烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by TORU on  | 

山梨;ワインツーリズム

ワインツーリズム山梨のリンクを加えました。
http://www.yamanashiwine.com/

山梨のワインかぁ。

スポンサーサイト
Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Cinco de Mayo 5月5日

毎朝の自動車通勤の中で、Radioから聞こえる声を何気なく聞いているのですが、ここのところ、Cinco de Mayo云々というのが流れています。そういえばよく聞くけどなんのことだか理解はしていませんでしたね。Cinco de Mayoってなんだ?まず響きからも想像が着きますがSpanishで、Cinco=5、de Mayo=5月の、つまり5月5日の意味です。

1862年5月5日に「プエブラの会戦」でIgnacio Zaragoza 将軍のメキシコ軍がフランス軍を打ち破った記念日として、プエブラ州の祝日で、それがメキシコ系移民が多いアメリカ合衆国各地で祝われているというもの。ですが、5月5日はメキシコの独立記念日ではなく、9月16日がその日。歴史をさかのぼって1810年9月16日に当時スペイン領だったメキシコで、Migel Hidalgo y Costillaミゲル・イダルゴ・イ・コスティージャによる演説「Grito de Doloresドロレスの叫び」でこれをきっかけにメキシコ独立革命が始まったことによるそうです。

アメリカでこの日を祝うようになったのは、フランスのメキシコ支配への抵抗に応答して、1860年代のカリフォルニアで始まったそうですが、いまではお祭りというイメージでしょう。サルサを食べて、マルガリータとメキシコビールを飲む日、みたいになっているようです。

DSC_0393.jpg DSC_0394.jpg

2011年5月1日、勿論咲きそうにありません。

実は昨年もRose Gardenで気になっていたのですが、このCinco de Mayoという名前の薔薇があるのです。房になって咲く花です。丸弁で八重房咲きの花です。AARSの説明に“Cinco de Mayo brings fiesta of flowers to every garden.”とありました。花を見るとなるほどなあ、な感じですよ。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Link AARS

AARSをリンクに追加しました。今年も薔薇を楽しんでいます。
http://www.rose.org/

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Persia 酒、ルバイヤート

先週、ポケットに忍ばせて、時間がある時に読んでいたRubaiyatルバイヤート。
"Rubaiyat" は四行詩の意味だそうで、11世紀のPersia(現在のイラン)Omar Khayyam ウマル・ハイヤームの四行詩集が大変有名で、Rubaiyatといえば、Omar Khayyamなんだそうです。詩を読めば分かりますがお酒のまつわる詩が結構あります。千年前のPersiaでは酒は飲めたのです。が、イラン革命後の現在のイランでは酒は駄目。先日行った近所のPersian groceryでもアルコールは見つかりませんでした。いまイランの国民はどんな気持ちでRubaiyatを読むのでしょうね。


愛しい友よ、いつかまた相会うことがあってくれ、
酌み交わす酒にはおれを偲んでくれ。
おれのいた座にもし盃がめぐって来たら、
地に傾けてその酒をおれに注いでくれ。
「ルバイヤート」 オマル・ハイヤーム作・小川亮作訳

青空文庫でも読めます↓
http://www.aozora.gr.jp/cards/000288/card1760.html

こんな事をかきながら、今日もwineを飲んでいます。

Category : Mid East中東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。