FC2ブログ

烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

Book#26 極夜行前 角幡唯介 著

20210228 (786)
こんばんは。週末は梅を見る散策を続けていました。今日で2月も終わり。明日から3月です。

さて今日はブロ友のel_desviosさんがお正月に読まれてblogにあげられていた本を、図書館で借りて読みました。

el_desviosさんの今日の本 1639↓
https://eldesvios.blog.fc2.com/blog-entry-2345.html

2018年の「極夜行」の本番前の3年間の準備の旅について書かれたこの本。GPSや衛星電話に頼らずに極地を行くなんて、ぞっとする。六分儀を使って天測して位置を特定していくなんて、、、。六分儀で天測して位置を特定する練習をするくだりが初めの方に出てきますが、普通じゃないよ。「位置を知りたい」という欲求がこんなに切実なものとなるのは普通に生きているとそうであることではない。しかしいざ今持つ携帯電話が使えなくなったらどうでしょうか?皆、大いに迷いもがくことでしょう。

犬を連れて旅の試行を繰り返します。計画実行へ向けて食料や燃料をデポジットしていく、そんな中で犬との関係性は日本では見かけることのない厳しいものとなります。私なら絶対やらないことをこの人はやっています。読んでいて嫌悪感さえ覚える箇所も出てきます。このむき出しのエゴともいえる欲求って何なのだろうか、そういった根源的な問いを投げかけてきます。こういう思いを抱くことが、それもまた他面からみたらエゴだったりするわけです。

今回はですね、youtubeで北極圏のsnowstormの音をずっとbackgroundで流しながらこの本を読みました。


前回の本は暑いところだったな↓
Book#25 南西諸島資料集 第一巻 松下志朗編
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-2067.html

スポンサーサイト



Category : book 本
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Korea#12 비빔밥 Bibimbap、安ーーー!

20210221 osakaumeume (163)
おはようございます。最近よく思うのは、単身赴任生活は野菜不足がちになりやすいと思います。家族で生活していると一度に作る量が多いので買ってくる野菜の種類も増えて彩りも採れるのですが、単身だと野菜の種類が限定的になりがちです。私がよく買う野菜は、キャベツ、レタス、小松菜、白菜、人参、あとニラぐらいでしょうか。パプリカ、買わないですね。彩りでちょこっと入っていたらいいんですけどね。少量パックですでにすでにカットされたカット野菜などもありますが消毒臭がきついものが多いのと、割高なので購買意欲がどうしても落ちてしまいます。

さて、そんな野菜不足生活ですが、先日のお休み2月21日に生野のKorean townに行った際に店先に出された屋台で비빔밥 Bibimbapを頂きました。皆様よくご存じの混ぜご飯です。비비다で混ぜる、밥でご飯、まさに混ぜご飯。私の好物の一つです。김치Kimchiやら나물Namulがのっていますからこれなら野菜がたっぷり。そしてこの屋台ではKimchiは自由に取って食べる方式です。ありがたい。これで300円。安!いくら屋台とはいえ300円は安いですね。安くて美味しいものが何よりも大好きな私。ここの깍두기kkakttugi(日本だとカクテキという表記が多いけど)美味しい!ご馳走様でした。

さて、金曜のお昼は何にしよう。

前回のKoreaネタは随分前だな↓もっと食べているけど。
South Korea#11 치즈닭갈비チーズタッカルビを食べる
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1375.html

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

兵庫#17 保久良神社に立ち寄ってきました

20210211ashiyaetc (28)
この頃、夢を見ているのか見ていないのかは分からないのですが、夢を覚えていることが少し減っているような気がしています。以前はもっと頻度よく夢を覚えていたりしたのですがね。昨日の夢は、小さなイノシシ(サイズはウリボウサイズ)にあまがみされている夢。何なんでしょう。「あーこいつ、噛んだ!」と言っている自分。そして周囲の人はそれを見て、「でもあまがみでしょ?」みたいな感じで対して相手にもされていない夢。何なんだこれ。

さて、岡本梅林に行ったと書きましたけど、その前に実は保久良梅林にも行きました。保久良梅林は保久良山に鎮座する保久良神社のやや下に作られた梅林で、その梅林に向かう途中で保久良神社に立ち寄りました。この神社ですね、創立年暦不詳なんですよ。境内外に多数の磐座群がありまして、古代から祭祀が行われていたことが推測されています。古代からの人の痕跡は、石斧、石剣、石鉋丁、石鏃類、青銅器時代の銅戈などがあり古くから人の集う場所だったんですね。

御祭神は須佐之男命、大国主命、大歳御祖命オオトシミオヤノミコト、椎根津彦命シイネツヒコノミコト、となっていますが、元々は、椎根津彦命の子孫たる倉人水守等が祖先を祭祀し奉る、とあるため神武東征の折、速吸門(諸説あり)に現れて軍勢を先導した椎根津彦命です。鳥居の前にですね、でーんと青亀にのった椎根津彦命の像があります。もう浦島太郎的。


20210211ashiyaetc (26)
そして境内には紅白の梅が植わっています。





Category : 近畿
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

兵庫#16 岡本駅でパンケーキ

20210211ashiyaetc (364)
おはようございます。昨日の祝日も一日、万博記念公園を散策していました。梅に会いにですねー。

さて、梅に会いに行くで2月11日の日には岡本梅林に出かけようと阪急岡本に行きました。その際に岡本の駅前のパンケーキ屋さんにて頂きました。パンケーキ好きなんですよ。米国でパンケーキをよく食べる習慣ができてから、パンケーキと書いてあるとその引力の虜になってついつい入ってしまいます。

先日の岡本でもよく確認することなく入りました。店に入った時はお店が空いていてよかったのですが、私が入ってから間を置かずあれよあれよとお客様が増えていきました。たまたまの間だったのですね。

一番シンプルなのが4枚だそうなのでそれでお願いしました。なんだかじゅわっとした食感なのでふわふわでしたけど、私には4枚で充分キツかったのに、隣に座った女子3人はそれぞれ8枚づつ。都合隣の席には24枚。そして逆側に座った女子4名も各8枚。32枚。バターマシマシ、みたいなことも言ってるし、みんなバケモンですかーーー!

genderlessな志向なので僕は気にならんけど、周りでおっさん一人はいないなぁ。おっさん一人でピンクの皿でパンケーキって絵になるね。いい時代になってき。本当は甘党のおっさん達、もっと進出していいんですよ。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

Book#25 南西諸島資料集 第一巻 松下志朗編

20210221 osakaumeume (152)
こんにちは。11月末に行った鹿児島旅の朝散歩で田代安定生誕地に出会いましたが、この田代安定の著書というのがなかなか残っていなくて古書で1945年刊の「沖縄結縄考」を購入するかなぁと思ったりもしたのですが、単身赴任の身で保管場所には余裕があるとはいえ、どんどんそういった本が増えるのはまずいので図書館で検索。なんとか彼の著書の一部を掲載した本が見つかり、読むことができました。

写真の本に収載された著作は、会報に載せられた資料のような作品でしたので、なんと手書き。久しぶりにきれいに書かれた文字を読ませていただきました。

鹿児島#11 朝散歩、田代安定生誕地に出会う@鹿児島市内
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-2037.html

Category : book 本
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

東京#85 たこ焼き蕎麦@阿佐ヶ谷駅前

20210214 tokyoume (9)
おはようございます(まだ夜は明けていませんが)。昨日はAmazo* Primeで映画を2本ほど見てからこのblogを書き始めたので目がぼやけちゃって、、、疲れ目ですね。土日に一生懸命遊ぶものですから、、、。

さて先々週、所用で東京に戻った際に阿佐ヶ谷に行きました。その際に息子と一緒に入った駅そばを頂きました。今回の駅そばは、なんとたこ焼き入りです。オーソドックスな蕎麦に揚げたこ焼きがトッピングされています。たこ焼きが入っただけですごい存在感があります。まぁ明石焼きが出汁で頂くこをと考えれば蕎麦に入っていたところでそこまで驚くことではないのですがね。

このたこ焼き入り蕎麦なのですが、たこ焼きを焼く際に回して焼きますが、その時にできたであろう穴から出汁がしみ込んでいて、噛んだ途端、ぴゆーーーーーってその穴から出汁が、、、。履いていた綿パンにしっかり吸収されていきました、、、トホホでした。ちなみに3個とも噛み方を工夫したのですが、いずれも出汁が飛び出すと言う悲報。商品開発時に発見されなかったのかしら、、、。

何にしろ、ごちそうさまでした。

前回の東京entryって随分前だな↓
東京#84 としまえんといえば「紫陽花」
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1941.html

Category : 関東
Posted by TORU on  | 12 comments  0 trackback

大阪#71 本町でトンテキ素敵

20210129 (144)
おはようございます。今日、日曜も朝から晴れています。昨日は、朝から中津集合で会社の同僚たちと天満の天神さん、大阪城の梅林経由でなんば、心斎橋に向かい、同僚の家で「宅呑み」、そして心斎橋から歩いて本町淀屋橋と北に上り歩いて帰ってきました。都合昨日25,000歩。

さて今朝の写真は1月28日に仕事で本町方面に行った際にランチで頂いた「トンテキ」です。このお店は何店舗かチェーン店であるのですが、私は初体験。同僚は店舗にかかったサイン色紙を眺めながら店員に「Aさん来たんですね。(知り合いか!)」と声をかけていました。店員も「めっちゃ背がたたくて、かっこよかったですよ。」と答え、「あぁー、モテるよねー、だから不*しちゃうんだ~。」とか同僚は言ってるし。(「同僚よ、それは違うだろう。」と心の中でつぶやきつつ料理が出てくるのを待っていました。そんなことはどうでもいいで、ただただトンテキが待ち遠しい。)

出てきたトンテキは分厚い豚肉が食べ応えがありました。見た目通りの濃い濃いお味で温玉につけて味をマイルドにしてから、Yシャツに汁スポットをつけないよう細心の注意を払って丼飯の上にワンバウンドで口へ。口の中が「わっ」(英語風ならWhat!)な気分になったところに迷わすワンバンした後のご飯を掻っ込む。口福。どんどん迷わずご飯が進みました。

そういえばトンテキといえば私は何となく四日市とか津のimageなんですよね。昨年、津で食べたなぁ。blogにはupしてなかったかぁ。

さて、今日は(も)図書館に出かけてきます。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

大阪#70 北極星でランチ 

20210129 (134)
おはようございます。2日ほど忙しく過ごしておりました。今週は寒かったですよね。この週末も寒さが残るのでしょうかね。皆さんお風邪など召されませぬよう。

さて今日の写真は1月27日に仕事でお客様を訪問した帰りに北浜の北極星で頂いたランチです。北極星ならオムライスじゃないの?という方も多いでしょうね。でも天邪鬼な私はオムライスじゃないんだよなぁ。ポークカツにスパニッシュオムレツ。美味しくいただきましたよ。

心斎橋の北極星がオムライスを出したのが1925年頃からだというのですから、もうすぐで100年ほどになります。1925年とはどんな年だったかというと、Benito Mussoliniが独裁宣言をし、ドイツではNaziが台頭した年で、世界がきな臭くなっていった年でした。

1925年が少し暗い年であったことを考えると、これからやってくる2025年は、それとは違う年にしたいですね。人は歴史から学べるはずです。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

Food チョコのはなしちょこっと。

20210131kyotobo (247)
おはようございます。昨日はバレンタインのチョコレートが期日通りに届かなくて「残念」とか「裏切られた」とかというのがwebのnewsに載っていたのですが、それだけ期日にこだわりがあるのであれば、製品として買うならreal店舗で確実に入手するか、もしくは自分でほかのものを用意するともっと確実じゃないかな、と思いますね。
一方、今回トラブルになったメーカーもブランドに傷がつかないよう、名門としての対応をされることを祈りつつ。そして、気持ちの問題なんじゃないのかしら?とも思ったりも、、、。あくまで恋愛市場の外にいるおっさんの独り言ですから、何の役にも立たない戯言です。

さてバレンタインを過ぎてからの戯言ですが、チョコレートは甘いけど、その裏に隠れている原料であるカカオや砂糖のmonocultureの環境影響やら脆弱性を考えると決して「甘くない」問題が潜んでいますね。カカオの生産量世界1位となっているのコートジボワールIvory Coastでは熱帯雨林だったところがカカオ生産林となり自然の熱帯雨林が激減しているといったレポも見られています。

<カカオの生産量順位>
1位:コートジボワール:196万3,949トン
2位:ガーナ:94万7,632トン
3位:インドネシア:59万3,832トン
4位:ナイジェリア:33万2,927トン
5位:カメルーン:30万7,867トン
出典:Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO)
    - FAOSTAT - Production, Crops, Cocoa beans, 2018

チョコレートのイベントが過ぎましたので、一度ゆっくりとチョコレートとどう付き合っていけばいいか、ということを考える時間を少し持ってもいいんじゃないかな?と思います。ということで子供たちとカカオからチョコを作る、というのを近々やってみたいと思っています。写真は、京都府立植物園の温室にあるカカオ。

<2021年2月21日:追記>
aishinkakura さんがコメントを書いてくださっていますが、国産カカオ、今年から収穫が始まったみたいですね。
沖縄の北部で沖縄県産カカオ。沖縄ならできますよね。コーヒーもあるし。

OKINAWA CACAO
https://okinawacacao.com/

Category : Food and Drink
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

Saijiki 梅コレ2021#6 鈴鹿の関@大阪城梅林

20210208ume suzukanoseki (37)
こんにちは。今日の梅は鈴鹿の関(すずかのせき)です。花は小輪の一重咲き。花の中心が濃い紅色で花弁の先端にいくほど淡くなっていく底紅の美しい花梅です。可愛らしいわぁ。2月8日の様子ですので、今はもう満開でしょうね。また今週末に会いに行こうかな、と思っています。

名前の鈴鹿の関とは、律令時代701年(大宝元年)に設けられた畿内の関所の一つで、不破関(美濃国、岐阜県不破郡関ケ原町)、愛発関(越前国、福井県敦賀市内?)と合わせて三関(「さんげん」とも)と言われ、重要な3つの関所とされていたそうです。鈴鹿の関は、今の三重県亀山市、鈴鹿あたり。

三重県で梅の名所といえば、
<いなべ市農業公園>
東京ドーム8個分程の敷地に約1,000種4,000本以上の梅が一面に広がる東海地区最大級の梅園(らしい、行ったことない)。

<鈴鹿の森公園> 
2014年開園したばかりの梅園。呉服枝垂(くれはしだれ)を中心に、10年かけて日本全国から集められた約200本の枝垂れ梅が有名。ああ行きたいな。

<結城神社>
津市内。後醍醐天皇に従い、建武の中興に貢献した結城宗広を祀っている神社の梅。約300本の枝垂れが美しい。

の3か所。行きたいなぁ。来年かなぁ。

前回の梅コレ↓
Saijiki 梅コレ2021#5 緑萼@大阪城梅林
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-2055.html

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

大阪#69 千里中央の図書館の後、、、たこ焼き

20210129 (36)
おはようございます。週末は所用があり東京に帰っていました。1か月半ぶりの移動だったので少々疲れが出てしまい、blogにたどり着けませんでした。

朝の写真は、今日も元気が出るようにと食べ物です。先日、千里中央の図書館に行ったことを書きましたが、図書館からの帰りに地下街にあるたこ焼き屋(*楽路屋)に行きました。本当に久しぶりですね。昔は確か心斎橋の方にも店があったような気がしますがセルシーがなくなり店が移転して現在の場所で営業をされているようです。ひょうたん型のお皿は今でも健在なのですね。

昔の店舗は確かパチンコ屋の並びにありました。家族で行った記憶はほとんどありません。友人の家族に連れて行ってもらった記憶の方が鮮明です。というのも私はたこ焼きは「家で食べるもの」と思っていましたし、外で食べるたこ焼きより家で作るたこ焼きの方が美味しいという感覚です。生地の感じなのでしょうね。いまだに家の少ししっかりとした硬さのたこ焼きの方が好きです。たこ焼きの「トロふわ」が好きという方もいらっしゃるのはよくわかっているのですが。

大阪の実家には昔、たこ焼のコンロ(もちろんガス)が2台ありましたが、東京生まれ育ちの妻からすればびっくり。各家に「たこ焼き台」があるのは「大阪あるある」だと思うのですが、2台はねえ。

さて今日のお昼は何食べよ。

前回の大阪ネタ↓
大阪#67 千里中央の図書館
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-2051.html

20210129 (58)
そ、こんな本をパラパラと。ちゃんと読みたくなったので、最寄の図書館で予約入れて、現在待ち中。


Category : 近畿
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

Food 「八朔」と「甘夏」

20210131kyotobo (450)kawanatsudaidai
A

20210131kyotobo (442)hassaku
B

さて問題です。写真は八朔(はっさく)と甘夏の写真です。A、B それぞれどちらが八朔で、どちらが甘夏でしょうか。

今日のお昼はquizです。皆様、柑橘類はお好きですか?私は酸味の強いものはどちらかというと苦手ですけど、だからといって食べないわけではありません。自分であえて買ってまでは食べないといったところです。写真はいずれも先日の京都府立植物園にて。

八朔は、江戸時代の末期に現在の広島県尾道市(旧因島市)が発祥となった柑橘類で、八朔(陰暦の8月1日)の頃から食べられることかららしいのですが、旬は12月~2月に収穫されてひと月ほど保存熟成させてから出荷されますので3月頃までが旬です。独特の苦みがありますから好みが分かれる柑橘類ですね。

一方、甘夏はと言いますと、これは昭和に入ってからの柑橘類で1935年(昭和10年)に大分県津久見市で育成されたナツダイダイの変種です。カワノナツダイダイ(川野夏橙)と呼ばれています。

八朔は1982年22万6千トン、甘夏は1983年31万6千トンをピークに今はそれぞれ3万トン前後と大幅に収穫量は落としています。1971年から始まった牛肉・オレンジの自由化をめぐる日米交渉とともに輸入枠が増えていき、それに伴って生産量は落ちていきました。それに拍車をかけていたのは果汁(ジュース)の輸入で、柑橘類の農家の果実としての出荷量の調整弁として果汁があったのが、80年から85年の間に果汁の輸入量は跳ね上がり、その後も急増したことにより調整弁の役割を果たせなくなり農家への圧迫となりました。91年の自由化の頃にはちょうど柑橘類のポストハーベスト農薬問題もクローズアップされていましたね。

では。答えです。Aが甘夏、Bが八朔でした。

Category : Food and Drink
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

福岡#7 じゃりパン@鹿児島旅

20210212jari (3)
おはようございます。昨日のお休みは兵庫・岡本の方へ出かけていました。半日歩いて半日は本を読んでいた、というような休日を過ごしました。皆様はいかがお過ごしになられましたでしょうか。

今日の写真は、鹿児島旅で頂いたじゃりパンです。じゃりパンというのは、九州エリアでメジャーなフランソ*のパンで昔からあるパンらしいです。商品名の「じゃり」と書いてある通り、クリームの中に砂糖がじゃりじゃり入っていて独特の食感をもったパンです。クリーム自体がB級感が出ていてそこに砂糖がたっぷり。この感じはコーヒーに砂糖をどばーと入れた「昭和」の頃の感じにも似たところがありまして。
関西育ちの私には馴染みのないパン屋さんではありましたが、同時代のパンだなぁと勝手に思わせてくれるパンでした。

20210212jari (1)
コッペパンにクリームwith たっぷり砂糖です。そういえば、コッペパン専門店ってありますよね。

おはようございます、と冒頭に書きましたが夜中の1時20分。そろそろ寝なきゃなぁ。朝ごはんは明太子とごはんでいきましょう。

ここは九州エリアではCMもメジャー↓
https://www.francois.co.jp/cm-youtube/

前回の福岡ネタ↓
福岡#6 久しぶりの博多~博多ラーメン
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1672.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Food かつ丼、衣を楽しんでいます

29219210osaka (26)
おはようございます。昨日はふぐの日(2/9)でしたが、ふぐを食べられた方はどれくらいいるのでしょうかね。今日も大阪はやや雲があるものの晴れています。寒いだろうな。今日は久しぶりの在宅勤務で終日誘惑の中で仕事を致します。単身赴任者は在宅勤務をしても一人用の仮住まいに籠ることになりますので、デスク(私の場合はテーブル)に並行して読んでいる本が現在9冊、お菓子が2つお茶が2つ、等々が配置されておりこれらの誘惑からどうやって仕事に集中するかが問題です。

さて、今朝の写真は「カツ丼」。出来たてを写真におさめたため湯気が入ってしまいきれいには撮れていませんが、まぁ出来立ての熱々だったということが記録に残ればいいや、ぐらいに思っています。2月8日の夜ご飯に会社から(自宅から逆向きに)一駅歩いたところにあるとあるカツ丼専門店で頂きました。ここは私が今回頂いたタイプのカツ丼も味噌カツ丼もソースカツ丼も提供してくれるお店なのですが、今回は卵とじタイプのカツ丼です。

卵とじタイプのカツ丼もカツ煮状態のカツを煮て衣が柔らかくなったものと、かりっと揚がったカツの上から出汁と卵でとじるタイプとありますがここのお店のは後者の最後にカツの上から卵でとじるタイプです。私、カツ煮タイプの柔い衣のカツ丼も好きなのですが、カリッとタイプも好きです。

一昨日ですね、ここで夜飯を頂いていた時にお隣に座られた見ず知らずのお客様が、そのカリッとあがった衣を外しながら食べている様子をみて「え?」っと思ってしまいました。カリッと部分を残して最後にまとめて食べるのかな?どうするのかな?と思っていたら、そのまま残して帰られたのです。

まぁ人様の食べ方ですからそれは自由なのですがなぜにかつ丼屋(ここはカツ丼専門店)でカツの衣を外すのか?が気になってしまいました。衣と卵と豚肉から衣を分かつのはなぜ?が気になった夜でした。

前回のFoodネタ↓
Food 羊肉でこっそりお祝い
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-2036.html

Category : Food and Drink
Posted by TORU on  | 10 comments  0 trackback

奈良#25 信貴山に行きました

20210116nara (206)
おはようございます。昨日は大阪も寒さが戻り冷え込みました。終日事務所に居て外出はしていないので寒さを感じることはほとんどありませんでしたけどランチに出たときは随分と肌寒く感じました。

一昨日はNH*大河ドラマ「麒麟がくる」の最終回を見て、「本能寺の変」というタイトルだから、山崎合戦は描かないのかなぁと思っていましたが、、、。

↓そういえば去年は本能寺跡にも行ったのです。
京都#28 6月21日、本能寺の変
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1907.html

今回の大河ドラマでは吉田鋼太郎さん演じた松永久秀(1508-1577)が重要な役回りで出ておりました。この松永久秀の城が生駒山系の信貴山(433m)に築かれた山城・信貴山城です。先日、奈良法隆寺から大阪へ歩いた、という話をupしましたが、その際にこの県境の山を越えました。

Days 53,280歩 法隆寺~大阪 徒歩
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-2039.html

ちょうど大河ドラマで松永久秀が結果的に10年に及ぶ対石山本願寺戦のさなか、織田信長に反旗を翻し籠城戦の後、滅んだ回があった時に彼の野望を抱いた信貴山城跡に登ってきました。信貴山城は1577年(天正5年)この戦による落城の跡、城郭として使われた形跡はないらしく、1615年(慶長20年)の大坂夏の陣をもって豊臣方が滅び徳川時代の安定した世の中が始まったことで「戦国時代の山城」の価値は消滅したといえます。


20210116nara (142)
信貴山には、信貴山真言宗朝護孫子寺があります。聖徳太子が物部守屋との戦の途中、この山で戦勝の祈願したところ毘沙門天王が出現されたという話がある山で「信ずべし貴ぶべき山」として信貴山と名を付けました。守屋との戦に勝利した後、聖徳太子が伽藍を創建したといいます。そして平安時代、醍醐天皇(梅の道真と繋がりましたね)が病気の折、命蓮上人が毘沙門天王に病気平癒の祈願をしそれによって平癒したことから「朝護孫子寺」の勅号をもらったということです。


20210116nara (215)
「寅」がこの信貴山のマスコットになっています。最初の毘沙門天が現れたのが寅の刻だったとか。全山寅推しでございます。写真は寅まんじゅう。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

兵庫#15 六甲山を散策してきました

20210206osakarokko (100)
おはようございます。今日明日は冬の寒さが戻るとかいう天気予報ですね。しっかり防寒をして出勤したいと思います。

一昨日は会社の同僚M君とK君と一緒に六甲山を散策してきました。六甲山は大阪や神戸に住んでいる(いた)方なら一度は行ったことがあるのではないでしょうか。まだ暦上で春になったばかりで落葉樹は葉をつけておらず静かな山を登ってきました。


20210206osakarokko (3)
日頃、街中を歩きまわり3万歩でもまぁそんなにキツイとは思ったことはないのですが芦屋川からロックガーデンを通っての道でしたのでしっかりと登りがあり、iPh*neのデータでは296階分登った計算になります。はぁそりゃ足が疲れたわけだわ。


20210206osakarokko (117)
六甲山の山頂に立つ前、一軒茶屋でお昼ご飯を頂きました。かつ丼と瓶ビール。うん。この組み合わせが最高。かつ丼も奇をてらわず美味しい!体を動かした後ですからそりゃもう。ご馳走様でした。

そして、有馬温泉側に抜けて有馬温泉に入ってきました。一軒茶屋でお会いしたランを楽しんでいる皆さんも、有馬温泉側にに抜けたようで温泉でもご一緒でしたね。同じことやってますけど、ランの人達ってすごいですね。


↓前回の兵庫ネタ↓
兵庫#14’松に鶴それともコウノトリ?
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1975.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

Saijiki 梅コレ2021#5 緑萼@大阪城梅林

20210131osakaume (28)
こんにちは。このentryがupされる頃は六甲山の中で「へいこら」言っていることでしょう。若い人と一緒ですから体力あるでしょうからねえ。

さて写真は緑がかった色がきれいな花梅「緑萼」です。その名前の通り萼が緑色です。緑色の花梅はいくつもあるのですが、この緑萼は結構見かけるんじゃないかなぁ。大阪城梅林でも何本もこの品種が植えられています。

梅が緑の萼となるのは、植物に広く存在する色素anthocyaninアントシアニンが欠如していることによります。緑の萼を持つ品種とそうでないanthocyaninを持つ品種との交雑や緑の萼同士の交雑を行った農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所の論文(2012)によると、梅のanthocyanin生成能力の欠如も一遺伝子によって支配されていると推測されています。花梅では緑萼の花が多くありますが、実梅で知られているのは「玉梅」ぐらいで、anthocyaninが生成しないと果皮が着色しないために果実を加工する際はきれいな仕上がりとなるため、新しい緑の実梅を作りたい、ということのようですね。

久しぶりにベーシックな交雑育種の論文を読みました。

明日は、また梅に会いに行くかなぁ。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

京都#25 コロッケパン by BOULANGE Okuda

20210131kyotobo (50)
おはようございます。はぁー週末だぁ!今日は朝から六甲山を上る予定です。今朝の写真は先日京都府立植物園を散策した時に持参したパンです。今回持っていたのは北区平野宮西町のBOULANGE Okudaのパンです。こちらのパンもいろいろと会って目移りするんですけど、今回はコロッケパンを頂きました。

ちょっとソースが多めかなとも思いましたがコロッケパンはちょっと味が濃いぐらいがちょうどいいんですよね。中学生の頃、毎日のように食べていたなぁ。コロッケパンというと銀座「チョウシ屋」のコロッケパンが有名ですよね。

ご馳走様でした。もうすぐ出発!


↓前回の京都ネタ↓
京都#24 カリカリの八つ橋
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1999.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

大阪#68 青冥のチキンバスケット with 五目あんかけそば

20210129 (25)
おはようございます。今日は一日中ね、会議なのです。会議は、、、得意じゃありません。じっとしているのが苦手なんですよ。

今朝の写真は、阪急の茨木市駅から2分ほどのところにある青冥(ちんみん)で頂いたお昼ご飯です。チキンバスケットという名前でメニューに載っていまして、たっぷりの鶏唐揚げです。この唐揚げですが大葉の香りがしていて食べやすいんですね。さくさくと進みました。唐揚げについて書いていたら、ますむらひろしさんの「アタゴオル物語」の散髪屋・唐あげ丸のことが気になってきました。東京に帰ったら再読しようかな。

20210129 (26)
そしてセットメニューのミニ五目あんかけそば。これがまた美味しいんですよ。ご馳走様でした。今日のお昼は、、、あんかけ焼きそばが食べたくなりました。

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

大阪#67 千里中央の図書館

20210129 (33)
こんばんは。先日お邪魔した茨木・千堤寺(北摂キリシタン遺物発見の地)はバスでないとアクセスが困難だということを書きましたが、この茨木・千堤寺からなんと千里中央に向けてバスが走っています。

千里中央は私が育った場所で小中学校の頃にはよくこの駅前にある図書館に通っていました。昔の図書館は2階建てでした。あの頃、芥川龍之介も、ファーブル昆虫記も、中山鹿之助の伝記も、Antoni Gaudíの建築も、米朝落語も、三国志も、Karl Marxの資本論もぜーんぶ、ここで触れました。私にとってここの小さな町の図書館は世界の入り口だったように思います。

先日、茨木からの帰り道に千里中央の図書館に足を踏み入れました。図書館が2008年に新しくなってからはもちろん初めてですが、高校生の頃には中之島の図書館などに行っていたのでかれこれ30年以上ぶりです。

20210129 (34)
夕方の千里中央駅前を眺めつつ、Geordie Greigの「ルシアン・フロイドとの朝食」なんかに目を通していました。あれから30年以上が経ちましたが、私はずっと住んでいる場所や勤務している場所の近くで図書館にお世話になっていて、そこから世界に繋がっているんですね。

↓前回の大阪ネタ↓
大阪#66 北摂キリシタン遺物発見の地
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-2047.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

Saijiki 梅コレ2021#4 古今集@大阪城梅林

20210131osakaume (32)
こんにちは。梅コレ2021年のその4です。その名を古今集。先日1月30日に大阪城梅林に訪れた際に数輪の花を咲かせていました。(今シーズンはあと何回行くんだろう)

折りつれば袖こそにほへ梅の花 有りとやここにうぐひすのなく   
 よみ人しらず 古今和歌集

歌意:梅の花を折り取ったので袖がこんなに香っている。
   梅の花が咲いていると思ってここにうぐいすが鳴いている。

古今和歌集には梅の歌が春歌上に十七首、冬歌にも四首入っています。そしてこの春の十七首のうち十三首が梅の香を詠んでいます。

梅コレ#3で菅原道真に触れましたが、古今和歌集は菅原道真が失脚するきっかけとなった醍醐天皇の勅命によって編纂された歌集で、延喜5年(905年)に奏上されたとされています。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

宮崎#6 イケダパンのミートスパゲッティRoll@鹿児島市内

20210204.jpg
おはようございます。私はこの頃、朝ごはんは白飯の日が比較的多いのですが皆様はいかがでしょうか。

今朝はちょっと変わってるなと思ったパンです。鹿児島旅の2日目の朝食で頂きました。地元スーパーのタイヨ*で購入。ミートスパをパンにはさむというのは、焼きそばパンと同じコンセプトなのですがミートソースが入っている分だけ「ソースが服についてしまう危険度」が高い、難易度「中」のパンだと思います。お味の方は、ミートスパを挟んだパンです。それ以上でも以下でもない。

このパンの製造元はイケダパン。鹿児島県姶良市に本店を置くパンメーカーですが、このパンは宮崎の工場で製造されたものでしたので宮崎ネタにしておきます。鹿児島・宮崎・大分の南九州エリアに納めれていまして、3000店以上で販売されているそうです。

202192942.jpg
ソースが飛んじゃうと、、、ワイシャツの時にはちょっとドキドキしちゃいそうです。
美味しく頂きましたよ。ご馳走様でした。

さて今日は朝からお客様に直行です。


↓前回の宮崎ネタはコレ↓
宮崎#5 冷や汁美味いんだよね。
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1991.html
 

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

Saijiki ソシンロウバウが満開@京都府立植物園

20210131kyotobo (469)
おはようございます。予約投稿にしていたのですが、ちょっと公開が早かったな。(2021/2/4朝修正)

写真はソシンロウバイ(素心蝋梅)の花です。蝋梅は本当に香りが豊かで離れた場所からでも、あ、どこかで蝋梅が咲いているな、と思えるほど強い香りがします。梅の名前がついていますが、バラ目バラ科ではなくクスノキ目ロウバイ科ロウバイ属であり違う仲間ですね。蝋梅の名前は、ロウ細工のような黄色い花を咲かせることからきています。「梅、水仙、椿、蝋梅」は雪中四花として貴ばれていていますね。花の少ない季節に目を楽しませてくれる花ですものね。

20210131kyotobo (466)
枝ぶりも素晴らしく満開でした。(2021年1月31日)

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

沖縄#42 まずサーターアンダギーを食べるよね

20201107okinawa (385)
こんばんは。先日は鹿児島の琉球館跡のentryを書きましたけど、11月の沖縄旅でまだ書いていないことを書きます。沖縄に行ったらまぁまず食べる、食べたくなるものの一つにこのサーターアンダギーがあります。私がこれに出会ったのは高校生の時、いとこに沖縄に連れてきてもらった時に始めた食べました。美味しかったなぁ。今思えばまだ沖縄が返還されて15年しか経っていなかった時期です。確かに米軍基地の近くは物々しい感じがしていましたものねえ。(私の年齢が凡そわかりましたね。)

サーターアンダーギーは、砂糖の天ぷら。サーター=砂糖、アンダ=油、ギー=揚げる、ですものね。この時に頂いたのはちょうど紅芋の季節到来!といった時期でしたので紅芋が入ったものでした。サーターアンダギーは中国から琉球に伝わったといわれています。開口笑が元になっているそうですね。まぁそっくりですものね。

サーターアンダギーで味のベースになる砂糖ですが、琉球で砂糖を製造し始めたのは江戸時代初期です。1623年に琉球第二尚氏王統の頃の士族、儀間真常(1557-1644)が中国に人を派遣し、砂糖の製法を学ばせています。この儀間真常は、木綿やサツマイモの普及を図るなどして琉球の産業振興を進めた偉人です。

そして、これが先日の記事の「琉球館」を通して薩摩藩に膨大な利益をもたらしていました。(搾取=物凄い犠牲を払ってですけど)搾取されていますから砂糖が市井の民の口に入ることはなかったでしょう。それらの砂糖は大阪の薬種問屋(後に砂糖問屋)を通して、そこから江戸や各地に出ていきました。今は甘い御菓子であるサーターアンダギーですが、当時はごく限られた人の口にしか入らない、甘くないお菓子でした。


前回の沖縄記事↓
沖縄#41 知念岬の朝
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-2012.html

Category : 九州沖縄
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

大阪#66 北摂キリシタン遺物発見の地

20210129 (29)
おはようございます。今日は立春ですね。もう春なんですよね。ここ大阪では梅の花が咲き始め、いい香りをさせ始めていますので春はそこまでやってきているという感じは確かにします。

今朝の写真は1月17日にお邪魔した場所なのですが、大阪府茨木市の山間部・千提寺地区にある茨木市立キリシタン遺物史料館です。前々から行ってみたかった場所なのですが何分バスを乗り継いだ後、山道を歩かなければいけない(自動車がないとつらい)場所にあります。茨木でキリシタン?隠れキリシタンというと長崎のイメージですが実際は岩手県や福島県、長野県から島根県などの西日本各地など、実は広く隠れキリシタンや潜伏キリシタンにまつわる場所があります。そして茨木市の山間部にもキリシタンにまつわる地があります。


20210129 (30)
このキリシタン遺物資料館前のお宅からあの教科書でよく見かける「聖フランシスコ・ザビエル像」が見つかりました。屋根の梁裏の見えない木箱に隠されていました。1919年のことです。「開けずの櫃」と呼ばれる箱に他のキリシタンの信仰に関係する品々とともに秘蔵されていました。

なぜに?と言われれば歴史好きの方であれば答えるのは簡単。この付近はかつてキリシタン大名として有名な高槻城主・高山右近の領地でした。領主の影響もありこの地には短い期間にキリスト教信仰が根付いたということです。

高山右近は豊臣秀吉のバテレン追放令でも信仰を捨てず前田利家に保護されましたが、1614年に江戸幕府の禁教令で国外追放となり翌年2月3日にマニラで亡くなっています。時代は下り没後400年を迎えた2015年、日本のカトリック中央協議会は「地位を捨てて信仰を貫いた殉教者」として、高山右近を福者に認定するようローマ教皇庁に申請し翌年列福されました。

今日2月3日はユスト高山右近の記念日です。

前回の大阪ネタ↓
大阪#65 福仙楼のカレー焼きそば@北浜
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-2027.html

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Saijiki 梅コレ2021#3 色玉垣@京都府立植物園

20210131kyotobo (619)
こんばんは。いやこれがupされる頃には12時を越えて「おはようございます。」になっているでしょうね。
緊急事態宣言の延長が発表され、想像されたこととは言え、東京の自宅に帰れないことや、仕事をやっているうちに8時を過ぎて食事を外でとることもできず、コンビニ弁当が続いたりしてちょっとすり減りますね。まぁ私の場合は、やる気さえ残っていれば料理を作りますのでそのあたりはまだ「まし」だとは思いますが、「料理もままならない単身赴任のおっさん」達は、ほんとどうしているのでしょうかね。

さて、今日の写真はですね、梅コレです。今日の梅は「色玉垣」。別名、飛梅。

東風吹かばにほひをこせよ梅の花 主なしとて春を忘るな  拾遺和歌集

皆さんよく知っている歌ですよね。ご存じ菅原道真が延喜元年(901)に権力の中心にいたところから失脚し、大宰府に赴任する前に詠んだ歌ですね。まぁ権門たる藤原氏・北家と藤原氏とは血縁関係がない宇多天皇との間でのパワーゲームの中で、菅原道真は学者出身なのに異常なスピード出世していました。宇多天皇は31歳の若さで寛平9年(897)に敦仁親王(13歳)に譲位。

宇多上皇と道真は二人で醍醐天皇を導きつつ藤原氏の排除・天皇親政を目指していた、が結局、菅原道真も藤原氏同様に娘を天皇の子供や皇族に嫁がせており権力の中心たろうとしていたところを藤原時平に足元をすくわれた、といったのが、この大宰府行きの大まかな流れです。

この有名な歌を詠んだ後ですが、菅原道真は摂津から淀川を下り、瀬戸内に出て明石、明石から周防・国府(防府)、そこから豊前国(大分県)に入り関門海峡を経て博多、大宰府に赴いています。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Saijiki 節分ですね。

20210131kyotobo (631)
おはようございます。週明けの月曜日は気分上々、とはいきませんでしたが今週もがんばらなきゃねえ。

一昨日は京都府立植物園に行って冬の木立を楽しんできたのですけども、冬の林床に目をやるとこの時期だからこその姿が確認できます。写真は節分草セツブンソウ(Eranthis pinnatifida)。キンポウゲ科セツブンソウ属の多年草です。冬の間に葉を落とした木々の間、林床に光が入るこの時期に葉を広げ養分をため込み、花を咲かせます。そして林床に光が入らなくなるころ休眠に入っていきます。


2018年の春は小鹿野に行きました↓
Saijiki 節分草に会いに行ってきました
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1349.html


20210131kyotobo (735)
節分が間近だったので、一昨日のセツブンソウを見に行った後に節分蕎麦の気分で頂きました。節分蕎麦というのは節分の日に食べる蕎麦。江戸時代はもちろん太陽暦ではないので旧暦(太陰太陽暦)で年越しの日となる節分の日に蕎麦がよく食べられていました。そう、つまり年越し蕎麦ですね。商家で晦日に食べた三十日蕎麦が由来とする説や厄落としに食べられたとする説などいくつか説があるようですが、節目に食べた蕎麦だったんですね。当時は「年取り蕎麦」「節分蕎麦」と呼ばれていました。今でも節分蕎麦を食べる風習のある地域もありますね。まぁ農家には旧暦の方が都合がいいですからね。


20210105shogatsu (30)
年末にね、頂いた年越し蕎麦はこんなのでした。器をね、ちょっと変わった風で入れてみたんですよね。

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

Days えーーーー?って思うこと。

20210131osakaume (232)
こんばんは。今日は珍しく荷物の再配達をお願いしているので6時に帰宅しています。今日はMyanmarのCoup d'étatのnewsを見て「やっぱりなぁ」と残念な感想を持ちつつかの国が早く民のもとで民意を反映した国になれば、と思わざるをえません。他国をみて自国を見返した時、緊急事態宣言下で与党議員が深夜まで銀座のクラブを訪れていたなんてnewsが流れてたりすると、なんだかなぁ、と思ってしまいますね。

さて、そんなnewsを伝えるwebsiteを先ほど読んでいると「…今回の問題が発覚する単著となったのは、…」とな。ん?「単著?」なんじゃ?と数秒気になってから、あぁ「端緒」かぁ。そう「たんしょ」というのが正しい用法なんですけど「たんちょ」と読んじゃう人が多かったのか慣用として「たんちょ」と読んだりもするらしい。そうなんだね。もちろん変換でも「たんしょ」と打てば「端緒」が出てきます、が「たんちょ」でも端緒が2番目ぐらいに出てきたりするんですね。

あぁ、これ新聞記者(大手S新聞ですよ、、、)が書いているんですよねえ。残念だな。web時代のnews発信では誤字脱字が頻繁に発生しています。新聞といえば言葉が丁寧に書かれていて入試問題の文章になったりもしたのですが、今の新聞を読むと大丈夫かな?ちゃんとチェック入ってないでしょ?これ。という文章によく出会います。文章を売っているんだからもう少し丁寧にしてほしいなぁ。

飲食店でクリームソースの生パスタが出てこなければならないのに生クリームのパスタが出てきたらどうしますか?商売にならないような気がするんですよね。

今日の写真は、先日(1月30日)西区のとある歴史ある(古い)アーケード商店街の目抜き通りで見かけたもの。緊急車両が入ってこれなくなるので駐輪禁止とでかでかと地面に書いてあるのに、その駐輪禁止と書いてある上に堂々と駐輪する人がいるってこと。えーーーーー?ですよ。ほんと。火事でもあろうものならこの自転車たちによって消防車は奥まで入ってこれないんですよ。死人が出ますよ。

ほんと、これなんなん?と思う今日この頃。



Category : Days
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

そら#19 2月の星空

202102sky-m.jpg
こんにちは。2月1日ですね。1月は緊急事態宣言の再発出で生活がまたガラッと変わってしまった中で過ぎていきました。なかなか夜の星空を見る余裕もなかったような気がします。

2月の星空は冬の星座がにぎやかで少し暗い場所に行けば結構見ることができますね。冬の大三角なんてきれいですね。夜が更けるにしたがって春の星座が東の空から登ってきてこれも楽しいです。

202102topics02-m.jpg

13日頃に細い月を楽しんだ後、18日頃に月と火星が接近しますので、華やかさが増しますね。いつも国立天文台で公開OKな資料を頂いていてありがたいですね。

私、高校生の頃に「地学」にどっぷりはまっておりまして、よく能勢の奥の方、宿野あたりまで星を見に行っていました。(わかる人にはわかると思いますが、人家が少なく街灯が少ない環境です)星が見やすい大阪市内の学校だったものでなかなか星空を見上げるには厳しい環境でしたので。


上記画像の著作権に関して:
Credit: National Astronomical Observatory of Japan
*国立天文台の著作物利用ガイドラインによる表示。

Category : Nature自然
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。