烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

Food サケ・マス好きですか?

魚ネタが続いていますが、、、。

私、鮭鱒の類が本当に好きで、学生の時なんか、毎日のように大学前のエンゼoというお店で鮭バター食べていました。

もうそのお店に行ったら何も言わなくても、
奥さん「いつものねー。」
僕「はい。」って感じでしたね。

大学院を終了したあとも、いろんなタイミングで鳥取におじゃました時にお店に行ったら、
奥さん「あらひさしぶりねー、元気にしてましたか?」
僕「ええ、元気元気ですよー。」ってな感じで、
奥さん「じゃあ、いつものねー。」
僕「お願いします-。」って感じでしたね。

もちろん、米国に来てからも積極的に鮭鱒類食べています、というか、マーケットに並ぶ魚の種類が断然減りますから、自然と鮭鱒率が上がります。そして、こちらでは、塩鮭なんか売ってませんから、半身を買ってきては自分で塩鮭、塩鱒にしたり西京漬作ったりしています。

鮭・鱒が自然にいて、それを適度に漁獲してsustainable fishery持続的漁業、なんていうのが理想的なのはわかりますが、なかなかそうはいかないですし、養殖が進んでいる魚種です。

そんな鮭について、北海道にも結構資料館などがあります。


札幌市豊平川さけ科学館
http://www.sapporo-park.or.jp/sake/

千歳サケのふるさと館(道の駅・サーモンパーク千歳内)
http://www.city.chitose.hokkaido.jp/tourist/salmon/

上記の2つは私行ったことがあります。

標津サーモン科学館
http://www.shibetsu-salmon.org

そして、新潟。
イヨボヤ会館(新潟県・村上市)
http://www.iwafune.ne.jp/~iyoboya/index.html

ですね。

まあ、そこまで行かなくても、という方は下のマルハニチロが運営しているWebsiteはいかがでしょう。

サーモンミュージアム
http://www.food.maruha-nichiro.co.jp/salmon/index.html

スポンサーサイト

Category : Food and Drink
Posted by TORU on  | 12 comments  0 trackback

12 Comments

Coucouのいくこ says...""
こんにちわ
鮭好きです!
料理が何でもしやすいですものね~
塩鮭なんてなくてはならないものですね~
西京漬けも美味しいですね~
空弁これ四国に行くとき主人が食べました
朝なのにガッツリ食べてました(笑)
全国のうまいもん空弁も美味しいですよ~
今度買ってみて下さい。
2012.05.24 12:46 | URL | #- [edit]
はしびろけろ says..."こんにちは。"
資料館たくさんあるのですねー。
全部行きたいけれど(笑)とくに行きたいのは「標津サーモン博物館」かしら・・・。

「サケ科魚類展示数が国内で一番多い施設です」だもの・・・。
しかしすごーく遠いです・・・。
サーモンミュージアムで勉強することにします。

鮭の昆布巻き、今毎日食べてます!
もう1週間以上連続です!!
鮭、愛してます!!!
では。
2012.05.24 17:36 | URL | #2S/7VLnU [edit]
h-kurita says...""
鮭バター,愛食されてましたね(笑)スライスレモンを割り箸だけで搾るテクニックが妙に印象に残っています。ちなみに先週末,指導教官の退官のお祝いで鳥取でした。久しぶりに学食を頂きましたよ。
2012.05.24 21:46 | URL | #- [edit]
says...""
こんなに資料館があるのですね。

西京漬けを作れるっていいですね。
鱒はなかなか近所だと売ってないので食べられないのですが、鮭はよく食べます。
塩麹漬けか、照り焼きにするのが多いのですが、バター焼きもおいしそうですね。
2012.05.24 22:36 | URL | #- [edit]
つきあかり says...""
こんにちわ コメントとてもうれしかったです。 お返事遅くなりましたが また見てくださいね。 
鮭って今でこそ 安価ですが、私に子供のころは 日ソ漁業協定で 日本が取って良い量が決まっていたようです。 魚船がソ連に拿捕されることも度々あり何年も抑留されたり
定かではありませんが・・間違いが有った
ごめんなさい。 そんな時代お弁当に小さな
塩鮭が入っているのは うれしかったものです。とても塩が良くきいてて・・今だったら
お茶漬けにでもしないと・・・大辛!
生鮭なんて 見たこともありませんでした。
ここは 山の中だから・・北海道の港なら 生の鮭も手に入っていたのかなあ・・・
2012.05.25 13:26 | URL | #ukX91sFg [edit]
TORU says..."Coucouのいくこ さん"
Coucouのいくこ さん

> こんにちわ
> 鮭好きです!
> 料理が何でもしやすいですものね~
> 塩鮭なんてなくてはならないものですね~
> 西京漬けも美味しいですね~
> 空弁これ四国に行くとき主人が食べました
> 朝なのにガッツリ食べてました(笑)
> 全国のうまいもん空弁も美味しいですよ~
> 今度買ってみて下さい。

鮭ってほんとういろんな食べ方が出来ますからね!今日も鮭を食べようかと考えています。
2012.05.25 21:29 | URL | #- [edit]
TORU says..."はしびろけろさん"
はしびろけろさん

> 資料館たくさんあるのですねー。
> 全部行きたいけれど(笑)とくに行きたいのは「標津サーモン博物館」かしら・・・。
>
> 「サケ科魚類展示数が国内で一番多い施設です」だもの・・・。
> しかしすごーく遠いです・・・。
> サーモンミュージアムで勉強することにします。
>
> 鮭の昆布巻き、今毎日食べてます!
> もう1週間以上連続です!!
> 鮭、愛してます!!!
> では。

昆布巻き、美味しいですよね、、、標津からいきますか!遠いですね。
2012.05.25 21:30 | URL | #- [edit]
TORU says..."h-kurita さん"
h-kurita さん
> 鮭バター,愛食されてましたね(笑)スライスレモンを割り箸だけで搾るテクニックが妙に印象に残っています。ちなみに先週末,指導教官の退官のお祝いで鳥取でした。久しぶりに学食を頂きましたよ。
そうですね、貴方は私の鮭好きを目の当たりにしている人ですね!学食かあ、久しぶりに食べてみたいものですけど、、、。
2012.05.25 21:36 | URL | #- [edit]
TORU says..."某さん"
某さん

> こんなに資料館があるのですね。
>
> 西京漬けを作れるっていいですね。
> 鱒はなかなか近所だと売ってないので食べられないのですが、鮭はよく食べます。
> 塩麹漬けか、照り焼きにするのが多いのですが、バター焼きもおいしそうですね。

塩麹漬け、美味しそうですね。
2012.05.25 21:37 | URL | #- [edit]
TORU says..."つきあかりさん"
つきあかりさん

> こんにちわ コメントとてもうれしかったです。 お返事遅くなりましたが また見てくださいね。 
> 鮭って今でこそ 安価ですが、私に子供のころは 日ソ漁業協定で 日本が取って良い量が決まっていたようです。 魚船がソ連に拿捕されることも度々あり何年も抑留されたり
> 定かではありませんが・・間違いが有った
> ごめんなさい。 そんな時代お弁当に小さな
> 塩鮭が入っているのは うれしかったものです。とても塩が良くきいてて・・今だったら
> お茶漬けにでもしないと・・・大辛!
> 生鮭なんて 見たこともありませんでした。
> ここは 山の中だから・・北海道の港なら 生の鮭も手に入っていたのかなあ・・・

昔の塩鮭って本当に辛かったですよね!!懐かしい。日ソ漁業協定、久しぶりに聞きます。ソビエト連邦かあ、今は昔、って感じになって来ましたね。あんなに急な体制崩壊を迎えて、そして何も変わらず(当たり前ですが)ロシアがいますよね。実家の近所の領事館もソビエトからロシアへ、でも何も雰囲気は変わらないものです。。。
2012.05.25 21:41 | URL | #- [edit]
海塩みかん says...""
上ってくるサケを実際に見た時には
結構感じ入りました。
鮭のふるさと館へ行った時でした。
その後は、知床の河口とかでも普通に見ました。説明できないけど、すごい。

全然関係ないけれど、秋田では塩鮭のことを
「ぼだっこ」と言います。
焼くと塩がしろーくなるアレのことです。
2012.06.01 12:41 | URL | #2k.S12RQ [edit]
TORU says..."海塩みかん さん"
海塩みかんさん

> 上ってくるサケを実際に見た時には
> 結構感じ入りました。
> 鮭のふるさと館へ行った時でした。
> その後は、知床の河口とかでも普通に見ました。説明できないけど、すごい。
>
> 全然関係ないけれど、秋田では塩鮭のことを
> 「ぼだっこ」と言います。
> 焼くと塩がしろーくなるアレのことです。

へええ、ぼだっこですか、調べてみまーす。
2012.06.01 13:07 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://euyudo.blog29.fc2.com/tb.php/440-220bd674
該当の記事は見つかりませんでした。