烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by TORU on  | 

北海道#22 小樽文学館と手宮線

IMG_1286-001.jpg
先日の本との出会いは小樽文学館の本棚でした。自由に持ち帰ってよいという本が納められた本棚には、旧手宮線の線路が見える窓から光が差し込んでいました。この窓をどれだけの人が眺めたのでしょう。館内の喫茶からは静かな曲が流れていました。ああ、映画「めがね」の曲だ、と思いながらそのやさしい空気に包まれるほんの短い時間は幸せな時間ですね。この空間で、どれだけの人が自分と向き合ったのでしょう。

IMG_1288-001.jpg
手宮線跡。とけた雪の風景。1880年開業、1962年に旅客営業が廃止1985年に全線廃止となりました。鉄道跡は人の思い出を今も運んでいるのでしょう。

スポンサーサイト

Category : 北海道
Posted by TORU on  | 4 comments  0 trackback

-4 Comments

onorinbeck says...""
こんばんはー、
 小樽文学館と手宮線、モノクロの写真がとっても雰囲気あります。TORUさんって、実は写真、上手なんとちゃう?
2014.05.17 23:34 | URL | #- [edit]
naritomo says...""
こんにちは♪
とても雰囲気のある写真ですね。
文章と合っていていい感じです。
2014.05.18 08:27 | URL | #- [edit]
TORU says..."onorinbeckさん"
おはようございます。有難うございます、でもこの写真、iPhoneで撮ったんですよ(笑)。昔は天文写真にはまっていて、そのあと、映画にもはまったからかでしょうか。。。

> こんばんはー、
>  小樽文学館と手宮線、モノクロの写真がとっても雰囲気あります。TORUさんって、実は写真、上手なんとちゃう?
2014.05.18 08:35 | URL | #- [edit]
TORU says..."naritomo さん"
naritomo さん、おはようございます。
有難うございます。iPhoneもなかなかやるでしょ(笑)

> こんにちは♪
> とても雰囲気のある写真ですね。
> 文章と合っていていい感じです。
2014.05.18 08:51 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://euyudo.blog29.fc2.com/tb.php/841-010a503e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。