FC2ブログ

烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

兵庫#13 久しぶりの玄武洞@豊岡市

IMG_1448.jpg
こんにちは。日曜のお昼時、皆様いかがお過ごしでしょうか。私は、、、たぶん歩いている。

さて今回の城崎温泉シリーズをそろそろ終わりです。城崎温泉から少し南(車で5分ぐらい)に下った同じ豊岡市にある玄武洞へ向かいます。玄武洞は国の天然記念物。160万年前の火山活動により山頂から流れ出したマグマが冷えて固まった場所です。空気に触れて冷えるときに熱で体積が大きくなっていた岩石が縮んでいくため割れますが、それが柱上にきれいに割れて行ったのが柱状節理columnar jointですね。(地学を選択したことがある人ならご存じかと)

この柱状節理の美しさといったら素晴らしいですね。ここは古くから人が採石をしていました。石として六角柱、五角柱のものは使いやすいですしね。江戸時代には幕府の儒官・柴野栗山がここを「玄武洞」と命名しています。

この場所は前のentryでも書いていた1925年の北但馬地震の際に崩落が起こりました。城崎の復興の際、用いられたのがこの崩落に出た石であり、その石組はいまでも城崎温泉・大谿川の護岸として見ることができます。西村佐兵衛らが率いて、地元の人々がなしたこの事業の、一つの辺を見ることができる場所でもあるのです。

今は山陰海岸国立公園となっていますので、石を採掘することはなくなりました。


IMG_1462.jpg
玄武岩ってきれいですよねえ、ほんと。

スポンサーサイト



Category : 近畿
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://euyudo.blog29.fc2.com/tb.php/1970-99aded99
該当の記事は見つかりませんでした。