烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by TORU on  | 

Days 楷の木(かいのき)

IMG_1752.jpg
先週の四国出張の際に、少し時間があったので、海外からの来客を連れて城跡(復元されて立派なものが建っていますが、当時の様子はこのようなのではなかったんではなかろうか)にお連れして、そこそこ喜んでもらえたので、よかったかな。

その際に見たものですが、城跡に楷の木が植えてありました。この木も相当最近に植えられたものでしょう。楷の木が日本に移入されたのは大正4年(1915年)だそうで、その後儒学にゆかりのある、湯島聖堂、足利学校、閑谷学校などに贈られて広がっていたそうです。

なぜ儒教と関係があるかというと、孔子(前552-479)は、曲阜泗水のほとりに埋葬され弟子達が墓所のまわりに中国全土から集めた木々を植えたそうで、子貢が楷の木を植えたそうな。そこから楷の木は学問の木とされ、それがそのまま日本に輸入されたようですね。せっかく岡山まで行ったのだから、閑谷学校まで足を伸ばせられたらよかったのですが、今回はいけませんでした。そのうちに、また。

スポンサーサイト

Category : Days
Posted by TORU on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://euyudo.blog29.fc2.com/tb.php/869-97383e03
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。