烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

大阪#21 円珠庵@真田山

20151229 (666)
大阪真田山のお寺にある父の墓参りに年末に行った際に立ち寄った別のお寺です。現在は真言宗豊山派長谷寺(奈良県桜井市)の末寺です。悪縁を断つ鎌八幡として信仰されていて境内には鎌がたくさんありました。

鎌八幡っていうのは、真田信繁(幸村)が大坂冬の陣の時に、陣所内にて以前より信仰を集めていた榎の霊木に「鎌八幡大菩薩」と称して鎌を打ち込み、必勝を祈願し戦勝した。それにちなみ「鎌八幡」と呼ばれるようになり、祈願する人は鎌を打ち込むようになったそうです。鎌だけに切れる、そこから悪縁を断つという信仰となり現在の「縁切り」につながっています。流石に中は撮影禁止です(プライバシーの問題なんでしょうね。)今年はNHKの大河ドラマが真田幸村だけにこのあたりを訪れる方も多いのではないでしょうか。ポスターが貼ってありました。

20151229 (670)
時代が下って元禄3年(1690年)に国学者の契沖がこの場所に円珠庵を移したそうで、私はこちらの方が興味がありました。契沖は兵庫尼崎の生まれの僧で「万葉代匠記」を著し水戸光圀に献上した人物で、かなづいの研究書である「和字正濫鈔」を著しました。これが文語文に生きています。

追記;戦勝祈願と鎌紋
aishinkakuraさんからのコメントにあった、小早川の紋というのは、秀秋が使った鎌紋の一つ「違い鎌」ですね。家紋は三つ巴紋、替え紋で五七桐紋とおもだか紋だったようですね。そこに戦勝を祈願して旗印として違い鎌紋を使ったようですね。彼の陣羽織にも鎌紋が入っています。

猩々緋羅紗地違い鎌模様陣羽織(東京国立博物館所蔵)
http://www.tnm.jp/modules/r_collection/index.php?controller=dtl&colid=I393

スポンサーサイト

Category : 近畿
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

aishinkakura says...""
TORU様
おはよう御座います。

この交差した鎌は小早川家の家紋にも使われていたような気がします。
関係があるのでしょうか。

愛新覚羅
2016.01.12 08:26 | URL | #- [edit]
TORU says..."Re: 鎌"
aishinkakuraさん
こんばんは。コメントありがとうございます。小早川の紋というのは、秀秋が使った鎌紋の一つ「違い鎌」ですね。家紋は三つ巴紋、替え紋で五七桐紋とおもだか紋だったようですね。そこに戦勝を祈願して旗印として違い鎌紋を使っています。彼の陣羽織にも鎌紋が入っています。

> TORU様
> おはよう御座います。
>
> この交差した鎌は小早川家の家紋にも使われていたような気がします。
> 関係があるのでしょうか。
>
> 愛新覚羅
2016.01.13 00:35 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://euyudo.blog29.fc2.com/tb.php/1082-65154502
該当の記事は見つかりませんでした。