FC2ブログ

烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

東京♯54 巣鴨・高岩寺にお参り

180104 (642)
巣鴨には妻の親戚がいるのでよく出かけるようになりました。ここにはとげぬき地蔵尊として有名になった曹洞宗の高岩寺があります。正月の挨拶で巣鴨を訪れたのですから、まぁ、高岩寺にもお参りしてくるか、となります。このお寺は、慶長元年(1596年)に湯島に開かれ後に下谷屏風坂、現在の上野公園あたりに移り、そこからさらに、巣鴨には御一新の後、明治時代に入ってから移ってきました。明治24年(1891年)のことです。

お寺が移ってきたころの巣鴨の様子はどんなだったのでしょう。野上弥生子(1885-1985)の「森」では、明治33年(1900)4月、主人公・菊池加根が十五歳に一ヵ月足らずで日本女学院に入学した日が描かれています。まだ巣鴨には鉄道は通っておらず、麦畑野菜畑が続く中の細い道を歩いて、巣鴨庚申塚に向かって歩き日本女学院に向かいます。作中の日本女学院は、明治女学校のこと、また主人公は若き日の野上弥生子本人です。大分・臼杵で生まれ育った野上弥生子にとってもずいぶんと想像していたものと違ったものになったでしょうね。  

180104 (649)
高岩寺の脇、植え込みには藁ぼっちがありました。寒さを遠ざけこの冬を乗り越えてほしいですね。

スポンサーサイト



Category : 関東
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

kaz says...""
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
巣鴨、そちらに住んでいた頃おばあちゃんの原宿に連れ立って行きました。
散り具合いからみるとカキツバタでしょうか、鮮やかですね。
NHKの朝のお天気おねえさんがいつも寒い、寒いと言っていますが
なんの、花が咲くほど暖かいんですよね、羨ましいです。
2018.01.04 21:06 | URL | #yKdCY6Bs [edit]
TORU says..."Re: タイトルなし"
あけましておめでとうございます。お正月はいかがでしたか?東京は寒いといっても、まぁ、氷点下にはなかなかなりませんから、ずいぶんと暖かいんでしょうね。

> 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
> 巣鴨、そちらに住んでいた頃おばあちゃんの原宿に連れ立って行きました。
> 散り具合いからみるとカキツバタでしょうか、鮮やかですね。
> NHKの朝のお天気おねえさんがいつも寒い、寒いと言っていますが
> なんの、花が咲くほど暖かいんですよね、羨ましいです。
2018.01.08 15:42 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://euyudo.blog29.fc2.com/tb.php/1312-5c763e22
該当の記事は見つかりませんでした。