烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by TORU on  | 

Saijiki ベニバナトチノキの花

DSC_0806.jpg
日本のトチノキは白い花が咲きますが、先日井の頭公園で見かけたこの樹は可愛らしい赤い花を咲かせていました。樹高がそれほど高くないので写真を撮る事ができました。日本のトチノキだとそうはいきませんものね。この樹ベニバナトチノキは、花の赤い北米原産のアカバナトチノキ(red horse-chestnut)と、花の白い欧州原産のセイヨウトチノキ(いわゆるマロニエ)の交雑種だそうです。

日本のトチノキは、あく抜きで苦労はするものの栃餅にするなど食用にしているので、仲間であるマロニエの実なんかも何か食用になっていないのかなぁと調べてみたのですが、どうも食用にはされていないようですね。まあ、そこまでして食べなくても他にも沢山美味しいものがあるからなのでしょうけど、、、。でもそれをいってしまうと、日本の栃の実だってそこまで手を加えて食べなくても、他にも美味しいものがあるのでは、と思ったりもして、、、。多分あくの強さだったりが違うのでしょうね。

以前はトチノキ科として分類されてきましたが、近年ではムクロジ科に含めて分類されているようですね。この花が咲く頃のヨーロッパに行ってみたいなぁ。

スポンサーサイト

Category : Saijiki
Posted by TORU on  | 2 comments  0 trackback

-2 Comments

kaz says...""
TORUさん、おはようございます。
白花が普通なのですね、そう言われると栃の花はしげしげと見たことはありませんね。
盛岡では石割桜のある官庁街の街路樹に栃がずらりと植えられています。
見上げるばかりの巨木に育ち、秋にはあちこちに実が落ちてきます。
子供の頃は栃の実で栃笛をつくりましたね。
2014.05.18 06:52 | URL | #- [edit]
TORU says..."kaz さん"
kaz さん、おはようございます。
日本のトチノキは白花ですね。あと葉のサイズと鋸歯が日本のほうが大きいですよね。
トチノキの街路樹は秋になると沢山の実がなりますよね。東京も代々木公園の近くの街路樹が立派でかなりの実がなります。これだけ車社会になると、トチノキの街路樹から落ちる木の実が車をいためるということが話題になったりもしますが、、、街路樹が立派なこともいいことだと思うんですけどね。

> TORUさん、おはようございます。
> 白花が普通なのですね、そう言われると栃の花はしげしげと見たことはありませんね。
> 盛岡では石割桜のある官庁街の街路樹に栃がずらりと植えられています。
> 見上げるばかりの巨木に育ち、秋にはあちこちに実が落ちてきます。
> 子供の頃は栃の実で栃笛をつくりましたね。
2014.05.18 08:49 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://euyudo.blog29.fc2.com/tb.php/839-9bbfb185
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。