烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

静岡#4 ついつい写真を、、、@浜松

20140224-1.jpg
先日(2/19)、浜松に出張しておりましたが、にもかかわらず何も浜松らしいことができないまま、、、。時間が無いときの出張というのはそういうものですね。まあ、それでも、出張に行くとついつい鉄道の写真は撮ってしまうものですね。以前のblogを見ても、結構出張先で鉄道写真を撮っていたりしてます。そのあたりは、海外駐在しても変わらないのですが、米国にいたときはずっと飛行機でしたね。乗り物が違う!ということでしょう。日本は本当に鉄道網がしっかりしていますからね。


20140224-2.jpg
そして、マンホールの写真も、、、定番です。浜松のマンホール(汚水)はこんな感じです。波マークが特徴ですかね。河川水のマンホールのほうはもっとかっこいいのですが、写真がありません、、、。

スポンサーサイト
Category : 中部
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

東京#17 駅弁・深川飯

20140221.jpg
東京に戻ってきて11ヶ月、お昼ご飯はいつもofficeの近くが多いですので、カレー、和食(煮魚)、中華(酢豚か豚しょうが)、Korean(bibimbapかSundubu jjigae)をよくいただきます。officeの近くでご飯を頂くことが多い方は、定番のお昼ご飯になってしまう方も多いのではないでしょうか。

ですからoffice近くないときはこれらの食べ物以外という選択をすることが多いですね。先週の浜松出張の時には東京駅の駅ナカで深川飯を買って新幹線で頂きました。新幹線の中で頂くお弁当は、周りにも迷惑にならないものがよいですし、ぱっと食べ切ることができるコンパクトなものが私の好みです。

「深川飯」というと、浅蜊のご飯なのですが、炊き込みのものとぶっかけ飯の深川飯がありますよね。もともと深川あたり(現在の江東区深川)は漁師町として栄えた地域だそうで、貝も多く取れたそうですね。そうなんです、江戸はもっと海がおくまで入ってきていたんですよね。そんな深川で食べられていた漁師飯の一つとして、浅蜊を葱の味噌仕立てで煮込みそれをご飯にかける「ぶっかけ飯」の深川飯があったそうです。今も深川にはこのぶっかけと炊き込みの2つの深川飯がいただけるお店がありますね。駅弁ではさすがにぶっかけ飯はいただけませんので炊き込みご飯がちょうどいいのですが、せっかくですからぶっかけの深川飯も頂きたくなってきました。

でも今日は東京マラソンの日なので、都心を通って東に向かうのはどうかと思うので、また改めて。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

東京#16 おにぎりと味噌汁@時津洋,小伝馬町

IMG_0094.jpg
最近少し食べる量をcontrolしているのですが、先日はちょっと食べ過ぎてしまいました。この焼きおにぎりと味噌汁を頂いたのは、小伝馬町駅前の飲み屋さん「時津洋」さん。元力士の時津洋さんがやっているお店で、奇をてらわない肴なので、いただく肴はいつも決まっています。

それだけを食べている分には、飲み過ぎ、食べすぎにはならないのだけれど、先日は同期と飲んでたところに別の同僚がお店に入ってきて、そちらでも飲んだためにそれだけでもちょっと食べすぎ飲みすぎだったのですが、そこについつい「焼きおにぎりと味噌汁」を追加で頼んでしまいました。

ああ、とっても大きくて食べ応えがありました。定番にしたい味ですけど、大きいからなぁ、、、悩みどころです。ご馳走様でした。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Days 「カキフライが無いなら来なかった」せきしろX又吉直樹

IMG_0329.jpg
10日間ほどバタバタしておりました。いかがお過ごしでしょうか。この冬も牡蠣のパワーで元気にのりこえたいところです。牡蠣が食べたくなって、お店に出かけたときにカキフライがあるのと無いのとでは大違いなんですよね。この本の題名を見たとき、そのことをちゃんと拾っている作品があることに驚きました。この自由律俳句、さすがです。この本をもって出張に行っておりました。

Category : Days
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Saijiki Snowmen

20140209snow (5)
He was born from the sky. And he inched out from my hands.

20140209snow (6)
She and he sat there still a long time in front of the door of our children's art class.

20140209snow (9)
My daughter's snowman is staying at our house.

20140209snow (8)
We found a snow-panda in Yokohama Chinatown. (We visited Chinatown on 2/9)

20140209snow (7)
We also found a snow-??? in Ma Zhu Miao(媽祖廟).

Category : 未分類
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

東京#15 牡蠣フライカレーでもいいんだよ@いきつけのカレー屋

2014-02-13.jpg
牡蠣フライ」という言葉が頭のどこかに浮かんだとき、「牡蠣フライが食べたい」という気持ちの膨らみ方というのは、かなり膨張力があります。そして一度膨らんだ食べたい気持ちは避けがたくなって、お昼ご飯だろうが、晩御飯だろうが牡蠣フライが食べられないだろうかと思ってしまいます。そんな気持ちは、図書館で本を探している時に、お客様に商談に行った後に歩いている時に、JRに揺られながら吊り広告で下世話なネタを追いかけている時に、突然やってくるものです。

先日のお昼のときもそうでした。会社の近所に美味しい牡蠣フライを出すお店がないので、お昼にはあきらめるか、、、と思っていたときにいきつけのカレー屋に行ったらなんと偶然にも今日のカレーが「牡蠣フライカレー」でありませんか!!食券を買う前に「牡蠣フライカレーね!」ってオーダーしておりました。ご馳走様でした!

Category : 関東
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Days 次の葡萄酒はご一緒に

20140211-a.jpg

「人生は人間が共同で利用するブドウ畑です。一緒に栽培して、共に収穫するのです。」
Romain Rolland (1866-1944)ロマン・ロラン「魅せられたる魂」

昨日(2/11)は思わず新たにJakaltaに駐在になる後輩と事務所近所の飲み屋で飲んで、帰りに地下鉄でうとうとしたら中野駅についてしまった。ここからまた戻ったりしなくてもぶらり歩いて帰ろうと飲み屋の続く道を歩いて、一軒ちょっと寄り道。軽く一杯だけ頂いて外に出ても、まあ、休み前だからか人が結構いる。

まあ、そんなに遅い時間でもないしなぁ。そしてもう少し歩いて、今度は古本屋Book***に立ち寄り。飲んでももっと読みたくなるというのは、アルコールよりも文字の中毒は重症だなぁと思いながら棚を眺めたら、いい装丁のRomain Rollandの本が。古い本で良い本はあるよなぁ。その本には、前の持ち主が昔にこの本を読んだときに挟んだであろう栞代わりの紙が。

見ると昭和31年のとある会社(今もある会社)の組合闘争のビラだった。この本の前の持ち主は、昭和31年に何を思ったのだろうかそんなことを思いながら、家に帰ったら、妻が一人でwineを飲んでいました。一緒に飲もう、と思ったら、飲み過ぎで妻はおやすみ、、、。あれ?人生の葡萄は、ともに収穫した後も一緒に飲むんじゃぁ、、、(笑)。

Category : Days
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Days チョコレートサンドイッチ

20140212_2014020821374690c.jpg
息子が学校の先生のいうことを聞かずによく「注意」をされているという話を致しましたが、先生からこうしなさい、と言われているわけでもないのに真似をすることもあります。

土曜日の朝、息子が起きての第一声が「朝ごはんに、チョコレートサンドイッチを作って。」でした。ん?チョコレートサンドイッチ?チョコレートクリームなんかあったかなぁ、なんて思いながら息子の話を聞いていると、「Teacher Cが、クリスマスのチョコレートをね、サンドイッチして食べてて、それが美味しそうだった。」というのです。そして、何のことかわからずにもう少し詳しく聞いていると、食パンにクリスマスの残り物のチョコレートをそのまま挟んで食べていた、という。

で、仕方がないので我が家のクリスマスの残り物のチョコレートを「息子の説明どおり」に食パンに挟むと、「これこれー!」っていって「おいしい」といって食べておりました。うーん、なんて大雑把な食べ物なんだろうか。こういうことは、真似できるようです。

Category : Days
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Days writing assignment

IMG_0149.jpg
Yesterday, I wrote my son's good story. But that's not all.
He often gets writing assignment from his teacher. I have a similar story. When I was a kid, I was very often made to stand outside classroom... :(

Category : Days
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Days かさじぞうを読んでもらった。

20140210.jpg


息子が文字に興味がでてきてもうしばらくなるのですが、先日(1月28日)に初めて、息子が私に本を読んでくれました。はじめて読んでくれたのは、かさじぞう。ひらがなをよんでくれるだけなので、物語はまた私が読み直して説明はするのですが、もうそんな年になってきたんだなぁと、、、。瀬田貞二氏(1916-1979)による再話によるものなので、私の知っているかさじぞうの話と違うのですが、まあ、それはそれ。東京も2月9日は久しぶりの大雪です。こういう日にお地蔵様がどってどってと歩く姿を想像すると、なんだか楽しくなります。

瀬田貞二氏といえば、、、「指輪物語」を翻訳した文学者としても有名です。あ、いま指輪物語を連想したからって、指輪物語は、、、読みません。だって長いし、翻訳版は実家にしかありませんから(笑)。

Category : Days
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Days バスでの聞き間違い。

今日(2/10)は昨日の大雪のため、車で出かけるのをあきらめ公共交通機関でお出かけしてました。帰りのバスの車内放送での聞き間違い。

「ご利用の皆様が気持ちよくご利用いただけますよう、新聞、雑誌、熱燗(x;空き缶が○)は社内に置き去らず、おもちください。」ああ、寒かったから、体が熱燗を欲しているのでしょうか、、、。熱燗だったら、飲み残しなく車内に置き忘れることはなさそうですど、、、。

Category : Days
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

東京#14 かきねのかきねの曲がり角@中野

DSC_0097.jpg
かきねのかきねの曲がり角、、、童謡「たき火」は、昭和16年(1941年)戦時下に発表されたものです。現在の東京都中野区にそのモデルとなった竹の垣根の大きな民家が残っています。この家は、けやき屋敷と呼ばれていたいたお宅で、欅や樫などの大木があります。庭が大きいので、たくさんの木々の落ち葉で大変だったろうなぁ、そんな冬の風景だったんだろうなぁと思います。

この垣根、昔はさざんかと茶の木の生垣だったそうです。だから、歌に出てくるさざんかさざんか咲いた道 焚き火だ焚き火だおちばたき、、、このさざんかも生垣にあったんですね。写真は今朝(2月8日)のその民家の様子。実は我が家のご近所さんなので、朝7時ごろに写真を撮りに行ってきました。

DSC_0095_20140208194140d88.jpg

Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

東京#13 牡蠣そば@小洞天・日本橋店

20140208.jpg
先日(1/16)、東京駅から会社に歩いて戻る途中にお昼を頂くとなったので、日本橋の中華料理店にて、季節メニューの牡蠣そばを頂きました。牡蠣と季節の青菜とが入った冬場ならではの一品を頂きました。小ぶりでしっかりと味が濃縮された揚げた牡蠣があんかけと一緒になって、体を温めてくれます。牡蠣の入った料理、がメニューにあるとついつい頼んでしまいますね、このお店の名物はシウマイなんですけどね、、、。ご馳走様でした!

小洞天
http://www.shodoten.com/nihonbasi.html

Category : 関東
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Saijiki 蝋梅の甘い香り@近所

IMG_0141.jpg
家族で川沿いを散歩していたときに、甘い香りが漂ってきて、少し進むといい枝ぶりの蝋梅が花を咲かせていました。英語では、wintersweetというらしいのですが、その名前の通り、甘い香りで、食いしん坊の私には、ついつい「美味しそうだなぁ」なんて思わせてくれる花です。日本には江戸時代の初めの頃に入ってきたそうで、雪中四友として玉梅、茶梅、水仙とともに雪の季節の花に挙げられています。今日(これを書いている2月8日は東京でも雪が降っています)みたいな雪の日に見る蝋梅もいいでしょうね。そうかぁ、蝋梅の柄の手ぬぐいでも探しますか、、、。


IMG_0139.jpg
こんなコンクリートに固められた川というか水路というか、、、にも、鳥たちはやってきます。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

埼玉#6 川越の薬師神社の隣の稲荷社

201402072 (2)
時の鐘のところにある薬師神社。ここの向かって右奥に、小さな稲荷社がありました。その稲荷社を紹介する看板がなかなか、優れていたので、お参りしました。写真の通り、本当に小さな稲荷社なのですが、、、、

201402072 (1)
出世、開運、合格に著しいご利益がある。そうな。著しい!らしいです。
「開運」、いいですね!多分美味しいご飯にありつくことができることでしょう。


DSC_0082.jpg
ちなみに川越市のマンホールはこんなデザインです。


追伸;昨晩はSochi Olympicの開会のLiveを見て夜更かしをしてしまいました。見ました?

Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

埼玉#5  太麺焼きそば@川越

20140207 (4)
またまた川越にいってきました。苺狩りをした後は、お昼ご飯でしょう、ということで、川越にやってきました。川越なので鰻にしようかなぁと思ってそぞろ歩きをしていたら、子供たちのリクエストは麺類がいいと。ラーメンが食べられるところを探して時の鐘のあたりを歩いていて適当にお店に入りました。

餃子菜館「大八・勝山」というお店です。店内の壁にはいろんな情報誌の取材を受けましたや、TVに出ましたやら、、、まあ、よく見かける風景ですね。特にB級グルメを意識して追いかけているわけではないのですが、お店では太麺焼きそば、川越ラーメン、そして餃子をおしているようなので、その3つをオーダーしました。

焼きそばは、確かに太めの麺ですね。まあ、お味は、焼きそばです。どうも焼きそばは「だいたい」美味しいと感じてしまうんだなぁ。なので、いろんなご当地焼きそばがありますが、その違いを表現うまくできません。


20140207 (3)
そして川越ラーメン。いわゆるラーメンに、揚げた芋がのっています。これは結構私の中では好きな組み合わせです。芋天の入った暖かい蕎麦が好きなので、、、。醤油味がきいていて、子供たちはたっぷり食べていました。


20140207 (2)
そしてこのお店の看板メニューの紫いも餃子です。特許取得している、と店にうたっていました。特許とは面白いですね。こういう色の餃子、アメリカで見かけました。お味のほうはお芋が入っているのですこし甘さが入った、面白いお味でした。ご馳走様でした。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

埼玉#4 いちご狩り2014@狭山

20140203 (2)
日本のいちご狩りです。ハウスもののいちご狩りは12月ごろから始まるようですね。東京に住んでいるとこの手の遊びをしようとすると、郊外というか近接県まで出かけなければいけないというのが面倒ですね。そして、いちご狩りのお値段も30分で1500円から1800円ぐらいと、とんでもない出費。ああアメリカのU-Pickならとった分だけ量り売り、せいぜい数ドルですむのに、、、はあああ、、、。日本というのはなんて高いんでしょう。10倍です、10倍。まあ、ハウスもの、ってことはないんですけどね。


20140203 (1)
ということで、ちゃんと管理され、ほぼ工業化がすすんだいちごを摘みにいってきました。きれいないちご。工業化が進んだのなら、コストが下がるはずなんですけどね、、、。


20140203 (3)
大きい。食べ応えあります。最近ダイエットしているので食べる量が減っているのに、このときばかりは久しぶりに、たっぷり食べました、いちご。私は所定の数十個を頂きました。


20140203 (4)
そしていちごの花。これからいちごになるんですねえ。可愛らしい。ということで、週末はお茶で有名な狭山までお出かけしておりました。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。