烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

Belize#1 マグロだよねえ?でもインド洋?

DSC_0309.jpg
本当に魚が好きな人たちが多いんだろうねぇ、こんなに魚の種類があるんだもん、、、と思いつつ近所のスーパーSで鮮魚コーナーをうろうろしていて、見つけたマグロちゃん。家に帰って、づけにして頂きました。子供たちには、まだ生魚を食べさせてはいないので、子供たちが寝静まってから、晩酌をしつつ、妻と漬け丼です。ご馳走様でした。


DSC_0306.jpg
で、今日のこのマグロちゃんはどこから来たのかしら? ベリーズって書いてるね。ベリーズ。その響きだけではつづりさえ出てこない、Belize。中央アメリカ・ユカタン半島に位置する国で、英連邦のひとつです。Belizeのentryは初めてですよね。しかしだ、、、その横にインド洋って書いてあるよね。インド洋?Belizeはインド洋じゃないよな、、。これって、あれかな、便宜置籍船ってことかな。インド洋、大西洋では、便宜置籍船によるIUU漁業(Illegal, Unreported, Unregulatedな漁業)が問題になっているそうな。。。
便宜船籍船で漁をして、それを積み替えたのかなぁ。。。いろいろとわからなくなってしまいました。もやもや感の残る表記でした。。。

BLZ orthographic
そ、ベリーズというのは、ここですよ。

スポンサーサイト
Posted by TORU on  | 10 comments  0 trackback

El Salvador#6 Chicken Tamale

IMG_1316.jpg
先日のGuatemara料理にも私の好きなEl Salvador料理にもcornmealでつくるTamaleがありますね。トウモロコシ食のある中米全般にあるのでしょうね。私はこのEl Salvador料理屋さんでは、よくChickenのTamaleを頂きます。レシピを見るとラードを使ったりもするようですね。
コーンのつぶつぶ感の残った粉が大丈夫な人なら、お口にあうと思います。ごちそうさまでした。

Wiki;Tamale
http://en.wikipedia.org/wiki/Tamale

エルサルバドルのentry、6つ目でした。

El Salvador#1 Tamale
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-158.html

El Salvador#2 Coffee
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-165.html

El Salvador#3 Majarra Rellena
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-184.html

El Salvador#4 Beer
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-196.html

El Salvador#5 habanero pepper & chicken
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-371.html

Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Guatemala2:Guatemara料理2@AZ

IMG_0859.jpg
Sedonaの帰りに、私は家族と別行動に。そのままAZで出張に出た私はいつものごとくGuatemara料理を食べに行きました。ここは定番です。一昨年にもUpしておりましたね。今回の料理、料理の名前をメモしてくるのを忘れました、、、でも鶏のpepianです。作り方をネットで見てると、ゴマ、カボチャの種、唐辛子、tomatillo、玉ねぎ、にんにくなどをローストして、ミキサーに掛けて、そのあとに肉を入れて煮込んで作るそうですね。舌触りもいいですよ。Guatemalaというと、日本ではやっぱりコーヒー豆でしょうか、それともカカオかな、、、。そういえばチョコーレートの入った料理もよくあるようです。ごちそうさまでした。そのうち自分で作ってみたいと思います。


こうやって作るそうです。(一例)
http://www.uncorneredmarket.com/2009/04/guatemalan-pepian-please-try-this-at-home/

グアテマラってこんなところ。
Guatemala大使館↓
http://www.embassy-avenue.jp/guatemala/index-j.html

Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

Argentina#1 Empanada

2012-07-27 A empanadas
え?またですか?とお思いのそこ御仁。そうですとも、またEmpanadaですよ。でもね、今回は小麦粉を生地にしたEmpanadaなんですよ。Downtown, PortlandのFood Cartで頂きました。店のオーナーさんがArgentinaに行ってinspireされてEmpanadaを作ってらっしゃるそうです。ふーん。
今回は、すこし辛めの味付けになっている鶏肉のEmpanadaです。平日(8月のお昼ごはんにはこれひとつでも十分かな。

Argentinaアルゼンチンの正式名称は、Republica Argentinaレプブリカ・アルヘンティーナ。国名としては、Argentinaアルジェンティーナというべきなんですね。Argentum(銀のラテン語)を語源とするんですね。元素記号のAgも同じラテン語からですよ。南米で銀、といえばポトシ銀山を思い浮かべますが、あれはBoliviaでしたね。

2012-08-27-2.jpg
家に持ち帰ってもう一つ買っておいたPlantainとBlack BeansのEmpanadaを妻とシェアしたんですが、妻のお口にはあまり合わなかったようです。残念。


??今日の地理??
Argentina、さてどこだ!ここだす!
541px-Argentina_(orthographic_projection).svg[1]
著作権表記;Wikipedia Commonsから。

Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Venezuela#4 Empanadas@PHX

2012-08-22 (3)
Venezuelaネタその4です。Empanadasという食べ物。見た目だけだと、Russiaのピロシキ的な食べ物です。食べたら、やっぱりピロシキ的な雰囲気の食べ物でした。
スペイン語の「つつむ」から派生しているそうですね。調べてみたら、、、、。

?今日のスペイン語?
empanar vt (Culin, con masa)
to cover in a pastry case (con pan rallado)
to cook or roll in breadcrumbs or pastry
となっていました。なるほど。

2012-08-22 (1)
中はこんな感じ。

とり肉のEmpanada、美味しく頂きました。こちらもトウモロコシの粉で作った生地で包んでパンフライしたものでした。「包みあげ」の食べ物は世界中いろんなところにありますねー。
エンパナーダの説明は、Wikipediaで。スペイン語、ポルトガル語圏に広くあるようですね。

Venezuelaで馴染みがあるといえば、野球選手でしょうか。南米有数の野球大国ですね。ロベルト・ペタジーニ、アレックス・カブレラ、アーロム・バルディリス、アレックス・ラミレスといった選手がVenesuela出身です。気持ち身近に感じることができましたかねー(笑)。

さて、これだけ食べたら、後は〆のデザートですね。

2012-08-22 (2)
カスタードパイ(Fran)を頂きました。

Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Venezuela#3 Patacon Camaron@PHX

IMG_3047.jpg

南米料理といえば、トウモロコシとPlantainがないとね!って思えるぐらいPlantain調理用バナナを使った料理を頂きたくなります。PlantainをこのBlogで初めてentryしたのはJamaica料理でしたね。
今回の料理はVenezuela料理のPataconという料理で、Plantainを潰し揚げにしたようなもので挟んだサンドのようなものです。このPlantainというものはイモそのもの。だからじゃがいものフライ(分厚いポテトチップスみたいなもの)ではさんだ感じ。美味しいですよ。Patacon Camaronはエビのパタコンです。ごちそうさまでした。


では、久しぶりに行っときますか。

?今日の英語?
Plantains are a major food staple in equatorial Africa and Andean regions. Their attractiveness as food is that they fruit all year

round, making them more reliable all-season staple food. This is particularly important for communities living in mountains or forests

with inadequate food storage, preservation and transportation technologies.
(英文はWikiの説明文から)

Plantain プランタイン
staple food 主食
equatrial Africa 赤道アフリカ
Andean アンデス
attractiveness 魅力
reliable あてにできる
inadequate 不十分な


追記>
このentryを書きながら久しぶりに映画「銀のエンゼル」を流していました。そういえば、バナナを電子レンジでチンしてくれ、というシーンがありましたね。バナナをチンするときは穴をあけるか、ちゃんと切ってから電子レンジしましょう。破裂しますよ。。。

Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Suriname #1 Roti Chicken@PDX

2012-08-16 Roti
今回はVenezuela料理から離れて、今度は少し南東の国、Surinameスリナムの料理。
甘みのついたカレー風味の鶏肉煮込みを薄焼きのパンで頂くもの。じゃがいもも添えられていてとっても美味しく頂きました。ごちそうさまでした。

今日の料理の名前、Roti Chickenと聞いて、「ん?」と思った方、感がいいですね。
何故にそんなにインド料理っぽい雰囲気なんだ?写真を見ても、、、南アジアっぽい雰囲気ですね。じつはRebublic of Surinameスリナム共和国は南米大陸で唯一オランダ語を公用語とする国です。そう、独立するまでオランダの植民地だったんです。

それで1863年奴隷制度廃止後に労働力不足を補うため、Indonesia(オランダ東インド会社による支配)やIndiaなどから労働力が流入したので、そのあたりの食文化が根付いたんですね。ちなみに独立は20世紀も後半に入ってから、1954年にオランダから自治権獲得、1975年11月25日に完全独立しました。おっと、私が生まれてからの出来事なんですね。

ちなみにRotiというのは、東南アジア、南アジアで食べられるパンです。会社のヒンディに詳しい先輩に写真だけ見せて、コレ何?って聞いたらRotiだ、って答えていました。インド料理だろ?って。はは、なるほど。

Fonzi's Bakabana Cabana
http://fonzisfoodcart.com/
503-449-4999
Southeast Hawthorne Boulevard at 32nd Avenue, Portland,OR.


??今日の地理??
スリナム、どこかわかりますかー。させたらすごい!

答えはいつものごとく、ここ↓(地図はWikipedia のCommonsから)
732px-Suriname_in_its_region.svg[1]

Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Venezuela #2 Papelon con Limon

2012-08-14 papelon
Venezuelaものの続きです。いつものことですが、注文する時にはあまり考えません、概ね量(サイズ)は聞きますが。

私のレストランでの料理の頼み方の典型的な方法は、「知らない名前の物があったらそれを頼んでみる。」です。

理由は簡単、長ったらしく説明を聞くことは面倒だ。聞いてみて味が想像できたりすると、怯んでしまう。そんなことでは「口からGlobal」なんて言っていられない。もちろん味的に食べられないもの、飲めないものが出てくる可能性はあります。私、発酵臭のきついものは苦手です。クサヤ的食べ物は私には、大変厳しい。過去にそういう経験を幾度となくしています、が、ついついやっちゃうんですね。

まあ、料理屋や屋台や道端で売っている以上、食べられないわけではない。これが基本方針です。誰も「共感」されない方針で、食べ物を選んでいます。ちゃんと確かめて食べたい方はそうしたほうがいいでしょう、間違いなく。多くの方にとってその方が安全です。

さて、今回頂いたPapelonという飲み物。もちろん見た目がなんだか薄い紅茶みたいだな、、、、ぐらいに思ってオーダー。
一口飲んでの私の感想。
「うーん、、、黒糖入りのトマトジュースみたいな味ですね。」
周りの、同行者にも一口づつ飲んでいただきましたけど、、、同じ感想。

でも、トマトは間違いなく入っていない透明感。ということで、後から調べてみると、多分コレ。黒糖のコクとライムの酸っぱさがそう感じさせたのかな。

Papelon con Limon レシピはここ↓
http://panchasrecipes.wordpress.com/

レモンかライムかが入った黒糖ドリンク!ははー、なるほど。Venezuelaはサトウキビを栽培していましたね、そいういえば。だからラム酒も沢山ある。そのうちラム酒のentry書こうかな。


前のentryと同じ、お店です。
2057 S Alma School Rd
Mesa, AZ 85202
(480) 838-4588
http://www.myarepa.com/


Venazuelaってこんなところ↓
http://surtrek.jp/venezuela/index.html

Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

Venezuela:Arepa@Phenix,AZ

IMG_3048.jpg
しょっちゅういろんな国のものを食べていますが、今回も初登場、Venezuelaの代表的な食べ物Arepasです。
今回、日本からの出張者に「何食べます?」「うーん、どうしようかな。」って悩んでいらっしゃったので、私の方から、選択肢を準備しておきました。Uzubekisutan料理かVenezuela料理。もちろん、BrazilでもGermanyでもいいんですよ、僕は。

なにせ、アメリカにきて、肉は食べ飽きているでしょうし、何を食べてもいいのだったら、移民の国アメリカを楽しんでいただこうというのが趣向です。

今回私が頂いたのは牛のひき肉の入ったArepaです。Arepaはトウモロコシの粉で作るVenezuelaやColombiaの伝統的な薄いパンで、焼くか揚げるかするとのこと。どちらかと言うと油で焼いた「おやき」的な雰囲気の食べ物です。主に朝食や間食だそうです。

いつもいろんな物を紹介しますけど、なかなか作り方まで紹介してませんでしたね。食べてみたい、と思ったそこの貴方!これなら簡単につくれますよ。中に入れるものは、お好きな味をつけて食べてみるのもいいんじゃないでしょうか。普通にひき肉の味にチリを入れてみたり、スターアニスを入れたりして味をつけると雰囲気出ますよ。


??今日の地理??
Qさて今回も指差しマップ、Venezuelaをさせますか?

Aここでした。させますか?
250px-VEN_orthographic.svg[1]


今回Arepaを頂いたお店はここです。
http://www.myarepa.com/

Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

Brazil Acai@Agora Churrascaria@CA

2012-02-22 (1)

先日の出張1日目の晩、CAにいるIさんと晩御飯を一緒に食べました。日本食とBrazil料理とどっちがいい?って聞いたらBrazilということで、美味しいChurrascoシュラスコを頂きました。

肉がどんどんくるので、ついつい食べ過ぎてしまいますが、、、そして、ついつい肉の写真をとったりするのを忘れたり、、、。

で、結局写真をとっていたのは、自身で取りに行った前菜部分なんですが、写真右に写っている、椎茸。これが酸っぱいのなんの、、、、。なんで酸っぱい椎茸なのよ!!って思うぐらいでした。椎茸を煮るときは甘辛くして欲しいです。

2012-02-22 (2)

で、最後にデザートをとオーダーしたのが、Acaiアサイーです。私、以前にも頂いたことがあるのですが、なんと綺麗サッパリに忘れておりました。グラノーラと一緒に食べるのはBrazil風らしいですが、バナナは、、、こうやって撮ると、なんだかよくわかりませんね。

健康に良いそうです。Berry的な味をしていますが、ヤシの一種の実だそうで、Brazilでは有名な食べ物だそうです。そういえば、健康食扱いでこちらでも売っていますね、ジュースとか。
ごちそうさまでした。

このお店で頂きました。
http://www.agorachurrascaria.com/


追伸;ドイツ出張中にその前週のCAの出張のことを書くだなんて、すみません。。。

Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

El Salvador; habanero pepper & chicken

IMG01701-20110901-1305.jpg
随分前に食べたものなんですけどね、苺チョコで視覚的に甘くなったので、今度は辛いのを見ておこうかな、と思いまして、、、辛い食べ物、辛い食べ物、、、といえば、世界的に有名な辛い食べ物、ああHabaneroハバネロですねえ。
ということで、おなじみ近所のEl Salvador料理屋さんで頂きました、habanero papperとchickenの煮たものです。見た目、それほど辛くないんですけど、、、、やっぱりそこそこ辛い、いや十分辛い。会社の後輩さんは、一口食べて食べられない、と言っていました。口の中がヒリヒリするというか、お腹がぽっぽするというか、、、Hotなんですね。でも、habaneroより辛いと言われているBhut Jolokia chili pepperはもっともっと辛いと認定されているようですね。Bhut、やっぱりブータンか!?とてつもなく辛いブータン料理ってのをきいたことがありますが、ブータンのものはまだ口にしたことがありませんので、、、、。

鶏肉が本当に美味しく煮られていて、そして辛い、とても美味しく頂きました。ごちそうさまでした。


1000px-LocationElSalvador_svg.png
El Salvadorの場所覚えた?


!今日の英語!
Habanero pepper is known as one of the hottest peppers in the world.
ハバネロ・ペッパーは世界一辛い唐辛子のひとつとして知られています.

Habanero is popular for more than just its hotness.
ハバネロの人気には、単なる辛さ以上の理由があります.

Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

Honduras; Movie; Sin Nombre 邦題;闇の列車、光の旅

先日Blogで触れていた、見ようと思っていたDVD。実は見ていたのですけど、エントリーを書くかどうか悩みました。内容、重!!南米から国を逃れて越境する人々の話なんですけど、暴力シーンが多くて見ていて気分重くなりました、私は。南米の現実にある世界を丹念に、そして淡々と描き出している点、ものすごい映画なんです。それが映画祭でも認められたんだと私は思います。「生きることって何だろう」と真摯に訴えかけた映画です。

いつも妻が横で見ていて、また重いの見てるねえ、、、つまらん!これ、ちゃんと話まとまるの?このまま終わるんじゃないでしょうね?また、やっちゃった?みたいなことを言うのですが、、、。今回妻は10分ぐらいしか見なかったのに、この言葉を発しました。。。

妻「また、やっちゃったの?」
私「あああ。重かったね、、、。」(いつもの私なら「やっちゃったねー。」なんて軽く返すのに、、、。今回は久しぶりに、意気消沈したような返事。
妻「もう、南米ものやめたら?」
私「そうかもしれないねえ。」(ど凹みです。)

こうやって、映画に一喜一憂してボケたことをいっている私が甘ちゃんなんだということはよーうわかっていますが、頑張って甘ちゃんな生き方を通したいと思いますね。


公式Web;
http://www.yami-hikari.com/

trailer;
http://www.youtube.com/watch?v=VTSi0pKjC5g

Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

Guatemala; Puerco En Pepian, Maya Quetzal@Tucson, AZ

B2011-10-09-4.jpg
日頃は運転する道のりなのですが、今回は時間制限があったので、PhoenixからTucsonまでもAIRで。西に日が落ちて空から太陽の光が消え漆黒が空の上から降りてくる瞬間の光のグラデーションを窓から見ながら街の光が少ない中を飛びあっという間にTucsonに到着。

Tucsonで車を借りて夜空の下、定宿にて日本からの出張者Nさんとも合流しました。いつもは小洒落た雰囲気の店をこちらの人がチョイスしてくれるのですが、今回は私チョイス。今日はLatin America foodです、と宣言。

秋の心地よい風の中夜道を走り、行きたかった店に到着。downtownの中でも古い雰囲気のある通り。Tatoo屋が幾つかあり、ちょっとサイケな感じの店があり、Mexicoの影響出まくりなお店ありな感じの中に、狭い間口ながらもすっきりした食堂でした。いやー、良い感じだ。これは期待できます。

B2011-10-09 1
で、やはりBeerから。今日はGuatemara料理なので、Guatemara Beerを頂きました。お味は、とっても薄味。コロナのように水のように飲めます。やっぱり中南米のBeerの大半はこういう薄味が主流なんでしょうね。

私が注文したのは、Puerco En Pepian、そして最近はまり気味のPlantain。

B2011-10-09-2.jpg
Puerco En Pepian、Pepiの豚?何じゃ?
説明は豚の薄切り肉をソースで煮ているような感じ。で出てきたのはソースたっぷり掛けの豚。ソースのお味、カレーではないけどスパイシーなソースでとっても美味しい。Sauce made with roasted peppers, tomato, green tomatillo, sesame and pumpkin seeds。と言われてもどれくらいの割合で入っているのか、想像がつかないなあ、特にTomatilloとpumpkin seeds.これで$9.99は、安いなあ。やっぱりこういう料理が良いです。私的に。Nさんも満足、満足でよかったよかった。

B2011-10-09-3.jpg
Plantainは、小さなside dish的にできる?と聞いたらデザートの中にありましたね。ああ、デザート的なんですね、このお店では。ということで、Plantanos fritosを頂きました。sour creamと合わせると美味しいですね。これは$5.5はちょっと高めなき気もしなく無いですが、、、。

Maya Quetzal
429 N 4th Ave
Tucson, AZ 85705
(520) 622-8207

View Larger Map

Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

South America; 南米のコーラ製品、僕はHondurasのが好き。

Cora3-1.jpg
甘々代表、インカコーラ。

で、お次は、、、多分「甘々まっしぐら」なお味だろうと想像に安い南米編。想像通り!甘いのなんの!やっぱりなぁ。どれを頂いても、かき氷のシロップがわりになります。

12カ国目Pelu、インカコーラですね。まあ、比較的メジャーなやつですね。

13カ国目はChile、あまい。そういえばチリには行ったことがあると妻が言っていたような、、、。うちの妻もいろんな所行ってるなあ。

Cola3-4.jpg
でお次14カ国目Costa Rica、うん甘い。もうコレが一番の特徴の南米編ですね。15か国目、Brazil、これは普通ですけどピーチの香りがちょっと強め。

Cola3-3.jpg
16か国目、Honduras。この南米編では一番気に入ったお味。勿論「怒涛の甘さ」でしたけど。やっぱりぶどう系の味が好きなのかな、、、。さあ、Hondurasの場所、みなさんさせますかー?!

このエントリーをOregon Wineを頂きながら書いているので、より記憶が書き換えられているような気もしなくもない、、、。(公開されるのは私がアリゾナに居る時でしょうけど、、、)

Hondurasといえば、映画Sin Nombreをオーダー。今度見てみよう。

Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Jamaica Brown Stew Chicken@ Columbia,SC

2011-09-20 1

昨日はBlogの更新が出来ませんでしたが、皆さんナマズとティラピアはあまり馴染みが無いかもしれませんね。

さて、出張2日目(9月6日)のお昼ごはんはItalianだったので、Italyが3カ国目。

晩御飯もちょっといつもと違うものを頂きました。この日の晩御飯はJamaica料理。4か国目でございます。店に入るなり、Bob Marleyな感じです。アジア系のお客は我々のみ。JamaicanかAflicanが沢山。JamaicaのBeerは置いていなかったので、とりあえずDomesticのBeerを頂いて、、、、私がオーダーしたのはBrown Stew Chikenというものです。

$8.5。まあまあですね。最初、茶色いなー、って思ったのですが食べたらうまいのなんのって!!うーん、うなりました。Chicken Adoboぐらい好きになりましたね!(どんな基準だ?)

2011-09-20-2.jpg

付け合せにはPlantainを頂きました。Plantainプランティンは、生食はしない火を通して食べる料理用バナナです。昔Philippinesに行ったときもこればっかり食べていたことや、その頃、鶴見良行さんの「バナナと日本人:フィリピン農園と食卓のあいだ」を読んでフィールドに入るかどうか悩んだこともあったなあ、なんて思い出しましたね、、、。ま、GrillではBob Marlayでしたけど。

まあ、Bob Marlayな気分でOne Loveで気分を南に送って、チョイとお酒飲みますかね。ではでは。*リンク、音が出ますよ。

Brown-Stew Chicken
http://today.msnbc.msn.com/id/41460681/ns/today-food/t/brown-stew-chicken-full-flavor-history/


?本日の英単語?
Plantain プランティン そのまんまです。生食用ではなく加熱用バナナ。

Montego Bay Bar & Grill
7314 Parklane Rd Columbia, SC 29223
Tel 803-708-8481

Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

El Salvador Beer @Charlotte,NC

IMG01719-20110905-2041.jpg IMG01720-20110905-2041.jpg


先日エントリーしたEl Salvador料理から幕開けした、東海岸出張。この日からいろいろな国のものを食べ、見て、飲むという、強行な約1週間を過ごしました。一緒に歩いたS先輩、お付き合い頂きありがとうございました。さて、どれだけの国の名前を見ることができるでしょうか。1週間でどこまで行くかな、Let's Go!でございます。

1カ国目、El Salvador。

OR州でいくEl Salvador料理屋ではBeerを頼んだことがなかったので、今回Beerを初めて頂きました。SupremaというBeerとPilsener100というBeer。私はSupremaの方が好きかな。SupremaはPale Lagerでアルコール濃度は5.3%。普通。なんだかネットでみるとひどいレーティングされていますが、それほど悪くないですよ。多分古くなったBeerを飲んだからじゃないかな、、、。アメリカのメジャーな薄いBeerよりよっぽどか美味しいですよ。

IMG01724-20110905-2101.jpg

2つ目のPilsener100、その名の通り、ピルスナータイプのBeerなんですけど、Malty Aromaは強くなく、Flavour全体としてパンチはない。お水のように飲めるBeerですね。abv3.9%。なるほどアルコールも薄いんですね。とはいえ、2本も飲めば十分です。

ちょっと気になったBeer会社の宣伝、良いですビール、、、。

Youtube;良いですビール
http://www.youtube.com/watch?v=80tlj86PCVY&feature=player_embedded

Youtube;情熱的?
http://www.youtube.com/watch?v=aGW6myOQJsM&feature=player_embedded#!

ココで頂きました。
El Salvador Restaurant
4335 North Tryon Street, Charlotte, NC 28213-6918
TEL; 704-509-0580


?今日の英単語?
ABV=alcohol by volume

Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

El Salvador Majarra Rellena

IMG01721-20110905-2100.jpg

出張で東海岸に居りますが、昨日はPhoenix,AZからの乗り継ぎ便でのった飛行機が、到着空港がRain Storm(土砂降りの雨と強い風)で私ののった飛行機は上空でめちゃめちゃ揺らされながら1時間上空で着陸許可が降りるか降りないかの瀬戸際で、、、結局何とかCharlotte,NC降りることができました。

車を借りて、とりあえずDowntownに向かうものの、夕方に差し掛かっていることとLabor Dayでお休みなので、街は閑散としていて、取り立てて何も出来ずうろうろとしました。Houston,TXから来るはずの同僚は、結局Houstonで機材の問題でDelayして、、、彼を待っていては、まともな晩御飯にありつけない、ココは英断を下すことにして、何時来るかわからない彼をほったらかして、うろうろしている間に見つけたEl Salvador Restaurant。見るからに古い感じと、間違いなく中南米の人しかいないだろう雰囲気。お邪魔かなあ。

一人で入るか、否か、、、。はいります。

(やっぱり、そうだよね、アジア人は居ないですよね。中南米の人ばっかりだ。)

場違いな雰囲気と思うのは僕だけさー、と思うことに。そして結構な音量でかかっている音楽。哀愁感たっぷりで演歌の世界的にも思えてきて、この音楽がなんだか救ってくれる。メニューを頂いて、お店の人にどんな料理か聞いてみても、Spanish訛りが強くて、理解できない部分もある。まあ、せっかくだから、コレ!って感じで選んだのがMojarra Rellena。
Mojarraは魚の種類ですね。日本でいうとスズキの仲間(スズキ目)のクロサギ属にはいる魚。ちょっと小ぶりのスズキ(Seabass)と思えばわかるでしょうか。

ビールを頂いている間、演歌調な曲がポップスに変わってきました。2本目のBeerを頼んでいる間に、出てきました、出てきました。

(う!でかい!!やっぱり!!!)

こちらでモノを食べていて困るのは、間違いなくはしごなんかできないぐらい、とんでもない物量大作戦な量が出てくること。で、魚の命を奪った以上、食べるぞ!!この海老の入ったクリームソースの下は、Deep Friedな、いや揚げ過ぎなくらいかりっかりに揚がったMajarraが。勿論、完食。前半は揚げ過ぎの部分でしたが、後半はしっかりと身が美味しい状態でしたので、よかったです。NCに来てもEl Salvador料理。

美味しく頂きました。ごちそうさまでした。

*その後、夜中に遅れてやってきた彼をPick Upして、彼の夜ご飯を探しに出ましたけど。

Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

El Salvador Victrola Coffee Roaster

El Salvadorものについて、先日エントリーしたばかりですが、もう一つEl Salvadorでエントリー。

2011-08-28 NW Coffee
もう2ヶ月ほど前になりますが、6月20日、Seattleにて開かれたNW Coffee Festivalというのに行って来ました。Coffeeも凝り始めると本当に奥の深いものなので、しばらく凝ることは封印しています。が、久しぶりに美味しいCoffeeが飲みたいなあ、気分と合わせられるCoffeeを探しに行きたいなと思い、このFestivalに行って来ました。Festivalといってもそれほど広い会場でやっている訳ではないので、回るのにはそれほど時間がかかりませんでしたけどね。

今回のこのFestivalで、美味しいねえ、と思った一つ。El SalvadorからやってきたCoffeeです。El SalvadorのCoffeeは他の国に押されて減っているようです。今回頂きました、このEl SalvadorのSingle OriginのCoffeeはとってもFloralでSweetな香りで、美味しく頂きました。これを提供していたのはVictrola CoffeeというRoasterさんです。私のくだらない質問にも色々と答えてくださってとっても美味しく頂けました。

2011-08-28 El Salbador2
Victrola Coffee
http://www.victrolacoffee.com/

2011-08-28 El Salvador 1
Finca Matalapa Tasting Notes:
Aroma/Flavor: Floral, sweet, intense
Flavor: Cocoa, Maple Syrup, melon
Body: Medium
Finish: Long cocoa finish
Acidity: Vibrant orange citrus

Coffee production in El Salvador Wikipediaのエルサルバドルのコーヒー生産について
http://en.wikipedia.org/wiki/Coffee_production_in_El_Salvador

Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

El Salvador エルサルバドル tamale

2011-08-24 Elsalvador Tamale
今日のエントリーは、ちょっと変わった所狙いです。先日食べた、El Salvadorエルサルバドル料理のtamaleです。え?エルサルバドル?どこだいな、それ?という方も多いでしょう。中米の国であることはわかっても確実にココ!って言える人は多くない気がします。カリブ海の諸国以外の米州大陸で一番小さくて太平洋側にある国、って覚えるとなんとなしに指差しできるようになるんではないでしょうかね。

El Salvadorは私も知っていることが少なすぎて、こちらに来てからも行きたい中南米の国の中ではそれほど注目度もアップしていません。治安がいいという話を聞かないし、サッカー戦争ぐらいですか。そんな中で、エルサルバドル料理が食べられるお店が近所にある、そりゃ行かなきゃ、ということで一人ランチの時に行ってきました。

まあ、メニューとにらめっこしても、お初にお目にかかります、という料理が多いので、はあ、聞いたことがあるなあ、というtamaleを。まあ、トウモロコシ食文化圏の食べ物だからだいたい味も想像していた通りです。

Tamale(もしくはtamal、SpanishではTamal)は、Latin Americaの代表的な料理で、'masa de Maiz'(=トウモロコシの粉をこねたもの)を蒸した料理です。このトウモロコシ粉のこねた、私には若干モソモソっした食感に感じるのですが、これが意外にヤミツキになりそうな料理です。この日はこのお店自慢の鶏のTamaleがないんだけど、ほうれん草のTamaleがおいしいよ、っていうので、じゃあ、それで。となりました。

中南米料理食べたらついてくる豆は無難な味で、ほうれん草の入ったTamale部分はサクサクいけます。サラダに入っているマンゴーがざく切りで皮がそのまんまでした。久しぶりにマンゴーの皮ごとをいただきました。甘いマンゴーがサラダに入っていてそこに香草が入っている味は苦手な人もいるでしょうね。僕は大丈夫ですが。マンゴーといえば、青いマンゴーにあみ塩辛をつけて食べる、フィリピンの食べ方なんて言うんだっけ、忘れたなあ。口の周りが腫れるんですよ、あれ。話題がそれましたね。

お店のおかみさん(そんな表現が合うのかどうか知りませんが)がいろいろと話しかけてきて、美味しかったから今度妻と子供を連れてくるよ、という話をして、お店を後にしました。

Gloria's Secret Cafe
12500 SW Broadway St
Beaverton, OR 97005
Phone: (503) 643-2320

Posted by TORU on  | 14 comments  0 trackback

Brazil churrascoシュラスコ @Phoenix, AZ

この3日間にAZで食べたもの、その1。
内陸なんで何が美味しいというのは余り無いんでしょうけど。

火曜日の夜は、Brazil料理を頂きました。シュラスコってやつで、要するに串に刺して塩等でシンプルに味付けし焼いた肉をどんどん持ってきてもらって切ってもらうという串料理で、こちらがお腹いっぱい、もう食べられないという意思を示さない限り止めどなく串刺しの肉をもってきてくれます。

どうもそのお店、写真が禁止されているということを書いている人がいたのと、お店のライトがえらく暗くて写真では上手に美味しそうに伝わらないので、まあ、ムリに写真をとらなくても、ということで、結局写真はとりませんでした。美味しかったです。

ここで飲んだBrazil Beerは以前にも頂いたことがあるXinguという黒ビールで、コクがあって、適度にSilkyなビールでした。

ここで食事している間にあのDust Stormがやってきて、一時はお店から出られるのか?と思うほどの状況になって、収まったな、と思ったら車は砂埃で真っ白になっておりました。

Brazillian Bull Steakhouse;
http://www.brazilianbullsteakhouse.com/BrazilianBull/Home.html

Xingu
http://beeradvocate.com/beer/profile/434/1314/?ba=HardTarget

Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Brazil;Movie;O CEU DE SUELY/Love For SALE

IMG01157-20110220-0032.jpg

先週末、体調がすぐれないにも関わらず、やっぱり映画を観ました。今回はBrazil映画です。Karim Ainouzカリン・アイヌー監督の英題"Love For SALE"(原題はO CEU DE SUELY)、邦題は「スエリーの青空」(2006)です。

映画の舞台はSão Pauloサン・パウロ、Rio de Janeiroリオ(ヒオ)・デ・ジャネイロの都市部ではなくて、sertãoセルタン(乾燥地域)の貧しい街を舞台としています。ブラジルは、アマゾン川流域のNorte北部、Cerrado(サバナ)に覆われたCentro-Oueste中西部、人口の集中するSudeste南東部(サンパウロ、リオ・デ・ジャネイロといった都市はこの地域)、ヨーロッパからの移民も多いSul南部の5つの地域に大きく分類されるらしい。特にsertãoセルタンは干ばつに見舞われるなど厳しい環境から貧しい地域でもあ るとのことで、そこから反抗・革命の土地として描かれるところだそうです。今回の映画の舞台もこのセルタンの街での話。

主人公の女性エルミーラはサンパウロに彼と駆け落ちしたものの成功せず赤ん坊を連れて先に街に帰ってくる。後追いで彼が帰ってくる事になってるのだけど、その彼とも連絡が取れなくなっていく。元彼との関係や、身を寄せる親族との付き合い方、何から何まで中途半端な彼女。そして小金を貯めるために始めたのが自分の身体をクジの景品にしようというアイデア。ハタチ過ぎの女性が中途半端に生きてそして繋がりを失っていく喪失の話です。

映画の感想としては、画は良かった、でも物語には拒絶感を感じる、、、。この中途半端な状況を今のブラジルの何かと結びつけるような見方はいかにも過ぎるし、そんな見方をしても傑作とは思えない。なによりも子どもが放ったらかし状態で、僕が感じた拒絶感はこの一点から来ているんだろうな。僕も人の親なんだから、どんなことに人生がなっても、この拒絶感だけは持ち続けていたいな。

Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。