烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

鳥取#8 鳥取旅2014-2 翌朝の市内街歩き

20140914 (114)
1952年(昭和27年)4月17日の鳥取の大火では旧市街地160haを焼きました。ほぼ全焼であったといいます。罹災者2万人死者は3名であったそうです。

この時に袋川の桜も焼けてしまったそうです。袋川の桜は明治38年の日露の戦勝記念と大正4年に天皇即位の祝賀で植えられた桜の堤であったそうですが、鳥取大地震とこの大火によって失われました。つまり堤にある桜は、この大火の後に植えられた桜ということです。

この桜にはこんな物語がありました。大火の9年が経った頃、匿名の方から桜の苗木が市に贈られはじめ、その後も続き800本を越える桜の苗木が贈られました。それらの苗木は袋川の堤や鳥取城址二の丸に植えられたそうです。後に送り主が京都大学の瀬川弥太郎氏であったということが分かりました。

氏は鳥取高等農林学校(現在の鳥取大学農学部)に学んだ方で、同窓会で訪れた鳥取の袋川の桜が大火で焼かれたことを知って苗木を贈り続けたそうです。(大学の大先輩だったんですね)。


20140914 (51)
鳥取駅から袋川そして鳥取県庁に向けての歩けば、鳥取の懐かしい町並みに出会えます。これら街並みの多くは、この大火の後の街並みなのでしょうね。


20140914 (110)
このお店は珍しい金庫店。


20140914 (48)
アーケード街。アーケードの鉄骨の古さが、時の流れを感じさせます。


20140914 (108)
五臓圓ビル。このビルは大火前から立つ数少ない鉄筋の建物。

在学中は、気にかけてゆっくりと眺めることのなかった風景に、我々の知らないそれぞれの物語があるんだろうと思うことができるようになると、違う姿が見えてきます。これから、この街並みはどんな物語を紡いでいくんでしょうね。それは、そこに住む人が紡ぎだして、古くて新しい風景を作っていくのでしょうね。

ーつづくー

スポンサーサイト

Category : 中国
Posted by TORU on  | 6 comments  0 trackback

6 Comments

aishinkakura says..."鳥取大火"
TORU様
おはよう御座います。

知りませんでしたが鳥取の大火は酷かったのですね。
もっと歴史的なものがあるのかと思っていたのですが、
その時点で全てリセットされてしまった訳ですね。
残念なことです。
でも被害の割りに亡くなった方が少なかったのが幸いでした。

愛新覚羅
2014.09.17 08:52 | URL | #- [edit]
ごくしげ says...""
1952年に鳥取で大火があったなんて
知りませんでした。
桜の木を長年送り続けた
瀬川氏もまた偉いお方ですね。

世の中にはこんな人もおられるんですね。
少しは見習わねば~~^^


2014.09.17 12:52 | URL | #- [edit]
TORU says..."Re: 鳥取大火"
aishinkakura 様
おはようございます。旧市街地は焼かれてしまったので、残っているものが古くありません。
市街から離れればもちろんたくさんの歴史遺構があります。なくなられた方の数がとても少ないことは、驚きました。戦災との違いもあるかとは思いますが、うまく逃げることができたともいえるのでしょうね。

> TORU様
> おはよう御座います。
>
> 知りませんでしたが鳥取の大火は酷かったのですね。
> もっと歴史的なものがあるのかと思っていたのですが、
> その時点で全てリセットされてしまった訳ですね。
> 残念なことです。
> でも被害の割りに亡くなった方が少なかったのが幸いでした。
>
> 愛新覚羅
2014.09.20 08:37 | URL | #- [edit]
TORU says..."ごくしげ様"
ごくしげ様、おはようございます。

歴史に埋もれてしまいそうな市井のお話ですが、こういう歴史は郷土史に残っていってほしいものです。

> 1952年に鳥取で大火があったなんて
> 知りませんでした。
> 桜の木を長年送り続けた
> 瀬川氏もまた偉いお方ですね。
>
> 世の中にはこんな人もおられるんですね。
> 少しは見習わねば~~^^
2014.09.20 08:39 | URL | #- [edit]
みかん says...""
大火の前の桜もソメイヨシノだったのでしょうか。
ステキなお話です。
昭和27年以前の建物は少ないということですが
街を見に行ってみたいです。
2014.09.24 22:03 | URL | #2k.S12RQ [edit]
TORU says..."みかん さん"
みかんさん
ちゃんと調べてみないとわからないですが、戦前日本ではソメイヨシノが好まれて植樹されていたようですので、そうなのかなぁとは思っています。鳥取はゆっくりとした時間の流れるいいところですよ。

> 大火の前の桜もソメイヨシノだったのでしょうか。
> ステキなお話です。
> 昭和27年以前の建物は少ないということですが
> 街を見に行ってみたいです。
2014.09.25 08:14 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://euyudo.blog29.fc2.com/tb.php/935-6a88c218
該当の記事は見つかりませんでした。