烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by TORU on  | 

Philippines Calamansi/Kalamansi カラマンシージュース@自宅

IMG01525-20110704-1252.jpg
近所の食料品店で買ってきたジュースです。CalamansiカラマンシーもしくはLirigua francaは英語ではCalamandin Orangeとも呼ばれます。Philippinsフィリピンの代表的な柑橘類ではないでしょうか。サイズが小さい2cmぐらいの緑の実のものを見かけることが多いですが4~6cmぐらいの普通のみかんのサイズにもなるそうです。「酸っぱい系みかん」の中では、私の中では沖縄のシークワーサー、大分のかぼすと共にトップランナーでございます。紅茶にもカラマンシー、中華料理にもカラマンシーと何でもかけちゃえるぐらいの便利な柑橘類です。カラマンシーは東南アジア全般でみられる柑橘類で、沖縄では四季柑と呼ばれて、シークワーサーの代用になるそうです。

そんな、Calamansiカラマンシージュースが近所で売ってたので、若干テンション上がり息子も美味しく飲んでいましたが、妻には「薄いんじゃない?」と言われてさほど感動薄。そりゃそうだ、薄いやつなんだもん。そんな濃度の高いカラマンシージュース飲んだら酸っぱいですよ。Masarap!!

ああ、Pansit Bihonパンシット・ビーフンが食べたくなってきました。

スポンサーサイト
Category : 未分類
Posted by TORU on  | 8 comments  1 trackback

Link 追加  おいしいごはんをありがとう

ともさんのところの日々のBlog。美味しそうです。Link追加しました。

おいしいごはんをありがとう
http://thomatthew.blog.fc2.com/


04年にBlogを始めてから、月で40エントリーを超えたのは初めてかな。SNS(Mixi)ではあったと思うのですが、最近のMixiの使い勝手が私的にいまいちなのでPortalをBlogにまた戻しました。そうなるとやっぱりエントリー増えますね。やっぱりBlogが使いやすいなあ。

Category : Days
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

USA Rose Rock N' Roll Shrub@rosegarden,OR

2011-07-30 rose2
ロケンローな薔薇でございます。見た目が派手!先日人生はロケットロールなの?なんていうエントリーを書きましたが、ロケンローなのです。写真撮影は7月23日の早朝のRosegardenにて。


2011-07-30 Rose
こんな感じでめいっぱい咲きます。


Rose details
Rose name:Rock n' Roll, MACfirwall, Stretch Johnson
Type:Shrub
Fragrance:Fragrant
Color:Red Blend
Breeder:McGredy, 1988
Height:4' - 5'
Bloom size:Medium
Petal count:Semi-Double
Rose awards; RNRS gold medal 1988, Golden Rose of The Hague 1993

Category : North America北米
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

USA Waffle with Marionberry compote

2011-07-30 Marion Berry 2
日曜日の朝、我が家はよく近所のPancake屋さんに出かけます。こちらに来た当初から、近所で一番人気のPancake屋さん知ってる?とか聞いて、ここを教えてもらいまいた。なぜ、日曜の朝かというと、人々が礼拝に行ってて、朝からPancake屋が混まないから、、、。キリスト者ではない我が家は、そこの時間帯は自由。勿論、礼拝に行かないような人々は居て、Pancake屋にいますけど、いつもよりは空いています。勿論朝6時ぐらいから礼拝やっているような方もいらっしゃいますが、そのまま教会のお仕事なんかもされたりするので、礼拝をしてきた人たちでごった返すのはだいたい10時半ぐらい。それまでだったら空いているの
でそこが狙いです。

で、この前の日曜日(2011年7月24日)は、朝からPancake屋に行って、、、なんと妻も私も初めて二人でPancakeをオーダーしなかったのです。私は、このごろBlog/Mixiネタ的にもここはBerryでしょ?!的発想でWaffle with Marionberry compoteを、妻はフレンチトーストを頼みました。で、出てきたのが上の写真です。

MarionberryのCompoteが「どっさり」とのっています。これはお得!!朝から朝食ではなくてデザート山盛り!みたいな感じです。ケーキ好きの私としても、これは太るなあ、と思いながらちょっと妻に手伝ってもらいながら完食致しました。

MarionberryってFarmer's Marketでよく見かけるのですが、Oregon生まれのBerryなんですね。知りませんでした。1945年にUSDA ARS breeding programによって、Oregon State UniversityでChehalem Brackbery とOlallie berryとをかけ合わせて作られ、Willamette ValleyのMarion Countyで試験栽培されたもので、その後広がった、というものだそうです。なるほど、だからBlackberryよりでかくて、Blackberry的なんですね。

2011-07-30 Marion Berry1
そして、このMarionberryのcompoteだけでも十分甘いのに、生クリームの山と、メープルシロップの壺がいつものPanckageのように届けられました。マジで?この生クリームがMarionberryと相性がよくて、ついついつけてしまうから怖い、、、。これを続けたら間違いなく「まずい」ことになります。しかしこの量は、アメリカ的な量ですね。


2011-07-30 berry3
妻MIHOさんの食べたフレンチトースト。

娘Kahoはもりもり食べていました。息子もちょこちょこ食べて、、、アメリカーンな朝ごはんでした。このあと、我が家はSeaside(海辺の町)に行ってきました。

Tom's Pancake
http://www.tomspancakehouse.com/

Category : North America北米
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

USA 北海道的風景@近所

2011-07-29 Hokkaido teki

エントリーで私の住んでいるところが北海道級だ、という話を書きましたが、、、。私の住んでいるところから、ほんの2、30分ほど走ると、こんな風景が広がっています。もうロードサインさえ見なければ、ここは富良野です。もうすぐ麓郷です、っていってもわかりません(笑)。

北海道的でしょ?

Category : North America北米
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

北海道 ソラチのスープカレー@自宅

20110729Sorachi2.jpg
このBlogの方へ完全移行してから5ヶ月。この間、北海道ネタをupしてこなかった事自体、自身としては驚きですが、、、。今住んでいる所があまりに北海道な雰囲気なのでそれを忘れたのか、、、いやそんなことはございません。

先日(2011年7月23日)いただきましたのは、日本の一時帰国の際に買ってきていた「スープカレーの素」でスープカレーです。ジンギスカンや豚丼のタレで有名な「ソラチ」んの濃縮タイプのものです。この手のものは手土産でコンパクトでとってもいいですね。札幌のスープカレーはもうお店が多くて、、、おいしいお店多いですよね。

さて、スープカレーのもとに書いてあった方法でだいたい作ってみました。大体、というのはきのこがなかったから入れなかったのと、玉ねぎを入れずにいくとどうだろうと思って今回は玉ねぎを入れていません。
HPで確認しましたが、16種類のスパイスで作っているそうです。かつおが効いていますね。

今回は、人参とインゲン(何処産か不明)と、ご近所Idahoアイダホ産の小さなじゃがいもをまるまる入れてみました。まるまる入ったじゃがいもは、なかなか味が染み込まないのですが、それが味のコントラストをつけて、スープカレーには合うように思います。


20110729Sorachi1.jpg

タレのソラチ
http://sorachi.ne.jp/

ちなみの公式ファンクラブまであります。
http://www.sorachiclub.jp/

Category : 北海道
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Korea サムギョプサル

DSC_0003.jpg
先日、おじゃましたBlogで塩豚を使った料理載せられていた、ともさんのところのレシピを見て、塩豚をつくろうかと思ってスーパーに行ったら、三枚肉がでっかいパッケージ(大きなものが2つはいったもの)しかなくて、こりゃ塩豚だけじゃ足りないねえ、と思って、塩豚、味噌豚、ワイン豚を同時に漬け込みました。アメリカのスーパーって本当に小さなパッケージっていうのがなかなかありません。

ともさんのところのBlog↓
http://thomatthew.blog.fc2.com/blog-entry-61.html

ともさんところでもワイン豚作られてupされていました。
http://thomatthew.blog.fc2.com/blog-entry-76.html

塩豚、味噌豚、ワイン豚としますと、一番初めにワイン豚を食べることになりますが、実は先週木曜日に、夕方Golfに出かけた後、会社の同僚Jが家にご飯がない、というので、急遽我が家でご飯という話になって、味噌豚は妻が調理してくれて、美味しく食べちゃいました。(写真撮り忘れた!!)

で、塩豚はちょっと漬け込んで熟成させたほうが美味しそうなので、ワイン豚を先に頂くことになりました。

ちょっとワイン豚の話を。
私がKoreaに行くようになったのは2005年あたりからです。それまでも韓国モノは結構好きでしたが、その頃から加速度的にKorean料理が好きになってきました。仕事の関係でKoreaに行き始めた頃には、同僚が韓国出張に行っているところに、プライベードで合流したこともあります。Korean Staffとも行ったことのある狎鴎亭(アプクジョン)の「藤の木(トゥンナムチ)」ってお店は結構な有名店で、日本でも取り上げられたこともあるから、知っている方もいるかと、、、。明洞ミョンドン他にもお店があるらしいですが、いまいちとの話もありますが、行ったことがないのでなんとも、、、。

ここのサムギョプサルを食べてからというものの、私、いろいろとサムギョプサルの味付けを色々とトライしています。삼겹살Samgyeopsalサムギョプサル(三겹살)、「サム」は数字の3、「ギョプ」は層、「サル」は肉だそうで、三枚肉=ばら肉。なるほどー、そのまんまですね。Koreaに行ったらいつも「何食べたい?」って言われたら「おいしいうなぎ」ってこたえるか、「おいしいサムギョプサル」って即答するぐらい、好きです。

で、この「藤の木」、枠にはめた三枚肉をワインで熟成、って方法をとっているらしく、ここで教えてもらった、三枚肉をローリエと塩とワインで漬けこむという方法を我が家では、「ワイン豚」と勝手に称して楽しんでいます。

作り方はもう簡単。三枚肉を買ってきて、適当に塩をして(お好みで岩塩をグラインドしたものを使ってもいいですよ!)、ローリエを一枚下に引いたバットの中において上からワインをダバーっと入れて(ひたひたにしたいので、ちょっと小さめの入れ物に入れたほうがワインが無駄にならないですよ)。白ワインの種類は、自分の好きなワインを試してみてはいかがでしょうか。で、一日、二日冷蔵庫で漬けておき、お好きな時期に出して食べます。これもワインの香りがどこまで入るか、というのは好みなので、まずは一日目を食べてみて、更に深く漬けたい方は次回以降試してみてはいかがでしょう。
焼き方は、藤の木ではまるまる焼いてから、ナイフで切ってそれを更に焼く、という方法ですが、ご自宅では最初に切ってから焼いてもおいしいです。

出来上がったものを野菜と一緒にどうぞ。サンチュがあればサンチュでもいいですし、レタスやら他のサラダ菜的なものでもあいます。塩とごま油を一緒にしたものをちょっとだけつけて食べてもとても美味しいですよ!

今回は、Itaryの安いPinot Grigio(OregonのPinot Grisだと高くて使えない、、、。)が近所のスーパーで手に入ったので、Pinot Grigioを使いました。

写真は子供が噛み切れるようにと、小さくカットしてあります。
今回も美味しく頂きました。ごちそうさまでした。

藤の木
http://www.seoulnavi.com/food/278/

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 12 comments  0 trackback

France Rose 'Madame A. Meilland'/USA Peace, Hybrid Tea @rosegarden, OR

20110727 Rose Peace3

先週末土曜日(2011年7月23日)は朝から快晴。夜中にネットの海に漕ぎ出していてその勢いで朝まで起きていてそのままRose Gardenに行きました。今年は寒いためか花期が遅めです。今回も沢山の薔薇の写真をとったのでおいおいと。

アメリカではPeaceという名前でよく知られた、淡黄色からクリーム色の大輪の花を咲かすHybrid Teaで、もっとも成功している花の一つです。この花はフランス生まれの花で、フランスでは'Madame A. Meilland'と呼ばれています。この花が作出された時期は1935年から1939年です。1939年といえば、German invasion of Polandドイツによるポーランド侵攻が9月1日に始まり、ヨーロッパが第二次世界大戦へと突入した年です。9月3日には、英国及びフランスが対独宣戦布告を行い、欧州が大戦に突入します。作出したFrancis Meillandは戦火にさらされこの薔薇が失われることを避け、Itary, Turkey, GermanyそしてUSAの友人へとこの新しい薔薇を保護してもらうために送ったといいます。戦時中この新しい薔薇は、Conard Pyle Companyで増やされ、その後広がっていったという歴史があります。下のリンクに1947年MeillandがConard Pyle Companyを訪れた時の写真が掲載されています。

Conard Pyle Company,USA
http://www.conard-pyle.com/index.cfm/fuseaction/home.showpage/pageID/3/index.htm

このFrance生まれの薔薇の名前を園芸家の名にちなんだMadame A. Meillandとするのか、米国での名前であるPeaceとするのか、ということには色々と意見があるようですが、そのどちらであってもいいと私は思うのです。

この花が作出された1939年には、ヨーロッパだけでなく、広く太平洋からアジア、オセアニア全域にわたって巻き込んだ戦争があり、1945年に米国でPeaceの名前で広く紹介されるようになったことを思えば、平和を希求する人々の心がこのような優しい色であって欲しいし、Peaceという名前、忘れられなくなります。

第二次大戦後も米国は戦争をしてきました。今も、この薔薇に託されたPeaceの名は、必要な忘れてはならない名前なのだと、強く思います。

20110727 Rose Peace2


Rose details
Rose name:Madame A. Meilland,Peace,Gioia, Gloria Dei,
Bred by Francis Meilland (France, before 1939).
Discovered by Godfrey C. Franc (United States).
Introduced in France by Meilland et Cie in 1945 as 'Madame A. Meilland'.
Introduced in United States by Conard-Pyle (Star Roses) in 1945 as 'Peace'.
Type:Hybrid Tea
Fragrance:Mild to strong Fragrance
Color:Yellow Blend,pink edges
Height: 4' to 6' (120 to 200 cm)
Shrub form:Upright
Bloom size:Very Large,full (26-40 petals)
Rose awards: AARS 1946, Portland gold medal 1944, ARS gold medal 1947, NRS 1947 etc.

Category : Europe欧州
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

China 海老と苺@Lake Oswego,OR

20110726 Prawn w Strawberry
Prawn with Strawberry  

会社の人とは何度も行ったことがある中華料理屋Hunan Pearlに先週土曜日(2011年7月23日)に行ってきました。ここの中華はいつもおいしいです。'Hunan'なのでHunan Province湖南省の料理だそうです。Hunan cuisine湖南菜は、時にXiang cuisine湘菜とも呼ばれます。さて、このレストランで先週末頂きました料理がこれ、Prawn with Strawberry海老と苺。

BerryネタでこのごろUPしているので、Berryネタで、ということでPrawn with Strawberryを頼んでみました。苺の時期だけのSeasonalのメニューのようです。Thai料理には苺と海老のサラダがあるようですけど、、、、。見た目のパンチ力はさすがです。苺の存在感がすごい。そして、Saladだったら温かくなくていいのでしょうけど、中華で火が通っているので、温かい苺です。温かい苺って別に食べられないわけではないですが私は冷たいほうが好きです。なんだか苺狩りにいって、ハウスの中で食べる苺を食べている雰囲気。

こちらの苺は「野菜」みたいにしっかりした歯ごたえのあるものが多いので、このように火を通しても全然原型を留めています。
妻「、、、、。(ちゃんと食べてました)」 息子「苺はいらない。」 娘「、、、、。(何も言わず食べず)」。
勿論、オーダーした責任は私にありますので、沢山の甘酸っぱくて、温かい苺をいただきました。いつも「は」おいしいんです!このお店!!ごちそうさまでした。

「路地もの」のStrawberryがいい時期なので、ストロベリーフェスタとか言いながら、Menuが充実する日本のSweetsと同じ感覚で、苺入りメニューを作ったのかなあ。

この日は、他に炒飯とゴマサーモンも頂き、大変おいしゅうございました。

20110726 Samon sesami
ゴマサーモン
*普通ならゴマサーモンの方の記事をUpすべきですかね、、、。


Hunan Pearl Restaurant
http://hunanpearl.com/
15160 SW Bangy Road
Lake Oswego, Oregon 97035
T 503.968.6868
F 503.624.2648

Category : 未分類
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

Days Blackberryの花

2011-07-27 Blackberry

Berryつながりでもう一つ。もうBlackberryの花の時期は終わりましたが、月初にとったBlackberryの花の写真です。今年もBlackberry(携帯電話)でBlackberryを撮るという「くだらない」ギャグのために、Blackberryの写真を取りました。道端に普通にみられます。季節になると、Blackberry狩りをする人たちを見かけます。撮影日は2011年7月11日。

Category : Days
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Days 日本から。

今朝の便で大阪の母と姪っ子が夏休みを利用して1ヶ月ほどこちらに滞在します。今回も日本からの食品を色々と運んできてくれましたので、今日から暫くまた日本の美味しいもの達に囲まれた生活が始まります(ふふふ)。

早速今日は、息子Cooと姪っ子ShokoはCooがとっているMusic Classに行ってきたみたいです。良い夏休みになればいいな。

Category : Days
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

USA ささみのラズベリーソース@自宅

2011-07-26 raspberry sasami
先日Raspberryラズベリーを沢山取ってきたので、生で食べるのには限界があるので、ジャムにするか?と思ったのですが、レモン他材料が足らないなー、買いたし面倒だし、「なんちゃってラズベリーソース」でも作るか、ってことでなんちゃってラズベリーソースを作りました。

沢山のラズベリーと、砂糖と、レモン果汁替わりに、ライムのカクテルミックスが家にあったので、これで代用。いやー、ラズベリーがいいから、全然OKなお味です。ラズベリーソースってのは鶏との相性はいいですね。毎年Thanksgivingになると七面鳥のラズベリーソースがけをいただきますが、その横展開?みたいな感覚でささみにかけてみました。で、ご飯もそんなに沢山食べたいわけでもないので、ドライカレーを作ってあわせて。人参はささっと炒めてあります。うーん、おいしい。2011年7月10日の晩御飯。妻も味に満足!!よかった、よかった。

Category : North America北米
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

長野 黒糖饅頭 from 飯田市

IMG01567-20110718-1358.jpg

先週7月18日、お昼に中華料理を食べたのに、一緒にいた妻が「ごま団子」は甘すぎるとのことで、ごま団子は却下?されてしまったので、帰りにいつものアジア食材店でまたまた「黒糖饅頭」を買ってしまいました。どんだけ黒糖饅頭が好きなんでしょうか。今回は長野県飯田市の「戸田屋」のものが売っていたので、これを買ってかえりました。痩せないなあ。
Nutrition Factsの欄に、説明書きとして、Wheat Cakeと訳してありますが、わかるのでしょうかねえ。まあ、原料から行くとOKなんでしょうね。

戸田屋さん
http://www.todayanet.com/index.html

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

India Goan Fish Curry @East India Co. OR

2011-07-25.jpg
先週木曜日7月21日のお昼ごはんで、downtownまでCurryを食べに行ってきました。
今回頂いたのは、Goan Fish Curry。そう、IndiaのGoaゴアの名物カレー。久しぶりに汗をかく辛さのカレーを食べました。

Goaはインドでは最も小さな州ですが、国内外からの観光客が多い土地だそうです。インドに行く機会がまだ無いので勿論Goaにも行ったことありません。(そのうち出張で出てくるんじゃないか、なんて思ってわざわざ旅行に行こうとしないからまだIndiaには足を伸ばしていません)。Indiaといえば旧英国領のイメージが強いですが、Goaは450年間もポルトガル領でした。1961年にインドがポルトガル領に侵攻し、1974年にポルトガルが主権を放棄するに至ります。つまりそれほど昔のことではありません。

そのGoaの名物カレーがこのGoan Fish Curry。魚カレー。日本で言ったらサバカレー?みたいな感じでしょうか。

IMG01576-20110721-1404.jpg
なんの魚だったんだろう?

Goan Fish Curryのレシピを見ると、使われる魚はKing FishやらButter Fishらしいのですが、今回食べたのはどうだったのかなあ。本場物を食べていないのでわかりません。食べた食感はCodとかの系統ともちょっと違うように感じましたが。Codよりも身が柔らかだし、本当なんの魚だったのだろう。


IMG01575-20110721-1403.jpg
ココナツが入っている為、少しはカレーはまろやかになっているのですが、やっぱり辛い!!久しぶりに汗をかくカレーを食べました。ご飯自体がSpicyにしたBasmati Riceですしね。やっぱり夏は辛いものがいいですね!!



East India Co.
http://www.eastindiacopdx.com/cuisine.html
821 SW 11th Avenue
Portland, OR 97205
503-227-8815
OPEN MON-SAT, CLOSED SUNDAYS
Lunch: 11:30am - 2:00 pm
Happy Hour: 5:00 pm- 7:00 pm
Dinner: 5:00 pm - 9:30 pm

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Days さよなら、野鳥そして電子レンジ

2011-07-25 AIR
こんな車が来て、バキュームしてくれました。

実は我が家、ここのところ災難が続いておりまして、、、。そのひとつがこれ。
我が家のエアダクトの空気口(外気に出す部分)から野鳥が入り込んで、そのなかで巣を作ってしまい、そのエアダクトの中でヒナが孵ってしまいました。その野鳥が巣を作った場所がダクトの奥の奥の奥だったようです。エアダクトは台所の電子レンジにつながっていたのですが、その電子レンジの真上に鳥が巣を作っていたのです。

最初は全然気がつかなかったのですが、そのうちカサカサ何かが動く音が台所からするようになり、ネズミ?リス?なんて思っていたのですが、さんざん色々と探し回った結果、エアダクトから鳥が入り込んでいることがわかりました。最初は鳥が巣立つまで待つ、という選択もあり、いま取り除くのはかわいそうだなんて思っていたのですが、だんだんと台所で異臭がするようになり、家の中に虫が増えてきて、これは異常だ、ということになり、安全な生活が脅かされることになりました。このままはまずい。

こちらの都合で野鳥の命を断つわけですから、大変つらかったのですが、ダクトクリーナー屋に取り除いてもらって、(親鳥は逃げていきました。)もう鳥が入らないように金網もはって、ということをしたのが2ヶ月くらい前。

で、2ヶ月。またまた異臭がしてきて、これはおかしい。やっぱり完全に取り切れていなかったのではなかろうか。

実はダクトクリーナーは掃除を外側から長ーいホースでやったのです。というのも台所側には電子レンジがあるわけで、、、。ということで据付の電子レンジを工事で外して、その上でエアダクトの掃除をしてもらいました。

やはり、鳥の巣及び遺骸が取り除けていなくて、電子レンジの真上が鳥の巣やら糞やら遺骸やらで腐敗し、とんでもないことになっていたらしく、電子レンジも勿論ボツです。

先日のCanada Gooseの話ではないですが、人間と野生生物との間のこういった問題は、本当に辛いものがあります。

Category : Days
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

USA PETボトルリサイクル

2011-07-23 HAL

先日たまりにたまった、PETボトルをリサイクルしてきました。私の住む州では、PETボトル1本につき、5セント戻って来ます。もちろんゴミとして捨てることもできますが、「もったいない」のでためていました。
250本ほどPETボトルがたまっていたので、10ドル以上戻ってきました。「チリツモ」ではありますが、やっぱりこういう仕組みがあると、リサイクルに回そうか、という考え方も出てくるんでしょうね。

コスト的にあってるんかな、、、なんて思いますけど。

ところで、このボトルリサイクルの機械、比較的新しくて、見た目がいい。ちょっと雰囲気が、2001年宇宙の旅のHAL9000に見えなくもない。(見えないか。)

Category : Days
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

変更 Blogのマイナーチェンジ

7月23日太平洋時間の6時11分。夜が明けてしまいました。庭に朝日が差し込んでいます。そろそろ、薔薇の写真を撮りにDowntownの薔薇園に向かわなきゃ(笑)。どんだけ薔薇が好きなんでしょう。

そんなこんなもう3時間ぐらいPC触ってるなあ。Blog、夏だし、ちょっと雰囲気変えようかな、と思いたちテンプレートを変えてみました。

皆様、よい週末をお過ごしください。

Category : Days
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

Days 食べてます、今。(ちょっとつぶやき的、、、)

今、夜中3時過ぎですが、ネットの海にどっぷり浸かっています。

昨日妻が子供たちを連れてCostco(コスコ、日本ではコストコ)に食材やらを買いにいって、帰りにいつものようにCostcoでホットドッグを買ったようで、、、。
せっかく買ったのに、沢山残して、、、夜中にお父さん(私)はこれを食べています。冷たくなったホットドッグ。パンがふにゃふにゃに、、、くたびれた感じになっていますが、勿体無いので食べています。。。

Category : Days
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

USA グズベリ - ラズベリー @近所

DSC_0798.jpg
GooseberryについてUpしたばかりなので、Berryつながりで、先日取ってきたRaspberryについて。Raspberryは、7月2日にU-pick(いわるゆる、なんとか狩り、ってやつです。)でラズベリー狩りをしてきました。You PickあなたがピックするからU-Pick=XX狩りとなるんでしょうね。

昨年のBlueberry狩りで、面倒だからやめとこうと思ったにもかかわらず、Raspberryのあの赤い色に惹かれてRaspberry狩りをやってきました。学名の頭にあるRubusは、ラテン語のruber(赤)からきたそうな。なるほどね。で、フランボワーズ(フランス語:framboise)って言ったらなんだかこじゃれて聞こえるからフランス語って不思議。ケーキの上にこれがのっていると、なんだか嬉しくなりませんか?ケーキの方が断然甘くて、その赤い実はとても酸っぱく感じるにも関わらず、なくてはならないような気持ちにさせる、それがRaspberry。栽培は簡単なのに優美な雰囲気。もう、実力以上。(言い過ぎですか?)

DSC_0763.jpg
息子は「これとっていいの?これとるの?」とか言いながら採っておりました。
「そのまま食べてみ?美味しいよ?」といったら、食べてましたが、そのうち「飽きて」、とったら私の口に運んでくれる、というのを繰り返したのでそこで終了。

こういう遊びは息子にも娘にもさせてあげたいものです。

DSC_0803.jpg
持っているバケツ半分ぐらいは取りましたでしょうか、、、、。で、お会計は、、、なんと2ドル、、、
安!!本日の78円から79円付近計算なんかしたら156~158円也。

日本でいちご狩りなんかしたら、もう「飲み屋一回分の支払い」になるんではないか?と思うぐらい高級な遊びなんですが、うちの近所の太っ腹?U-Pickではとんでもなく安かったです。

DSC_0802.jpg

Category : North America北米
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

鳥取 ふろしきまんじゅう@自宅,OR

2011-07-21 otafuku

黒糖饅頭の話をupしたので、鳥取県を第二の故郷ぐらいに思っている私としては、鳥取県の山本おたふく堂の「ふろしきまんじゅう」に触れないわけにはいきません。いわゆる蒸し饅頭で生地に和三盆がはいっているので、饅頭の皮の味と中のこし餡の相性が抜群にいい。こんなに美味しい組み合わせは、そうそうありません。大学で鳥取に住んでから知った饅頭ですが、鳥取県人でこの饅頭を知らない人はいない、と思われるぐらいメジャーな饅頭です。

国道9号沿いにある工場兼店舗で朝の開店前から並んで、できたてほやほやを頂くと、本当に至福!です。学生の頃は度々そんなことをしておりました。

写真は、昨年2010年6月13日のもの。日本から母が来てくれた際に、鳥取からお取り寄せで送ってもらって、それを冷凍して日本からオレゴンまで持って来てもらったものです。これを常温解凍して電子レンジでちょっとだけ温めて食べると、ホカホカ感のある美味しいお饅頭に元通り。まあ、できたてに勝てるわけはありませんが、十分に美味しいです。

鳥取 山本おたふく堂HP
http://otafukudo.com/

おたふく堂も出張販売したりしてるんですね。↓
しかし、チョコちゃんはどうなんでしょう、食べたことがありません。
http://otafukudo.com/diary

Category : 中国
Posted by TORU on  | 12 comments  0 trackback

USA Goose-グズベリ@PSU

DSC_0615.jpg
Gooseの話題をだしたので、グズベリ、Gooseberryの話をひとつ。

グズベリって子供の頃に、西洋の物語本とかで出てきたりしてて、何だろう、なんて思っていました。日本では「スグリ」です。しかし、スグリもグズベリもジャムとかでは頂いたことはあったのですが、「生」を頂く機会はこれまでありませんでした。

もう一ヶ月ほど前になりますが、夏の間DowntownのPSU(大学)の構内で毎週開かれているFarmer's Marketで、Gooseberryを売っているのを見つけ、喜んで買って、その場で口に放り込みました。「すっぺえーーーーー!!」そりゃそうだ、酸塊(すぐり)って呼ばれるぐらいだもんねえ。

Gooseberryについては語源は、はっきりしていないらしく鳥のGooseとは直接の関係はなさそうです。

写真は、6月25日、PSUにて

Category : North America北米
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Canada x USA ゴルフ場所のカナダガン@近所

IMG01545-20110714-1911.jpg
昨年も同じ時期に同じCanada Gooseの話をUPしていましたが、今年もCanada Gooseの話を少しだけ。日が長い夏のNorth West。駐在以来3年間やったことはなかったのですが、夢の?仕事の後のGolfってやつに先日行ってきました。もちろん9ホールですが。この時期のGolf場には、子育てで夏も北に帰っていないCanada Gooseのグループが「たんまり」といます。彼らの驚くほど大きな糞の「せい」でスコアが悪かったのは言うまでもありません。(完全に嘘です。)

さて、そんなCanada Gooseカナダガンですが、人に慣れているのかなんなのか、全く緊張感がないというか、携帯電話のカメラで下の写真が取れるぐらい近くに寄ることができます。これはOregonだからでしょうか、、、。

IMG01546-20110714-1911.jpg
もう1m範囲内に近づけるレベルです。

本当にどこでも見かける「でかい鳥」がカナダガンです。こんなどこにでもいるカナダガンですが、19世紀末から20世紀初頭には狩り過ぎOver-Huntingと生息環境の悪化でその生息数が激減しました。1950年以降、Game Huntingに関する法律改正を行うなど保護されるようになり、その生息数は増加しました。この事実は環境保全と人為的なコントロールがうまくいった例とされてきました。

しかし、このカナダガン、Bird Strikeといって飛行機のエンジンにこの鳥を巻き込んでエンジン停止して深刻な事故につながる、ということが起こっています。2009年にNYハドソン川のUS AIRの不時着事故の原因もこのBird Strikeによるものです。それ以降、NY市では、対策の一環として、カナダガンの殺処分をしています。今年NY周辺の3空港で700から800羽の殺処分をやるとのNewsを先日見かけました。動物保護団体からの反対があるため、処分した鳥をフードバンクに提供するというおまけ付きです。(誰が食べるんだ?)人間の生活の安全を優先した形です。

もちろん、鳥によって航空機の安全運行が妨げられることは、人間にとって大きな危険であり、これを取り除こうとする考えは十分にわかります。わかりますが、釈然としません。そんな人間との関係で翻弄されている鳥なのです。

蛇足;
Canada Gooseって美味しいんですかね、マズイんですかね、、、。

Upside-Down Roast Canada Goose
http://www.globalgourmet.com/food/egg/egg1196/cangoose.html#axzz1SaNDiwbQ

Category : North America北米
Posted by TORU on  | 10 comments  0 trackback

India; Chana masala

IMG01544-20110714-1256.jpg

I had Chana masala last week. Recently my wife was cut her hair at hair salon in shopping mall. During that I took care my daughter and I ate Chana masala in same shopping mall. Meanwhile my son was in preschool.

Chana masala is famous vegetable dish in India and Pakistan. I love this chickpea curry. This dish was served with couscous salad and potato salad, too.

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

USA Rose Broadway, Hybrid Tea @Rose Garden, Portland, OR

DSC_0009.jpg

こちらも撮影日は2011年7月3日。この薔薇は1985年にUSAで発表された花で、HybridizerはAnthony Perry。1986年の All America Rose SelectionのAwardsになっています。色は写真の通り、Yellow BlendでOrange、Pink、Redが入っていて、そして香りがとても豊かで強いというのが、特徴です。Braodwayの名前に負けない、とてもインパクトある薔薇です。


Class: Hybrid Tea Rose (Modern Large Flowered)
Hybridizer/Date: Anthony Perry, USA 1985
Parentage: (First Prize x Gold Glow) x Sutter's Gold
Fragrance: Strong
ARS Color: Yellow blend (actually orange, yellow and red)

Category : North America北米
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

大阪 LEO NICE BREADの美味しい食卓

Future Listのひとつになるのでしょうか?大阪・玉造のパン屋さんです。
とあるところから知ることになりました(笑)。

クリームパンや、アンパンを「冷やし」で食べるなんていうのは面白い食べ方ですねー。

LEO NICE BREADの美味しい食卓
http://leopanya.exblog.jp/

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

神奈川;黒糖饅頭

IMG01541-20110714-0811.jpg
うちの近所のアジア食材店(三分の一ぐらいが日本のものかな。)宇○島屋さんで販売されている「まんじゅう」。週末に食材を買いに行くことが多いのですが、時々夕方会社帰りに立ち寄ります。もう晩ご飯直前にも関わらず、ついつい「買い食い」をしてしまいます。子供の頃は「買い食いしてはダメ」と育てられたものですが、育て方が悪いのではなく、育ち方が悪いためか、買い食いグセは高校生のころに、大阪・十三の喜八洲のきんつばに始まって、、、甘いもの系買い食いは、もう20年になります。

で、ちょっと前までは、豆大福か草餅だったのですが、最近はこの黒糖まんじゅうになっています。英語での説明もKOKUTO MANJU (Wheat Cake)となっています。どこから来たのか?と思って裏を見るとProduct of JAPAN。日本から運んでるんですね。メーカー名はHOKUSHIN TACHIBANAさん。OEM製造されている会社さんみたいですね。

IMG01542-20110714-0812.jpg
こし餡好きには堪らなくあんこいっぱい!

ちなみに、この黒糖饅頭を電子レンジで少し温めてホカホカにすると、とても美味しく頂けます。この食べ方は、実は別の饅頭でやってから、ハマっている食べ方です。その話はまた別の機会に。

北辰たちばなや
http://www.tachibanaya.net/shop/

大阪;喜八洲
http://www.kiyasu.jp/

Category : 関東
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

USA Rose Color Magic, Hybrid Tea @Rose Garden, Portland, OR

20110720Color Magic

撮影日は7月3日。娘の1歳の誕生日でした。娘Kahoはまだまだ、花はわからないですけど、興味はあるようです。お兄ちゃんが花に興味があるからでしょうね。この薔薇は1978年にUSAで発表された花で、HybridizerはJackson and Perkins。同年のAll America Rose SelectionのAwardsになっています。Salmon-pinkの色からだんだんと明るい色になっていきます。香りはMild and Fruity fregranceです。色が変わる薔薇は写真を撮る時期によっても変わってきますし、本当に面白いですね。



Class: Hybrid Tea Rose (Modern Large Flowered)
Color: Pink blend (salmon pink with reddish edges and a whitish and yellowish center)
Fragrance: Mild, fruity
Hybridizer/Date: Warriner, USA 1978 Introduced by Jackson and Perkins

Category : North America北米
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

USA x 熊本 Kumamoto Oyster from OR, WA

DSC_0678.jpg

子供の頃は牡蠣フライってあまり好きではありませんでした。何しろ見た目が悪い(美味しくなさそうに見えたけど、今はウマそうに見えるから不思議。)ので、大学生で鳥取に行くまで、まともに牡蠣を相手にしたことがありませんでした。

大学生となり、鳥取に行った私。もうそこには自然がいっぱいでした。TVのチャンネルは少なくても、Video屋のVideoが充実してなくても、全国区のコンビニが無くても(その当時はローソ○やらがなかった)、そこには自然がいっぱい。海に行かなくても、河口の汽水域のテトラについて牡蠣をたくさん取ってきては「焼き牡蠣」にして食べておりました。部室長屋の前には牡蠣塚が出来るぐらいに、、、。

テトラ牡蠣は本当に簡単に取れるのですが、岩牡蠣はなかなかそうは行きません。岩牡蠣は海に潜っても岩に同化していてなかなか見分けられません。普通に潜っていただけではまずわからない。でも、毎日毎日海に潜っていると、牡蠣がつく場所ってのがわかるようになるんです。そして海水の流れが。海水のある「流れ」のあるところに、岩牡蠣はいます。そんなことを言っているうちに、後輩からは「牡蠣神さま」と小馬鹿にされる始末。多分、そのころもののけ姫が流行っていたからでしょう。そう牡蠣神さまと呼ばれるようになってからです、生牡蠣を食べるようになったのは。

最近では、「この生牡蠣を食べないなんて!」とか「牡蠣に余計なものはいらん、海水だけでOK。レモンも必要なし。」なんて思っています。

*********

えらく長い前振りでしたね。

DSC_0685.jpg
ほうれん草とチーズののった焼き牡蠣。美味しい!!

さて、先週末、牡蠣が食べたくなったので、川向こうのEastsideまで牡蠣を食べに。一応火の通った牡蠣(これはマガキだった)もオーダーしたのですが、結局子供たちは食べずじまい。子供たちはまだ牡蠣のウマさを知りません。(アメリカにいる間に覚えてくれるといいんだけどねー。)

で生牡蠣ももちろんオーダーしまして、今回オーダーしたのは、OlympiaとKumamoto。この二つの牡蠣には、ある歴史があります。Olympiaは西海岸にある在来種。そして、Kumamotoは先の大戦後、熊本から導入された品種です。

DSC_0680.jpg
在来種のオリンピア種

米国に欧州人が移入し東海岸から西海岸に開拓が進み、20世紀のゴールドラッシュで一挙に人口が増えました。東海岸のEastern Oysterより小ぶりのOlympia Oysterがあったのですが乱獲と工場排水による環境悪化から激減してしまったといいます。それで、東海岸からEastan Oysterを移入したのですが、うまく根付かなかった為、1920年代に日本・仙台からマガキを導入したそうです。これもまたなかなかうまく根付かなかったものの、当時Japanese Oysterと呼ばれながら地元になんとか根付いたそうです。先の大戦があり、日本から導入されたマガキは今はPacific Oysterと呼ばれるようになりました。

DSC_0679.jpg
そして、熊本出身、Kumamoto種

日本から西海岸への種牡蠣の輸出は大戦中途絶え、終戦後、米国よりの要請を受け種牡蠣の輸出が再開されたとき、主な生産地であった宮城県も広島県も戦禍で要請をまかないきれず、1946年、要請をうけた九州・熊本の八代海で採苗されたカキ種苗を輸出を実施することになって、1948年から種牡蠣が輸出され、1949年には「熊本県種牡蠣漁業協同組合」が結成されて西海岸に輸出され、ここで根付き、今ではKumamoto Oysterとして、牡蠣ブランドの一つとなっています。
一方、種牡蠣を輸出した熊本では、輸出事業は価格の安さやノリ養殖が盛んになったなどの背景から1958年(昭和33 年)をもって終了したそうです。もちろん、種牡蠣を地場で生産できるようになったということも大きな理由でしょう。そのため出身の熊本では、Kumamotoは生産されておらず、アメリカの牡蠣として世界に広く知られるようになったという歴史のある牡蠣です。

そんなKumamotoとOlympiaを頂きました。ごちそうさまでした。

なお、現在熊本ではKumamoto Oysterの種とされるシカメガキCrassostrea gigas Shikameaの研究が行われており、近い将来、熊本産のKumamoto Oysterが出回るのではないでしょうか。


EaT An Oyster Bar
http://www.eatoysterbar.com/home.html

DSC_0677.jpg
Hours:open 7 days a week!
Monday-Thursday 11:30AM-10:00PM
Friday-Saturday 11:30AM-12:00AM
Sunday 10:00AM-10:00PM

(503) 281-1222
3808 N. Williams Ste 122
Portland OR 97227


Category : North America北米
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Link 追加 埼玉・さいたま市のパソコン修理@アイセレクト隊長のブログ

Link追加しました。埼玉県さいたま市でパソコン修理をやっている方のBlogです。個人的にはPCの部品の材料には詳しくても、PCに詳しくなくて、妻にいつも揶揄されている私からしますと、こういったお仕事は尊敬のまなざしです(笑)。

つながりがつながりを呼んでいく、BlogとかSNSの楽しみ方の一つですね。
こちらのアイセレクト隊長のブログもそんなつながりがつながりをって感じで繋がってきた方です。
面白い、面白い。

埼玉・さいたま市のパソコン修理@アイセレクト隊長のブログ
http://aiselect.blog136.fc2.com/

Category : Days
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

神奈川 ポテトチップパン@自宅

DSC_0660.jpg

いつものB級グルメBlog A-changさんところで紹介されていた、神奈川の「ポテトチップパン」。この手の発想の方向で味を探求し始めるとズブズブと深みにはまりそうな一品です。さて、我が家でもポテチパンを作ってみました。

我が家の場合、子供たち(幼児)も食することになるので、生キャベツ、人参ではなく、一旦炒めることに。キャベツ、人参を炒めるときにちょっと隠し味で「イタリアンドレッシング」を加えて酸味を少しだしたものを、粗熱をとってから、マヨネーズであえて、近所で買ってきたパンに挟んで出来上がり。
ちなみにポテトチップはご近所で手に入る「レイズ」の一番基本なClassicを使いました。


DSC_0658.jpg
パンが見た目とっても美味しそうに見えるんですが、これがハズレ。うーん、中のポテチサラダ部分は子供たちも美味しく食べたのに。このポテチサラダ部分、いろんな場面で生きそうな一品です。








Category : 関東
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。