烏有洞+

なんでもない日々となんでもないこと。

長野#8 植物工場産の野菜

IMG_4221.jpg
昨年は野菜の価格が高騰したためか、それとも生産規模が上がり供給量が増えたのか、これまでとても割高で市場でも見かけることのなかった「植物工場」産の野菜がスーパーでも見かけるようになりました。

農学部で学んだ頃(もう20年ぐらい前になりますね)から植物工場が技術的には可能になっていましたが、特殊な環境(小規模の閉鎖系、例えば、南極基地のような場所)では必要な技術なので否定的には見ていません。栄養価が偏るとの意見もあったり否定的な意見も見られますが、他の食べ物や他の環境からくる不都合な影響を考えれば、程度の問題じゃないだと思えます。

もちろん、太陽光下で普通に育つ野菜を食べるのが主であること、そうであってほしいことは変わりないんだけれども、それを補完する術としての植物工場もありなんじゃないかな、と思います。欲望と好奇心は人間が持っているものですから。

昨年は何度も普通にサラダでおいしく頂きました。今年どんな感じなのかなぁ。

IMG_4220.jpg
こんな値段でも売れていましたからね。なぜ長野のエントリーかというと、工場が長野でした。

スポンサーサイト

Category : 甲信越
Posted by TORU on  | 10 comments  0 trackback

10 Comments

aishinkakura says..."植物工場"
TORU様
おはよう御座います。

植物工場は何回か見学する機会がありましたがどういう訳か全て逃して
しまいました。行ってみたかったです。
仕入れ側からすると安定的に供給を受けることが出来ますので魅力的です。
しかし規模が小さい工場しかないので量的に不可能でした。
安定させるために海外品を何割か使っていく方法も試みましたが国産の
路地ものが安い場合は使わなくなってしまうのが問題でした。
みんないいとこどりしたがりますからね。

愛新覚羅
2015.01.02 08:48 | URL | #- [edit]
M.I.F says...""
植物工場で生産された(LEDだったかな)野菜は、去年(といっても半年ほど前ですが)関東の某ホテルの朝食バイキングで食べました。
先入観なく評価したかったんですが、フロアの人にあれこれうんちくを言われ(笑)、純粋な評価かどうかわかりませんが、
個人の感想としては、良くも悪くも、「軽い」という感じでした。ふわふわしてるとか体積を食べやすいということはあるかもしれませんが、シャキシャキ感というか、なにか違う・・・という。(葉野菜のせいかな・・・)

これからの時代、食料生産がどうなっていくかわかりませんから、TORUさんのおっしゃるように「補完」くらいならありなんでしょうけど、メインになってくると・・・ちょっと嫌かなぁって気がしました。
2015.01.02 10:04 | URL | #AE82lOaM [edit]
ta-ra says...""
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

こちら、雪のために帰省を中止したことで、
本を読む時間がすこし出来そうです^^

自分も「野菜はやっぱり土で育てなきゃ」なんて
思っていたのですが、ある種の異常な状況下では、
必要な技術になってくるかもしれませんね。


2015.01.02 19:36 | URL | #- [edit]
ikuko says...""
明けましておめでとうございます
今年も宜しくお願いします
白みその雑煮美味しそうでしたね~
お野菜かなりお高い時期や季節もありますから工場生産大賛成です
旬んのものとは別に考えたいですね~
2015.01.03 06:10 | URL | #- [edit]
かばのおとうさん says...""
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

以前、山口のホテルで野菜工場を見学し、その後、食でボウルいっぱいのサラダとして食べたことがあるのを思い出しました。
そんな野菜は特殊なものと思っていましたが、スーパーに並ぶ時代なんですね。ますます旬がわからなくなってしまいそうです。
2015.01.03 07:00 | URL | #- [edit]
TORU says..."Re: 植物工場"
aishinkakura様
安定供給というのが一番のメリットなんですが、どうしてもコスト高であること、規模を取ろうとすると採算ベースの取引がどこまで継続的に行えるか、ということでビジネスとして成り立つかどうかが大きな課題となりますよね。最近では海外でも注目されているようですよ。

> TORU様
> おはよう御座います。
>
> 植物工場は何回か見学する機会がありましたがどういう訳か全て逃して
> しまいました。行ってみたかったです。
> 仕入れ側からすると安定的に供給を受けることが出来ますので魅力的です。
> しかし規模が小さい工場しかないので量的に不可能でした。
> 安定させるために海外品を何割か使っていく方法も試みましたが国産の
> 路地ものが安い場合は使わなくなってしまうのが問題でした。
> みんないいとこどりしたがりますからね。
>
> 愛新覚羅
2015.01.03 10:35 | URL | #- [edit]
TORU says..."M.I.F 様"
M.I.F 様
そうですね、LED光源のものが多いと思います。朝食バイキングで出すところ、私も知っています。西の方のホテルでしたけど。軽い、と思われたのは、ベビーリーフ的なサラダだったからだと思います。ベビーリーフは随分流行っていますよね。メインはちょっと嫌ですね。

> 植物工場で生産された(LEDだったかな)野菜は、去年(といっても半年ほど前ですが)関東の某ホテルの朝食バイキングで食べました。
> 先入観なく評価したかったんですが、フロアの人にあれこれうんちくを言われ(笑)、純粋な評価かどうかわかりませんが、
> 個人の感想としては、良くも悪くも、「軽い」という感じでした。ふわふわしてるとか体積を食べやすいということはあるかもしれませんが、シャキシャキ感というか、なにか違う・・・という。(葉野菜のせいかな・・・)
>
> これからの時代、食料生産がどうなっていくかわかりませんから、TORUさんのおっしゃるように「補完」くらいならありなんでしょうけど、メインになってくると・・・ちょっと嫌かなぁって気がしました。
2015.01.03 10:37 | URL | #- [edit]
TORU says..."ta-ra 様"
ta-ra 様
明けましておめでとうございます。そうですね、天気ばかりは仕方ありません。
野菜はやっぱり土で育ててほしい、というのは正直なところですね。

> あけましておめでとうございます。
> 今年もどうぞよろしくお願いいたします。
>
> こちら、雪のために帰省を中止したことで、
> 本を読む時間がすこし出来そうです^^
>
> 自分も「野菜はやっぱり土で育てなきゃ」なんて
> 思っていたのですが、ある種の異常な状況下では、
> 必要な技術になってくるかもしれませんね。
2015.01.03 10:39 | URL | #- [edit]
TORU says..."ikuko 様"
ikuko 様
今年もよろしくお願いいたします。工場生産を継続的にするには、やっぱり定常的に売れなければならないのです。なのでこの動きが定常化するかどうか、これからが勝負、といったところでしょうか。

> 明けましておめでとうございます
> 今年も宜しくお願いします
> 白みその雑煮美味しそうでしたね~
> お野菜かなりお高い時期や季節もありますから工場生産大賛成です
> 旬んのものとは別に考えたいですね~
2015.01.03 10:41 | URL | #- [edit]
TORU says..."かばのおとうさん様"
かばのおとうさん様
明けましておめでとうございます。ホテルで利用しているところがありますね。私も経験したことがあります。ホテルにとって定常的に野菜が提供されるということは、高くても通年のコストから考えるとペイするかどうか、というところなんでしょうか。旬がわからなくなってきているのは、ハウス栽培などもあるからですし、輸入野菜もありますからねえ。

> あけましておめでとうございます。
> 今年もよろしくお願いします。
>
> 以前、山口のホテルで野菜工場を見学し、その後、食でボウルいっぱいのサラダとして食べたことがあるのを思い出しました。
> そんな野菜は特殊なものと思っていましたが、スーパーに並ぶ時代なんですね。ますます旬がわからなくなってしまいそうです。
2015.01.03 10:43 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://euyudo.blog29.fc2.com/tb.php/970-dc8e36ff
該当の記事は見つかりませんでした。