烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

山梨#6 甲府市内のハナミズキ並木

DSC_0777.jpg
甲府に行ってきました。朝の連続ドラマ小説「花子とアン」の舞台なんですね、朝から見る時間が無いので知りませんでした。甲府の方はどうなのかわかりませんが、ちょい盛り上がりしてるのでしょうね。日ごろ見なさそうな義父も話題にしていましたし。

4月末ですから、ちょうど桃の花がまだあるか終わるか、といった季節です。甲府といえば桃か葡萄かと思うのですが、この時期の甲府市内は、アメリカハナミズキがとてもきれいです。今回は甲府の駅南には行かず、駅北ばかりにいたものでメイン通りを歩いてはいませんが、ハナミズキはいろんなところに植樹されており見事でした。

ハナミズキの街路樹というのは、1990年前後ごろに増えているみたいですね。甲府市内の街路樹は、ハナミズキ、トウカエデ、イチョウ、サクラ、ケヤキなどなど。ハナミズキが多いのはやはり低木だし根が張り過ぎなくて、路肩から道路を痛みが出やすいイチョウ、ケヤキなど以前からある街路樹より好まれるからでしょうか。

アメリカ・ハナミズキが日本に移植されたのは、大正4年(1915)で、1912年にWashington,D.C.のPotomac川沿いに植樹された桜の返礼として、1915年(大正4年)に送られたものがはじめてのようです。しかし日本に送られたハナミズキはほとんどが残っていないような状況だそうです。残念ですね。このときに送られた樹の残りであろうと推測されているハナミズキの古木に今度会ってきます。では。

スポンサーサイト

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

onorinbeck says...""
ハナミズキの通りの景色、見事ですねー!
僕は、花子とアンを見てから出勤って日も結構ありますよー(笑)
2014.04.29 10:09 | URL | #- [edit]
りもママ says...""
こんにちは、TORUさん。

ハナミズキが見事な通りですね。

ハナミズキ、アメリカから送られたのが
初めて日本に入って来たのですか?

上向きの花で下から透ける感じの
花弁を見上げるのがとても好きです。
2014.04.29 12:10 | URL | #- [edit]
TORU says..."onorinbeck さん"
なかなかいい景色でしょ。義父の家からとても近くてふらっと歩くにちょうどいいです。

> ハナミズキの通りの景色、見事ですねー!
> 僕は、花子とアンを見てから出勤って日も結構ありますよー(笑)
2014.04.29 19:31 | URL | #- [edit]
TORU says..."りもママ さん"
こんばんは、りもママさん。アメリカハナミズキはアメリカから入ってきたのが初めのようですよ。日本にはよく似たヤマボウシがありますよね。

> こんにちは、TORUさん。
>
> ハナミズキが見事な通りですね。
>
> ハナミズキ、アメリカから送られたのが
> 初めて日本に入って来たのですか?
>
> 上向きの花で下から透ける感じの
> 花弁を見上げるのがとても好きです。
2014.04.29 19:32 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://euyudo.blog29.fc2.com/tb.php/816-e559d6df
該当の記事は見つかりませんでした。