FC2ブログ

烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

滋賀#3 つるやのサラダパン

20200118 (25)
おはようございます。日曜日ですね、今日は何をするのかな。センター試験の受験の方は昨日に引き続きがんばれー。

さて1月8日は滋賀方面に居ましたので、滋賀の名物パン?の一つサラダパンを頂きました。滋賀県長浜市にあるつるやパン(1951年創業)というパン屋さんで発案されたパンで、たくあん漬けとマヨネーズを和えたものがパンに挟んであります。漬物とパンって合わないんじゃぁ、、、という先入観を持ってはこのパンは楽しめません。

この発想はなかなか斬新ですよねえ。もともとはキャベツを入れていた、といったことを読んだことがありますが、コールスローみたいなのが入っていたのかな。それでサラダパン。しかし歯ごたえを追求した結果たくあん漬けに行きついたとか。。。でも名前は変えず、だそうな。へええ。

たくあんの歯ごたえを楽しみつつ塩っぱさを楽しみつつ食べるというもの、と思います。いいじゃない!なんだか名古屋メシ的で、、、。

20200118 (22)
パッケージも昭和的な面持ちで素敵。


しかし2019年も滋賀に結構出かけたのにblogネタにすることなく過ごしていたようです。前回の滋賀ネタは随分と古い、、、。
  ↓
滋賀#2 近江八幡にいってきた
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-782.html

スポンサーサイト



Category : 近畿
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

大阪#53 Sacra Famiglia - Kitano Church

20191226 (338)
こんにちは。私も昨日2019年の仕事納めをして最終便で大阪から東京に戻ってきました。とても忙しい1年でいろんなことがあった1年でした。皆様もそれぞれ一年を振り返るといろんなことがあったのではないでしょうか。

今年のChristmasは私は家族と離れ離れでしたので夕刻、会社の同僚と軽く食事をとってから最寄りの教会に出かけました。家族3人は東京でいつもの表参道の教会に出かけていたようですが、私は大阪梅田のSacra Famiglia Catholic Churchにお邪魔しました。

20191226 (330)
夜20時からのmassはInternational massだったのでいろんな国出身であろう方々が集まっていらっしゃる中、お邪魔させて頂きました。隣に座る同じ国ではない人と同じく祈りの時間を持ち、同じく祝う心を持つことは、心に光を持つことだと思います。
この小さな灯が心の中でEternal flame永遠の炎としてともることは希望です。

日々の生活の中で、様々な不安や不理解、不寛容、拒否といったものが世の中にはありますが、よく自省し隣人に素直に付き合うことができれば、それはどれだけの光となるのでしょう。

くる年が少しでも心豊かに過ごせる年となることを祈りつつ。

20191226 (341)
massは1時間半にわたって行われました。そのあと帰り際に頂きました。美味しく頂きました。

前回の大阪ネタは、、、夏だった↓
大阪#52 長居公園で暑い夏を楽しむ
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1701.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

兵庫#7 姫路でラーメン

20191117 (300)
おはようございます。今日は月曜日。今年も残すところわずかになってきましたね。私はまさかの単身赴任という事態に4月から突入しました。まぁサラリーマンであれば誰しも可能性はあるのでしょうけど何となく自分は単身赴任はしないだろうな、と思っていたので何とも意外なものでした。大学入学とともに関西を離れてからずっと関西以外で暮らしてきたので、今年は久しぶりに西日本方面へのお出かけも多かったように思います。

今年は神戸・姫路方面へも何度も出かけました。写真のラーメンを頂いたのは11月3日で、鳥取旅の最後は姫路にレンタカーを返却しに帰った後、姫路城を望む駅北側の商店街の中を散策した時に良さそうなお店を見つけて入った時のものです。お店は新生軒というお店で、創業1960年だそうです。昭和の店構えが私をひきつけます。持ち帰りの窓口とカウンターのみの客席でお客様は常連客であろう初老の二人が話をしながらラーメンを食べていらっしゃったので、私も同じものを、というオーダーでした。

ラーメンのお味は見た目通りの透明感のある塩味。すっきりなだしが潔ささえ感じる味です。まぁ化学調味料が効いているとか効いていないとかは、私はどちらでもいい人なので、懐かしいというかほろ酔いで帰る時に立ち寄りたい感じにさせてくれるお味です。Ho Chi MinhでPhoを食べたときに感じる安心感がよく似ているというか、、、。わかりにくいか。

20191117 (302)
餃子もしっかりと頂きました。ラーメン餃子。最高の組み合わせ。


20191117 (304)
店構えはこんな感じでした。


前回の兵庫ネタ↓
兵庫#6 北野小学校跡地@三宮
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1670.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

京都#17 金戒光明寺の山門を望む

IMG_9257.jpg
こんにちは。紅葉で楽しむ京都、続いてはバスで平安神宮の方へ向かいまして金戒光明寺です。ライトアップをしていることもあり、例年11月中旬頃から下旬に訪問する人はかなりの数だと思いますね。私が訪れた11月末は今年は少し台風の影響があったのか鮮やかさにはもう少し、という感じではありましたけど十分美しくて楽しめました。


IMG_9264.jpg
このお寺は浄土宗のお寺ですね。このお寺には会津藩に縁のあるお寺で会津藩殉難者墓所があります。

文久2年(1862年)、幕府は京都の治安向上のため京都所司代、京都町奉行に加え京都守護職を置きました。その職に会津藩主・松平容保(かたもり)が就き千名程の藩士を率いて上洛、その際に本陣としたのが金戒光明寺です。

元治元年7月19日(1864年8月20日)に、前年の八月十八日の政変で京都を追われていた長州藩勢が会津勢を排除すべく、京都市中で起こした市街戦が蛤御門の変でこの戦火で多くの町屋が消失しています。国のありようをめぐっての公国同士の内戦ですよね、、、。金戒光明寺には、幕末に京都の治安維持つまりは現体制の維持のために命をかけよと命ぜられた会津藩士たちのお墓が今も祀られています。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

京都#16 建仁寺塔頭の両足院には虎がいる 

IMG_9237.jpg
おはようございます。師走の日曜日ですね。我が家は今日はちょっとお出かけをしますが、寒く無ければいいなぁ。

昨日のお昼のentryでは、建仁寺のお茶の花を書きましたが、今朝のentryはその建仁寺塔頭・両足院です。塔頭とかいて「たっちゅう」って読むのは難しいですよね。漢字検定ではどれくらいのレベルなのでしょうか。漢字検定ってやったことないですけど。

塔頭というのは禅宗のお寺で、祖師や高僧の弟子が師の徳を慕って建てた塔や庵などの小院を指していて寺の中の小さな寺的なものですよね。両足院は建仁寺の中にあるのですけど、両足院の毘沙門天堂は両側を狛犬ならぬ狛虎が守っております。写真でわかるでしょうか。


IMG_9234.jpg
狛虎。虎はネコ科だけにアップで撮る随分とネコ感が。好奇心旺盛な猫が「何々?」って寄ってきたときの顔をしています。


IMG_9233.jpg
そして「阿」の方の猫、じゃなかった虎。臭いものにおった時の猫の顔をしています。くっさー!って顔。この顔を見て忘年会で靴を脱ぐシーンも多い時期、足クサにならないようにケアしなきゃね、と思い返すのでありました。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

京都#15 茶の花と紅葉と @建仁寺

20191214ken2.jpg
こんにちは。昨日は北陸経由で東京に戻ってきましたが、橋げたに車がぶつかったらしく、列車に遅延が発生していました。先日の中国の飛行機もそうだったし、一昨日もサンダーバードが京都の手前で長時間停車、、、京都駅で前の列車がトラブっていたのが原因で玉つきで大幅遅延していました。こういう時間のトラブルは、日程は詰め込み過ぎにしないようにしよう、と思わせてくれますね。気持ちだけ忙しい師走の出来事でした。


IMG_9223.jpg
紅葉を楽しむ京の街歩きですが清水寺の次は建仁寺です。このお寺は栄西が建仁2年(1202年)に開きました。宋のスタイルを擬して造営したとか。残念ながら応仁の乱による焼失、応永4年(1397年)、文明13年(1481年)と重なる火災で創建当時の建物は残っていません。戦乱で消失したのはもったいないなぁ。写真の三門も江戸時代末期の建物だそうですが、元々は静岡県の安寧寺から移築されたものだそう。三門を望む場所には紅葉もありましたが、紅葉では他のお寺の方が多いからでしょうか、訪れる人はまだ少なくて居心地がよかったですね。


20191214 ken
さて鎌倉仏教のbig nameである栄西は茶祖とも呼ばれています。建仁寺のwebsiteにも紹介されている通り日本のお茶の歴史はもっと時代を遡るのですが、栄西が宋から茶種を持ち帰って栽培を奨励し、一部の上流社会だけに限られていた茶を人々にひろめたことから茶祖って呼ばれているんですね。「喫茶養生記」なんて名前は日本史で覚えたんじゃないですか?茶に縁のあるお寺ですから、寺内にもお茶の木が植えてあり、お邪魔した11月末はそろそろ花の季節の終わりごろでした。お茶の花の季節は10月から11月下旬なので、また来年。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

京都#14 紅葉の京都・清水寺

IMG_9138.jpg
こんばんは。中国出張に行っておりましたので、紅葉ネタが途中で終わっておりました。それなので紅葉ネタをもう少しupします。11月30日、一日京都を歩きまわりました。その歩数、36000歩あまり。26㎞分ほど歩いたことになります。

阪急電車で朝一に京都に向かって河原町から清水寺にまず歩きました。清水寺は早朝から開いているので人の少ない朝の時間を狙ってこの超メジャーなお寺にお邪魔しました。


IMG_9122.jpg
清水の舞台は今、大改修をやっていますので木組みがされています。こんな舞台を見ることは珍しい機会と思えば、これもよし。


IMG_9148.jpg
そして清水寺には、阿弖流為(アテルイ)と母禮(モレ)の碑があります。この名前をみてピンと来る人は日本史を学校で勉強した人ですかね。蝦夷の首長・阿弖流為と母禮は延暦20年(801年)、政府軍である征夷大将軍・坂上田村麻呂が戦った相手です。翌年、田村麻呂に下り、田村麻呂と共に京都に送られた阿弖流為と母禮は、田村麻呂による助命の願いもかなわず河内国で処刑されました。この碑は、田村麻呂と縁のある清水寺に1994年(平成6年)に建立されたものです。北天の雄 阿弖流爲 母禮之碑、と刻まれています。

前回の京都ネタはコレ↓
京都#13 麒麟園の冷やし担々麺@向日市
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1706.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

京都#13 麒麟園の冷やし担々麺@向日市

20190804 (20)
おはようございます。昨日は神戸方面に行っていましたが、今日は京都方面に向かいます。二日連続共に植物園関連なのですが、、、。こんな暑い日の食事はさっぱり系か、冷たいのか、それとも濃いめ、辛いめか、悩むところです。昨日は体が参っていたので、冷たいものだったのですが、いつものweekdayの元気な時は濃いめ、辛いめを選んでしまうかなぁ。

さて今日の写真はちょうど一月前にお邪魔した向日市にある麒麟園という中華料理屋さんの激辛冷やし担々麺です。この日のチョイスは「冷たい系*辛い系」でした。向日市は竹・筍で有名なところですが、もう一つ「辛いもの」を推して町おこしをしています。「日本一リアクションが取れる街・激辛の首都・京都向日市激辛商店街、激辛マニアの挑戦者求む!」ですって。リアクション芸人の名人芸でなくても普通にリアクションが取れるということでしょうね。

他のお客様が皆さん激辛担々麺とか冷やし担々麺を食べていらっしゃいましたので、私も冷やし担々麺で。オーダーの時に「はじめてですか?はじめての方は辛さのレベルは2までで。」とお店の方がおっしゃるので、素直にLv.2でお願いしました。

ほどなくして出てきまして、さっそく汁がはねないように気を遣いながら(気を遣っていてもなぜかよく飛ぶんですよね、、、)頂きました。うん、旨い!冷たい汁で最初の刺激は低めなのですが、だんだんと辛さがやってきます。Lv.2ですよね、これ。そこそこ辛さがやってきますよ。目の前で同僚のM君が汗を吹き出しながら「結構辛いよ!」と言っていました。たしかに、、、。Lv.5ってどんな感じなのかなぁ。

私は辛いのはそんなに苦手ではなく、まあ辛さは私には十分だなぁと思いましたが、ネットで調べると「冷しは辛さが半減」とか「スープ全部飲み」とか書いている方もいらっしゃいましたので世の中には辛いもんが得意な方がいらっしゃるんでしょうねえ。

辛いもの、皆様はお得意ですか?


前回の京都ネタ↓
京都#12 レティシア書房にお邪魔しました
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1692.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

奈良#18 なら燈花会2019

20190812nara (409)
なら燈花会の浮見堂

こんばんは。今日は会社から二駅ほど離れたところまで歩いて帰りました。どれくらいかなぁ、今日5km程歩きましたかねえ。健康のためにはやはり少し歩くのがいいと思っています。

さて今日も奈良ネタです(奈良ネタが続きましたね)。今日は8月11日の奈良旅の締めくくり「なら燈花会」です。ブログリンクをさせていただいているたびぱぱさんも訪れていたようですね。一日奈良をぐるり回って東大寺周辺で日暮れを迎えました。浮雲園地あたりで暗くなるのを待ち、浮見堂の方へと楽しませていただきました。

なら燈花会は、1999年から20年続いている夏の10日間だけのイベントで、今年も8月の頭に多くのボランティアスタッフ支えられながら、8月14日まで灯されました。

20190812nara (377)
奈良の夜に数多のろうそくの灯りがともります。住む人々、訪れる人々がそれぞれの思いで眺めた事でしょうね。美しい眺めだったな。周りの人達が奇麗だねえって笑顔でいっているのを見ると一層そう思います。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

奈良#17 大和郡山といえば金魚ですよね~郡山金魚資料館

20190812nara (203)
こんにちは。金魚は飼ったことがありますか?

一つ前のentryに「あんみつ」*「金魚」で書きましたが、大和郡山に来たらやはり「金魚」に触れずに帰ることなどできますまい。大和郡山の金魚は柳沢吉里(吉保の子)が甲斐国からの国替りの際に持ってきたと伝えられています。武士が飼育していた金魚を、江戸末期から明治初期にかけて近隣の農家に広がった、というのが大和郡山の金魚の由来です。


20190812nara (227)
郡山金魚資料館~やまと錦魚園にお邪魔しました。入るなりそれぞれの養殖槽で物凄い数の金魚たちがわちゃわちゃしてとっても見ごたえがあります。それぞれの槽で育てられている金魚の種類も異なり、動きが鈍そうな形の金魚が人影が近づくとさっと動いて隠れようとする姿をみると、そんなに早く泳げるんだ!という新鮮な驚きがあります。


20190812nara (174)
金魚の町、大和郡山は、マンホールのふたも金魚推しです。


20190812nara (229)
そして近くのそこそこのサイズの池にも、こんな看板が。そうだよねえ。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

奈良#16 大和郡山の金魚推し!

20190812nara (163)
おはようございます(まだ真夜中を過ぎたところですが)。皆様お盆休みから復帰できましたでしょうか?私は今週は基本事務所にいる予定です。

さて8月11日には例の奈良をうろうろしていたのですが、その続きです。自転車で近鉄奈良駅から大和郡山方面にまで足を延ばしました。結構な距離を走りましたよ。

近鉄郡山駅近くまで自転車で走ってきたころにはもう汗だくでした。なので郡山柳町商店街までやってきて、金魚が泳ぐカフェ「きんぎょcafe柳楽屋 陽だまり」さんで休憩することにしました。このcafeの店内には多くの水槽があっていろんな金魚が泳いでいます。私が座った席もテーブルが水槽になっていて金魚を見ながら食事が楽しめる趣向になっておりました。

このお店ではやっぱり一押しの「金魚すくいあんみつ」は外せないかなー。寒天、フルーツ、白玉にあん。いやぁフルーツをよく見ると金魚に切ってあってね。勿論僕はこのあんみつを頂きました。まぁ器に刺さっている「ポイ」はデコレーションなので、これで果物の金魚をすくう、ということではないんですけどね。

ゆっくりと汗が引くのをまって、大和郡山の金魚養殖をされている業者さんに向かいました。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 7 comments  0 trackback

大阪#52 長居公園で暑い夏を楽しむ

20190811 Osaka (61)
こんにちは。昨日は数日振りに大阪の部屋に戻りました。流石に物凄く暑くなっているかなぁと思ってドアを開けたのですが、意外やそこまで暑くありませんでした。私のワンルームには遮光遮熱カーテンをしてあるのですが、これで随分と違いました。数年前に日本に帰ってきたときに妻が買ったカーテンでしたがこの夏は大活躍です。

8月10日はお墓参り、Korean Townを楽しんだ後、天王寺経由で長居公園へ向かいました。長居公園に行ったのは高校生の頃以来ですのでずいぶんと印象が変わりましたね。やっぱり広いです。本当ならバラの時期に来るべきなのかもしれませんが、まぁそれは秋にして、今回は夏の植物を楽しみに来ました。花の種類は少ないですがね、いいんです。このタイミングでは「ひまわり」押しでした。ひまわりはどこでも植えられているので改めて見る必要もないのかもしれませんがある程度まとまって植えてあると見ごたえも異なってきますね。写真を撮りに来ている方も多くいらっしゃいました。

秦基博さんの「ひまわりの約束」が頭の中で妄想ヘビーローテーションしておりました。もう5年前の歌なんですね。

20190811 Osaka (31)
長居公園にある自然史博物館では「昆虫」展がやっていました。昆活ですねー。

今日は健康診断再検査、、、昨日の夜から飲まず食わずなので、、、つらい。。。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

大阪#51  猪飼野で「難波津の歌」

20190811 Osaka (16)
お盆休みはいかが過ごされましたか?私は後半を東京で過ごし今朝(もう昨日になっちゃったか)、朝一の新幹線で東京から大阪に移動しました。ちょっと長い休みがあるとやはり一日仕事がしんどいですね。

盆休み前半は関西圏にいた私ですがまずは真田山でお墓参りをしました。玉造の駅から歩いたのですが玉造駅に降りたのは学生の時以来なのでずいぶんと風景が変わっていましたが商店街はあまり変わりませんでした。お墓参りを終えた後、久しぶりに鶴橋~桃谷あたり、Koreanの香りがする周辺を散策することにしました。

やはりこのあたりはdeepなKoreanの香りがしますね。街中を歩いていてもKoreanのおばちゃんがKoreanでがんがん会話しています。当方は簡単な単語しか分かりませんのでね、何を話ているのやら、、、(でも値段の話をしているよねーぐらいは分かるんですが、、、。)鶴橋駅前の込み入ったアーケード街(もうなんだろうか、なかなかアジア諸国にいってもdeepなところに行かないと出会えない空気感の場所)を通り抜けて、桃谷方面へ向け歩き、大阪生野コリアンタウンまでやってくるとずいぶんときれいな街並みになってきます。このきれいなKorean Townの端に御幸森天神宮があり、この境内に写真の難波津の歌碑があります。

難波津に 咲くやこの花 冬ごもり 今は春べと 咲くやこの花

この歌は伝承上の人物、王仁の作とされています。「古今和歌集」の仮名序で「安積山の歌」とともに「歌の父母のやうにてぞ手習ふ人のはじめにもしける」と記されている有名な歌の手本ですね。映画や漫画の「ちはやふる」で知った方も多いんじゃないでしょうかねー。「競技かるた」の序歌に指定されていて大会の時に一首目に読まれています。ちなみに映画「ちはやふる」だと、松岡茉優さんにハマっています。(え?聞いていない?(笑))

この和歌の手本とされる歌の一つである難波津の歌を詠んだとされる王仁は、応神天皇の頃に朝鮮半島から渡ってきた人物とされています。それで朝鮮半島と日本をつなぐ架け橋となった人物の歌として、このKorean Townの神社に歌碑が2009年に建立されたのですね。

朝鮮半島との関係は冷え込んでいますが、こういう時分だからこそ、文化的な関係性に心を向けたいと思います。

20190811 Osaka (23)
この日は暑かったので、도토리냉면「どんぐり麺の冷麺」を頂きました。


前回の大阪ネタはこれでした↓
大阪#50 ポテト蕎麦を十三で
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1661.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

奈良#15 史蹟あるある~大安寺塔址

20190812nara (140)
こんにちは。史蹟に興味のない方にはどうでもいい話でしょうけど、、、史蹟を訪れていますと何もない、ただ碑が建立されている、という場所にしょっちゅう出くわします。へえ、ここがそうだったんだね、という感想しか出てこないのですが、それでも史蹟を歩くのは好きですね。

今回の奈良旅では、斑鳩→近鉄奈良→自電車を借りる→ならまちあたりを散策→そこから自転車でどんどん進む、という流れでした。で、出会ったのが大安寺塔址です。

基石部分が残っているだけ、ではあるのですが、これはこれで素晴らしい史蹟で説明板もしっかりとしていました。

しかーし。周辺の様子を引きの写真で見てみましょう。

20190812nara (137)

そうなんです。この史蹟、だだっ広ーい空き地にぽつーんとあるという何とも寂しい感じの史蹟なのです。史蹟巡りをしたりしていると、こういうことも「史蹟あるある」なんですよね。

大安寺の創建は、聖徳太子の頃まで遡り、由来は現在の大和郡山市額田部に熊凝精舎を建てることを望まれたことに発します。その後の平城京への遷都などがあり霊亀2年(716年)に現在の地に移り大安寺となったそうです。奈良時代に大いに繁栄し南都七大寺の一つに数えられていました。南都六宗の一つである三論宗の本拠でした。

そんなお寺も時代が下るに従い力を失っていき荒廃したといいます。そんなことに思いをはせながら見ると、この広い空間も違って見えてきませんか。(ん?見えない?そうですか(笑))

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

奈良#14 斑鳩いったら藤ノ木古墳

20190812nara (58)
おはようございます。皆様、台風の影響はいかがですか?ともかく安全が第一ですね。私は今日も出勤ですが、さっさと切り上げて帰ろうと思っています。そう今日は大阪から東京に新幹線移動もありますし。。。お盆休み後半は東京で家族と過ごします。

さて奈良旅、斑鳩・法隆寺まで行ったら、やっぱり藤ノ木古墳は行かなきゃね。藤ノ木古墳は見た目通り円墳です。歴史の教科書とかで読んだことあるでしょ?玄室に副葬された土師器や須恵器の年代から6世紀後半の円墳であると推定されています。この円墳は中がのぞける用意ガラス戸がついているのですが、暗いので目が慣れるまで時間がちょっとかかるんですが、中が見られるってのもいいですね。

20190812nara (61)
そしてそこから1,2分ほどの場所にある斑鳩文化財センターもお勧めなのでございます。なにせ無料!展示している複製品もね、かなり良くできているのですよ。細部までじっくり時間をかけて見られるというところがス・テ・キ。お邪魔した時も私以外の見学客はゼロ。そして管理をされている方ともお話させて頂けて幸運でした。

20190812nara (85)
精巧ですよねー。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

奈良#13 やっぱり斑鳩が好き!

20190812nara (5)
こんばんは。今日はお盆休み期間中ですが私は出勤日にしていました。今日明日は出勤です。お盆休みをとれる方、とれない方、仕事でいろいろありますが、お盆休みのような休みが集中する時に休むっていうのは結構費用も嵩むし、、、ね。

私のお盆休み前半3連休は、1日目は「お墓参りと大阪市内散策」、2日目は「朝から奈良・斑鳩」、3日目は「大阪・梅田周辺散策」と比較的近場の「低価格」遊びでした。1日目、2日目は両日とも3万歩超えで、歩きすぎたので3日目は13,000歩程度に抑制的に。まだ夕方ではありますが早めに帰宅。買った本を読もうかと思ったのですが、本だと寝てしまうなということと音が欲しかったので、Amazo*プライムで「ふしぎな岬の物語」を見ました。

吉永小百合さん、やっぱりきれいですね。いろんな方が出演されていましたが、米倉斉加年(よねくらまさかね:1934-2014)さんが存在感ありました。この映画が米倉さんにとって遺作となりました。いい演技もそうだし、絵もうまいし。天は二物も三物も与えるんですね。こういう方はgiftedだと思います。

さて、土曜日の奈良旅は、、、1dayパスを使って地下鉄→近鉄→バスで法起寺へ!というのが最初でした。


20190812nara (11)
法起寺。2017年のお正月にもお邪魔しました。が、今回は朝が早すぎて中に入ることできず。まぁ田畑からの塔を拝んで。

奈良#9 法起寺~103タンブラーの旅2017その1
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1182.html


20190812nara (16)
斑鳩のこのあたりは、無花果がたくさん栽培されているんです。この時期に歩くと、無花果の甘い香りで空気が満たされています。稲の香りもいいですしね。


20190812nara (19)
徒歩で法輪寺へ。三井寺とも呼ばれるお寺で、今は聖徳宗のお寺です。聖徳太子に繋がるお寺です。この三重塔は1975年(昭和50年)の再建のため世界遺産には含まれていないそうです。なぜ再建かというと、1944年(昭和19年)雷で焼失してしまったから。その後、戦後の混乱もあったりで、なかなか再建がかなわなかったそうですが、幸田文さんらの尽力もあり西岡常一棟梁の下、再建されています。


20190812nara (47)
更に歩いて法隆寺。法隆寺は広いですからねえ。そしてなかなか拝観料も結構しますので今回は夢殿だけ。なんか他の拝観を進める係の方が多くて、商売っ気が強いのが、、、なんだかなあ。

とりあえず斑鳩三塔巡りは朝9時過ぎにはcompleted。それだけ朝早くから行動してたってわけです。

前回の奈良ネタ↓
奈良#12 1月1日は、興福寺に行ってきた
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1609.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

京都#12 レティシア書房にお邪魔しました

20190711r (25)
7月9日、平日でその日もお昼から西の方に商談に出かけた後、事務所に一度戻ってから、終鈴とともに京都に急いだ私。JR京都駅から地下鉄に乗り烏丸御池で降りて少し京都御所の方に歩いたところにその日の目的地はありました。

その日ですね、小さな書肆ではありますが私の好きな品ぞろえをされている「レティシア書房」にお邪魔しました。この日は東京・荻窪にある本屋の店主が選んだ本に、画家が絵を描いたエッセイ集「ことばの生まれる景色」(ナナロク社)の原画展が開催されていて、それを見に京都を訪れました。この原画展は1年をかけて全国の本屋さんを巡回します。荻窪の本屋さんでしょ?わざわざ京都で見なくたって、、、という気持ちもあったのですが、ちょうどこの時期に開催されているのが京都の「レティシア書房」さんだったもので、、、。


20190711r (9)
曇り模様のでしたので烏丸御池から歩いても、まだ暑すぎるということはなくて助かりました。
街並みに溶け込んだ店に入り、店主ご夫婦の好みで選ばれたであろう棚づくりを楽しませていただきました。星野道夫さんの本が多く置かれていたし、レジのデスクマット下に星野道夫展の半券がしまわれていましたので、ご夫婦に「私もこの展覧会、行きましたよ。」なんて話を向けましたら、今回の原画展での絵も初めに星野道夫さんの「旅する木」についての絵に惹かれたとおっしゃっていました。そういうことってありますよね。

この原画展では。私は星野道夫さんの本もさることながら、須賀敦子さんの「ミラノ 霧の風景」についての絵も惹かれました。

今日は広島方面に出張ですのでそのお供にこの本を連れていきたいと思います。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

京都#11 ちっちゃなどら焼き at 北野白梅町

20190708 (9)
こんにちは。先日、日本橋のうさぎやのどら焼きのことを書きました。私、「ドラ*もん」のようにどら焼きが大好きなので、いろんなどら焼きを頂いています。

最近頂いたどら焼きの中の逸品をご紹介したく。

先日、6月30日に京都うろうろ旅をした際に出会ったどら焼きです。北野廃寺跡から今出川通りを北野天満宮を少し歩いたところ、通りから少しだけ入ったところにあるどら焼き専門店の「亥ノメ
」さんのどら焼き・黒糖ラムレーズン、これは、なかなかの目からうろこです。ラムレーズンと餡、黒糖どら焼き。この組み合わせ、これは口福ですよ。


20190708 (12)
しっかりとラムの味がするこのどら焼き、私大好きです。


20190630 (225)[1]
お店は小さいのでわかりにくいかもしれませんが。

このどら焼きを買って京都府立植物園に行くこと、おすすめです。


亥ノメさん
https://www.instagram.com/dorayaki.inome/
因みに猪目とは関係ないそうですよ。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

京都#10 コロッケラーメン at 四条河原町

20190711r (23)
おはようございます。二日前の投稿で、二日連続のラーメンだったと書きましたが、一日目のものは普通に天下*品のさっぱり*細麺でしたのでまぁ普通のラーメンでしたが、2日目のラーメンは、結構なdeep impactでした。

世にコロッケそばなるものは少しずつ認知されてきていると思いますが、この日に頂いたのはコロッケラーメン。こってり系のスープのラーメンの上に揚げたてのコロッケ2つを乗っけられています。

揚げたてなのでじゅーじゅー鳴らしながらスープを吸っていくコロッケのなんと力強いことでしょう。(「たっぷりスープを吸うんだよ。」と親の気持ちになりながら吸わせました。*この雰囲気伝わるかなぁ、その昔「大きくなれよ。」とCMを流していたハム屋さんの気持ちです。)

そしてしっかりスープを吸ったコロッケはやわやわでこれをレンゲで崩しながら食べていくというのが、たぶんこのラーメンの「正調頂き方」だと思った次第です。

このお店の一押しでした。店の名前を憶えていないのですが、阪急・四条河原町駅の高瀬川沿いの入り口の斜向かいにあります。興味のある方はぜひ。


京都ネタはこれからも増えていきますよ。↓
京都#9 大宮通りから梅小路公園へ
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1679.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

京都#9 大宮通りから梅小路公園へ

20190617 (63)
こんなこんもりした道を通って進むとJRの線路にぶつかります。そして右手奥には、京都鉄道博物館が。

こんにちは。「そうだ京都へ行こう。」といってすぐに行ける距離なのでこの4月から何度京都に足を運んだことでしょう。だって祇園祭の頃は暑すぎて京都に行こう!と気軽に行けないので、春から初夏であれば、思い立ったが吉日でございます。

そんなことで、東寺に行った後の話。大宮通りを北上し梅小路公園に向かいました、朝早かったうえに6月15日は天気が荒れそうとの予報でしたので、人はあまり見かけませんでした。広い公園に人が少ないとがらーんとして気持ちがいいなぁ。これで青空だったら、、、(みんな来ますよね、、、矛盾。)

20190617 (65)
雨粒がぱらぱらとし始めるながら散策をしているとクチナシの花の甘い香りがしてきました。未明に降った雨に濡れていましたが。


20190617 (68)
京都鉄道博物館。朝一だったので、まだ開館していません、というよりまた今度、妻・子どもたちと、と思っているので今回はもちろん入りません。


20190617 (52)

そして京都水族館。こちらも目の前を素通り。建築はきれいなフォルムをしていて、こちらもいずれね!という気持ちで、今回はパスしました。

そして、本願寺の方へと向かいました。

前回の京都ネタ↓
京都#8 教王護国寺(東寺)へGO!
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1677.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

京都#8 教王護国寺(東寺)へGO!

20190617 (37)
こんにちは。一つ前のentryの京都府立植物園で紫陽花を見たのは、お昼を過ぎて夕方前でした。その日の京都行は朝一からJRで京都に向かい、まずは東寺に向かったところからでした。

先日まで東京国立博物館・平成館(上野公園)でやっていた東寺展がやっていました。40万人以上の方が入ったそうですね。この展示には行くことが叶いませんでした。それなので展示では見られない、外側の方を見に行こう。そうだ京都へ行こう!ってことで京都に行きました。

教王護国寺いわゆる東寺は、平安京への遷都に伴い王城鎮護の官寺として西寺とともに延暦15年(796年)に建立されました。そののち弘仁14年(823年)に当時の先進国・唐から新しい仏教である密教を輸入した空海(弘法大師)が嵯峨天皇から東寺を給預され、真言密教の根本道場となりました。この時点を立教開宗とし、2023年に1200年の節目を迎えます。

尚、西寺は右京九条一坊・羅城門西側にあったとされています。正暦元年(990年)の火災、天福元年(1233年)に再び火災で焼失を経て荒廃し廃寺となったそうです。跡地は現在の京都市南区唐橋西寺町で国の史跡に指定されていますが五重塔の場所は推定場所は分かっているもののまだはっきりしてません。2019年1月に京都市が2019年度に本格発掘調査をすることを発表しています。今回は地権者の了解を得て住宅など数軒を解体して推定される場所を発掘するそうです。


20190617 (40)
今回は外観からお参りというコンセプトで散策していましたので、拝観料を払って中に入ることは致しませんでした。外から見ることができる建物をもう一つ。東寺・東門の慶賀門からみて左側へ進んだところにある小さな校倉造の建物がありますが、これが重要文化財の「宝蔵」。東寺の宝物を保存してきた建物で解体修理の時に判明したのですが、創建当時の頃の建物であろうということで古いんですね!


20190617 (14)
外側のお堀には、大きく育った子どもたちと泳ぐかもの家族。可愛らしいねえ。

20190617 (47)
そして慶賀門を出て大宮通を北に。家々の前に紫陽花が植えられていてきれいに咲いておりました。

<修正・追記2019年6月24日>
写真が間違ってupされていましたね。カモが2回登場しておりました(笑)

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

兵庫#6 北野小学校跡地@三宮

20190611 (375)
おはようございます。昨日は休肝日でした、皆様お元気ですか。

さて神戸シリーズをもう少し続けます。今朝の神戸ネタはちょっと古い建物。トアロードを下ったところ三ノ宮駅に近くに北野小学校跡地を利用した「北野工房のまち」はあります。北野工房のまちに入っている店舗は今回はゆっくり回ることはできませんでしたが(時間不足)、かわいらしいお店が入っているのでかわいいもの好きの人にはいい場所かな。私にはやはり古い校舎の方に興味があり、写真は階段ですね。私の通った高校にもこんな感じの雰囲気がありました。とてもモダン。

この旧北野小学校は1931年(昭和6年)に建てられました。1931年という年は、日本では羽田飛行場(今の東京国際空港)が開港した年で、アメリカでThe Star-Spangled Bannerが国歌に採用された年です。(うん、わかりにくい。)1995年(平成7年)の阪神淡路大震災の被害と児童数の減少から閉校となりました。その後、1998年(平成10年)に今の「北野工房のまち」として活用されることとなったそうです。 建物を大切に保存しながらというのがいいですよね。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

兵庫#5 餃子~悦記の餃子@三宮

20190611 (373)
高架下のお店でチョイス!

こんにちは。満州の餃子を昨日書いたので、今日はチェーン店ではないところの餃子を一つ。さて、皆様の今晩のおかずは餃子はいかがでしょう?

さて今日の餃子(?)は、先日6月2日のお昼に頂いた餃子です。この日は朝から神戸に出かけて六甲山側に散策に出かけたのですが、その後資料館に寄ったりして、三宮駅に就いたのは2時半過ぎ。夕方に大阪の映画館に向かう予定であったので、三ノ宮駅で腹ごしらえです。神戸だからと言って神戸牛を食べる、なんてことはせずに、高架下でいくつかの食事処を探して歩いたところ、餃子店があるじゃないですか。ここに決定!

昼時を過ぎた店には先客のおやじざんが2名。奥に座っていたおやじさんは餃子と瓶ビール、もう御一方も餃子と瓶ビール、そしてザーサイ。うーむ、僕も昼からビールにするかなぁ、美味そうだしなあ。

(でも、痛風の薬もらってないしなぁ。:心のなかでポツリ。)

20190611 (372)
そう、今は飲んではいけません。お腹が空いたから入ったのです。オーダーは、ラーメンと餃子。これもセットメニューの王様です。

私が待っている間に、二人連れの夫婦が来て、餃子とビールをオーダー。そのあとスポーツジム帰りと思われる女性二人組が入ってくるなり「ビールと餃子」。(いやぁ、そのセットしたら何しにスポーツジム行ったか分からんですよ、、、なんて負け惜しみ。)

あぁ、ここは餃子とビールというオーダーが正調なんだ、、、。ポッと出の私にはできなかったオーダーであります。次回は、餃子と瓶ビールにします、この店に来たら。。。


そういえば前回はもう5年近くも前なんですね、兵庫ネタ。
これから増えると思うけど。

兵庫♯4 城崎ちくわパン
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-908.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

大阪#50 ポテト蕎麦を十三で

20190512 (62)
こんにちは。今日はこれから東京出張で伊丹空港におります。とはいえ土曜日はゴルフが大阪であるので、とんぼ返りなんだよなぁ。まぁ仕方ない。

きれいな薔薇の花のことを書こうと思ったのですが、やはり食べ物ネタを書こうかなぁと思いまして、、、。写真は先日頂きました大阪は阪急電車・十三駅構内の駅そば屋さん(昔は阪急そばって言ってたよね)の名物「ポテトそば」。そのまんまです。温かい蕎麦の上に、カリカリに上げたfried potatoを乗っけるという荒業の蕎麦です。

20190512 (61)
注文して出てくるときには、このように別皿で提供されるのですが、出て着たなり「えいや!」と蕎麦の中に投入します。そして自分好みにふやけた具合で頂くというのがこのポテト蕎麦の醍醐味。子供たちに写真を見せたら「うぁーーー」という奇声、、、。そうでしょうとも、そうでしょうとも。糖質の上に、脂質をまとった糖質をオンして食べている、それも「ふにゃってる」んですから。。。私が高校生の頃は、十三が最寄駅だったのでよく阪急そばはよく食べましたが、そのころにはなかったメニューでしたね。さて、そろそろフライト時間が近づいてきました。ではー。


↓前回の大阪ネタ。
大阪#49 お昼から「ねぎおこ」
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1645.html

<追記2019年5月26日>
阪急そば、に反応される方がいらっしゃったので。阪急そばは2019年3月末で経営を別の会社に譲渡されました。昭和42年に十三駅構内に立ち食いそばの店として始まり半世紀あまり、駅に行きかう人々とともにありました。その名前はなくなりましたが、そこに行きかった人の記憶の中にその名は刻まれています。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 12 comments  0 trackback

京都#7 阪急電車ラッピング、京都線

20140414 (636)
こんにちは。今日は子供たちの学校公開でしたので朝から行ってきました。今週末は東京で過ごします。皆さんはどんな週末をお過ごしでしょうか。

さて先日、阪急電車のラッピングをupしましたが、京都線のものも見かけました。京都まではこの車両で向かったのではなかったのですが。花の絵が描いてあり可愛らしいですね。神戸線とはまた違っていいですね。


大阪#48 阪急電車のラッピング
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1644.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

京都#6 そうだ京都へ行った 平野神社

20140414 (579)
こんばんは。皆様今週はどんな一週間でしたか?私は4月に入って2回目の東京出張で3日ほど東京に居たんですけどね、、、。出張2件で忙しくしておりました。このエントリー書いたら、家をでて週末は東京で過ごすぞ、そんなわけで、コメント返信できないまま、、、出発です。ごめんなさい。(週に2回東京はキツかなぁ。)

さて先週の週末(本当は週初めだけど)日曜日14日は朝一番の阪急電車に乗り京都へ向かいました。今年は転勤で大阪にいますからね。せっかくですから桜の季節を満喫したいな、と思いまして。烏丸まで向かって地下鉄で北大路へ。バスターミナルから市バスで北野白梅町の方に向かいました。まず訪れたのは、桜の名所、平野神社。子供の頃に来たことがあるぐらいでほぼ記憶はなく、、、。観桜を楽しむようになったのも大人になってからですもんねえ。そりゃ覚えていないよ、、、。

境内に入ると、、、と横手から入ってしまったためか多くの露天商が並んでいていくら桜が美しかろうが昨晩の匂いも残っていて、、、風情も何もあったもんじゃないなぁ、、。まぁ正面に回れば確かに桜の名所です。花山天皇の頃から名所だそうですが、今の姿を古人が見ればどう思うかしら。。。

トップの写真は平野神社の代表的名桜、平野妹背。淡紅色で美しい。平野神社がルーツとなる桜だそうな。妹背とつくのは、ひとつの花に実が二つつけることから、仲睦まじい様を言ったもの。単身赴任の身ではありますが妻とは仲睦まじく生きたいものです。

20140414 (584)
この本殿は寛永年間(1624年-1644年)の再建だそうです。この手前の拝殿は先年の台風で倒壊してしまったので今後再建されるのでしょうね。

20140414 (633)
八重紅枝垂桜もきれいに咲いておりましたよ。

前回の京都ネタはコレ↓
京都#5 生八つ橋・夏の戦い
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1521.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

大阪#49 お昼から「ねぎおこ」

20190411 (51)
おはようございます。今週は痛風発作が出ているにも関わらず会食が続いています。まぁ身内の会食なので「飲めない、飲まない会食」というものを実行しております。素面で酔っぱらいの皆さんと話をするのはまぁ、ちょっとついていくのが大変ですね。皆さんはそんな経験されたことありますか?

さて写真は先日の昼食です。ネギたっぷりの「ねぎおこ=ねぎお好み焼き」で美味しかったですよ。このお店は自家製マヨネーズをつけることができるんですよ。

昼食から粉もんを頂くというのは東京で生活しているとあまりないような気がしますが、この時は会社の同僚たちと集団でお好み焼きを食べることになったのですが、なんだか不思議な感覚でした。

昼ごはんにお好み焼き、ってありですか?子どもの頃は土曜日のお昼とか夜に父が作ってくれたお好み焼きをよく食べたような記憶がありますね。家族が大阪に遊びに来たらお昼にお好み焼きに連れて行こうなあ、と思っています。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 18 comments  0 trackback

大阪#48 阪急電車のラッピング

20190401 (434)
おはようございます。あっという間に一週間が過ぎました。東京出張で週末まで家族と一緒に過ごす時間ができてよかったなぁ、と思いながら夜な夜なPCを触っています。この週末は皆さんはどんな風に過ごされますかね。

さて大阪ネタです。先日久しぶりに阪急神戸線に乗ったところ、たまたま乗り合わせた車両が写真のラッピング車両でした。阪急電車に乗るのは久しぶりだったのですが阪急がラッピング車両をやるようになったのはいつごろからなんでしょうね。このラッピングに描かれているのは中村佑介さんのイラスト。「謎解きはディナーのあとで」とか「夜は短し歩けよ乙女」の表紙に使われていますよね。可愛らしいデザインですね。町の路面電車なんかで走っていたらもっとかわいいかもしれないなぁ。

東京オリンピックの後、選手村の後に地下鉄の新線を考えているようなことがNewsで流れていましたが、、、いやぁ、そんなインフラ整えるのに負担が大きくなりすぎるのはやめるべきじゃないかい?バス専用レーンを作るとか、LRTを採用するとか、、、未来世代に負担を残すようなインフラの整備の仕方は考えたほうがいいと、、、。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 10 comments  0 trackback

大阪#47 ラーメン屋なんですけどね。

20190401 (440)
こんばんは。このentryがupされる頃には私は東京出張(なんか違和感あるわぁ)に向けて飛行機に乗っております。まだ大阪に来て数日しかたっていないのに、、、早速の東京出張です。家族にあえるので全然私的にはwelcomeですが。

さて大阪で生活しているので大阪的なものをupしたいなと思っているのですが「痛風」のせいでなかなか行動範囲も広まらないし積極性に欠ける動きをしております。そして何よりもいろんなものが揃わない(これを書いている時点では寝具とソファとテーブルが届いていない)ということもあり、、、なんだかまだまだな感じがあります。他の転勤者に聞いても皆様似たようなもんで、、、。皆さんつらい。私はそこに痛風まで乗っけてしまったので泣きっ面に蜂、転勤者に痛風であります。

そんなこんなで大阪のヨドバ*カメラの上にあるレストラン街で食べた一品。なんかデミグラスソースのかかったオムライス風炒飯とラーメンのセット。オムライス風とメニューに書いてあったはずなのですが、店員にオーダーしたら「オムライスセット」って中の人に通していました。(もうオムライスって言ってしまってるじゃない。)

ということでデミグラスソースのかかったオムライス風炒飯が意外と美味しかった、というお話でした(そんな話してないよね)。
なんだかメニューの組み立てが名古屋的だしなぁ。。。大阪ネタでいいのかしら。


前回の大阪ネタ↓
大阪#46 たこ焼き・甲賀流@心斎橋・アメリカ村
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1639.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 12 comments  0 trackback

大阪#46 たこ焼き・甲賀流@心斎橋・アメリカ村

201903243 (7)
こんにちは。今日は皆さんいかがお過ごしですか?私は雑貨の買い物をすまそうと思っています。

さて昨日は、不動産屋さんが四ツ橋だったので御堂筋線でアクセスのいい心斎橋から歩きました。途中アメリカ村を突き抜けるので、不動産屋さんの説明時間と、荷物が届く時間リミットの間でピンポイントで10時半のおやつにたこ焼きを頂きました。まぁ大阪の方にはよく知られたお店「甲賀流」です。大阪のたこ焼きは柔らかいですからねー、、、。朝10時20分開店らしいですけど、10時半には既に三角公園で甲賀流のたこ焼きを食べているグループが10以上居ました。すごいね、やっぱり人気店ですね。

大阪に居たらやっぱり「粉もん」worldが広がっていますのでね、、、頂きました。高校生のころはそれほど自身では感じなかったですが、毎週末のようにお好み焼きであったことを考えると、若いころは「粉もん」で育っているんですね。やっぱり。

前回の大阪ネタ↓
大阪#45 弾丸出張でとん蝶
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1623.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 14 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。