FC2ブログ

烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

Saijiki ナツツバキの花はあっという間に散って@大阪の家、ご近所

20210515days (19)

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。
猛き者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵におなじ。

娘が学校で習っていて、暗誦をやっています。子供の頃に私もやりました。おはようございます。

今日のentryは沙羅双樹です。もともとの沙羅双樹はインドに自生するフタバガキ科の大くなる木で、建材などとして利用されます。仏教の三大聖木の一つですね。お釈迦様が入滅の際にアーナンダに「二本並んだ沙羅の樹の間に、頭を北に向けて床を用意しておくれ。」と頼まれて、という件があり聖木として名を成しています。5月から7月頃に白い花を咲かせますが、寒さには弱く日本では温室などで見かけることはありますが、そのまま移入することはできなかったようですね。

平家物語の冒頭一節に読まれている沙羅双樹は何かというと、夏椿ナツツバキなんですね。夏椿は花を咲かせて一日で花を落とします。一日しか花を咲かせないこの花に、人生の儚さをうつし「栄えた者も必ず滅びる時が来る」ということを現しているとされたのでしょう。

今朝は朝日を見れたので、いい一日になると思いつつ。

スポンサーサイト



Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

8 Comments

onorinbeck says...""
へーーー!
そうなんですか!
初めて知りました。
夏椿撮る機会あったら、
カミさん日曜日教えて自慢しよっと^ ^
2021.05.25 08:46 | URL | #- [edit]
オグリン♪ says..."沙羅の花。"
夏椿、沙羅双樹、好きです。
修行中の僧を沙門といいますね。
沙の字だ好きで、二人の娘の名前に使いました。
2021.05.25 10:56 | URL | #- [edit]
MINA says...""
こんにちは、

平家物語、冒頭から覚えました…未だに口をついて出てくるのは
忘れかけた頃子供が習ってきて暗誦するのを何気に聞いていたからですね。

沙羅双樹の真っ白な花は生で見たことありませんが…美しい。
花の命をその日のうちに終えるのにも何故か惹かれますね。
2021.05.25 16:09 | URL | #- [edit]
el_desvios says...""
時々、山の中で大きなものを見ますね。背が高いので花を見たことないんです。
2021.05.25 18:05 | URL | #- [edit]
TORU says..."onorinbeck 様"
onorinbeck 様
おはようございます。そうなんですよ。しれっと言ってみてください。
2021.05.26 06:36 | URL | #- [edit]
TORU says..."Re: 沙羅の花。"
オグリン♪ 様
きれいな名前でらっしゃるのでしょうねー。沙という字はきれいな字ですね。
2021.05.26 06:37 | URL | #- [edit]
TORU says..."MINA 様"
MINA 様
そうなんでしょうねー。私も子供に問われてこうだね、と暗誦できていました。
2021.05.26 06:38 | URL | #- [edit]
TORU says..."el_desvios 様"
el_desvios 様
山の中で白い花があると目立つでしょうねー。上の方に咲いていたらわからないですけどね。
2021.05.26 06:39 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://euyudo.blog29.fc2.com/tb.php/2151-25230424
該当の記事は見つかりませんでした。