烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

愛知♯5 SAKURA CAFE@本山

20160628 (399)
仕事で名古屋に寄ったので、ちょっとランチは足を伸ばしてblogでお知り合いになった方が働いていらっしゃるcafeに行ってきました。もうお知り合いになって随分と経ちますが突然にお邪魔しましたのでね、まぁ、びっくりですよね。失礼しました。

この日のランチは、鰹。そうそうお邪魔したのは5月の後半ですから、ちょうど季節でした。鰹をこうやって軽くパンフライしてオリーブオイルかバルサミコで頂くとおいしいですよねぇ。お店の前に桜の木がありますので、桜の季節、とってもきれいなんだろうなぁ。でも初夏の繁った緑もいいですよ。

SAKURA CAFE
愛知県名古屋市千種区橋本町1-64 アーバイン本山ビル

スポンサーサイト
Category : 中部
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

愛知♯4 知多半田に行ってきた

20160628 (393)
5月20日に仕事で東海方面へ。今回は知多半田に行ってきました。10年ぐらい前は東海地区のお客様が多くいらっしゃいましたのでよくこの電車にも乗りましたね。駐在以降この電車に乗る機会が少なかったので、久しぶりで気分が上がりました。

知多半田は、新見南吉の出身地で駅前のポストの上には「きつね」が座っています。新見南吉は大正2年(1913年)生まれ。1913年を調べると、Marcel Proustマルセル・プルースト「失われた時を求めて」が第1部を刊行した年なんですね。

新見南吉が19歳の時に発表したのが、有名なごん狐です。草稿を書いていたころは、巽聖歌の家に棲んでいたそうです。昭和18年、若く29歳で亡くなるときにも未発表作品を巽聖歌に送ったそうです。巽聖歌が童謡「たき火」(昭和16年)を書いたのもこの頃のことですね。

そうそう、まあ、どうでもよいことですが、この「たき火」のモデルになったお宅が我が家のご近所さんにいらっしゃいます。雰囲気のある古いお宅ですよ。

新見南吉記念館
http://www.nankichi.gr.jp/

Category : 中部
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Taiwan#12 安食堂@台北

20160628 (323)
6月もほとんどupすることができませんでした。台湾の後、東海地区、大阪、China、群馬、大阪、大阪、群馬って感じでした。プライベートも仕事でも出かけることが多かったですね。今週またChinaに向かいます。

さて、2016年5月台湾の続きです。高級な食材はあまりなくても、やっぱり一番おいしいのは気の置けない現地スタッフと一緒にいく食堂ですね。仲間と一緒に行くといろんな料理を頂けますしね。今回も帰国のフライトの前に魚やら豆腐料理やらたくさん!うまいですね。また行きましょう。

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。