烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

Germany 真夜中散歩 Brandenburger Tor@Berlin

2012-02-28 mon

出張に行った先では、大体飲んで食って、ということが多いのですが、飲んだ後に、酔い醒まし兼散策でうろうろすることがあります。勿論、危険ですよ、ということであればそんなことはする蛮勇はございませんが。

で、同行のNさんをひっぱりだしてHotelから近いから行きましょうよ、ということでBrandenburger Torブランデンブルク門までの散歩に誘いました。が、2kmはないだろう散歩は、Nさんには遠かったらしく彼は途中で引き返し、私一人向かいました。周りに観光客の居るような時間ではなく、大通りのどまんなかにもインド人系の人が数名見かけるだけで、誰もいないこの門の前で一人立ってみると、暗い夜に砂岩でできた門が映え威容がより強く感じられました。

1791年に竣工した門は、城壁で囲まれた都市であったBerlinの一つの門として築かれ、その門の上には、四頭立て馬車にのる勝利の女神ヴィクトリアが居ます。この女神像は、ナポレオンに持ち去られ、その後プロイセンが勝利し取り戻されたり、東西ドイツ分断によって、杖の形が買えられたり、いろんな変遷を経て、1989年のBerlinの壁崩壊と共に、杖の先は待た再び鉄十字に戻されました。

この通りの近くには、見所がまだまだあるので、次にBerlinに来る機会があれば、ぜひほかも回ってみたいなあ、と。

スポンサーサイト

Category : Europe欧州
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

はしびろけろ says..."こんにちは。"
夜のブランデンブルク門、重厚な歴史のある様子がわかりますね。
昼間とは違ったナニカを・・・。
では。
2012.03.08 10:22 | URL | #2S/7VLnU [edit]
TORU says...""
はしびろけろさん
夜のブランデンブルグ門は結構威圧的でしたよ!
2012.03.12 16:29 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://euyudo.blog29.fc2.com/tb.php/382-b5550cc1
該当の記事は見つかりませんでした。