烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

日本家屋~民家入門

2011-11-13 minka

先日の「陰翳礼讃」で日本家屋がもつ陰から出る薄明の美に触れましたけど、「建築もの」も結構好きなんです。ta-raちゃんさんのBlog「丹波~もうひとつの時間」で紹介されていた美しい屋根。いいなあ、茅葺の屋根。(いや、維持が大変。)

もともと環境についていろいろと学生の時にやっていて、人間がつくる環境の一つ、住環境というものが、人間をとりまく(認識する)環境のなかでもかなり大きな要素になるということにずっと興味を持っています。駐在前は民家を見に行ったり、古民家再生ネットワークの企画におじゃましたりしていました。(いや、坪単価高くなっちゃうから、、、。)

私は長い歴史のなかで培われた住環境への追求の形というのが民家なんだろうなあ、と思っています。産業革命・情報革命以降に培われた新しい素材技術や設計技術は、家屋をより個別機能を追求した住環境を提供できるようになってきていていますが、それ以前の民家だって、長い追求の歴史があってそこここに面白いideaを含んでいます。地域の風土にあわせて作りこまれた家の姿というのは、ものすごいideaがいっぱい詰まっているんです。

そんな民家をみて楽しむ為の、私のような興味のある素人への入門書としてとてもいい本が今日の本。INAX出版が出している本で、宮澤智士著「日本列島民家入門」。こちらに持って来た数少ない?本の一冊。せいぜい50ページ弱の簡単な本ですが、導入にとってもいい本です。最後の文に「いまや民家は、過ぎ去った時代の遺産です。しかし、いさんであっても現在にいきています。」としています。その通りですね。

INAX出版
http://inax.lixil.co.jp/publish/

スポンサーサイト

Category : Art & Style
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

もふもふ903 says..."こんにちは^^"
「衣食住」と言いますが、食と住は同じくらい大切だと思っています。私は子どもに個室を与える必要はないと考え、実践しました。(ずっと川の字で寝てました)家もコンパクトだったし、一人っ子だったからですが、複数子どもがいたら、みんなで1つの子ども部屋にしたかも知れないし、男女によってまた考えたかもですが。
個室にこもらず、家族とコミュニケーションを、一緒に食事をとるのも基本ですね。その意味でも食と住は深く関係しています。昔は、食事の用意を始め、生活することがとても大変で、家族みんなで協力していたんだと思います。そういう生活に「誰かの部屋」は無用だったのでしょう。
家族とコミュニケーションを取れなければ、それ以外の人とは無理ですよね。
長文、失礼致しました。
2011.11.12 11:20 | URL | #- [edit]
ta-raちゃん says...""
「陰翳礼讃」ではないですが、いまの住宅って、日当たりのよい明るいものが
主流のような気がします。

でも、日本の昔からの民家は、暗い部分があったりして、それを陰鬱と思うか
美しいと思うかで、まったく違ってきますね。
部屋と窓の間に縁側をもうけることなどで、紫外線をさえぎるなどの効果も
あったんじゃないかと思います。
2011.11.12 21:52 | URL | #- [edit]
TORU says...""
もふもふ903さん
米国駐在していて何よりも良かったのは、子供の幼少期に子供たちとの時間を持てることです。夜帰ってきてすぐに遊べば、小一時間ぐらいは彼らと遊ぶことができます。日本で通勤をしていたら、なかなかその時間はとれなかったでしょうねえ。いろんな話をします。コミュニケーションがどれほど大切か、というのは本当にそうですね。周りの米人の子供たちは、2歳ぐらいになるともう個室で寝るようにすることが多いみたい。独立心を強く持とうとさせているように思います。でもそれができるもの、夕方や週末、さっさと仕事を切り上げて家族の時間を十分につくっているからです。コミュニケーションもちゃんととらないで、個室にしちゃうとやっぱり不足しちゃうんでしょうね。部屋のあり方はいろいろあるかもしれませんが、話す、機会はちゃんと持ったほうがよさそうです。
2011.11.13 00:08 | URL | #- [edit]
TORU says...""
ta-raちゃんさん
そうですね、明るくすること、明るくすることに腐心してきましたからね。美をどうどらえるかですからね。日本の美術品は明るいところでみても美しさが半減するんですよね、、、、。最近、美術館でも見せ方に工夫のあるものが散見されますが。 いつも写真を楽しませて頂いてありがとうございます。
2011.11.13 00:22 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://euyudo.blog29.fc2.com/tb.php/266-0477335d
該当の記事は見つかりませんでした。