烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

Wine#3 White Pinot Noir at Erath

2013-02-11 (1)
日本出張で日本的なネタがまだまだ沢山あるのですが、箸休めに、久しぶりにWineryに行ったことを記録しておきます。

日本からの出張者が来られたらWineryにお連れすることが多いのですが、この日1月20日もやはりwineryにお連れいたしました。いくつも候補はあるのですが、お客様の好みの味をお聞きしながらWineryに行ったりもするので、何時もいくWineryとは違ったところに行くことも多いです。今回の出張者の方は、お一人が軽めのお味がお好きで酸味甘味とも、あまり尖ったものではなく、とのことでしたので、日本でも通販でなら入手できるであろう"Erath" wineryにおじゃましました。ここのwineは、空港でも入手できますし、OR州ならいろんなGroceryでも購入が可能なぐらい生産量が多い有数のwineryの一つです。

で、今回はTotal、12種類程、Tasteingをさせて頂きました。いくつかのVintageは私の好みの渋みがあるものもありましたが、お値段がそこそこ高かったので今回はお財布の紐をしめて、パス。今回頂いた中では、White Pinot Noirが面白かったですね。本当に赤みがほとんど出ておらず、綺麗に作られていました。他のWineryでWhite Pinot Noirを頂いたことがあるのですが、軽く赤みがかかっていました。

Pinot Noirで白かあ、まあChampagneな、果実香が豊かに仕上がってるんだろうな、、、香りを嗅ぐと、やっぱり洋梨の香りから桃の香りがやってきますね。味もとても爽やかです。ただ、私、このWineをblind Tastingして確実当てられますか?といわれると正直自信がありません。いやー、wineは奥が深いし、、、、。いや、でもPinot Grisとかとは違うお味なんですよ(笑)。

2013-02-11 (4)
Tasting Roomにはお客様が沢山。冬でも元気です。今回も美味しく頂きました。しかし寒かったです。

Erath Winery
http://www.erath.com/

スポンサーサイト

Category : wineワイン
Posted by TORU on  | 8 comments  0 trackback

8 Comments

AGA says...""
こんちは~~~~
ワインは奥が深いって言うより、難し過ぎです。

隙きっぱらで飲むワインが多いですね。理由は、つまみが来る前に来ちゃうからですが、、ビールを飲まないので、

ア~~~~ァ お腹が空いたァ

2013.02.11 21:39 | URL | #- [edit]
もじゃみ母 says...""
おはようございます。
ワインいいですねえー。ワインにお詳しい方って、かーっこいい! 我が家もワインが好きで。でもね、詳しい事は分からないです。ドイツ料理のお店の奥さんが、「美味しいワインとパンにチーズがあれば、それだけでご馳走よね」っておっしゃってました。
2013.02.13 11:07 | URL | #- [edit]
TORU says..."AGA san"
AGA san
つまみより先のワイン、いいですね。私もよくやってしまいます。。。

> こんちは~~~~
> ワインは奥が深いって言うより、難し過ぎです。
>
> 隙きっぱらで飲むワインが多いですね。理由は、つまみが来る前に来ちゃうからですが、、ビールを飲まないので、
>
> ア~~~~ァ お腹が空いたァ
2013.02.15 16:57 | URL | #- [edit]
TORU says..."もじゃみ母 さん"
もじゃみ母 さん
詳しいわけではありませんが、こちらに来てから沢山のWineryを訪れましたねー。雰囲気に飲まれるタイプです、、、。

> おはようございます。
> ワインいいですねえー。ワインにお詳しい方って、かーっこいい! 我が家もワインが好きで。でもね、詳しい事は分からないです。ドイツ料理のお店の奥さんが、「美味しいワインとパンにチーズがあれば、それだけでご馳走よね」っておっしゃってました。
2013.02.15 17:09 | URL | #- [edit]
hideharu says...""
ピノノワールの白,爽やかな酸味が楽しめそうですね。果樹の育種の世界を見ていると,結構なスピードで,新しい品種が出て来ているようなのですが,ワイン用の葡萄の品種はどうなのでしょうか?確かに品種は沢山ありますが,ピノノワールに変わる新しい品種とか,聞かないような・・・。私が知らないだけでしょうか?
2013.02.25 04:47 | URL | #- [edit]
TORU says..."hideharu さん"
hideharu さん

そうですね。酸味はあります。いやー、知らない品種沢山有りますよ。ぶどう品種のチャートが我が家にも有るんですけど、全然足元にも及ばないっす、、、。ワインは奥がふかずぎます。バラ、朝顔もだけどね。

> ピノノワールの白,爽やかな酸味が楽しめそうですね。果樹の育種の世界を見ていると,結構なスピードで,新しい品種が出て来ているようなのですが,ワイン用の葡萄の品種はどうなのでしょうか?確かに品種は沢山ありますが,ピノノワールに変わる新しい品種とか,聞かないような・・・。私が知らないだけでしょうか?
2013.02.27 20:04 | URL | #- [edit]
hideharu says...""
品種が数えきれないぐらいあるのは分かるのですが,何となくピノ・ノワール,カベルネ・ソーヴィニヨンを超えるブドウを・・といった雰囲気があんまりないような気がするのですが・・。品種の部分は結構,固定された前提条件のような形になっている気がするのですが。職場でどんどん新しい品種を開発して,産地の品種が置き換わっていっているような作物の例を見ていると,そんなことを思います。
2013.02.27 20:51 | URL | #- [edit]
TORU says..."hideharu さん"
hideharu さん
Pinot Noirのなかのクローンも沢山あるんで、本当にブドウの種類っていうのは、多いですね。マジョリティになるほどの品種というのはそんなに簡単に出てくるもんではないですしね。


> 品種が数えきれないぐらいあるのは分かるのですが,何となくピノ・ノワール,カベルネ・ソーヴィニヨンを超えるブドウを・・といった雰囲気があんまりないような気がするのですが・・。品種の部分は結構,固定された前提条件のような形になっている気がするのですが。職場でどんどん新しい品種を開発して,産地の品種が置き換わっていっているような作物の例を見ていると,そんなことを思います。
2013.03.05 19:11 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://euyudo.blog29.fc2.com/tb.php/600-28c4aeb8
該当の記事は見つかりませんでした。