烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by TORU on  | 

長野#36 Matsumoto Brewery に立ち寄る。

20170528 (628)
日本のcraft beerがどんどん美味しくなっているので、飲みたいなぁと思うbeerもどんどん増えていくという状況ですね。もうそれぞれでお国自慢的ができるぐらいいろんなbeerがありますね。blog友さんの方の土地にもおいしいcraft beerがあるのではないでしょうか。

信州・松本にも美味しいbeerがあります。こちらもネットで見つけて立ち寄ることを決めていたお店。子どもたちはりんごジュースを頂きました。お店の中には旅行中の方でしょうか、英語もちらほら聞こえてきました。信州はスキー客も多いからかいろんなお店でEnglish speakerがいらっしゃいますね。

20170528 (633)
二階席に上がると壁にPortland,ORの地図が貼ってありました。beer祭にでも出かけたか、craft beerを楽しみに行かれたのかしら、と想像を膨らまします。お店が一杯だったのでね、次回来た時にお話しを伺ってみたいものです。

20170528 (634)
路地を田川沿いに向かって折れたところにお店があります。今回の信州シリーズは、このおいしいbeerでお開きです。今回も信州の美しい風景とおいしいお水(beerも)、ご飯を有難うございました。

Matsumoto Brewery
http://www.matsu-brew.com/

スポンサーサイト
Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

長野#35 郵便ポスト、もちろん現役です。

20170528 (623)
松本市を流れる田川を南に一本入った路地ですが、景観地区のようになっているので夕方にそぞろ歩きするのにちょうどよい雰囲気です。通りの店先に丸い郵便ポストがあり、日ごろ見ない形の郵便ポストなので子供たちも興味を持ったようですね。都内で見るのは四角いポストが多いものね。それほど珍しいわけではないですが、大切に使えばまだまだいけそうですね。でも、手紙を書く人ってへっているのでしょうね。

郵便物に関する統計をみると、インターネットなどの普及を背景に、近年は一貫して総数が減り続けているそうな。その一方で、ネットショッピングの普及によるものか、郵便で扱われる荷物は対照的に増加を続けているそうですね。

メールばかりの今ですが、ゆっくり手紙を書いてみる楽しみを捨てるのはもったいないですね。

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

長野#34 おいしそー!@アトリエブレ

20170528 (615)
僕はmilkがダメなので食べられませんが、子供たちは喜んでくれていました。長野県松本の名門、深志高校の脇にあるアトリエブレというお菓子屋さんです。オーナーシェフさんがお菓子を作るのを見ることができるので、息子は釘付けでずっと見ていました。息子も娘も料理に興味はあるようですね。我が家には子供用の包丁が2つあります。

アトリエブレ
http://www.atelierduble.com/

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

長野#33 松本市四賀化石館に立ち寄りました

20170528 (608)
法事のあと、山間のお寺から少し松本に戻ったところ、四賀地区にあるのが化石館。この地の別所層からシガマッコウクジラが産出して展示されています。勿論、このクジラの化石が化石館の目玉です。同じ泥岩の層からは他にも魚類や二枚貝、植物の化石などたくさんの化石が産出するそうです。四賀は1500万~800万年ほど前(新生代第三期中新世)は海の底だったんですね。子供たちにとっても大きなクジラの化石は見ごたえがあったかな。

20170528 (611)
ぬりえですね。子どもたちは楽しんでいましたよ。ところで、恐竜とかの色って、現生の生物からの想像でつけられているんですよね?どんな色だったんでしょうね。

<未来にこれを読むかもしれない息子へ>
いろんな色があって楽しいねえ。その豊かな色使い、未来の君は持っていますか?

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

長野#32 長野のお山

20170528 (598)
妻の親族は長野・松本から奥に入った山間の出であるため、集落のお寺もお墓も随分と山の方にあります。今回の法事にはおおばば様は御年ですし(100歳超えていますからね)来られませんでしたが、写真、ビデオだけでもと撮って帰ってから見てもらいました。昔々見た風景とそんなに変わっていないんじゃないかなぁ。

随分と古いお家のようで墓誌が古い!文明三年って、、、、文明年間が始まったのは戦乱によって応仁3年(1469年)の改元を受けての元号ですからね。そりゃ古い。お寺もなんだか立派ですなぁ。限界集落では廃寺になるようなお寺があるので、山間の集落といえどもまだまだ人がいるということなんでしょうね。

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

長野#31 Agata Bakery@松本

20170528 pan1
前日は岡谷の食堂で美味しい夕餉をいただいて諏訪湖畔のお宿に泊まり、朝から礼服で宿を後にしました。法事は午前中に始まりますから、パッと食べられるものがいいなぁということでパン屋さんへ。ネットでおいしそうなパン屋さんを探す、というのはなかなか運試し的な要素が多いですよね。地元に愛されていそうなパン屋さんを探す、というのが達成目標。今回はちゃんと達成できました。

20170528 (582)
季節もののパンをいただきました。これは菜の花が入っていて、少し菜の花の苦みもあっておいしい!5月21日でしたからね、まだ菜の花の季節でした。美味しかったー。今度松本に来た時も食べたいなぁ。eat-in があれば、、、なんて贅沢なことを考えたり。ごちそうさまでした。

Agata Bakery
http://agata-bakery.com/

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

長野#30 ソースとんかつ@美和食堂・岡谷

20170528 (568)
GWの信州旅で岡谷に立ち寄った際に、ソースカツ丼を頂いた美和食堂で今回は、ソースとんかつをいただきました。この食堂は初回も地元のお客様がいらっしゃっていて、ご主人がとてもいい雰囲気でお話しされているのが印象的な食堂です。

オーダーしてから時間がかかりますよ、と言われても美味しいごはんをゆっくり待つ気持ちさえあれば、口福に出会えるというわけで、待ちますとも、待ちますとも。

とんかつのおいしい店はたくさんありますが、雰囲気までおいしいお店に出会えるのはラッキーですね。皆さんにもそんなお店があるんじゃないですか? そういうお店に出会えるのは幸せですね。信州に行ったら絶対立ち寄りますね、これからも。

美和食堂
https://tabelog.com/nagano/A2004/A200404/20007243/

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

長野#29 茅野市民館に立ち寄り

20170528 (530)
長野シリーズ、前回はGWの信州旅行でしたけど、実は先月5月にもう一回長野に行きました。21日に法事がありましてね。

東京から信州側に走ると、ほぼ毎回立ち寄る場所があります。それは茅野市民館の図書室。なぜに?JR茅野駅直結で茅野市民館に向かうスロープが図書室になっていて、大きくはないのですがコンパクトによく考えて作られた棚で、公共で利用できるとてもいい空間なのです。茅野市民ではありませんから、ちょっとお邪魔しますね、ということで、絵本などを子供たちとパラパラと読んでいい時間を過ごさせてもらいました。駅前の駐車場も安いですしね。

20170528 (544)
茅野駅の入り口はこんな感じで駅そばが食べられます。昔長野の方に出張に来ていたときは、時々利用しましたね。

20170528 (545)
駅から線路を眺める。ぜひ、諏訪湖・茅野市周辺にお出かけの際は、おすすめですよ。

茅野市民館
http://www.chinoshiminkan.jp/ccc/index.htm

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

新潟#3 栃尾の油揚げ

20170610 (20)
2008年に日本を離れる前は、新潟にはずいぶんと通っていたのですが、日本に帰ってきてからはなかなか家族連れで行かなかったのでこのblogでのエントリーは少ないのですね。

新潟にも美味しいものがたくさんありますね。この栃尾の油揚げもその一つですね。先日近所の居酒屋さんで頂きました。厚みがあってしっかりと出汁を含んでいて、口の中を幸せにしてくれます。栃尾の油揚げは江戸中期ころからあるそうですね。当時の人も、あの大きさには驚いたでしょうね。

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

長野#28 菊咲きの桃

20170506GW (448)
GW信州旅シリーズ、今回は長めのシリーズでした。このシリーズの最後はやはり遅い春だからこそ楽しめた桃です。この桃は菊咲きです。茅野の市街地の温泉に入って帰ったのですが温泉の入り口の植え込みで咲いておりました。この信州旅では一日二回食べたソースカツ丼や五平餅、信州そばなども想い出なんですけどね、やっぱり長野の遅い春を満喫することがこの旅の目的でしたからね。

一か月半ほど後の、暑い夜に除湿をかけながら書いていました。

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

長野#27 尖石遺跡

20170506GW (388)
長野シリーズの続き。尖石にやってきました。この場所から見る八ヶ岳も美しいですね。遺跡の縄文期にはどんな風景を見ていたのでしょうかね。まだまだ森が深くて遠くの峰々はあまり見えなかったかなぁ。見る場所は限られていたかもしれませんね。

20170506GW (389)
帰国したときに妹から譲り受けて4年強。(妹家族から数えると優に10年越え、、、今度何年だったのか聞いてみよう。)このビートルさんとはいろいろと思い出がありますが、子供もすこしずつ大きくなり今回の車検は通さないことに決めていました。この旅ともう一度行った長野の2回の信州旅の後、我が家では引退となりました。想い出の為にも信州を走りたかったんだよね。ありがとうね。

20170506GW (427)
尖石といえば、平成12年(2000年)に出土し最近平成26年(2014年)国宝となった土偶「仮面の女神」が茅野市尖石縄文考古館に現物が展示されています。不思議な形をしており、興味深いですね。この地域の膨大な数の出土品に圧倒されます。

20170506GW (430)
東日本での出土が多い石棒。男根形 いわゆるphallus そのままですね。こういう出土品もたくさんあるようです。

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

長野#26 蓼科山聖光寺

20170506GW (350)
国道152号線を下り、蓼科山聖光寺(しょうこうじ)にやってきました。昭和45年の開眼の新しいお寺です。なぜここにやってきたといいますと、またまた桜を見に来ました。(好きですね、本当。)標高1,200mという高さから、ソメイヨシノがGWの季節に咲くからで、敷地には約300本のソメイヨシノがあるそうです。数えたわけじゃありません。

20170506GW (373)
今年は、桜をたっぷりと、本当にゆっくりと楽しみました。来年はどんな桜が見られるかなぁ。

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

長野#25 枯草色の霧ヶ峰

20170506GW (345)
霧ヶ峰のイメージといえば一面の緑色。でもGWはまだ遅い早春の枯草色です。これはこれで私は好きですけどね。

20170506GW (342)
富士山側をみると雪の残る八ヶ岳が見えていました。この後、ビーナスラインから国道152号線に向かいました。次来たときは、車山高原を回って、和田峠側に抜けてもいいかな。和田峠は江戸末期、水戸天狗党が戦を交えた峠です。元治元年(1864年)11月20日のことです。

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

長野#24 白樺湖にて

20170506GW (285)
宿を発って、一番最初に行ったのが白樺湖です。中心地から離れたところで止まり、スワンボートを借りて湖上を散歩することに。息子と娘が一生懸命にペダルを踏んでくれました。湖上からの風景ではまだ山々が枯木色でした。ひと月経った今頃は、すっかり緑色でしょうね。釣り堀もあるので、次回は子供たちはボート屋のお兄さんに手ほどきしてもらいながらニジマス釣りですかね。

20170506GW (304)
湖から上がると、八重咲きの水仙がきれいに花を誇っていました。

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

長野#23 宿の朝ごはん@白樺高原・女神湖

20170506GW (280)
宿の朝食がとてもおいしいと、朝から気分がいいですね。ネットでパンが自慢と書いてあった通りでした。自家製のりんごジャムがりんごの味がしっかりしていたので買って帰りました。

GWの信州旅では、駒ヶ根から岡谷まで戻り、岡谷で晩御飯をいただいてから、142号線で白樺高原に向かいました。向かった時間が遅くなったため、山道では何頭もの鹿に出会いました。高速で走っていなくてよかったですよ。

夜遅く到着したので、すぐにお風呂に入ってすぐに就寝。子どもたちも一日目いっぱい遊んだからでしょうね。

20170506GW (283)
朝ごはんでパンを一杯頂いた後は、車で女神湖、白樺湖へ。

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

長野#22 宝積山光前寺のしだれ桜

20170528 (150)
このお寺のしだれ桜は信州の少し遅い春に咲くのでGWに楽しむことができます。関東からの旅行者なら一度終わったシーズンをもう一度楽しむことができるしだれ桜です。

20170528 (149)
本当に可愛らしい。しだれ桜です。

20170506GW (244)
光前寺の立派な三門。嘉永元年(1848年)の再建だそうです。意外と新しい。三門は涅槃に入る為の三解脱門の意味であることぐらいは何となく知っていても、解脱に至る方法である三種の三昧についてまでは意識をして三門をくぐったことはないので、今度は意識してみようかなぁ。
1.「一切を空と観ずる」つまりこの世のすべての存在について固有の性質はないと知る空三昧、
2.ゆえに「一切に差別相のないことを観ずる」、つまり定まった形態はないと知る無相三昧、
3.ゆえに「願求の念を捨てる」、この世に願い求めるものはないと知る無願三昧。
うーん、意識できるかな、、、。

20170506GW (242)
三重塔は文化五年(1808年)再建だそうです。塔内には五智如来が安置されているそうですよ。




Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

長野#21 ひかりごけ@宝積山光前寺

20170506GW (257)
GWの長野旅の続き。長野県駒ヶ根市にある天台宗別格本山の寺院である光前寺。しだれ桜が有名なのでこちらのお寺にお邪魔しました。この参道の石組みの間に、ヒカリゴケを見ることができます。字のごとく光ったように見えるコケなのですが自体が光を発するのではなく、外から入ってきている光を反射しているそうです。外から光が入らないと見えないのでどれどれをのぞき込んでもわかりません。そのあたりが面白い。このコケは欧州にもあり、英語だとluminous mossは字のままですが、goblin goldという言い方は面白いですね。

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

長野#20 梨の花@駒ヶ根

20170506GW (207)
先週も特に後半、なかなかblogに手をつけることはできませんでした。出張をせずに東京にいたんですけどね。まだ5月が終わっていないのに、暑くてついつい空調を入れてしまいます。

写真は長野旅の農道で見た梨の花です。梨の花ってあまり日本の古い詩歌には出てこないみたいだけど何故なのでしょうね。「めでられる対象ではなかった」といったような記述も見られますが、とても美しい花です。

20170506GW (205)
立派な木だなぁ。

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

長野#19 りんごの花 駒ヶ根・伊那南部広域農道

20170506GW (188)
先週末も用事があり長野・松本に出かけていました。山道を走ったのですがりんごの木はもう緑が濃くなってきていました。

GWの信州旅行の一つの楽しみは一挙に咲く花々ですが、その一つがりんごの花です。このりんごの花を見に来たようなものです。昼神温泉、園原から伊那のほうに戻る際に通った道が、南信州フルーツライン(伊那南部広域農道)。東側の道は農道らしい風景が広がっていています。GWは、長野のりんご農家では受粉の作業の真っ盛り。農道を走っていて見る風景もやはり園でて作業をする農家の皆さんの姿。りんごも自家不和合性なので受粉作業ですね。

20170506GW (190)
満開のりんごの木。農家の土地に入り込まないように、農道脇で写真をとらせていただきました。人の土地に勝手に入っちゃいけませんからね。こんな満開のりんごの花を楽しみに、GWの信州に来たのでした。

りんご農家の作業を紹介しているサイトがありましたのでリンクを。
http://www.iijan.or.jp/oishii/sp/products/fruit/post-2321.php

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

長野#18 昼神温泉は桃花の盛りでした

20170506GW (76)
GWにお邪魔した昼神温泉ですが、ちょうど桃の花が満開の時期でした。花桃は色がたくさんあって華やかですよね。今日5/21も実は長野におります。今日は法事です。さて、朝ごはんに出かけますか、、、。

20170506GW (82)
こんな花たちがいっぱい!

20170506GW (108)
つくしもちょうどこのころでした。長野はやっぱり春がゆっくりでした。

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

長野#17 昼神温泉・駒つなぎの桜

20170506GW (106)
ちょっと前GWの後半に長野にお出かけ。高遠の桜を子供たちに見せたくて、長野気分になっていたのですが今年は高遠の桜は早く散ってしまったようでGW後半では間に合わなかったので、別のところに見に行くか!ということで長野県内を検索して昼神温泉にい行くことにしました。ピークは過ぎていましたが、駒つなぎの桜はまだ咲いておりました。源義経が馬をつないだという伝説を持つ一本桜です。山道を随分と上がらなければならないので、上った先に一本の桜が枝を広げている姿を見たときは、ため息がでます。まぁ、ピークではないので見に来ている人も少なくてよかったですね。

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

長野#16 雪山合宿2017-2 野沢菜でご飯

20170128 (49)
信州に冬シーズンにお邪魔して宿での晩御飯に必ず香の物としてでてくる「野沢菜漬け」。塩加減でご飯が何倍もおいしくなって、それこそ何杯でも食べたくなってしまいます。宿ではいろんなおかずが出されますが、野沢菜にはなかなか勝てませんね。

20170128 (50)
今年の盛りも昔話盛りにして頂きました。昭和の団塊Jr.世代には懐かしい、日本むかし話に出てきそうなご飯の盛り。昔は両親に行儀が悪いからそんな盛り方は許してもらえませんでしたが、いい大人になったので、子供じみた盛りで頂きます。(ダメですやん)

信州になくてはならない味、野沢菜。その名のとおり野沢温泉が本場らしいです。歴史は平安のころ、、、なんてことはなく意外に新しく、いや新しくっていっても250年ぐらい前、宝暦(1751~1763)のころに、野沢温泉の健命寺の和尚さんが京に行った際に、天王寺蕪の種を持ち帰り栽培をしたことがはじまりだとのこと。この先ずっと続いてほしいですね。

今日は2月3日、節分。みなさんのお宅にも福が来ますように。

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 7 comments  0 trackback

長野#15 雪山合宿2017-1 白馬八方

20170128 (37)
1月の3連休に、恒例行事の雪山合宿に行ってきました。会社の同僚たちが東西から集まってきます。
今年は八方尾根でした。長野オリンピックではアルペンスキー男女滑降・スーパー大回転が行われた場所。宿にも長野オリンピックのポスターが額に入っておりました。白馬でも長野オリンピックは地元の誇りになんでしょうね。

20170128 (19)
1月の寒波の前だったために、雪が少なく駐車場もアスファルトが見えており、歩きやすいのが寂しくて。この一週間後に大雪となるとは思っていませんでした。気象とはよめないものです。いや想定はできるんでしょうけど。

20170128 (23)
八方尾根の上で頂きましたお酒「大雪渓」。雪山で呑むお酒も旨い。やはり風景が美味しくしてくれるんでしょうね。山の上で岩が見えており、この時点ではまだ雪が少なかったんですね。


今年も後輩Yも雪山合宿に参加したね。
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1087.html

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

長野#14 雪山合宿2016-3 野沢温泉街でcoffee

20160116 (211)
雪山二日目。前日遅くまで飲んでいた後なので朝から後輩Yと温泉街の街湯に入りに行きました。熱い街湯に入った後でしたが、空気が冷たくて心地よく、淹れたてcoffeeがあれば、最高の朝です。洋風に作り替えられたであろうお店に入るとよい香りがしてきました。

オーダーしてからちゃんと落としてくれるcoffeeの心地よい香りにひかれて外国のお客様も3,4人入ってきて、その中には野沢でアルバイトをしているだろう若い外国人の姿も。日頃使いで通ってるんだろうな。そういえば店の人も英語しゃべってるなぁ。そんなことを考えておいしいcoffeeを待つのは楽しいですね。

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

長野#13 雪山合宿2016-2 野沢温泉街

20160116 (165)
夜の飲み会にお酒を買い増そうと、東京ではなかなか見られない冬の星座を見ながら野沢の温泉街に繰り出すと、人通りが多くて驚きました。夜の野沢ってこんなに賑やかだったかしら、と思っているとちょっとしたお祭りをやっておりました。

通りに行列ができており、何かと思えば振舞汁をやっていて、勿論すぐに私たちも並んで頂きました。うーん、おいしい。宿で頂いた晩御飯の味噌汁より、、、っとそれは言わないことに。

20160116 (169)
具だくさんでおいしいー。こんなにおいしいのを振る舞って頂いて、感謝感謝。周りをみると海外からのスキー客もたくさんいらっしゃいました。雰囲気のよいbarがあり入ってみたいねえ、と思いましたがみんなと飲むために買い出しに来たんですもんね、また今度。部屋に戻って例年のごとくくだらない話をして夜更けまで過ごして、飲みすぎました。

先週は国内出張にバタバタ、今週は東京に居りながら次年度に向けた動きでバタバタとしておりました。

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

長野#12 雪山合宿2016

20160116 (224)
先週、今週は大阪、今週は広島に出張に出かけています。寒波でやっと冬らしくなりましたが、都心は交通の乱れで大変でした。昨年も同じようなことがありましたが、都心はどうしても雪に弱いですね。

さて、今年も1月9日10日の二日間で恒例の雪山合宿をしてきました。今年は野沢温泉でした。一日目は曇っていましたが、二日目は晴れてきれいな風景も見ることができる時間もありました。実は野沢温泉も寒波の前は雪が少なくて山の下のほうではあまり雪がなくてすべることができませんでした。

雪があってほしいところと、雪がないほうがいいところ、、、人というのは何ともわがままなものです。

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

長野#11 信州中野 あじへい食堂

20150118 (35)
志賀高原で丸二日滑り終えて、宿でお湯を頂いてから山を下り信州中野へ移動。毎年恒例なのですが、「あじへい食堂」にて全員で反省会?食事をしてから帰ります。
ここはうなぎを看板にしているのですが、うなぎを頂いたことはありません。私は毎年「すき焼き定食」ですねえ。道楽丼という天丼と海鮮丼が一緒になった名物もあるのですが、いつもすき焼きを注文してしまいます。

このお店で大阪・名古屋組と別れ、東京に向かって走ったのですが、途中融雪剤撒く作業車が前を走っていたりして渋滞、関越道に乗ってからは群馬新潟からの車で渋滞をしていて結局到着は深夜になってしまいました。自宅へ戻りそこから出張の準備をして結局朝4時。2時間ほど仮眠をとって朝7時過ぎには、今度は常夏の国Thaiへの出張に向かいましたとさ、、、。(そりゃさすがに疲れます、、、)

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

長野#10 志賀高原 雪山合宿2015 2日目

20150128 (1)
二日目は晴天。良かった!!山の上からの風景です。

前日の宴会が「がつん」と響く二日目ですが、朝ご飯の後は雪山に滑り出し、午前中めいっぱい滑ったところでSnowboardのbindingの爪先のpartsが割れてしまい、力が入りにくい状態になってしまいましたが、なんとか滑ることができました。

20150128 (2)
まだ朝日が昇って間もない時間なのですが、この時間帯の雪山はしんとして気持ちがいいものです。志賀高原は標高も高いので朝方は氷点下10度ぐらいにはなります。


20150128 (3)
そして二日目も定番の昼食・豚汁です。このお店ベルグの豚汁は具が大きめですね。ここの斜面(ジャイアント)で足がガクガクして、体が疲れてきたときにはボリュームもあるし温まるしちょうど良いですね。御馳走様でした。

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

長野#9 志賀高原 雪山合宿2015 1日目

20150127 (1)
一日目は曇っていましたが、大雪にならずよかったです。

毎年1月の3連休には会社の同僚の皆さんと長野で集まって雪山合宿を致します。金曜日の真夜中に集合して朝方にかけて志賀高原に向かい、仮眠をしてから朝を迎えたらそこから滑るという、かなりきつい合宿なのですが、今年は大阪、名古屋、東京そして札幌からの参加でした。今年は集まったのが男性社員ばかりだったことと、経験者が多かったので、今年の雪山合宿の二日の間に、志賀高原全山を回って、二日間で合計50本以上のリフトに乗りましたので、かなりの距離を滑走して合宿感満載でした。

20150127 (2)
ゲレンデの定番のお昼といえば、カレー。プリン*系の施設でしたのでびっくりのゲレンデ価格で高級なカレーでした。これでおいしくなかったら、、、と思いますが流石にそれはなく、無難なお味でした。

20150127 (3)
そして、去年も頂いたように地ビール・志賀高原ビールを頂いて夕方までしっかりと滑り、夜は結局深夜まで宴会。また翌朝はさっさと起きて滑走というハードスケジュールでした。
(つづく)

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

長野#8 植物工場産の野菜

IMG_4221.jpg
昨年は野菜の価格が高騰したためか、それとも生産規模が上がり供給量が増えたのか、これまでとても割高で市場でも見かけることのなかった「植物工場」産の野菜がスーパーでも見かけるようになりました。

農学部で学んだ頃(もう20年ぐらい前になりますね)から植物工場が技術的には可能になっていましたが、特殊な環境(小規模の閉鎖系、例えば、南極基地のような場所)では必要な技術なので否定的には見ていません。栄養価が偏るとの意見もあったり否定的な意見も見られますが、他の食べ物や他の環境からくる不都合な影響を考えれば、程度の問題じゃないだと思えます。

もちろん、太陽光下で普通に育つ野菜を食べるのが主であること、そうであってほしいことは変わりないんだけれども、それを補完する術としての植物工場もありなんじゃないかな、と思います。欲望と好奇心は人間が持っているものですから。

昨年は何度も普通にサラダでおいしく頂きました。今年どんな感じなのかなぁ。

IMG_4220.jpg
こんな値段でも売れていましたからね。なぜ長野のエントリーかというと、工場が長野でした。

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 10 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。