FC2ブログ

烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

Saijiki 小正月にとんど焼きは?

20180115 (12)
小正月、歳神や祖霊神を迎えた正月のしめ飾りを今度は、左義長・とんど焼きで燃やし見送りましたか? 私のところは近くの神社でお焚き上げをやっているところがあるのでそちらに行くのですが、東京都心ではとんど焼き・お焚き上げをやっているところが少ないようです。確かにとんどを見る機会がほとんどないなぁ、東京の人はどうしてるのかな、、、。(おおきなところでは、鳥越神社、花園神社は毎年やっているようですが。)

これで正月事じまい、また忙しい一年を過ごすのかな。

写真は年末年始に読ませていただいた、森須磨子さんの「しめかざり」。全国のしめ飾りの写真図版を挙げながら、そこに込められたであろう人の気持ちを想像しながら書かれた良書です。宝珠(広島・宮城・長野)、打出の小槌(長野)、松竹梅 (京都)に、海老(鳥取・京都・新潟・千葉)やら。第2章の「しめかざり探訪」は人・土地の願いを綴っていらっしゃるので、短い文章ですが図版以上に伝わってきます。2017年11月に出たばかりの本ですがおすすめです。工作舎。

180104 (457) 180104 (458)
近所、新井薬師さんの門松・しめ飾りは、梅照院の名からか、梅を模っていました。

20180115 (96)
毎年恒例、第一週に行った長野県・野沢温泉(十王堂)のしめ飾り。船形かな。

スポンサーサイト



Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

植本多寿美 says...""

今年、お隣が手造り門松を飾っていました
「しめかざり」素敵な本ですね
是非、読んでみようと思います。
2018.01.18 02:01 | URL | #JyN/eAqk [edit]
TORU says..."Re: タイトルなし"
植本多寿美 様
なかなかいい本でした。しめ飾りっていろいろあるんですね。

> 今年、お隣が手造り門松を飾っていました
> 「しめかざり」素敵な本ですね
> 是非、読んでみようと思います。
2018.01.19 03:46 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://euyudo.blog29.fc2.com/tb.php/1324-0c96d5d9
該当の記事は見つかりませんでした。