烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

Saijiki ジャカランダの花

20180601 (174)
5月13日に娘の語学補習校の後、別行動をしていた妻と息子と待ち合わせに新宿駅に向かいました。新宿駅のバスタの手前に宮崎県のアンテナショップに立ち寄りました。入り口にジャカランダの鉢植えがあり、ちょうど紫色の花を咲かせていました。日南市南郷町にはジャカランダ群生林があるからその宣伝ですね。毎年見ごろは5月ごろで「ジャカランダまつり」が開かれています。

Jacarandaジャカランダは、南米原産のノウゼンカズラ科の花木で、結構大きな樹で15mほどになります。画像検索なんかをしてみて頂ければ、きっとその並木の美しさに心が奪われてしまうでしょう。日本で主に植えられているのは、J. mimosifoliaジャカランダ・ミシモフォリアという品種だそうです。いつかジャカランダの並木を見に行きたいと思っていて、わたくしの生涯to do listの一項目です。

僕はこの花の名前を、レーズン(元グレープ:さだまさしさんと吉田政美さんがグレープ解散15周年の1991年に結成されたユニット)の「あの頃について」で知りました。私は乾燥地・熱帯農学を学ぶべく農学部に進学し、大学でもサークルでもNGO活動でも熱心に熱帯を追いかけていたころです。そのアルバムに収録されている「ジャカランダの丘」という曲に魅了されました。この歌にある恋は初恋だろうと勝手に思っています。

ジャカランダの花の咲く頃に届いた手紙は、何も変えなかったのでしょうか。何も変わらなかったのでしょうか。

スポンサーサイト

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

el_desvios says...""
ジャカランダと聞くとDalbergia、ブラジリアン・ローズウッドの方を思い浮かべてしまいます。
J. mimosifoliaも南米原産なんですね。そこが混同の原因なのかな。
2018.06.02 09:36 | URL | #- [edit]
TORU says..."Re: タイトルなし"
el_desvios 様
そうですよねー。ブラジリアン・ローズウッドもジャカランダというそうですね。

> ジャカランダと聞くとDalbergia、ブラジリアン・ローズウッドの方を思い浮かべてしまいます。
> J. mimosifoliaも南米原産なんですね。そこが混同の原因なのかな。
2018.06.03 00:07 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://euyudo.blog29.fc2.com/tb.php/1454-84a076cb
該当の記事は見つかりませんでした。