FC2ブログ

烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

奈良#23 廣瀬大社もね。

20200607 (556)
こんにちは。この4連休は東京におります。昨晩は大雨で我が家のあたりも大雨警報がでておりました。今日も朝からずっと雨が降っています。梅雨明けまでもう少しですね。毎年この時期には沖縄に出かけているのですが今年はそうもいかず、、、Go Toキャンペーンではなく、我が家のお勧めはレストランなどの美味しい料理とTo Go(持ち帰り)にするTo Goキャンペーンです。

さて、奈良シリーズを続けます。龍田大社に訪れたなら、必ずセットとして参られる廣瀬大社です。大和盆地を流れる川が一点に合流する地に鎮座しており水を司る神といわれています。崇神天皇9年、水足池と呼ばれる沼地が一夜で陸地に変化し橘が数多く生えたことが天皇に伝わり、その地に大御膳神(おおみけつかみ)として社殿を建てて祀ったが始まりとされています。社家は物部氏の末裔だそうです(物部氏、日本史の教科書にでてきますね。)。五穀その他の食物をつかさどる神様ですね。

20200607 (533)
このお社は参道の緑が豊かでとても気持ちがいい場所です。このあたりを散策したらやはり次は法隆寺の方に行きます。

スポンサーサイト



Category : 近畿
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

奈良#22 龍田大社に行きました

20200607 (513)

おはようございます。コメント頂きながらも返信が遅くなっていてごめんなさい。コロナ禍は第2波の様相を呈してきていていますね。仕事面では7月頭から国内の出張制限が解除されているのですが、移動するにも随分気をつかいながらの出張をしています。そのためか忙しくしているのもあってかblogを書いたりお邪魔したりする時間になるとついつい眠くなってしまいましてblogのスピードが劇的に落ちています。まぁそんなことを気にせずにやっているblogではあるので、気の向いた時にお越しいただければ幸いです。

前回のentryが奈良でしたので、奈良モノを少しupします。単身赴任'sのおっさん達と寺社巡り・史跡巡りをやっておりまして、先だって(6月7日)には奈良周辺を回りました。その際にお邪魔した一つが龍田大社です。

ちはやぶる 神代もきかず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは
古今和歌集・在原業平

で有名なあの「龍田」です。

「風の神様」として信仰されています。天御柱命(あめのみはしらのみこと)が右殿、国御柱命(くにのみはしらのみこと)が左殿で祀られていまして、神紋は八重の楓。楓は「木」偏に「風」で風の神様なんですね。二十二社の一つです。御朱印巡りをされている方は、行かれたかこともあるんじゃないですかね。二十二社というのは、国家の重大事・天変地異の時などに朝廷から特別の奉幣を受けた社で、平安時代後期、後朱雀天皇治世の長暦3年(1039年)に22社目の日吉社が加わり、白河天皇の永保元年(1081年)に制度としての二十二社が成立したそうです。約1000年ぐらい前から大切にされてきた神社なんですね。コロナ禍の今ですから、健康と世の中が平和でありますよう、という祈りをしてきました。

20200607 (510)
ちはやふるの歌でも詠まれる歌枕ですからね、紅葉の季節にまた訪れたいものです。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

奈良#21 瓜の奈良漬け

20200622 (454)
こんにちは。2つ青うりのentryを連続で書きましたので、もう一つ、瓜のentryを書きます。4月に吉野に桜を見に行った際に土産で買ってきた奈良漬けです。奈良漬けといえば瓜の奈良漬けが私は大好きです。子供の頃はとてもじゃないですがあの色合いと香りが苦手でダメでした。でも齢をとって日本酒が好きになってから奈良漬けが好物に。今では買って食べるほどです。

さて書物を読むと奈良漬の発祥は確かではないとありましたが、発祥がはっきりしているものなど殆どないと思います。奈良漬けが粕漬けであることから辿ると、歴史は古くて、長屋王(684-729)邸宅前(平城京左京三条二坊一・二・七・八坪)から「可須津毛瓜」と書かれた木簡が発見されています。長屋王!歴史の本で見かける名前ですね。よく木簡とか言いますけど、どんな風に書かれていたのだろう。そういう時は(そんな時があるかどうか知りませんが)「木簡庫 Wooden Tablet Database」で調べられます。これ面白いです。
 ↓
「木簡庫 Wooden Tablet Database」
http://mokkanko.nabunken.go.jp/ja/

加須津ってkeywordを入れると写真でも見られます。
「進物○/加須津毛瓜/醤津毛瓜/醤津名我∥○/加須津韓奈須比∥○右種四物○九月十九日」と書いてあり「糟漬け、醤漬けの野菜の進上状。「毛瓜」は「冬瓜」(とうがん)、「名我」は「茗荷」のことであろう。」と説明されています。
そう、1300年ぐらい前にはすでに粕漬けがありました。当時の酒造りを考えると「どぶろく」ですから、粕とは絞り粕ではなくて、酒の底に溜まる沈殿物だったのでしょうね。

奈良漬けを頂きながら、家で日本酒を頂きました。

前回の奈良entry↓
奈良#20 吉野の桜 2020
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1828.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

京都#21 青うりの炒め物

20200622 (465)
こんにちは。今日は終日ですね、会社の単身赴任のおっさん連で京都・嵐山に出かけています。このblogがupされる頃には、へとへとになりながら歩いていることでしょう。同行するお二人は御朱印をやっていらっしゃるのですが、私はやっていません。やり始めたら抜け出せそうにないので。

上の写真は、6月後半に京都にお邪魔した時に八百屋で売っていました京野菜・青うりを竹輪と一緒に炒めたもの。うりの仲間って火を通すとしっとりとろりと美味しいですよね。海老にも合いますし、挽肉でも合います。痛風もちなので海老は使わず今回は竹輪で。なにせ安いですしね。

20200622 (446)
青うりは白うりと同じく5月頃から7月頃、初夏のお野菜です。調べ物をしていて長塚節の「白瓜と青瓜」を青空文庫で読みました。


前回の京都entry↓
京都#20 京都府立植物園の桜たち 2020
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1824.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

京都#28 6月21日、本能寺の変

20200524 (82)
おはようございます。今日は早朝から起きています。久しぶりのgolfです。頸がいたいのでちょっとどうかなぁ。折角のゴルフなのになぁ。さてgolfに行く前にちょこっと写真紹介。

京都#23 本能寺に行ってきた
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1890.html

で訪れた本能寺ですけど、明智光秀が起こした本能寺の変があったのは天正10年6月2日(1582年6月21日)の早朝のことです。そう6月21日です。あまりに有名な事件ですけど、本能寺の変の時には、現在お寺のある場所とは違う場所にお寺がありました。今は上の写真のごとく、現在の本能寺から西に少し行った場所に碑が残っています。なんでも本能寺はこの変の時も含め5回も焼け落ちているというんだから場所が変わっていても仕方ないのかな。

昨日も実は京都に行っていたのですが、少し人が増えているような気がしましたね。そして暑かった。今日も熱中症にならないように気をつけないとね。

今日も一日、元気に過ごしましょ。

前回の京都ネタはコレ↓
京都#27 京都行きwith キリンレモン
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1900.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

大阪#62 4月末の万博記念公園

20200514 (117)
おはようございます。COVID-19による自粛がいろいろと解除されてきたので外出も増えてきていると思うのですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

今朝の写真は、ちょっと前、COVID-19移動制限のど真ん中、GWの頃の写真です。GWだというのに東京の家にも帰ることできずにいたので徒歩でいろいろと府下を歩き回っていた時のことです。GWは万博記念公園を複数回訪問しました。万博記念公園のお向かいのショッピングモールが臨時休業し、この周辺に来る人は激減していて、人がほとんど居らず、自然文化園は本当にひっそりとしていました。

日常生活は都心の人の多いところが便利でいいのですが、やはり人の少ない緑の多いところが心地いいな、と思ってしまいます。日頃から万博記念公園の自然文化園は広くて人が少ないですが、ここまで極端に少ないのは珍しいのではないかな、と思います。

20200514 (66)
人が少なく仕事での会食もなく、といった環境でしたので「一人飲み」も多かった4月末。マイクラスをもって外に。これはこれでいいかな。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

大阪#61 ちく玉天うどん @ 釜ひろ・鶴ヶ丘

20200607 (18)
こんばんは。先日、大阪の長居植物園に行って、季節の花を楽しんだのですが長居公園は広いので植物園に入る前にお昼ご飯を食べる必要がありました。私は御堂筋線を使うので一つ手前の駅で降りて散歩しながらネット検索で見つけた「釜ひろ」さんを目指しました。ちょうどお昼前だったということもあり、お店の外にまで人が並んでらっしゃいましたが、うどん屋さんだからそんなに時間は待たないので、日頃はやらない「食事のための列」に加わりました。私、食事のために並ぶというのが苦手です。

15分ほどでお店の中に。この店の人気No1だというちく玉天うどんを頂きました。ちく玉天うどんは会社の近所でもよく食べるメニューの一つです。こちらの釜ひろのものもうどんももっちりしているし、薬味をつかって味に変化も効かせつつ頂けます。おいしい!終盤、出汁にうどんが2,3本残った時に、テーブル脇に天かすを発見。ちく玉天なので揚げ油は出汁に出ているんだけど、私はもっとたっぷり天かすを楽しみたい人。これで出汁までいけてしまう。ちょっと味が濃いんですけど出汁までしっかり頂きました。これから植物園で沢山歩いて汗かくから、塩分高めでもまぁいいでしょう、と頭の中で食欲のままに出汁までいただいちゃった自分を許していました。

ご馳走様でした。

ジャカランダの花のentryを書いていましたね↓
Saijiki ジャカランダの花 2020年~大阪市立長居植物園
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1898.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

大阪#60 梶井基次郎~靭公園

20200503 (505)
おはようございます。火曜の朝です。昨日は朝一の新幹線で東京から大阪に戻り、朝から仕事でした。帰宅も遅くなってしまいましたので、blogに入ることもできませんでした。

さて一つ前のentryで、檸檬を梶井基次郎で繋いだので、今回も梶井基次郎です。大阪の薔薇の名所の一つ、靭(うつぼ)公園の一角に梶井基次郎の文学碑が建っています。梶井基次郎が生まれたのは1901年で、今の靭公園から近い土佐堀3丁目3番地に生を享けています。靭公園のある場所には基次郎が生まれた頃は靱塩干魚市場がありました。基次郎は海に繋がる水路の町をどんな風に見ていたのでしょうね。この場所は、空襲で焼け野原となった後、連合国軍によって飛行場となり、1955年に靭公園として生まれ変わっています。

靭公園は春と秋に薔薇の香りに包まれます。その時期は仕事で本町周辺に行く時にはこの靭公園を通るルートを選らびますね。先日5月に靭公園を通った時はちょうど薔薇が咲き始めていました。


20200503 (457)
いろんな種類の薔薇が咲いていましたが、今回pick upするのはRosa laevigata‘rosea'。ナニワイバラの交配種で明るいピンクの花が美しいです。

Name:Rosa laevigata‘rosea'ハヤトバラ  
花期:初夏  
樹高:5mぐらいになります。
性質:寒さにも暑さにも比較的強い。
原産地:ブータン周辺(主な自生地)

前回の大阪entry↓
大阪#59 泉州水なす @ 自宅
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1860.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

京都#27 京都行きwith キリンレモン

20200524 (193)
こんばんは?いや、おはようございます。今回の京都散策は、大河ドラマ「麒麟が来る」にちなんだ場所を選んだのですが阪急で向かいましたので最後は四条河原町に戻ってきました。今回は麒麟繋がりでキ*ンレモンをお供に連れておりました。だってキリ*レモンだって「麒麟が来る」に乗っかっているじゃないですか。

↓ほら↓
Days 麒麟、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1889.html

でもですね、折角ね*リンレモン、なんだからレモンにも因みたいですよ、私としては。なので京都河原町にある書店・丸善にやってきました。そうあの丸善。ここで分かった人、素敵です。レモン?米津玄師?違います。梶井基次郎で「檸檬」です。あの名作の舞台として京都・丸善は出てきます。今ある丸善は梶井基次郎が訪れていた元々の店の場所ではないですし、2代目店舗も2005年に閉店していまいました。2代目店舗が閉店を決めたときは小説にちなんでレモンを置き残したって話題になりました。(知らない?そうなんですよ。)

10年の月日が流れて2015年にジュンク堂の入っていた施設の改装に合わせて丸善が復活しています。これはうれしい!梶井基次郎ファンも喜んだことでしょう。流石に今、丸善にレモンをこっそり置いていくなんてできないし、葉室麟さんが「古都再見」(2020・新潮文庫)で書いていたみたいにレモンケーキを頂く時間もなかったですけど、私はこの日一日お供をしてくれたキリンレモンを「丸善で*リンレモン」で旅の伏線回収を致しました。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

京都#26 蘆山寺にて

20200524 (163)
こんにちは。今日は用事で東京にいます。さて前回の京都ネタは信長の葬儀が行われた大徳寺でしたが、今日は少し南に下って京都御所の目の前、蘆山寺です。

京都#25 大徳寺は閉まっていた、、、
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1892.html

今回の京都行の一つのテーマが「麒麟が来る」なので蘆山寺です。このお寺には明智光秀の念持仏が祀られていまして、今年は11月末まで公開しているようです。念持仏というのは武将が先勝祈願のために携行した小さな仏像で地蔵菩薩、脇侍に不動明王、毘沙門天の三尊。戦地には真ん中の地蔵菩薩を持って行ったとされています。謎の多い武将である明智光秀の持ち物が見られるというspotです。

元亀2年(1571)、織田信長によって延暦寺が焼き討ちされ、同じく天台宗の流れである蘆山寺も延暦寺の末寺と見做されて危うくなっていました。その時に正親町天皇によって奉書が出され(正親町天皇女房奉書(重文))た事によって蘆山寺は焼き討ちを免れることができています。明智光秀は信長の武将としてここを焼かずに済み、それが縁でここに光秀の念持仏が納められています。

1571年は、世界史的にみるとOttoman Empireオスマン帝国とカトリック教国連合による戦いであった、Battle of Lepantoレバント会戦の年でした。世界史的にも宗教戦争の年だったんですね。有名人としてはJohannes KeplerケプラーやMichelangelo Merisi da Caravaggioカラヴァッジョの生まれた年です。

話を蘆山寺に戻しますが、このお寺のある場所は時代は遡って、紫式部が源氏物語を書いた場所でもあるそうです。お寺には紫式部とその娘、大弐三位の歌碑がありました。


20200524 (165)

めぐりあひて 見しやそれとも わかぬ間に
雲がくれにし 夜半の月影   紫式部

有馬山 ゐなの笹原 風吹けば
いでそよ人を 忘れやはする  大弐三位

両方とも百人一首に採られていますね。57番、58番です。百人一首には他にも藤原俊成、定家などが親子で採録されています。いやぁ才能がすごいことですねえ。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

京都#25 大徳寺は閉まっていた、、、

20200524 (113)
おはようございます。COVID-19による自粛があって緊急事態宣言は解除されても、お寺など閉めているところもあったりします。先日お邪魔した大徳寺も閉まっていました。大徳寺は大きく塔頭も多いので、外から通ることはできたのですけど、、、悪疫退散の祈りは、外からね、、、。残念。

外から山門は伺うことはできました。二層になる山門で享禄2年(1529年)に下層、続いて天正17年(1589年)に千利休らが貢献し上層が完成。寺が置いた利休の木像がこの上層の部分にあり、このために門を通る者が利休の足下を通ることになる、というあの有名なお話の舞台です。

20200524 (119)
なぜ今回大徳寺にも足を運んだか、といいますと大徳寺は織田信長の葬儀が行われた場所で、今回の「麒麟が、、、」繋がりでやってきました。本能寺の変ののち、明智光秀を山崎の戦いで打ち取った秀吉が天下取りの足掛かりとするために、この大徳寺で葬儀を取り仕切っています。この秀吉の自己プロデュースというか自己顕示が後の歴史の端緒になっているんでしょうね。塔頭である総見院は信長の一周忌に建立されています。


さて、会社に向かいますか。今日も一日頑張ろ。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

京都#24 小貝柱と野菜のあんかけ焼きそばのランチ@魏飯夷堂,京都三条会商店街

20200524 (84)

こんにちは。今日のお昼は決まりましたか?何を食べました?私はこのentryを書きながら(真夜中に書いています)、今日は「かた焼きそば」が食べたいと思っています。

一つ前の本能寺で織田信長、明智光秀に思いを致しましたので、秀吉をすっ飛ばして結局世の中を治めた徳川にかかる二条城を見てからですね、この日の昼食を京都三条商店街の中にある、魏飯夷堂(ぎはんえびすどう)三条店で頂きました。古い町家を活かした建物(味噌屋さんをリノベしたみたい)で、表は狭いですけど店内は天井も高く開放感があります。同じく京都・高瀬川一之舟入にある「創作中華 一之舟入」のオーナーがやっているお店。なんやら大阪の北新地にもあるみたいですね(最近そのあたりはうろついてないんですが)。オーナーさんは横浜中華街の中華料理店がご実家だそうで、そちらでも厨房に立たれていたそうな。ルーツは横山中華街かぁ。あぁ行きたい。

ランチは小籠包(ここは小籠包が有名よね)とセットにして頂きました。小籠包はね、写真は撮っていないのです。食い気が先行しまして、、、。でメインは小貝柱と野菜のあんかけ焼きそば。うん、定番と言える美味しさ。貝柱の旨味が口全体に広がるのでスープを楽しんでいるような気分になります。これはスープで食べたい、と思わせるんですけどあんかけ焼きそばですからね。これで正解!美味し!セットには小さなデザートもついてくるし。いやぁ満足。

京都三条会商店街は、堀川通から千本通まで800mぐらいある商店街。長ーい。180ほどの商店があります。この商店街に来たなら、クレームブリュレドーナツ専門店、Bruleeにも立ち寄りたかったのですが著と先を急いでいたので、この日は立ち寄らず、でした。次このあたりに行くときには行こっと。(実はこの翌日も京都だったのですが北大路の方だったので昼食は別のところー。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

京都#23 本能寺に行ってきた

20200524 (61)

おはようございます。昨日のお昼はキリ*レモンで「麒麟、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」なんておふざけしておりましたが、先日用事で京都に行きましたので、その時にもこのキリン*モンを持ってですね、お邪魔しましたよ、本能寺。小学生の息子や娘も知っている本能寺。阪急の四条河原町から歩いて10分ほど北に上ったところ、ビルの合間にあります。本能寺の変の時には、現在お寺のある場所とは違う場所にお寺があったのですが、それはまたそのうち。

だいたい本能寺の変があったことや、そこに至る織田信長の動き、宗派間の争いに加えてイエズス会も巻き込んでのきな臭い当時の状態は、なんとも私の好みからは大きくかけ離れるのですが、大河ドラマにでも託けて行ってきました。

一枚目の写真ですけど、本能寺の字がね、つくりの部分がヒ、ヒとなっていないでしょ?なんでも五度も火災に焼けたためにヒ(火)を避けて字を変えているそうな。一番新しくは元治元年(1864年)の蛤御門の変の際に焼失しています。


20200524 (58)
当寺には信長公廟があります。まぁそれはそうなんでしょうね。


20200524 (44)
都心の緑は目に優しいですね。先日のムラサキカタバミもね、この本能寺に生えていたものです。ご一緒していたOさんは御朱印を貰ってらっしゃいましたが、私は御朱印には興味を持たないようにしていますので、書いてもらっている間、私は緑の中でゆっくりとムラサキカタバミの花を見ておりました。
  ↓
Days ムラサキカタバミが咲いていました
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1875.html

↓そうそう前回の京都ネタは、つい最近ね。
京都#22 賀茂なすの煮びたし
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1882.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

京都#22 賀茂なすの煮びたし

20200524 (208)
今日で5月も終わりですね。明日からはもう6月であっという間に紫陽花の季節に入ろうとしています。今年はどこに紫陽花を見に行きましょうかね。

今朝の一枚は京野菜のひとつ賀茂なす。5月末には走りが出回り始め盛夏にかけて美味しい夏野菜です。夏の京都は暑がりの私はつらく、昨年も夏にはあまり京都方面には向かわなかったのですが、賀茂なすを頂きにであれば、それを乗り越えられるかもしれません。今年はコロナ封じに祇園会という趣向もありかなとも思いますが、なにせ人手が多すぎるのでさすがにそのあたりは外して、、、。

賀茂なすはぎゅっと詰まっていて実がしっかりとしていますので、味噌田楽が一番よく食べらえる料理だと思います。おおぶりに切った賀茂なすに濃い味のお味噌が夏バテ気味で食欲が低下する中でも箸が進む一品ですよね。揚げびたしも美味しいですし、今日の写真のように煮びたしにしても食感もよく美味しいくて、お酒が進んじゃいますね。

前回の京都ネタ↓
京都#21 しろ菜とお揚げのたいたん
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1846.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

滋賀#4 長浜IPA

20200517 (2)
こんにちは。週末いかがお過ごしですか?会社の同僚に聞きますと巣ごもりの間に酒量の増える人と、減る人とがいらっしゃいました。まぁお酒は元から飲まないという方にはどうでもいい話でしょうけど。日頃から家飲みをする方は、酒の量が増えた方も多いようです。私も確かにちょっと量が増えたような気がします。といっても、私の場合、かなりの日が出勤していましたので、家に帰ってから長い時間の深酒とまでは行きませんでしたけどね。

さて、そんな巣ごもり期間に飲んだBeerの一つが、写真の滋賀県長浜の長浜IPA。IPAはIndian Pale Aleの略で、18世紀に大英帝国からIndiaへの輸出用のbeerとしてホップを多く入れたpale aleが作られ、それが19世紀なってから人気を博したことが始まり。米国のbreweryでもよく造られているIPAは当地に駐在しているときもよく飲みました。米国のcraft beerの広がりを支えたのもIPAといっても過言じゃないと思います。日本でも近年IPAは人気ですよね。

この長浜IPAもおいしくいただきました。私はもっとホップが強くても好きですけどねー。


前回の滋賀ネタ、サラダパンも長浜ですね↓
滋賀#3 つるやのサラダパン
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1772.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

大阪#59 泉州水なす @ 自宅

20200514 (719)

おはようございます。やっと金曜日(笑)。花金でしょ?といったあなた、年がばれますよ。GWが明けてだんだんと電車に乗っている人が増えてきました。昨日は一部地域を除いて緊急事態宣言が解除されましたので、これから人の往来も増えてくるんだろうなと思います。経済を回しつつ、自制するところは自制してというmodeに入っていくんでしょうね。

「自宅でご飯」は「一人でご飯」となるのですが、せっかく食べるんだから季節のものを楽しみたいな思いましてね。今回は大阪は泉州の水なすを浅漬けにしてみました。水なすは泉州でしかできないといわれていますよね。茄子は育てた事のある人ならわかると思うのですが、土の状態をほんと鏡に映すがごとく反映します。なので土の問題なんだろうな、と思います。(そうそう大学生の頃にも育てていて、その後も新婚の頃、区民農園を借りて茄子を育てていての実感ですね。)

この水なすですが、少なくとも江戸時代には泉州地域で栽培されていたようですが歴史を遡ればもっと古いといったようなことも出てきます。歴史はありますが全国区で知られるようになったのはそんな古くないと思います。昔は物流の問題で泉州周辺でしか食べられなかった地域野菜ですから。ともかく水分の多い茄子ですからね、すぐに色も悪くなっちゃうんですよね。

さて5月はその水なすの露地ものがではじめる頃なんですよね。ということで水なすが手に入りましたので浅漬けに致しました。いやぁ、生でも甘くておいしい水なすですからちょっと浅漬けにしてもほんとに美味しく仕上がります。これから暑くなってきますから、水なすが楽しみです。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

大阪#58 レトルト・ダイヤモンドカリー @ 自宅

20200503 (361)

おはようございます。今日は在宅勤務ですので家でちまちまと小さなPC画面とにらめっこして仕事ですね。昨晩のご飯で米がなくなったので、お昼には買い出しに出なきゃならないです。本当は昨日買い物を済ませたかったのですが、ちょっと遅くまで会社にいたものですから、、、。ちょっと遅くといってもですね、そんなでもないのですが、今は食料品店が時短営業で8時までしか開いていないとかで、その8時に間に合わない、というだけの話です。

今朝の写真は、やっぱり朝だから食べ物でいこうかな、と思いまして。元気のでる食べ物です。昨日はですね、チャーハン的ドライカレーをupしましたが、今日は自宅でレトルトカレーの写真です。このレトルトカレーは大阪のダイヤモンドカリーさんがやっているレトルトカレー。

20200503 (355)
前からレトルトをやっていることは知っていたのですが、梅田の食料品店で見つけたので買いました。あくまで私的な発想なのですが、レトルトカレーって微妙な位置ではあるんですよね。安上りに早く食べたい、ということであればその方向で徹底するんですが、ちょっと美味しく食べたいなと思うと、どこかの「名店モノ」を買ってくるし、アレンジするしで。もう立派にコストも手間もかかるんですよね。そうなってくると、店舗に行きたい!となってしまいますよね(笑)。

そんなことを思いながら、ちょいアレンジをして食べるレトルトカレーも好きなんですよ。なにせ自宅なので、気分はらくらく。

さて、今日も一日、自宅で頑張りましょうかね。

店舗で食べるとこんなの↓
大阪#36 伊丹空港の中が新しくなって
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1422.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

大阪#57  豊中桜塚古墳群・大塚古墳

20200503 (36)

こんにちは。今日は大阪のローカルな古墳を紹介します。豊中市は北摂エリアの住宅街となっているエリア(と言っても大阪はかなりの部分が住宅街でしょうけど)ですが、そんな住宅街の中に古墳群があるのが面白いんですよね。普通に公園として整備されています。

今回お邪魔したのは、桜塚古墳群という阪急・岡町駅付近から曽根駅の間ぐらいにある古墳群です。大塚古墳というのはその中の東側に位置している古墳で高さ約18m、3段の円墳その周りに周濠があったようで、直径80mほどの大きな古墳です。5世紀初め頃のものだそうです。鏡・鉄の甲冑・鉄剣・盾などの副葬品が出土しています。公園として整備されていているので体操をしているお年寄りや頂点でバトミントンをやっている親子がいたりと、地域の公園として親しまれているようです。

豊中市は私が育った市なので、地域教育の中で習ったとは思うのですが覚えていなかったなぁ。改めて歩いてみて、へえこんなに古墳が残っているんだ、ということに新鮮な驚きがあって興味深く散策させていただきました。

20200503 (31)
桜塚って名前だけあって、桜の樹もたくさん植えられていました(まーた、桜の写真をup使用とするの?笑)

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

京都#21 しろ菜とお揚げのたいたん

20200503 (141)

こんにちは。早朝に中ノ島まで散歩して薔薇に会ってきました。たっぷり時間を楽しんできました。写真撮りまくりましたがそのあたりはまたそのうちに、、、。

今回のコロナ禍で自宅にいることが多くなったため、いろんな料理に挑戦している方も多いかと思うのですが、私も東京にいたら食べる機会のない関西の野菜を使っての料理をすることが増えました。写真は京都で栽培された「しろ菜」をお揚げさんと一緒に炊きました。白い菜っ葉、つまり白菜の仲間で、不結球の白菜、つまり巻かない白菜の種類です。火を通すとしんなりとするのですが、しゃくしゃくとした食感が楽しくてねー。お揚げさんの油分とも相性が良くてお酒とお出汁、醤油でシンプルに味付けをして後は素材からの風味で充分。余計なことはできないし、しません。私はこの日は、お酒を冷やで頂いたのですが、このしろ菜の一皿にもそのお酒を使うことで、口の中でもう仲がいいったらこの上なしです。口福。

20200503 (133)
しろ菜は大阪しろ菜や、天満菜と地名をつけて呼ばれてたりします。今回頂いたのは京都・山城の産のものでした。京野菜としてのしろ菜の旬は10月上旬~3月下旬頃。ちょっと旬は越えてしまっていますが、まだまだ美味しいですよ。

前回の京都やコレ↓
京都#20 京都府立植物園の桜たち 2020
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1824.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

大阪#56 服部天神宮を散策

20200503 (14)

おはようございます、GWも今日が最終日ですね。今日は曇一時雨の予報ですので散歩にでるなら早朝ですね。このentryをかいたら散歩してきますかね。

今朝は、阪急・宝塚線沿線の服部天神宮です。高校生だったころはこの宝塚線を使うことが多かったのですが、豊中駅を利用していたため急行の通過駅はあまり利用したことがありませんでした。最寄駅は服部天神駅で私が高校生だった頃は服部駅という名前でしたので、極めて私的にはなじみの少ない名前ですが、実は箕面有馬電気軌道(阪急電鉄の前身)の開業時、1910年には服部天神駅として開業しています。その後服部駅に改称、2013年に元々の服部天神駅に戻しているんですね。

さて服部の地名ですが、渡来してきた秦氏(織部司)に由来しています。秦氏にまつわる土地はほかにもありますがこの服部の地もその一つです。秦氏は、渡来した功満王とその子、融通王(弓月君)を祖とする一族で養蚕や織絹に従事したといわれています。そう山口の蚕種渡来の地でも書きましたね。(こんなところで繋がりましたね)

山口#9 忌宮神社@下関市長府
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1798.html

服部天神宮は、その秦氏が少彦名命を祀ったのが始まりとされています。さてなぜこの場所が天神宮なのか、というとそれは勿論、天神さん(菅原道真)が祀られているからなのですが、ではなぜに道真公?といいますと、少し歴史を遡る必要があります。

道真公から遡ること約120年前、延暦2年(783年)に左大臣であった藤原魚名が桓武天皇に任を解かれ、大宰帥として任地である筑紫国へ赴く途中、病に倒れこの地で亡くなられておりここに葬られました。時代が変わって延喜元年(901年)菅原道真も同じく大宰府に赴く途中、当地で病を得て(脚気)動けなくなったところ、藤原魚名を祀る五輪塔祈り平癒したとの言い伝えがあります。そこから天神さんも合祀する服部天神宮となったそうです。藤原魚名も、菅原道真を大宰府送り(昌泰の変)にしたといわれる藤原時平もいずれも藤原北家の出なんですね。どうも藤原北家に縁があるんですね。

この菅原道真の脚気が治ったとの言い伝えから「足の神様」として知られており、足の病が平癒した人からの御礼参りに草履が納められるそうで服部天神宮には草履堂があります。私も痛風がでず健脚を続けたいなと思います。

前回の大阪ネタはコレ↓
大阪#55 大阪の春、「豆ごはん」
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1837.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

和歌山#2 ウスイエンドウで春

20200503 (115)
おはようございます。今日は大阪は朝から晴れています。今日はちょっと散歩して薔薇を見ようかと思っています。

先日の豆ごはんでは「やっぱり炊きたてがいいんだよなぁ。」と思ってしまった次第で、関西にいるならこの時期はウスイエンドウが出回りますので(あまり東京では見ないような気がします)、自分でたいて頂くことにしました。写真のご飯は、少しお出汁を入れて炊いたので真っ白のご飯というわけではないのですが、私はこの炊き方が気に入っています。

ウスイエンドウの名前の由来は、前回も書きましたが羽曳野市碓井の地が発祥なのですが、現在では和歌山県での栽培が盛んで、この春も巣ごもりのおかげでいくつものスーパーで野菜のたなをみましたが総じてウスイエンドウは和歌山産です。和歌山の特産として「紀州うすい」として商標登録もされています。元々は明治期に米国から輸入されたエンドウ豆でしたけど、それが地域に根付いて、ウスイエンドウとなっていきました。

ウスイエンドウの収穫のピークは5月のGWの頃。まさに今!そこで「みどりの日」とウスイエンドウの鮮やかな緑とをかけて、5月4日は「うすいえんどうの日」だそうですよ。昨日だ!

20200503 (108)
さやも美しく、さわやかな緑色です。


20200503 (111)
普通のgreen peasよりも豆もおおきく、ふっくらとしていて、炊いたときにほくほくの触感が楽しめるんですよね。


20200503 (118)
そしてウスイエンドウの卵とじ。今回は高野豆腐と合わせて和歌山しばりです。高野豆腐、その名の通り高野山(和歌山)にちなんでいます。高野山で木食応其(1536-1608)によって製法が完成された凍り豆腐が高野豆腐と言われるようです。味がしっかりとしみて美味しく頂きました。


前回の和歌山ネタは随分前だったんですね↓
和歌山;Lafcadio Hearn A Living God~稲むらの火
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-344.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

大阪#55 大阪の春、「豆ごはん」

20200426 (252)
おはようございます。外にあまり出ることのない週末、いかがお過ごしでしょうか。私は本屋でもらってきた各社のPR紙をかたっぱしから読んだりしています。よく利用する茶屋町のM善J堂書店は、店舗自体が広いのでお客がいてもまばらなんですが、ちょうどお邪魔したタイミングはレジ待ちの客でB1の奥の方まで並ぶという「なんじゃこりゃー!」な状況でした。いやいや本ならオンラインでも買えます、、、。私は家が梅田の近所なので体を軽く動かすという目的で、人通りが消えてまるでゴーストタウンのようになってしまった梅田を歩いたのですが。ということでPR紙だけ頂いてさっさと退散してきました。も少し落ち着いたらちゃんと買うからね。

ゴーストタウン的になっている梅田でも食料品店などは少し開いていて、いつも行くお店でお弁当を買いました。目的は弁当ではなく、花山葵か葉山葵が売っていないかなぁと思いお邪魔したのですが売っていませんでしたな。無理かぁ。

せめてお弁当は季節のものをと思い「豆ごはん」にしました、筍も入っているし。私は春になると「豆ごはん」が食べたくなるのですが、これには地方色があるようですね。豆ごはんと言えばウスイエンドウのを頂きたいものですね。まぁエンドウ豆のご飯ではあるのですが、羽曳野市碓井の地で栽培されたのが名前の由来となっているウスイエンドウのほくほくとした食感と味は、やっぱり炊きたてがいいんだよなぁ。

今日はウスイエンドウがあるか八百屋にはいこっと。大阪の春は、豆ごはんでもやってきます。

前回の大阪ネタ↓
大阪#54 シナモンクルーラー in 箕面
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1834.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

大阪#54 シナモンクルーラー in 箕面

20200415 (493)

おはようございます。今日の上の写真を見て、ん?って思いました?そう思った方は懐かしいミスタードーナツを知っている方だと思います。

私にとってミスタードーナツの記憶で最も古い記憶は、西宮にあったピープ*(今のコナミスポー*)というスイミングスクールに通っていた頃のことですから1980年前後だと思います。父がスクールに迎えに来た時に、スクールが入っていたショッピングセンター(ニチイ、その後マイカルを経てイオングループになった)の一角にあったミスタードーナツによく連れて行ってくれたのですが、その時、いつも私はシュガーレイズド、父はシナモンクルーラーでした。子どもの頃はシナモンクルーラーのシナモンの味の良さがわからなかったんですが、少し成長して一人で行くようになった頃には、自分もシナモン味が好きになっていました。しかし残念なことにシナモンクルーラーはいつのまにかメニューからなくなってしまいました。(実はシナモンクルーラーのファンは多かったんじゃないでしょうかね。)

今年2020年はミスタードーナツ創業50周年ということで、大阪・阪急箕面駅近くにある1号店限定で創業当時の味のドーナツを限定復刻させています。1月27日が創業の日らしく1月27日から始まりました。これは行かないと!いつの間にかメニューから消えたシナモンクルーラーが食べられるだなんて!

ということで4月頭に1号店に行ってきました。シュガーレイズドとシナモンクルーラー。シナモンクルーラーは円形のシナモン(ドーナツ)よりちょっと固めで懐かしい味です。コーヒーとともに頂きました。(ちなみに、持ち帰りでも買って帰りましたよ(笑)。


20200415 (490)
1号店は店内改装をしていて、原点回帰なんですかね。

前回の大阪コレ↓大阪#53 Sacra Famiglia - Kitano Church
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1755.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 10 comments  0 trackback

奈良#20 吉野の桜 2020

20200415 (137)1

み吉野は山もかすみて白雪の ふりにし里に春はきにけり   

摂政太政大臣・藤原良経(1169-1206)による「新古今和歌集」の巻頭歌です。あまりに有名な歌です。この歌が作られた時期は、平安時代が終わり鎌倉幕府の成立期です。貴族が権力の中心ではなくなった時代に、形ばかりの権力者となった王朝の中心にいる者が、はるか平城(なら)の都の南にある吉野の桜を詠んだというということに思いを致せば、この桜は夢の桜なんだろうと思います。そして満開の桜のごとくその王朝文化が華をひらくことも夢だったのだろうか、と。

20200415 (38)2
先日、4月の頭に人が少ない吉野に向かいました。近鉄特急で向かいましたが、こんなに人が乗っていない近鉄は初めてでした。吉野には約200種類3万本ほどの桜があるそうですが、やはり私にとって吉野の桜は、ヤマザクラですね。吉野といえばこの桜の時期がピークだと思うのですが、それがコロナ禍で全然人が来ていないのを見ていますと、ほんと気の毒としか、、、。


20200415 (21)
中千本から上千本に向かいました。下千本・中千本・上千本では、私は中千本あたりの風景が好きですね。


20200415 (172)
中千本からの眺め。もう満開でした。さて、満開の桜をみて、今日も一日頑張りましょう。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

奈良#19 神座のラーメン食べて元気になろっと。

202003KYO (178)
こんばんは。今日は一日在宅勤務で、夕方に食材の買い出しに出た以外は、ずっと家の中におりました。おかげで天日に寝具を干せたのでよかったですけどねー。今日の晩御飯は、ゴーヤーと豚肉を炒めたものとメンチカツです。家で食べます。

さて今夜のentryは花が続きましたので、食べ物ネタを書こうかなと思いまして。写真は3月頭に新大阪のエキナカで頂いた神座のラーメンです。私がここのラーメンを始めて頂いたのは20年ほど前、新入社員の頃でした。6年ほど大阪を離れて学生生活を送っていた身でしたので、はじめて頂いたときは、ニラたっぷりでインパクトがあり、印象的でした。これをお昼に食べたら、会社に戻れません、、、、(笑)。ラーメン自体は僕は美味しいと思いますが、それは人によりけりですね。私はここのラーメンを食べるときは、ニラたっぷりにする、それ一筋です。元気がでそうでしょ? まぁ白菜をもっとたっぷり頂けるともっと嬉しいのですが(笑)。

さて、「どうとんぼり神座」という名前ですし道頓堀が一号店なので、大阪で分類、と思いきやなぜ奈良で分類?かと言いますと、こちらの会社の本社が奈良なんですね。そしてなんだか素材を厳選されていらっしゃるようで、神座といえば白菜ですが(だと私は思うのですが)、ここの白菜は奈良産であるとか。葱もそうなんですって。(と、websiteに書いてありました)奈良にゆかりがあるんですね。ということで奈良!

この強引な流れ、、、そう。明日、奈良ネタやります(笑)。

奈良#18 なら燈花会2019
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1705.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

京都#20 京都府立植物園の桜たち 2020

20200401somei.jpg
言わずと知れたソメイヨシノ。

こんばんは。先だって京都府立植物園近くの八重紅枝垂桜について書きましたので、京都府立植物園の桜たちを紹介しますね。

京都#19 なからぎの道、八重紅枝垂桜
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1819.html


20200401 yamazakura
私はやっぱりヤマザクラのこの葉っぱの色との花の色のコントラストが好きですね。山で見かけたときは、見入ってしまいますねえ。

20200401 somei ooshima
こちらはソメイヨシノとオオシマザクラの交配種です。白くて花が大振りなのが特徴的。いくつもかけ合わせの品種はありますが、どれだろうか?記載もないし、桜って本当に照るから

20200401 sakuyahime
咲耶姫サクヤヒメ Prunus x yedoensis 'Sakuyahime'。木花咲耶姫コノハナサクヤヒメの名を冠した花だけあって大らかで美しい桜ですね。国立遺伝学研究所の竹中要博士によってソメイヨシノの研究をしている中で作出された品種です。


20200401 edohigan
お次はエドヒガンPrunus pendula f. ascendens。和名の由来は江戸で彼岸のころに咲くことからつけられた名前です。岐阜・根尾谷の薄墨桜や岩手・盛岡の石割桜、山梨の山高神代桜、福島の三春滝桜など桜界の大御所たちが名を連ねています。因みに私は東京からは一番アクセスがいいはずの山高神代桜以外は、3つは桜に会いに行っていっております。なんで山梨、行ってないんだろう。。。


20200401 usuzumi
因みに京都府立植物園には、薄墨桜から増やされたエドヒガンが植えられています。この写真がそれです。いやぁ、ずっと未来まできれいな花を見せてほしいものです。

ということで、今日は京都府立植物園の桜シリーズでした。おやすみなさーい。


Category : 近畿
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

京都#19 なからぎの道、八重紅枝垂桜

20200401 (38)

おはようございます。昨日は一日オフィスで作業をしておりましたので、会社と家の間の往復だけしか歩かず2.8km,3863歩でした。少ないですね。暫く在宅勤務やらその対応やらで面談など殆どないでしょうから、せめて心は豊かにいきたいですね。

写真は3月末にできる限り人が少なくて緑が多いところ、ということで京都府立植物園を訪れた際、賀茂川の北大路橋と北山大橋から東側で植物園の入口近くにある散策の道の半木の道(なからぎのみち)の桜です。ここの八重紅枝垂は昨年も見に訪れました。そのピンク色で小ぶりの花が可憐で、会いたくなるんですよね。

半木(なからぎ)というのは、また変わった名前ですね。府立植物園の中には、半木神社という神社があり上賀茂神社(賀茂別雷神社)と下鴨神社(賀茂御祖神社)の間にあることからとか、流木神社(ながれきじんじゃ)だったものが変わった、とかいくつかいわれはあるようですね。

20200401 (37)
3月末はまだここの半木の桜にはやや季節が早かったのですが、ここの桜は満開になるとトンネルのようになり、それは見事な景色となります。対岸の桜の淡い色との対比もいいんですよ。今年はね、人と集って花の酔というわけにはいかないですからね。せめて一人花を眺めてその色香に酔う、ぐらいがいいのかもしませんね。

一つまえの京都ネタ↓
京都#18 鍵甚良房さんの 「うりんこ」
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1807.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

京都#18 鍵甚良房さんの 「うりんこ」

202003KYO (62)

おはようございます。COVID-19のnewsが日々厳しい状況で、不幸にして重症化された方にとって医療が十分であるように、死亡率を低下させるためにはどうしたらよいのか?ということを冷静に考えられるようにしたいと思う今日この頃です。パニックを誘発しないようにしたいし、明らかに「あおり」をやっている言説については篩にかけて判断したいですね。冷静に生きましょう。

さて、今朝は先日3月7日に京都を散策していた際、建仁寺を後にして祇園四条で頂いたお菓子。うりぼう(いのししの子)の形をした最中です。うりんこ=うりぼうですね。注文してから作ってくださるので、ぱりぱりの最中の皮の食感を楽しみつつ、中の粒あん、栗、黒豆、干しいちじくのお味が、食べる順番で混ざり合って美味しいの。

御菓子司・鍵甚良房のお店で作ってくださるわずかな間に、店の壁に掛けられた上生菓子用の木型を眺められて眼福。鍵甚良房は大正10年(1921年)の創業だそうで、祇園・鍵善からの暖簾分けだそうな。

202003KYO (65)
中はこんな感じー。おいしそうでしょ?春だから桜薯蕷か長命寺で口ん花見をしたいもんですね。


前回の京都ネタはこれでしたね。

京都#17 金戒光明寺の山門を望む
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1747.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

滋賀#3 つるやのサラダパン

20200118 (25)
おはようございます。日曜日ですね、今日は何をするのかな。センター試験の受験の方は昨日に引き続きがんばれー。

さて1月8日は滋賀方面に居ましたので、滋賀の名物パン?の一つサラダパンを頂きました。滋賀県長浜市にあるつるやパン(1951年創業)というパン屋さんで発案されたパンで、たくあん漬けとマヨネーズを和えたものがパンに挟んであります。漬物とパンって合わないんじゃぁ、、、という先入観を持ってはこのパンは楽しめません。

この発想はなかなか斬新ですよねえ。もともとはキャベツを入れていた、といったことを読んだことがありますが、コールスローみたいなのが入っていたのかな。それでサラダパン。しかし歯ごたえを追求した結果たくあん漬けに行きついたとか。。。でも名前は変えず、だそうな。へええ。

たくあんの歯ごたえを楽しみつつ塩っぱさを楽しみつつ食べるというもの、と思います。いいじゃない!なんだか名古屋メシ的で、、、。

20200118 (22)
パッケージも昭和的な面持ちで素敵。


しかし2019年も滋賀に結構出かけたのにblogネタにすることなく過ごしていたようです。前回の滋賀ネタは随分と古い、、、。
  ↓
滋賀#2 近江八幡にいってきた
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-782.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

大阪#53 Sacra Famiglia - Kitano Church

20191226 (338)
こんにちは。私も昨日2019年の仕事納めをして最終便で大阪から東京に戻ってきました。とても忙しい1年でいろんなことがあった1年でした。皆様もそれぞれ一年を振り返るといろんなことがあったのではないでしょうか。

今年のChristmasは私は家族と離れ離れでしたので夕刻、会社の同僚と軽く食事をとってから最寄りの教会に出かけました。家族3人は東京でいつもの表参道の教会に出かけていたようですが、私は大阪梅田のSacra Famiglia Catholic Churchにお邪魔しました。

20191226 (330)
夜20時からのmassはInternational massだったのでいろんな国出身であろう方々が集まっていらっしゃる中、お邪魔させて頂きました。隣に座る同じ国ではない人と同じく祈りの時間を持ち、同じく祝う心を持つことは、心に光を持つことだと思います。
この小さな灯が心の中でEternal flame永遠の炎としてともることは希望です。

日々の生活の中で、様々な不安や不理解、不寛容、拒否といったものが世の中にはありますが、よく自省し隣人に素直に付き合うことができれば、それはどれだけの光となるのでしょう。

くる年が少しでも心豊かに過ごせる年となることを祈りつつ。

20191226 (341)
massは1時間半にわたって行われました。そのあと帰り際に頂きました。美味しく頂きました。

前回の大阪ネタは、、、夏だった↓
大阪#52 長居公園で暑い夏を楽しむ
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1701.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。