FC2ブログ

烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

沖縄#26 台風の影響で雨と風。そういう時は箱物。

20190720 OKI (78)
こんばんは。沖縄から日曜日に東京に戻り、翌朝の朝一の新幹線で単身赴任生活に戻りました。今日は大阪におります。

さて、先週沖縄は台風5号の影響で雨と風がとても強くて、なかなか外遊びができない中で、今回は「箱物」を楽しもうということに方針を転換しました。

暴風雨だと箱物も閉まってしまうのですが今回は無事箱物に入ることができました。

一つ目の施設はJAXAの通信施設にお邪魔しました。打ち上げた人工衛星からの電波受信をするために、アンテナをはっている施設です。結構近くまで寄ることことができますので、沖縄にご旅行の計画をされていらっしゃる方で、当日雨で行くところがない!という方には、おすすめです。もちろん無料施設ですよ。

室内にはH2ロケットの素材展示や、人工衛星のモデルの展示などがあり、ロケット打ち上げのシミュレーションなどもあったりと無料施設としてはかなり充実していると思います。
天文好きの私としては、昔の試験衛星のモデルなどが展示されているところなどがツボでした。


20190720 OKI (70)
写真の通り子どもも結構楽しんでいる様子でしたよ。

スポンサーサイト



Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

沖縄#25 今年も北谷に泊まったので~やっぱりGORDIE'S 2019

20190720 OKI (35)
おはようございます。今日は参議院選挙ですね。まだ那覇市内に居りますが、昨晩は晩御飯を食べている間、ずっと外から「最後のお願い」で候補者の演説が聞こえておりました。今は静かな朝です。

今年も北谷に泊まったので、というのも3年連続です。米軍基地がすぐそばにあるので朝は轟音がするのですがこれも沖縄ですからね。今年も北谷の宿から近いところにあるGORDIE'Sで初日の晩御飯を頂きました。やはりここにきてこれを食べないわけにはいかない。いくつか頼んでハーフカットにしてもらっていただきました。肉もパンもおいしい。沖縄に来ているというワクワク感で美味しさが嵩上げされているでしょうけど、周りで食べているYナンバーの車で来ているお客さん達を見ていると本場の人間からしても「美味しい」という評価なんでしょうね。

20190720 OKI (30)
この店、前にも書いたんですけど、元米軍用の住居(コンクリートの平屋)をリノベーションしたものでその雰囲気が残っていて私は好きなんですよね。

20190720 OKI2 (72)
この日は那覇到着してそのままチェックインもなにもせず恩納村の海に直行し、帰りに残波岬で夕暮れを見てから、GORDIE'Sに向かったのでした。

沖縄#18 今年も北谷に泊まったので~最初の晩御飯は、やっぱりGORDIE'S
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1534.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

沖縄#24 今年も沖縄での夏休み

20190720 OKI2 (53)
何とか海に入れました in 恩納村。

おはようございます。先週末のentryからupできていませんでしたが、仕事でバタバタしていたのもあるのですが、今年も沖縄にやってきており遊びにも忙しい、というのが実情です(笑)。
ここ数年、毎夏沖縄に遊びに来ていますが、今年は少し短め5日間の沖縄旅です。

今回は台風5号の影響で、初日以外は海には入れない(涙)だろうということで、初日の飛行機を前倒しして昼過ぎに到着する便に変えたのですが、沖縄上空で11機の飛行機が着陸待機していて、、、結局ものすごく遅れました、、、。到着、レンタカー、そして急いで恩納村へ!

20190720 OKI2 (42)
伊計島の方に行く案もあたのですが、風が南西から北東にふいていたので恩納村へ。見立て通り恩納村の海はまだひどくなっていませんでした。よかったぁ。


20190720 OKI2 (13)
砂遊びもできました。


20190720 OKI2 (30)
妻と子供たちはバナナボートは「落っこちるかも」との懸念から座って引っ張ってもらうタイプのアクティビティに。(コストは、、、うーん高いけど、、、仕方ないね。)私はこういうのが苦手ですし、3人乗りだったので妻にお願いしました。


↓昨年の沖縄ネタから沖縄ネタを書いていないんですね。一杯あるはずなのに。
沖縄#23 RYCOMで映画
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1570.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

京都#12 レティシア書房にお邪魔しました

20190711r (25)
7月9日、平日でその日もお昼から西の方に商談に出かけた後、事務所に一度戻ってから、終鈴とともに京都に急いだ私。JR京都駅から地下鉄に乗り烏丸御池で降りて少し京都御所の方に歩いたところにその日の目的地はありました。

その日ですね、小さな書肆ではありますが私の好きな品ぞろえをされている「レティシア書房」にお邪魔しました。この日は東京・荻窪にある本屋の店主が選んだ本に、画家が絵を描いたエッセイ集「ことばの生まれる景色」(ナナロク社)の原画展が開催されていて、それを見に京都を訪れました。この原画展は1年をかけて全国の本屋さんを巡回します。荻窪の本屋さんでしょ?わざわざ京都で見なくたって、、、という気持ちもあったのですが、ちょうどこの時期に開催されているのが京都の「レティシア書房」さんだったもので、、、。


20190711r (9)
曇り模様のでしたので烏丸御池から歩いても、まだ暑すぎるということはなくて助かりました。
街並みに溶け込んだ店に入り、店主ご夫婦の好みで選ばれたであろう棚づくりを楽しませていただきました。星野道夫さんの本が多く置かれていたし、レジのデスクマット下に星野道夫展の半券がしまわれていましたので、ご夫婦に「私もこの展覧会、行きましたよ。」なんて話を向けましたら、今回の原画展での絵も初めに星野道夫さんの「旅する木」についての絵に惹かれたとおっしゃっていました。そういうことってありますよね。

この原画展では。私は星野道夫さんの本もさることながら、須賀敦子さんの「ミラノ 霧の風景」についての絵も惹かれました。

今日は広島方面に出張ですのでそのお供にこの本を連れていきたいと思います。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

京都#11 ちっちゃなどら焼き at 北野白梅町

20190708 (9)
こんにちは。先日、日本橋のうさぎやのどら焼きのことを書きました。私、「ドラ*もん」のようにどら焼きが大好きなので、いろんなどら焼きを頂いています。

最近頂いたどら焼きの中の逸品をご紹介したく。

先日、6月30日に京都うろうろ旅をした際に出会ったどら焼きです。北野廃寺跡から今出川通りを北野天満宮を少し歩いたところ、通りから少しだけ入ったところにあるどら焼き専門店の「亥ノメ
」さんのどら焼き・黒糖ラムレーズン、これは、なかなかの目からうろこです。ラムレーズンと餡、黒糖どら焼き。この組み合わせ、これは口福ですよ。


20190708 (12)
しっかりとラムの味がするこのどら焼き、私大好きです。


20190630 (225)[1]
お店は小さいのでわかりにくいかもしれませんが。

このどら焼きを買って京都府立植物園に行くこと、おすすめです。


亥ノメさん
https://www.instagram.com/dorayaki.inome/
因みに猪目とは関係ないそうですよ。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

京都#10 コロッケラーメン at 四条河原町

20190711r (23)
おはようございます。二日前の投稿で、二日連続のラーメンだったと書きましたが、一日目のものは普通に天下*品のさっぱり*細麺でしたのでまぁ普通のラーメンでしたが、2日目のラーメンは、結構なdeep impactでした。

世にコロッケそばなるものは少しずつ認知されてきていると思いますが、この日に頂いたのはコロッケラーメン。こってり系のスープのラーメンの上に揚げたてのコロッケ2つを乗っけられています。

揚げたてなのでじゅーじゅー鳴らしながらスープを吸っていくコロッケのなんと力強いことでしょう。(「たっぷりスープを吸うんだよ。」と親の気持ちになりながら吸わせました。*この雰囲気伝わるかなぁ、その昔「大きくなれよ。」とCMを流していたハム屋さんの気持ちです。)

そしてしっかりスープを吸ったコロッケはやわやわでこれをレンゲで崩しながら食べていくというのが、たぶんこのラーメンの「正調頂き方」だと思った次第です。

このお店の一押しでした。店の名前を憶えていないのですが、阪急・四条河原町駅の高瀬川沿いの入り口の斜向かいにあります。興味のある方はぜひ。


京都ネタはこれからも増えていきますよ。↓
京都#9 大宮通りから梅小路公園へ
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1679.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Days 友達と日本橋で集合!

20190708 (101)
日本橋・室町は涼しげなデジタルアートと金魚提灯が夏の夜を彩っていました。

こんにちは。大阪は湿度が高くて外に出るのはちょっと辛くなってきました。

先週土曜日(7月6日)は東京におりまして日本橋・室町でアメリカから一時帰国したEちゃんとH君親子とAちゃん家族と一緒に過ごしました。この日は少し雨が降ったりしたので日本橋界隈も日頃の賑わいほどではなくてよかったな。

時間が過ぎるのはあっという間、日が暮れてしましました。Eちゃん親子は実家に帰る途中に寄ってもらったのであまり遅くなれないしね。また来年会いたいねー。


20190708 (106)
家に帰ったら日本橋の「おやつ」がありました。私と子供たちが日本橋に到着するまでの間に妻がうさぎやで「どら焼き」を買ってくれておりました。うれしー!日本橋界隈で一番好きな和菓子はこのうさぎやさんのどら焼きかな。

青い包み紙でくるまれていたので「あおいうさぎ~」なんて歌っていたら、妻が「えーっ、それー?」って言っておりました。

東京#27 うさぎやのどら焼き
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-830.html

Category : Days
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Record of the growth:誕生日を祝いました。

20190708 (45)
こんばんは。今日の晩御飯は何でしたか?私は二日連続のラーメンでした。今日は仕事が終わってJRで京都に向かいました。ちょっと私用がありまして。

さて先週は会議等で東京出張がありましたが、会食はお断りして娘の誕生日を祝いました。子どもらの希望に応じて、ケーキ屋さんにいろいろとお願いしているのですが、今年はこんな絵でした。お兄ちゃんもお小遣いを貯めてこのシリーズのグッズを買ってあげておりました。娘は最近自分の部屋で過ごすことが多くなってきました。寝るのも一人になってきたしね。いいことです。

何を祈って蝋燭の火を消したのかな。

Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

Days カルピス七夕展 at 3331 Arts Chiyoda

20190708 (210)
こんばんは。週末を東京で過ごして7月8日の朝一に新幹線で大阪へ戻ってきました。いやぁもう慣れつつあるとはいうものの朝一はやっぱりシンドイですね。

さて日曜日は七夕だったのですが東京はあいにくの雨でした。7月7日はカルピスの日だなんて書きましたね。七夕当日はちょっと七夕らしいネタにしましたが、今日は今度はカルピスネタです。
で東京都内で「カルピス 100th七夕に会おう展」が開催されていたので、車で「3331 Arts Chiyoda」に向かいました。「映える写真」が撮れるということからでしょうか、雨にも関わらず多くの人が訪れていました。3331 Arts Chiyodaは旧練成中学校の元校舎を生かして誕生したart placeで、教室の木の床などを生かしている為、やわらかい光の反射がその空間の懐かしさと人懐っこさを連れてきます。


20190708 (118)
「ことばの宇宙」。夥しい文字が降り注ぐ。短冊のredesign。
この広い宇宙で、あなたに届けるその言の葉は。


20190708 (143)
神は違えど「始めに言葉ありき」。


20190708 (121)
100 の「ことば」と 100 色の「カルピス」のボトルを展示した「100 message bottles」。


20190708 (125)
子どもたちはどんな「ことば」を切り取ったのだろう。



20190708 (177)
「光の天の川イルミネーション dot river」。約1万個の水玉の天の川を渡る。


20190708 (169)
光の川を撮る二人。君たちもいつか惹かれる光を見つけることでしょう。

Category : Days
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Saijiki 七夕に何を願う。

20190630 (230)
こんにちは。今日は7月7日はカルピスの日です。ちょうど100年前の1919年7月7日にカルピスは誕生しました。で、冒頭からそんなぼけたことを書いても大丈夫ですかね。

もちろん7月7日は七夕です。日本での七夕祭の由来は、棚機(たなばた)の神事と中国の星祭・乞巧奠(きこうでん)が混ざったもので、日本で初めて乞巧奠が行われたのは、天平勝宝7歳(755年)のことです。尚、歳と書いたのは書き間違いではなく、天平勝宝7年1月4日に勅命により年が歳に改められ、天平宝字へ改元した際に歳を年へ復すまで歳を使っています。

ところで七夕にお願い事を短冊に書くというのはどこから始まったものなのでしょう。宮中行事として流入文化も取り入れた七夕祭では、果物や作物を供物にし星空を眺め、裁縫や詩歌、染織といった技芸が巧みになるようにとの願いを、里芋にたまった夜露を「天の川のしずく」に見立て、その夜露で墨をすり梶の葉に願い書きとどめたことに由来しています。

平家物語・祇王でも、
二人の娘もろともに、一向いつかう千手に念仏して、後世を願ふぞ哀あはれなる。かくて春過ぎ夏長たけぬ。
秋の初風吹きぬれば、星合ひの空を眺めつつ、天の戸渡る梶の葉に、思ふことかく頃なれや。

とあります。

時代が下って、江戸時代になって七夕の風習は庶民にも広まります。それは幕府によって七夕が五節句の一つとなったことによります。この頃にになると五行説と混ざって五色の短冊に願いを書くことになりました。


写真は6月30日に京都に行った際に北野天満宮で見かけた笹と短冊です。北野天満宮の笹飾りはかなりの本数になっていましたが、さすが道真公のところだけに願い事の中身は「合格」やら「100点」やら、学業のことだらけ。(おっさん心の声:うーむ、まず勉強しなはれ。)そして秀逸だったのは「天才になれますように!by 天才○○」。(おっさん心の声:その望みはかなっているよ?)
「お金持ちになりたい」というのも。(おっさん心の声:それは、ここで願うことかな?)皆様、自分の事を書くことが多いようですね。

この北野天満宮の短冊は、樹脂製シートに油性ペンで書くようにしてありました。プラスチックがいろいろと言われている昨今なかなか珍しいような気もしますね。
(おっさん心の声:なんでよー、紙でいいじゃないの?)

さて、心の中で何を祈りましょうか。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

長野#38 駒ケ根行ったらソースカツ丼

20170506GW (183)
おはようございます。このエントリーを見たら、カツ丼が食べたくなりますかね?

一つ前のエントリーでカツ丼ネタを書いたのですが、よくblogにお邪魔させていただいている声なき声さんのコメントで長野のソースカツ丼に触れられていました。たしかに長野のソースカツ丼は有名ですね。

長野県は南北にも大きいのでカツ丼マッピングするとどうなるのか見てみたいなぁ。

ソースカツ丼は県南いわゆる南信地方が知られています。信州のソースカツ丼の聖地といえば駒ケ根・伊那の伊那谷地域です。駒ケ根ソースカツ丼は昭和11年(1936年)頃に「喜楽」初代店主・市瀬正一氏によって世に出されたそうです。旧伊那電気鉄道(飯田線の前身)の赤穂駅(現:駒ヶ根駅)の付近のカフェーで始まったソースカツ丼、今やこのエリアでは地元の味となっています。私も毎年信州に足を運んでいるのですが、かなりの割合でソースカツ丼を食べているような気がします。

今回のソースカツ丼は、2017年のGWに長野・阿智村に桃花、駒ケ根にりんごの花を見に行った際に頂いたものです。この日は、お昼に駒ケ根、夕方に岡谷でそれぞれソースカツ丼を頂きました。上の写真は駒ケ根で頂いたもの。一日2回ソースカツ丼たべちゃぁオーバーカロリーだな。

20170506GW (192)
信州にGWに訪れると、リンゴの可憐な花に会えます。

その時に書いたネタのはコレ↓
長野#28 菊咲きの桃
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1222.html


20170506GW (274)
そして夕方に頂いたのは岡谷駅近くの美和食堂で。写真のようにおっきいんだな、カツが。ここのお店では「ソースとんかつ」としていただくこともあります。

長野#30 ソースとんかつ@美和食堂・岡谷
ご飯にのっけてソースカツ丼だ!↓
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1250.html

前回の長野ネタは、、、。
長野#37 7月8日霧雨、入笠山
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1526.html

そして、今週末のGolfでも私はカツ丼を頂くことでしょう(笑)。

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Days ゴルフ場ではカツ丼を

20190630 (21)
今週は(も?)忙しかったですね。なかなかコメントにも返信できずにおりました、ごめんなさい。皆様はどんな一週間でしたでしょうか。


さて6月末の先週末、土曜日は会社の仲間でGolfでした。大阪はG20サミットで高速道路が閉鎖されておりもしかしたら混乱しているかなぁと思いましたが、土曜日の早朝は全く問題なかったですね。でもG20の影響で物流が止まったりしましたので仕事にはマイナス影響がありました、、、正直、、、。

日本ではGolfの前後半の間に食事の時間がありますよね。その際私はカツ丼とお酒を頂くことがもっぱらです。なぜなんでしょうかねー。やっぱりちょっと長めのお休みタイムですから、カツをつまみにお酒を飲もうって思っちゃうんですよね。まぁ「勝負にカツ」ってことなのかもしれませんが、私の場合Golfでは「弱い自分」との勝負ですなぁ(苦笑)。

ところで皆様はカツ丼お好きですか?想像するにカツ丼が好きな人って多いんじゃないでしょうかね、遺伝子にでもコードされているかのように。何を大げさな。カツ丼だろう?そんな前からあるわけじゃないから遺伝子なわけないだろう(一人突っ込み)。

カツ丼の発祥はいくつかの説がありますよね。

まず一つ目は、福井のソースカツ丼の元祖でもあるヨーロッパ軒のカツ丼。大正2年(1913年)に「ヨーロッパ軒」の初代店主高畠増太郎氏が東京で開かれた発表会でソースカツ丼を披露し、その後早稲田鶴巻町の自店で提供を始めたという説。その後、大正12年(1923年)9月1日の関東大震災で灰燼と化し高畠氏が郷里・福井に帰って現在・福井に本店がある「ヨーロッパ軒」に連なるんですね。

よく知られるのが2つ目、大正10年(1921年)に早稲田高等学院の学生だった中西敬二郎氏がよく行っていたお店でカツレツを丼飯に乗せてもらうようにしたという説。

3つ目は、卵とじカツ丼の元祖・早稲田の三朝庵のカツ丼。大正7年(1919年)頃、三朝庵で余ったカツを学生のアイデアで卵とじ丼にして乗せた、というもの。

ここまではいずれも大正年間、それも関東大震災の前の帝都・都の西北であったということが特徴的です。

それ以外のもう一つの説は帝都とは異なります。それは明治30年代後半には甲府の蕎麦屋・奥村本店でカツ丼が提供されていたというものです。甲府のカツ丼は揚げたままのトンカツが丼にのってくるスタイルでいわばカツライス丼。(したがって甲府では卵とじタイプは「煮カツ丼」となります。)明治30年代前半に当時の店主が東京に出かけた際に食べたカツレツに感動し、蕎麦屋で出すにあたり丼スタイルにした、という説です。明治33年が1900年ですから、こうなると遡ること約120年の歴史がカツ丼にはあるってことですね。ちょうど「坂の上の雲」の舞台となった頃のお話です。

明治35年(1902年)に正岡子規は34歳で没します。カツ丼はまだ世に出ていないかぁ。食へのこだわりがあった正岡子規がカツ丼を食べていたらどんな句を残してでしょうかね。

私は句作をすることもなく、多分来週末のGolfの時もカツ丼を食べることでしょう。

Category : Days
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。