大丈夫ですか?

さて、今朝も私は朝6時頃から入谷に出かけてきました。そう、今年も朝顔市が開かれましたので、朝から車でさっと上野・入谷まで行って、鬼子母神にもお参りを済ませ、帰ってきました。


20180707 (90)
しかし朝6時台だというのに朝顔を買いにくる人が多いんですね。鬼子母神の真源寺の前にも店が出ていますが、寺の塀瓦の上に荷物をひっかけたりしているのを見ると粋じゃないねえ、と興がさめますが、朝顔の花をみて気を取り直しましょう。

20180707 (70)
よい開き方をしている朝顔を探しながらの散歩でした。概ね数種類の朝顔を売っている店が多いのですが、団十郎を並べている店が結構多いですね。団十郎をお勧めしている売り子さんに、「団十郎は入らないのがいい。」って言っているお客さんが居たりと、朝顔も好みですからねえ。どんな朝顔がお好みですか?

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

Saijiki 茅の輪くぐり@近所の神社

20180702 (92)
こんばんは。いや真夜中2時だから、おはようございます、ですね。

土曜日の朝、大阪出張から戻り息子の習い事を終えた後、もう神事も終わり神社には人がほとんどいない夕暮れ時に、今年も茅の輪くぐりに行ってきました。土曜日は6月30日でしたからね、夏越しの大祓です。茅の輪くぐりは、茅で作られた茅の輪をくぐって禊をして邪悪な穢れを祓って心身を清める神事で、茅の輪のくぐり方が神社に説明が書いてあり、息子はちゃんと説明通りにくぐっていました。娘さんは、まぁ説明通りではなかったですが、ちゃんとお祈りしていましたね。

東京は梅雨が明け、暑くてたまらない夏がやってきます。7月が始まりました。どんな夏になりますかね。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

Saijiki ビワの実 @光福寺・埼玉

20189612 (94)
こんにちは。今日の晩御飯はなんですか? スーパーの青果コーナーにはビワが並ぶ季節ですが、今年はビワを食べていません。皆さんは食べましたか?

ビワは温暖な地域で育てられていますよね。日本での産地は長崎、千葉、鹿児島がトップ3です。千葉って温暖な環境で冬も関東の中では過ごしやすい地域だと思います。ビワは中国からの移入種とも日本原産とも言われますが、現在の栽培品種は中国からもたらされた品種がもとになっているそうです。栽培の記録は江戸時代にはあって、最初の頃は小ぶりの品種が栽培されていて、江戸末期になってから中国から大玉のビワが入ってきたそうです。

子供のころビワの実を食べて、家の庭に口からプッと捨てた種が木になり、実家の庭にはビワの樹があります。実がなるんですけどね、やはり小さめです。写真は先日の熊谷の帰りに通った埼玉・光福寺の境内になっていたビワの実。これも実が小さめ。誰か口からプッと捨てた種から木になったのでしょうかね。


20189612 (91)
この光福寺には、古い宝篋印塔があります。元亨3年(1323)に建てられたものでなにげに古いし国の指定有形文化財です。鎌倉期で世界史的に言えば、あの「神曲」を書いたDante Alighieriがなくなったのが、1321年ですからねえ。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

Saijiki 娘の絵~カタツムリ

20180609 (51)
先日6月9日の休みの日は学校公開日でした。この日も東京にいましたので訪れることができました。(別に単身赴任しているわけではないのですが、出張がらみで家にいないことが多かったりするもので、、、。)今回教室前に貼ってあった娘の学年の絵は、皆さん色とりどりのカタツムリでした。娘は学校の授業で一番楽しいのは図工のようで家でも絵をかいたりクラフトしたりと楽しんでいます。いろんな色を楽しんでほしいものです。


20180609 (19)
カタツムリの絵だったので紫陽花の花を添えましょう。

今日も一日いい一日でありますよう。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

Saijiki タイサンボクの花

20189612 (28)
こんにちは。今日はどんな一日でしょうかね。写真は先日の熊谷で見かけたタイサンボクです。この時期にぱっと目を引く大きな花ですよね。先週は東大・駒場キャンパスでも見かけました。タイサンボクは見た目通りですが、コブシやモクレンの仲間です。花の白と光沢ある葉の色でとても主張のある花ですね。Magnoliaマグノリアの花というとよくわかるでしょうか。

Magnoliaはアメリカ南部Mississippiの州花で、各州のデザインのある25セント硬貨ではMississippi州のもの(2002年10月から発行開始)には2つのモクレンの花が描かれています。我が家でも50州+のシリーズ、集めているのですけどまだcompleteできていません。2セットトライ中なんですけどね、、、。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Saijiki 八重クチナシ

20189612 (60)
ヒメクチナシ(姫梔子、姫梔)の変種で八重のものですが、この時期になると都内でも見かけるようになります。私は山手通りをよく使うのですが道路わきによく植えられているのを見ます。昨年は、芝大門で楽しみましたねえ。
この写真は、先日の別府沼公園で見かけたものです。

クチナシはこの時期、梅雨頃から初夏に香りの良い純白の花を咲かせるため、雨に濡れることも多い花ですね。
アカネ科クチナシ属の常緑低木です。

Saijiki 梔子の花  昨年のクチナシ↓
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1283.html

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Saijiki 蓮の花@野原・文珠寺、埼玉

20189612 (78)
日曜日(6月10日)は、熊谷まで出かけてきました。だいたい熊谷に行くのはかなり暑い時期が多いような気がするのですが(まあ暑さで有名な熊谷ですからねー)、今回は台風の影響で雨の熊谷でした。

熊谷駅から国道407号で少し東松山側に行った場所、立正大学の南にこのお寺があります。武州野原の文殊寺として知られる曹洞宗のお寺です。文殊菩薩さんがいらしゃるので、まぁ「息子、娘よ、文殊さんにあやかっとこ。」ということでお邪魔しました。あいにくの雨ですが、まぁ、暑すぎない、人も少ないでよかったかもしれません。

ちょうど蓮の花に雨露がかかっていてきれいでした。昨日が熱帯性スイレンだったので、そこからの繋がりで蓮の花にしてみました。きれいですなぁ、ほんと。

20189612 (84)
ほかにも参拝客が1人だけ。この人も文殊さんに知恵を授かりに来たのかなぁ。大きなお世話ですね。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Saijiki ジャカランダの花

20180601 (174)
5月13日に娘の語学補習校の後、別行動をしていた妻と息子と待ち合わせに新宿駅に向かいました。新宿駅のバスタの手前に宮崎県のアンテナショップに立ち寄りました。入り口にジャカランダの鉢植えがあり、ちょうど紫色の花を咲かせていました。日南市南郷町にはジャカランダ群生林があるからその宣伝ですね。毎年見ごろは5月ごろで「ジャカランダまつり」が開かれています。

Jacarandaジャカランダは、南米原産のノウゼンカズラ科の花木で、結構大きな樹で15mほどになります。画像検索なんかをしてみて頂ければ、きっとその並木の美しさに心が奪われてしまうでしょう。日本で主に植えられているのは、J. mimosifoliaジャカランダ・ミシモフォリアという品種だそうです。いつかジャカランダの並木を見に行きたいと思っていて、わたくしの生涯to do listの一項目です。

僕はこの花の名前を、レーズン(元グレープ:さだまさしさんと吉田政美さんがグレープ解散15周年の1991年に結成されたユニット)の「あの頃について」で知りました。私は乾燥地・熱帯農学を学ぶべく農学部に進学し、大学でもサークルでもNGO活動でも熱心に熱帯を追いかけていたころです。そのアルバムに収録されている「ジャカランダの丘」という曲に魅了されました。この歌にある恋は初恋だろうと勝手に思っています。

ジャカランダの花の咲く頃に届いた手紙は、何も変えなかったのでしょうか。何も変わらなかったのでしょうか。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Saijiki 緑豊かな楷の樹

20180504 (176)
閑谷学校にも足利学校にも湯島聖堂にだって、孔子先生にまつわる場所にはよく植えてある楷の樹。ウルシ科カイノキ属の高木。写真の通り本当に高くなりますよ。写真は足利学校の楷の樹。ナンバンハゼ(南蛮櫨)とも言います。ちょうど5月頭に行った際には、緑がもう深くなりつつあり、夏の豊かな緑色をしていました。秋になると見事な紅葉が楽しめますので、どちらかというと秋のイメージの樹かもしれませんが、私はこの初夏の楷の樹が好きですね。


20180504 (172)
わかるかなぁ。小葉がきれいに揃っていてきれいな葉をしています。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。