烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by TORU on  | 

China#14 上海・豫園に行ってきました

20151229 (138)
昨年は多くの出張を致しましたが、12月ももちろん出張盛りだくさんでした。その一つです。12月の中国出張は日曜入りで上海浦東空港に着いた時には雨模様でした。休みの日の上海は初めてかもしれません。まずはオフィス近くのホテルにチェックインを済ませて地下鉄10号線の駅まで徒歩で向かいました。

地下鉄で向かったのは豫園という駅。駅の名前通り「豫園」とその周りの商業施設に近い駅ですが、ここの標識は随分といい加減でなかなか豫園の入り口にたどり着きにくいのです。豫園の中も随分と迷路じみていますが、それまでも迷路です(苦笑)。

20151229 (175)
豫園はじめ1559年から1577年に造営された400年以上の歴史を持つ庭園で、園内は変わった形の奇石や楼閣、池や回廊と中は迷路のように入り組んでいます。中国庭園の美意識を詰め込んだ園の造りになっているのはよくわかるのですが、私まだまだ奇石を配する園の不安定感を美と感じることはできないようです。写真の堂などは時代が下ってから建てられたもののようで、このあたりは見ていても安心できますが。

20151229 (169)
持ち主はこの建物から奇石をみてどんな読書をしたのかなぁ。窓から見える太湖石の奇妙な形をどのようにみていたのでしょう。蓬莱の事をかんがえていたのでしょうかね。それとも、石に自らを映していたのだろうか。

スポンサーサイト

Category : Asiaアジア
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://euyudo.blog29.fc2.com/tb.php/1071-c0500be0
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。