烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

東京#17 駅弁・深川飯

20140221.jpg
東京に戻ってきて11ヶ月、お昼ご飯はいつもofficeの近くが多いですので、カレー、和食(煮魚)、中華(酢豚か豚しょうが)、Korean(bibimbapかSundubu jjigae)をよくいただきます。officeの近くでご飯を頂くことが多い方は、定番のお昼ご飯になってしまう方も多いのではないでしょうか。

ですからoffice近くないときはこれらの食べ物以外という選択をすることが多いですね。先週の浜松出張の時には東京駅の駅ナカで深川飯を買って新幹線で頂きました。新幹線の中で頂くお弁当は、周りにも迷惑にならないものがよいですし、ぱっと食べ切ることができるコンパクトなものが私の好みです。

「深川飯」というと、浅蜊のご飯なのですが、炊き込みのものとぶっかけ飯の深川飯がありますよね。もともと深川あたり(現在の江東区深川)は漁師町として栄えた地域だそうで、貝も多く取れたそうですね。そうなんです、江戸はもっと海がおくまで入ってきていたんですよね。そんな深川で食べられていた漁師飯の一つとして、浅蜊を葱の味噌仕立てで煮込みそれをご飯にかける「ぶっかけ飯」の深川飯があったそうです。今も深川にはこのぶっかけと炊き込みの2つの深川飯がいただけるお店がありますね。駅弁ではさすがにぶっかけ飯はいただけませんので炊き込みご飯がちょうどいいのですが、せっかくですからぶっかけの深川飯も頂きたくなってきました。

でも今日は東京マラソンの日なので、都心を通って東に向かうのはどうかと思うので、また改めて。

スポンサーサイト

Category : 関東
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://euyudo.blog29.fc2.com/tb.php/769-bac91407
該当の記事は見つかりませんでした。