烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

長野#27 尖石遺跡

20170506GW (388)
長野シリーズの続き。尖石にやってきました。この場所から見る八ヶ岳も美しいですね。遺跡の縄文期にはどんな風景を見ていたのでしょうかね。まだまだ森が深くて遠くの峰々はあまり見えなかったかなぁ。見る場所は限られていたかもしれませんね。

20170506GW (389)
帰国したときに妹から譲り受けて4年強。(妹家族から数えると優に10年越え、、、今度何年だったのか聞いてみよう。)このビートルさんとはいろいろと思い出がありますが、子供もすこしずつ大きくなり今回の車検は通さないことに決めていました。この旅ともう一度行った長野の2回の信州旅の後、我が家では引退となりました。想い出の為にも信州を走りたかったんだよね。ありがとうね。

20170506GW (427)
尖石といえば、平成12年(2000年)に出土し最近平成26年(2014年)国宝となった土偶「仮面の女神」が茅野市尖石縄文考古館に現物が展示されています。不思議な形をしており、興味深いですね。この地域の膨大な数の出土品に圧倒されます。

20170506GW (430)
東日本での出土が多い石棒。男根形 いわゆるphallus そのままですね。こういう出土品もたくさんあるようです。

スポンサーサイト

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

ta-ra says...""
わあ、いいなあ。実は縄文ファンです^^

温暖化で海面が上昇した時期に、
このあたりで縄文文化が栄えていたのでしょうね。
縄文土器は、見ているだけでパワーをもらえるような気がします。
尖石遺跡は25年も前に訪ねたところですが、
そのときのこと、まだはっきりと覚えています。

ビートルさん、お疲れさまでした。
2017.06.08 23:08 | URL | #- [edit]
TORU says..."ta-ra san"
ta-ra san
縄文ファンでらっしゃるんですねー。尖石はなかなか出土が多くて面白いですね。
土器は結構すきです。

> わあ、いいなあ。実は縄文ファンです^^
>
> 温暖化で海面が上昇した時期に、
> このあたりで縄文文化が栄えていたのでしょうね。
> 縄文土器は、見ているだけでパワーをもらえるような気がします。
> 尖石遺跡は25年も前に訪ねたところですが、
> そのときのこと、まだはっきりと覚えています。
>
> ビートルさん、お疲れさまでした。
2017.06.10 17:32 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://euyudo.blog29.fc2.com/tb.php/1220-741459b1
該当の記事は見つかりませんでした。