烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

長野#36 Matsumoto Brewery に立ち寄る。

20170528 (628)
日本のcraft beerがどんどん美味しくなっているので、飲みたいなぁと思うbeerもどんどん増えていくという状況ですね。もうそれぞれでお国自慢的ができるぐらいいろんなbeerがありますね。blog友さんの方の土地にもおいしいcraft beerがあるのではないでしょうか。

信州・松本にも美味しいbeerがあります。こちらもネットで見つけて立ち寄ることを決めていたお店。子どもたちはりんごジュースを頂きました。お店の中には旅行中の方でしょうか、英語もちらほら聞こえてきました。信州はスキー客も多いからかいろんなお店でEnglish speakerがいらっしゃいますね。

20170528 (633)
二階席に上がると壁にPortland,ORの地図が貼ってありました。beer祭にでも出かけたか、craft beerを楽しみに行かれたのかしら、と想像を膨らまします。お店が一杯だったのでね、次回来た時にお話しを伺ってみたいものです。

20170528 (634)
路地を田川沿いに向かって折れたところにお店があります。今回の信州シリーズは、このおいしいbeerでお開きです。今回も信州の美しい風景とおいしいお水(beerも)、ご飯を有難うございました。

Matsumoto Brewery
http://www.matsu-brew.com/

スポンサーサイト
Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

長野#35 郵便ポスト、もちろん現役です。

20170528 (623)
松本市を流れる田川を南に一本入った路地ですが、景観地区のようになっているので夕方にそぞろ歩きするのにちょうどよい雰囲気です。通りの店先に丸い郵便ポストがあり、日ごろ見ない形の郵便ポストなので子供たちも興味を持ったようですね。都内で見るのは四角いポストが多いものね。それほど珍しいわけではないですが、大切に使えばまだまだいけそうですね。でも、手紙を書く人ってへっているのでしょうね。

郵便物に関する統計をみると、インターネットなどの普及を背景に、近年は一貫して総数が減り続けているそうな。その一方で、ネットショッピングの普及によるものか、郵便で扱われる荷物は対照的に増加を続けているそうですね。

メールばかりの今ですが、ゆっくり手紙を書いてみる楽しみを捨てるのはもったいないですね。

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

長野#34 おいしそー!@アトリエブレ

20170528 (615)
僕はmilkがダメなので食べられませんが、子供たちは喜んでくれていました。長野県松本の名門、深志高校の脇にあるアトリエブレというお菓子屋さんです。オーナーシェフさんがお菓子を作るのを見ることができるので、息子は釘付けでずっと見ていました。息子も娘も料理に興味はあるようですね。我が家には子供用の包丁が2つあります。

アトリエブレ
http://www.atelierduble.com/

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

長野#33 松本市四賀化石館に立ち寄りました

20170528 (608)
法事のあと、山間のお寺から少し松本に戻ったところ、四賀地区にあるのが化石館。この地の別所層からシガマッコウクジラが産出して展示されています。勿論、このクジラの化石が化石館の目玉です。同じ泥岩の層からは他にも魚類や二枚貝、植物の化石などたくさんの化石が産出するそうです。四賀は1500万~800万年ほど前(新生代第三期中新世)は海の底だったんですね。子供たちにとっても大きなクジラの化石は見ごたえがあったかな。

20170528 (611)
ぬりえですね。子どもたちは楽しんでいましたよ。ところで、恐竜とかの色って、現生の生物からの想像でつけられているんですよね?どんな色だったんでしょうね。

<未来にこれを読むかもしれない息子へ>
いろんな色があって楽しいねえ。その豊かな色使い、未来の君は持っていますか?

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

長野#32 長野のお山

20170528 (598)
妻の親族は長野・松本から奥に入った山間の出であるため、集落のお寺もお墓も随分と山の方にあります。今回の法事にはおおばば様は御年ですし(100歳超えていますからね)来られませんでしたが、写真、ビデオだけでもと撮って帰ってから見てもらいました。昔々見た風景とそんなに変わっていないんじゃないかなぁ。

随分と古いお家のようで墓誌が古い!文明三年って、、、、文明年間が始まったのは戦乱によって応仁3年(1469年)の改元を受けての元号ですからね。そりゃ古い。お寺もなんだか立派ですなぁ。限界集落では廃寺になるようなお寺があるので、山間の集落といえどもまだまだ人がいるということなんでしょうね。

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

長野#31 Agata Bakery@松本

20170528 pan1
前日は岡谷の食堂で美味しい夕餉をいただいて諏訪湖畔のお宿に泊まり、朝から礼服で宿を後にしました。法事は午前中に始まりますから、パッと食べられるものがいいなぁということでパン屋さんへ。ネットでおいしそうなパン屋さんを探す、というのはなかなか運試し的な要素が多いですよね。地元に愛されていそうなパン屋さんを探す、というのが達成目標。今回はちゃんと達成できました。

20170528 (582)
季節もののパンをいただきました。これは菜の花が入っていて、少し菜の花の苦みもあっておいしい!5月21日でしたからね、まだ菜の花の季節でした。美味しかったー。今度松本に来た時も食べたいなぁ。eat-in があれば、、、なんて贅沢なことを考えたり。ごちそうさまでした。

Agata Bakery
http://agata-bakery.com/

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

長野#30 ソースとんかつ@美和食堂・岡谷

20170528 (568)
GWの信州旅で岡谷に立ち寄った際に、ソースカツ丼を頂いた美和食堂で今回は、ソースとんかつをいただきました。この食堂は初回も地元のお客様がいらっしゃっていて、ご主人がとてもいい雰囲気でお話しされているのが印象的な食堂です。

オーダーしてから時間がかかりますよ、と言われても美味しいごはんをゆっくり待つ気持ちさえあれば、口福に出会えるというわけで、待ちますとも、待ちますとも。

とんかつのおいしい店はたくさんありますが、雰囲気までおいしいお店に出会えるのはラッキーですね。皆さんにもそんなお店があるんじゃないですか? そういうお店に出会えるのは幸せですね。信州に行ったら絶対立ち寄りますね、これからも。

美和食堂
https://tabelog.com/nagano/A2004/A200404/20007243/

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

長野#29 茅野市民館に立ち寄り

20170528 (530)
長野シリーズ、前回はGWの信州旅行でしたけど、実は先月5月にもう一回長野に行きました。21日に法事がありましてね。

東京から信州側に走ると、ほぼ毎回立ち寄る場所があります。それは茅野市民館の図書室。なぜに?JR茅野駅直結で茅野市民館に向かうスロープが図書室になっていて、大きくはないのですがコンパクトによく考えて作られた棚で、公共で利用できるとてもいい空間なのです。茅野市民ではありませんから、ちょっとお邪魔しますね、ということで、絵本などを子供たちとパラパラと読んでいい時間を過ごさせてもらいました。駅前の駐車場も安いですしね。

20170528 (544)
茅野駅の入り口はこんな感じで駅そばが食べられます。昔長野の方に出張に来ていたときは、時々利用しましたね。

20170528 (545)
駅から線路を眺める。ぜひ、諏訪湖・茅野市周辺にお出かけの際は、おすすめですよ。

茅野市民館
http://www.chinoshiminkan.jp/ccc/index.htm

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Thai#58 中華街でduckを

20170528 (502)
先月5月のThai出張も弾丸出張であったため自己記録用の写真も多くは撮れていないうえ、タイ料理はほとんど食べなかったという何とも勿体ない出張でした。やっぱり現地ご飯が食べたいところ。先月の出張で唯一こちらの料理をいただいたのは2日目のお昼の家鴨ぐらいです。

20170528 (501)
いつもいく、China townのはずれ、Chao Phraya川の河畔に近い細い道に面した、地元の方でないとまず入らないだろうお店です。写真の通りの、向かい側ぐらいですね。

ここの料理が本当においしくて、その中でも家鴨は絶対日本の家でまねして作ろうと思ってもできないだろう一品。この汁をご飯にかけながら食べると本当にご飯がすすむ。勝手に白米お代わりしてたもんなぁ。ごちそうさまでした。

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Thai#57 Taniyaで家系ラーメン

20170528 (489)
先日、今年も会社の健康診断を受けました。健康診断前には体をクリーンにしようとする周りの方が結構いらっしゃいますが私はあまり気にしていません。逆に日ごろと違う行動をすると、健康診断で数値がいつもの数値を出さないのではないかと思い、いつも通りの生活を心がけるようにします(いつもから健康な生活をせよ!という話なのですが。)

この写真は、明らかにカロリーオーバーな写真ですね。タンパク質、炭水化物と大すぎますね。これはBangkokの歌舞伎町、すすきの、国分町、栄町、西新地、十三、流川、堺町、中州(全部行ったことがある人は随分と研究熱心な方ですね)といった雰囲気の一角、Taniyaにある内田家さんという、家系ラーメン屋さんです。なんでBangkokで家系ラーメンを食べなきゃならないんだということもあるんですが、駐在員さんと一緒のお昼ご飯だったのでね。さすがにお昼なので、sexyなおねえさんたちは居ません。

横浜家系だけにこってりとしたスープで、そこにタップリのねぎご飯と頂いて、満足満足。このお店、現地駐在日本人に愛されているのでしょうね、日本人駐在員がたくさん住む町、Sukhumvit のSoi39にも2号店があります。

食べすぎだなぁ。(5月中旬のタイ出張の時ですからね、時効ですかね)

内田家2軒目
http://www.wisebk.com/shop/12086

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

東京#47 神谷町愛宕神社で茅の輪、くぐらず。

170625 (71)
ものすごい人でくぐれなかった茅の輪です。私一人でも並ばなかっただろうなぁ。神谷町の愛宕神社の茅の輪くぐりに来たのは初めてだったので、これほどの人出になるとは思っておりませんでした。東京メトロにも「催し物」のポスターに載っていたからかなぁ、、、。千日詣でほおずき市がたつのでほおづきの鉢を買って帰る人を何人も見ました。この時期のほおずきはまだまだ緑ですね。

茅の輪の始まりは、「備後國風土記」にある、速須佐之男命と蘇民将来の話で、よくしてくれた蘇民将来とその妻に対し、「後に疫病が流行っても、蘇民将来の子孫であると名乗り茅の輪を腰につけなさい。そうすれば疫病を免れる」と言って、その地を立ち去ったということが由来です。「腰につける」がえらく大きくなったものですね。

170625 (70)
石段で有名ですね、愛宕神社は。娘が伸びをしているだけにわかりにくい写真かなぁ。


170625 (75)
愛宕神社のアジサイ。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Saijiki 茅の輪くぐり@諏訪神社

170625 (101)
昨日(6/24)に神谷町駅と虎ノ門駅の間にある愛宕神社(石段で有名なところです)に行ってきました。茅の輪くぐりをと思って行ったら、ものすごい人の行列で、並んでいるだけで熱中症にでもなりそうな暑い日で、まだ背の小さな娘には地面からの輻射熱が厳しかろう、と並ぶことをあきらめ黙礼だけで帰ってきました。

そういえば、一昨日に高田馬場の諏訪神社の前を歩いた時に茅の輪があったなと思い出して、諏訪神社に行ってきました。ここの茅の輪くぐりは6月初旬なので茅の輪は随分と色あせてはいますが、用は心構えですからね、我が家の夏越しの大祓はこれで良し。

170625 (109)
茅の輪くぐりをして諏訪神社にお参り。子供たちは何を御祈りしたのかな。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

神奈川#17 小田原城の紫陽花2017 その2

170620 (65)
仕事をして帰宅するときに少し自分で自分を元気づけたくなるときってありませんか?
blogは予約投稿にしてあるのですが、紫陽花のきれいな色を夕方に見たくて、夕方に時間設定をしました。

小田原のアジサイの写真をもう少し。鮮やかな色ですね。紫陽花の色はanthocyaninアントシアニンの一種のDelphinidinで、pHによって青から赤の幅で色が変わります。アルミニウムイオンを土壌中から吸収するかしないかと、助色素によるものだそうです。

420px-Delphinidin_svg.png
Delphinidinはこんな構造。ん?興味ないですか。

著作権:Wiki Commons のpablic domainです。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

神奈川#16 小田原城の紫陽花2017

170620 (64)
神奈川ネタは2年ぶり。神奈川にはもっともっと行っているのですが、47都道府県あるのでなかなか前回から書けないことが多いですね。まぁそれよりblog時間がなかなか取れていないというのもあるのかもしれません。

6月11日に箱根帰りによった小田原城では、ちょうど「小田原城あじさい花菖蒲まつり」が開催されており、多くの人が楽しんでいました。携帯電話で写真を撮る人もいれば、一眼レフでしっかり撮っている人もいたり。楽しみ方はいろいろですね。まるで紫陽花のようですね。

170620 (56)
もういっちょ(またか)。

前回ネタはコレ↓
神奈川#15 萬来亭のワンタン
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-990.html

Category : 関東
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Days 娘の絵

170620 (1)
今回は別の日の学校公開日(6/10)に見た娘の絵です。働く車ですね。娘がいつも描く顔なのですぐに娘の作品だと親はわかるもんですね。

170620 (3)
学校の廊下ってどうしてあんなに走りたくなるんだろう(笑)。

(未来に読むかもしれない娘へ)
学校に来たときは、国旗が掲揚されていたのかな。周りはジャングルジムだったり雲梯だったり学校の遊具だね。いつも遊んでいる風景を描いたんだね。よく描けているねえ。

Category : Days
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Saijiki 紫陽花2017@小田原

170620 (55)
この時期は本当、いろんな色の紫陽花を楽しむことができますが、先日箱根に行ったときに立ち寄った小田原城の紫陽花もずいぶんと立派にいろんな花を咲かせていました。きれいですねえ。

170620 (57)
もういっちょ。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Days 息子の絵

20170528 (464)
ちょっと食べ物ネタで罪深い?ネタが多かったので少し気分を切り替えて。学校公開日にはよく参観をしに行きます。その時に廊下や教室に貼ってある子供の絵は、学校でどんなことをやっているのかなぁ、ということが少しだけ垣間見れる瞬間ですね。

今回(5/13の公開日)の息子の絵は「色の海」というタイトル。いろんな色を感じてるんだね。すごく好きだよ。

Category : Days
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Food 〆のしじみラーメン

20170610 (13)
前のネタは青森。青森に前回ゆっくりと旅したのはいつだろうか?子どもはまだ居なかったので結構前のことですね。子どもたちに農業試験場も見せてあげたいし、近いうちに連れて行ってあげたいなぁ。前回行ったときは十三湖でしじみラーメン頂きましたね。

よく行く魚料理屋での〆そば。最後に麺類を食べる、というのはあまり良い習慣とは言えませんが、少ない量なのでと言い訳しながら食べるしじみラーメン。欲望に負けた瞬間ですね。写真は6/1に欲望に負けた時の写真です。

266px-L-Ornithin2_svg.png
しじみといえばornithineオルニチン、よくサプリメントで見かけるあれですね。アミノ酸の一種です。しじみ何個分!とかよく謳っていますよね。ornithineが入っているから〆のラーメンはしじみで、、、と言い訳しても全くダメですね。でも旨いんだよなぁ。

(著作権; 構造式はWikimedia CommonsからのPublic domainです)

Category : Food and Drink
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

青森#4 大鰐温泉もやし

170620 (84)
ブランドもやしを食べよう、と思いたち、同僚が少なかった6/15に、いつもより遠くまで歩いて三越前近くの青森料理屋さんに行きました。青森県大鰐町の名前を冠したブランドもやし「大鰐温泉もやし」です温泉を利用した古くからの栽培方法で作ったもやしだそうで生産量が少ないのであまり出回っていないもやしです。もやしスタミナ丼をいただいたのですが、お味は濃いめの味付けですし、豚もおいしいのでご飯がどんどんすすむのですが、もやしが少なくて少し寂しかった。もやしが食べたくてオーダーしたのでね、やっぱりもう少しもやしはボリュームが欲しいところです。

他にブランドもやしといえばこの、大鰐温泉もやしとか水前寺もやしとかですかね?ご近所にご当地もやしありますか?

大鰐温泉もやし
http://www.town.owani.lg.jp/index.cfm/8,199,36,html

水前寺もやし
http://kumamoto-noshoko.jp/Shohin/WebEki/Shosai.aspx?AUNo=14&ShNo=3

Category : 東北
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

沖縄#5 チャンプルー定食、いつもの。

170620 (87)
東京の神田まつやネタ、それからビール(東京、沖縄)と来たら、つながり的には、やっぱり沖縄ですかね。先週6/16のお昼ご飯ですね。会社の近所の沖縄飯屋で頂くいつものご飯。

暑かったので冷やし淡々にするか悩んだのですが、ジューシーも食べたかったので、チャンプルー定食にしました。家で作った感じのおかずです。ちゃんと豆腐も下のほうに隠れていますよ。もやしタップリですな。

もやし、スーパーで買うと一袋20円代とまぁ気の毒なお値段です。TVやネットで原材料費が高くなっているなど聞きますのでもう少し何とかならないのか?と思います。高級なもやしもないわけではないですが、ごくごく限られたブランド品であり、普通のもやしは、本当に安すぎです。

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Days 定番ビールの工夫

170620 (201)
いろんな国のbeerをいただくのが好きですけど、日本のbeerも勿論日ごろから頂く機会も多いですが、日本のbeerって本当にいろんな新しいラベルにしたり、季節限定を出したりとかして目新しさを工夫していますよね。

本日頂いたbeerはこの二つ。いずれも近所の**バスケッ*(チェーン店)で買ったものですがK社の**に乾杯シリーズ、これも47都道府県を飲んでみたくなる工夫でしょうね。実際にそんなことが実行できる人はそんなに多くはないと思いますが、、、。

今日のもう一本は*リオンも60周年記念version。60年です!会社のwebsiteを見ると、昭和32年5月18日の設立なんですね。まだ本土復帰前ですから資本金も資本金5,000万円(軍票B円)だったと記載がありました。軍票ですよね、なるほどですね。

本当、目を引くいろんな工夫がされていますね。

Category : Days
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

東京#46 神田まつやで一杯

20170610 (62)
先日、米国から昔の同僚Sさんがやってきたのでお蕎麦屋さんに。言わずと知れた、明治17年(1884年)創業の古いお蕎麦屋さんですね。このお蕎麦屋さんに足を運ぶといつもお店はお客様で一杯。このときも早めの時間に出かけたのですが、やはりほぼ満席。先に板わさでビールを呑んでいる先客の男女に「ちょっとお邪魔しますね。」と相席をさせて頂いて、我々も甘いそば味噌をなめながらお酒を頂いて、と。我々も海苔と板わさでお酒を3合4合と頂いたので、長居はせずにお蕎麦を頂いてそうそうに。周りのお客様もいろんな方がいらっしゃいますが、この店にいらっしゃるお客様はわざわざこのお店にやってきている人もいるのでしょうね。わたくしたちもそうですが。

1884年は、オックスフォード英語辞典第1巻が発刊された年だそうですよ。

Category : 関東
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

新潟#3 栃尾の油揚げ

20170610 (20)
2008年に日本を離れる前は、新潟にはずいぶんと通っていたのですが、日本に帰ってきてからはなかなか家族連れで行かなかったのでこのblogでのエントリーは少ないのですね。

新潟にも美味しいものがたくさんありますね。この栃尾の油揚げもその一つですね。先日近所の居酒屋さんで頂きました。厚みがあってしっかりと出汁を含んでいて、口の中を幸せにしてくれます。栃尾の油揚げは江戸中期ころからあるそうですね。当時の人も、あの大きさには驚いたでしょうね。

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Days 新宿からの空

20170610 (18)
先日、6月の最初の土曜日、会社のOB会に現役として初めてお邪魔しました。20年ほど前に入社したときにお世話になった、当時の先輩社員に会えたことは、本当に素晴らしい時間でした。新宿の空が笑っているようでした。

Category : Days
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

静岡#6 甥っ子の富士山土産

20170528 (481)
一月ほど前に甥っ子U君が持ってきてくれた富士山土産。子どもたち二人にキーホルダー的なお土産も買ってきてくれていて、子供たちは喜んでいました。子供の頃、よくキーホルダーって集めていたなぁ。子どもの小遣いで買えるちょっとしたものだったんだろうなぁ。こんな小さなものでも、すごくハッピーにしてくれるものもあるんだなぁ。優しい心をありがとう。

Category : 中部
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Days 自転車を追いかけて

20170610 (27)
6月に入って最初の週末。息子が自転車に乗りたくて、私はジョギング。少し汗をかいたかな。子どもの後ろを走っていく時間って愛おしいものですね。

Category : Days
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

food のどぐろの干物

20170610 (11)
日ごろお値段も張るのでなかなか手を出さない「のどぐろ」。先日出張者と会食と最近よく行く魚料理屋にお邪魔した際に贅沢をいたしました。
脂がのっているので干物にしてもふっくらして美味しいですねえ。のどぐろは口が黒いからというのは有名ですね。英語でもBlackthroat seaperchでそのままですな。

2013年に水産総合研究センター日本海区水産研究所、富山県農林水産総合技術センター水産研究所、新潟市水族館「マリンピア日本海」の3機関の共同研究で人工授精で生まれた稚魚の育成に成功したことから、将来の持続的漁獲への道が拓かれつつあります。これはアカアマダイの採卵飼育技術を応用したそうですね。そして今年2017年2月に富山県水産研究所は稚魚の試験放流を行いました。Wow!!本当、研究がみのるといいですね。

Category : Food and Drink
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Saijiki 南天の花

20170610 (26)
南天の花が白く咲いていますよね。南天は赤い実のほうが印象的ですけど、6月7月の時期の白い花も可愛らしくていいですね。中国由来で、南天燭、南天竹などの名前で呼ばれ、日本では南天と呼ばれています。南天燭の燭は、南天の実が燭(ともしび)のように赤いことから、南天竹の竹は株立ちが竹に似ているからだそうです。江戸時代には百を越える園芸品種が生み出されましたが、現在では40種ほどが保存栽培されているそうですけど、40種類はしらないなぁ。

Domestine.png
南天といば咳止めですけど、赤い実にO-Methyldomesticine(O-メチルドメスティシン)が含まれていて、これが有効成分。気管平滑筋を拡張することなどから咳を鎮めるそうです。昔の人はすごいやね。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Days 文化さば

20170610 (9)
文化年間の頃からあるサバの干物ではありません。ネットで調べると魚の干物をセロハンに包んで売ったのが始まりとか出てくるけど、今は「冷風乾燥機を使用した干物」の意味でしょうね。文化的なのか?先日行きつけの飯屋でお昼のメニューに文化さばを見つけ、そういえば高田渡の本に文化さばが好きだとか書いてあったなぁ、なんて思いながら注文。

Inosinic_acid_structure_svg.png
うまいうまい。うまみ成分inosinic acid(イノシン酸)がたっぷりなんでしょうな。ああ、構造見ると尿酸値にはよくないんだなぁ、ということを実感。


文化さばとは関係のない、文化年間は1804年から1818年。将軍は家斉の時代。で、この時代の天皇が光格天皇、仁孝天皇。最近聞いたでしょ?そう先日特例法が可決された天皇陛下の譲位、実現すれば光格天皇以来という、あの光格天皇です。全然関係ないところまで飛翔してしまいました。

Category : Days
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

静岡#5 シラス丼推し

20170610 (10)
オフィス近くの静岡おでんの店がシラス丼推しをしていて、他の日替わりのお得なメニューはすべて「シラス」推し。うーーん、ちょっと悩んだ(痛風持ちなもので、、、)んですが結局頂くことに。静岡でのシラスの旬は春~秋、4~5月、7月、10月だそうな。静岡市内では、用宗漁港、清水港、由比漁港周辺で船びき網で漁獲され、カタクチイワシ、マイワシ、ウルメイワシの三種類が混ざって獲られています(そりゃそうだわな)。

小さな魚で獲るからいけない、大きくなってから獲ればとという主張もありますね。ちゃんとcontrolして(いや本当厳しくcontrolしなきゃね)持続可能な漁業ができないなら、食べるの禁止するしかないよな。ちなみに、静岡での禁漁期間は1月15日から3月20日(静岡県漁業調整規則)。

Category : 中部
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。