FC2ブログ

烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

福井#1 せいこちゃーん! @福井

20191214 (42)
こんばんは。今日は土曜日で午前中は子どものイベントがありました。夜は別件で清澄白河のお宅にお出かけです。12月になると忘年会的な集まりが増えますね。詰めこんだ日程にし過ぎないことを目指そう、って省みたところだったんですけどすでに埋まっている予定は、仕方ありません。穴をあけないよう年末まで走り抜けましょう。

お寺の写真が続いたので、夜だし食べ物のentryでしめたいと思います。

今年になって北陸方面への出張が増えていますので必然的に北陸entryが増えているのかな思っていましたが、福井についてはこのblogにしてからは書いておらず今回が福井#1となりました。

さて福井で12月といえば「せいこちゃーん!」そう「せいこガニ」です。せいこちゃーん、と言っても野菊の墓の松田聖子さんではございません。でもせいこガニを見るとどうしてもアイドル・松田聖子さんの呼び方をリスペクトしてせいこちゃーんと呼びたくなるのは、たぶん昭和世代だからです。きっと忘年会で「赤いスイトピー」を歌うことでしょう。

今週の福井では福井大出身のY君も一緒でしたので「やっぱりせいこガニだよね。」という意見でまとまり、次点の「ヨーロッパ軒」案は次回以降に回されることになりました。駅前のビルに入る定食屋でせいこガニ丼(小)を頂きました。(大)にすると値段も大、財布へのdeep impactとなりますので、、、。

せいこガニというは、ズワイガニのメスのことで福井エリアでの呼び方。それぞれの地域で呼び方が違いますよね。私の第二の故郷・鳥取では「親がに」って呼んでましたね。そんなせいこガニは特別な保存方法でもない限り、ズワイガニ漁の解禁時期しか食べられません。つまり今。林修先生の「いつやるか? 今でしょ!」が流行ったのは今は昔(?)、2013年の事でしたが、せいこガニを食べる時期は、毎年この時期「今」です。

オスのズワイガニに比べて小さくて身も少ないのですが比較的まだ「安い」(あくまでオスのズワイガニに比べてですが、、、)ということで地元の方も食される冬の味覚です。メスなので卵がはいっているのですが、内子と外子があってカニの殻の中にある内子が特に濃厚な味がして美味しいんです。外子は産卵直前の成熟した卵でプチプチの触感が好きという方もいらっしゃるでしょうね。内子は殻を外さないとどれぐらい詰まっているかわからないのですが、一つの目安として外子が黒っぽいほうが、成熟していると言われますので、外子をみていい蟹を探しましょ。

冬に福井に行かれることがありましたら、ぜひ「せいこちゅわーん!」と心の中で声を上げて、セイコガニを食べてください。


前のblogで書いた福井ネタ↓
http://uyudo.blog16.fc2.com/blog-entry-669.html

スポンサーサイト



Category : 中部
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://euyudo.blog29.fc2.com/tb.php/1746-a32bdfb7
該当の記事は見つかりませんでした。