FC2ブログ

烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

Days Alexey Arkhipovich Leonovのこと

おはようございます。今日は一日台風19号におびえながら過ごす一日になりそうです。大阪も雨が降っています。
昨日2019年10月12日、旧ソ連の宇宙飛行士だったAlexey Arkhipovich Leonov(アレクセイ・アルヒポヴィチ・レオーノフ)氏が亡くなったというnewsが流れていました。氏は1965年に人類で初めて宇宙遊泳=船外活動(EVA)を行った宇宙飛行士です。

当時米ソは宇宙開発でしのぎを削っていました。1962年のCuban Missile Crisisキューバ危機が何とか回避されて間もなく、ソビエトの第4代最高指導者Nikita Sergeyevich Khrushchev(ニキータ・セルゲーエヴィチ・フルシチョフ)の命令で1964年に史上初の3人乗り宇宙船Voskhod 1(ウォスホート1号)が打ち上げられました。このミッションが宇宙にいる間にKhrushchevは失脚をしています。そのためLeonovがVoskhod 2で宇宙空間に飛び出した時の権力者はLeonid Il'ich Brezhnev(レオニード・イリイチ・ブレジネフ)になっていました。Voskhod 2のミッションでは船外活動をするために初めて「エアロック」の仕組みが組み込まれました。熾烈な競争の中で技術が進歩していきました。

昨晩はAlexey Leonovを偲んで、映画 2010:The Year We Make Contact(邦題は2010年)を見ました。この映画が作成されたのは1984年。まだソビエト連邦が存在しました(ソビエト崩壊は1991年)。映画はキューバ危機を彷彿とさせる政治環境下での物語であり、ソ連側の宇宙船の名前がAlexey Leonov号となっています。原作小説の著者であるArthur Charles Clarkeは、小説を書くにあたりLeonovに会って名前を使う了承をえたそうです。2001年と合わせて読むか、見るか、、、いい作品だと私は思います。

Alexey Arkhipovich Leonovさんの冥福をお祈りいたします。

スポンサーサイト



Category : Days
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://euyudo.blog29.fc2.com/tb.php/1726-37bc1b8f
該当の記事は見つかりませんでした。