FC2ブログ

烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

大阪#53 Sacra Famiglia - Kitano Church

20191226 (338)
こんにちは。私も昨日2019年の仕事納めをして最終便で大阪から東京に戻ってきました。とても忙しい1年でいろんなことがあった1年でした。皆様もそれぞれ一年を振り返るといろんなことがあったのではないでしょうか。

今年のChristmasは私は家族と離れ離れでしたので夕刻、会社の同僚と軽く食事をとってから最寄りの教会に出かけました。家族3人は東京でいつもの表参道の教会に出かけていたようですが、私は大阪梅田のSacra Famiglia Catholic Churchにお邪魔しました。

20191226 (330)
夜20時からのmassはInternational massだったのでいろんな国出身であろう方々が集まっていらっしゃる中、お邪魔させて頂きました。隣に座る同じ国ではない人と同じく祈りの時間を持ち、同じく祝う心を持つことは、心に光を持つことだと思います。
この小さな灯が心の中でEternal flame永遠の炎としてともることは希望です。

日々の生活の中で、様々な不安や不理解、不寛容、拒否といったものが世の中にはありますが、よく自省し隣人に素直に付き合うことができれば、それはどれだけの光となるのでしょう。

くる年が少しでも心豊かに過ごせる年となることを祈りつつ。

20191226 (341)
massは1時間半にわたって行われました。そのあと帰り際に頂きました。美味しく頂きました。

前回の大阪ネタは、、、夏だった↓
大阪#52 長居公園で暑い夏を楽しむ
http://euyudo.blog29.fc2.com/blog-entry-1701.html

スポンサーサイト



Category : 近畿
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

kaz says...""
TORUさんはクリスチャンなのですね。
我が家の母方は祖母以下クリスチャンでしたので
子供の頃クリスマスなどにはよく教会へ一緒に行きましたが
結局私は洗礼を受けませんでした。
でもミサの雰囲気は好きです。
2019.12.28 14:41 | URL | #- [edit]
TORU says..."kaz 様"
kaz 様
私はキリスト者ではないのですがキリスト教の祈りは理解できます。それゆえChristmasの時は、自分を見つめなおし自省し、隣人のことを考えるために教会に行っています。それを受け入れる寛容さもキリスト教の本来的な姿だと思います。

聖体拝領など際など本来の信者である方の邪魔をしない限りは、私のようなものにも教会は開かれています。

> TORUさんはクリスチャンなのですね。
> 我が家の母方は祖母以下クリスチャンでしたので
> 子供の頃クリスマスなどにはよく教会へ一緒に行きましたが
> 結局私は洗礼を受けませんでした。
> でもミサの雰囲気は好きです。
2019.12.28 15:06 | URL | #- [edit]
とっつぁん says...""
素晴らしいですね(^^)私は観光でしか教会には行った事はありませんが、いろんな思いを願って自分自身も見つめ直す良いクリスマスになりましたね(^^)
2019.12.29 02:23 | URL | #- [edit]
TORU says..."とっつぁん 様"
とっつぁん 様
そうなんですよね。別にクリスチャンでなくてもいいんですよ。

> 素晴らしいですね(^^)私は観光でしか教会には行った事はありませんが、いろんな思いを願って自分自身も見つめ直す良いクリスマスになりましたね(^^)
2019.12.29 08:09 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://euyudo.blog29.fc2.com/tb.php/1755-3dfa8637
該当の記事は見つかりませんでした。