FC2ブログ

烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

Days ちょい高スーパーイカリで買い物

20200519 (7)

こんばんは。今日の朝のentryでね、AustraliaのCrimson Seedless Grapesについて書いていましたけど、真逆の旬、carbon footprintから行くとどうなんだ?的な葡萄を頂いていましたけど、この葡萄ですね、梅田にある「高級」に分類されるであろうスーパー・イカリで買いました。イカリはね、関西圏に住んでいる人なら知っているのではないかと思うのですが、昭和36年に第1号店である塚口店がオープンして主に兵庫県を中心に展開しているスーパーなのですが、私が子供の頃から、ちょっと高級な食材を扱っているhigh-levelな食料品店のイメージです。

はぁ、もうわかった?

そう私が週末に買って頂いたのは、イカリで買った葡萄、イカリの葡萄、、、、そう「怒りの葡萄」。

「怒りの葡萄」The Grapes of Wrathは、あまりにも有名、John Ernst Steinbeck(1902-1968)による小説で初版が1939年。この小説でピューリッツァー賞を受賞しています。後のノーベル文学賞受賞(1962年)も主に本作が受賞理由なんです。名作中の名作。図書館には絶対ある本です。この巣ごもり期間中にですね、読もうかなとおもったんですけど図書館は開いていないので、映画の方を見ました。この映画を見るのも久しぶりですけどね。Tom Joad役をHenry Fonda、Ma Joad役をJane Darwellが演じており、公開は1940年。この年の第13回アカデミー賞ではJohn Fordが監督賞を受賞していて、Jane Darwell助演女優賞を獲っています。

抑圧された民の行き場のない怒りや困惑や諦観といったものをね、見つめ直そうかなと思いちょっと古典的な作品をね、GWの巣ごもりの間に漁っていたってだけのお話です。映画もいいけどやっぱり、じっくりと本を読みたいですね。


20200519 (8)
しかしCrimson Seedlessクリムゾン・シードレスは、作品の舞台となったCalifornia由来の葡萄であり、まさに開発をされていた時期は、この怒りの葡萄の時代とかぶります。これは偶然。

スポンサーサイト



Category : Days
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

さえき奎(けい) says...""
懐かしいですね。
アーネスト・ヘミングウェイ、ジョン・スタインベック、シャーウッド・アンダーソン、ジョン・アーヴィング・・・高校生の頃夢中になってアメリカ文学を読み漁りました。
私はどんなブドウでも種も皮もそのまま食べる野蛮人なんですが、本来的にそのまま食べられる品種にこしたことはないのでクリムゾン・シードレスは大好きです。
レッドグローブは種がありますし、シャインマスカットは高過ぎますから(笑)。
2020.05.19 19:17 | URL | #zjDuAsyg [edit]
TORU says..."さえき奎(けい)様"
さえき奎(けい)様
おはようございます。文学青年ですねー。葡萄はやっぱり皮ごとが一番おいしいと思うんですよね。皮の周りが一番甘いですしね。

> 懐かしいですね。
> アーネスト・ヘミングウェイ、ジョン・スタインベック、シャーウッド・アンダーソン、ジョン・アーヴィング・・・高校生の頃夢中になってアメリカ文学を読み漁りました。
> 私はどんなブドウでも種も皮もそのまま食べる野蛮人なんですが、本来的にそのまま食べられる品種にこしたことはないのでクリムゾン・シードレスは大好きです。
> レッドグローブは種がありますし、シャインマスカットは高過ぎますから(笑)。
2020.05.20 07:33 | URL | #- [edit]
声なき声 says...""
関西人ですので、スーパーのイカリは知っております。
妻の実家の近くにもあって、何度となく買いものに行ったことがありました。
値段線は決して安いとは言えませんでしたが、店員さんの応対も丁寧で、一般のスーパーとは異なった雰囲気を醸し出していたと思います。
また、駐車場にはBMWはじめ名前も知らないような高級車が何げなく並んでいて、客層もそれなりの人が行っているのだろうと感じたものです(汗)。
 
「イカリの葡萄」のネタには、説明されるまで気づきませんでした(笑)。
2020.05.20 08:04 | URL | #JVkJn2nk [edit]
TORU says..."声なき声 様"
声なき声 様
ちょっと高級ですよね。来ている車が確かにちょっと高級車が多いかも、、、。ネタがぎりぎりまでバレずによかったです(笑)。
> 関西人ですので、スーパーのイカリは知っております。
> 妻の実家の近くにもあって、何度となく買いものに行ったことがありました。
> 値段線は決して安いとは言えませんでしたが、店員さんの応対も丁寧で、一般のスーパーとは異なった雰囲気を醸し出していたと思います。
> また、駐車場にはBMWはじめ名前も知らないような高級車が何げなく並んでいて、客層もそれなりの人が行っているのだろうと感じたものです(汗)。
>  
> 「イカリの葡萄」のネタには、説明されるまで気づきませんでした(笑)。
2020.05.20 08:15 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://euyudo.blog29.fc2.com/tb.php/1866-8ced4b62
該当の記事は見つかりませんでした。